FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰 部 の ト ラ ブ ル . 湿 熱 下 注 (ToT)/~~~

京都駅 伊勢丹エスカレーター. 熱海MOA美術館のコピー?京都駅ビル大階段グラフィカルイルミネーション











銀 座 SIX 」 。 近 未 来 的 な ビ ル で 銀 座 の ラ ン ド マ ー ク と な り つ つ あ る よ う だ が、 外 見 と 異 な り 内 面 に は “ 難 点 ” が 潜 ん で い る よ う に 感 じ た 。 不 思 議 な こ と に 商 品 を 買 い た い と い う “ 気 ” が 起 き な い の だ 。 店 内 の 上 下 の 移 動 に も ま ご つ く 。 エ レ ベ ー タ ー が 非 常 に 不 便 。 何 処 に あ る の か、 ど れ に 乗 れ ば よ い か、 頭 が 疲 れ て し ま う 。 そ れ で も や っ と お 店 に 到 着 。 期 待 が 高 ま る の だ が( 以 前、 鮨 と 天 麩 羅 を 食 べ た )、 ど ち ら の 店 に も 裏 切 ら れ て し ま っ た 。 値 段 に 見 合 う 味 で は な い

【 症 例 】 30 代 の 独 身 女 性 。 管 理 職 と な り 残 業 が 多 く、 自 分 の 時 間 が も て な い 。 数 ヶ 月 前 よ り イ ラ イ ラ し 眠 り が 悪 い 。 同 時 期 よ り 陰 部 の 痒 み が 出 現 し、 次 第 に ひ ど く な っ て き た 。 黄 色 の 粘 性 帯 下 も み ら れ る 。 尿 は 褐 色 が か っ て 量 が 少 な く、 と き ど き 陰 部 に し み る 。 ト イ レ に 何 度 も 行 く 。 口 も ネ バ つ き、 も た れ や す い 。 友 人 に 口 臭 を 指 摘 さ れ た 。 2 週 間 前 か ら は、外 陰 部 か ら 股 間 に か け て 赤 い 発 疹 も 出 現 し、 掻 く と グ ジ ュ グ ジ ュ し 広 が っ て き た 。

ス ト レ ス で は 気 の 流 れ が 鬱 滞 す る た め、 胃 の 働 き が 阻 害 さ れ 湿 濁 が 産 生 さ れ る( 肝 鬱 胃 阻 ・ 生 湿 )。 気 の 流 れ が 鬱 滞 す る と、 三 焦 水 道 の 運 行 不 利 も 生 じ る た め、 湿 濁 の 産 生 が 高 ま る 。 こ の 状 態 が 続 く と 熱 化 す る た め( 久 す る と 熱 す )、 湿 濁 が 湿 熱 に 転 化 す る 。 湿 熱 が 陰 部 に 下 注 す る と( 湿 熱 下 注 )、 陰 部 掻 痒 症 や 湿 疹 や 帯 下 が 生 じ る 。 湿 熱 下 注 が “ 後 方 ” の 腸 管 で 起 き る と、 肛 門 が 不 快 な 下 痢 や 肛 門 の た だ れ や 痔 な ど が 現 れ る 。 “ 前 方 ” で は 膀 胱 炎 と な る 。

膀 胱 炎 は “ 冷 え ” が 原 因 と よ く 言 わ れ る が、 現 代 ス ト レ ス 社 会 で は 湿 熱 に よ る も の が 多 い 。 治 療 は エ キ ス 製 剤 で あ れ ば 竜 胆 瀉 肝 湯 。 炎 症 が ひ ど け れ ば 黄 連 解 毒 湯三 黄 瀉 心 湯 や 梔 子 柏 皮 湯 な ど を 合 方 す る 。 軽 症 で あ れ ば 猪 苓 湯 の 単 味 も あ り だ 。 湿 熱 以 外 で は 陰 虚 火 旺 が 多 い 。 陰 部 が 滋 養 さ れ ず 乾 燥 し、 虚 火 が 生 じ て い る た め で あ る 。 熱 は 局 所 を 刺 激 し 炎 症 を 惹 起 す る た め、 か ゆ み や 発 疹 が 出 現 す る 。 高 齢 者 や 産 後 / 術 後 回 復 過 程で 発 症 す る こ と が 多 い 。 治 療 は 知 柏 地 黄 丸 加 減 で あ る 。 気 血 が 不 足 し た 虚 弱 状 態 で は、 十 全 大 補 湯 な ど の 滋 陰 養 血 補 気 薬 を 考 え る 。 陰 部 の 冷 え に は 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 を 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。