FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訴 え が 取 留 め も な い (?_?) と き は 「 茯 苓 飲 合 半 夏 厚 朴 湯 」

厳寒の岩手山と北上川 (盛岡駅前の開運橋より)やはらかに 柳あをめる 北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに (啄木)









  か に か く に 渋 民 村 は 恋 し か り 
     お も ひ で の 山 お も ひ で の 川
  
                     啄 木              

「 あ ま り に 訴 え が 多 く て、 何 が な ん だ か 分 か ら な い と き に は、 分 心 気 飲 が 宜 し い 」 と 中 島 随 象 先 生 が 話 し た と い う 。 訴 え が 取 留 め も な く 処 方 に 困 っ た ら、 え え いま ま よ と 「 分 心 気 飲 」 で あ る 。 分 心 気 飲 に は 二 つ 処 方 が 存 在 す る 。 Ⓐ 桂 皮, 芍 薬, 木 通, 半 夏, 青 皮, 陳 皮, 茯 苓, 蘇 葉, 羗 活, 桑 白 皮, 大 腹 皮, 燈 心 草, 大 棗, 生 姜, 甘 草 で 構 成 と、 Ⓑ 香 附 子, 藿 香, 白 朮, 人 参, 陳 皮, 厚 朴, 蘇 葉, 木 香, 草 果 仁, 桑 白 皮, 大 腹 皮, 大 腹 子, 燈 心 草, 丁 香, 桔 梗, 麦 門 冬, 大 棗, 生 姜, 甘 草 で あ る 。 し か し、 と も に 「 一 切 の 気 を 治 す 」 方 意 は 同 じ と さ れ る 。

【 症 例 】 60 代 女 性 。 以 前 よ り い ろ い ろ 症 状 が あ り、 漢 方 治 療 を 受 け て い る の だ が、 改 善 な い た め 受 診 。 鼻 汁 や 痰 が 多 く、 咽 喉 が 詰 ま っ て い る よ う に 感 じ る 。 胸 や 背 中 や 肩 が 重 苦 し く 不 快 だ 。 下 腹 部 は 冷 え る が 上 半 身 は 熱 い 。 の ぼ せ や 動 悸 は な い 。 床 に 入 る と 体 が ほ て る が 汗 が 出 な い 。 心 下 か ら 咽 喉 に 気 が 上 が っ て く る こ と が 多 く( 本 人 気 逆 と 表 現 す る )、 胃 カ メ ラ の 検 査 を 受 け て い る よ う な 感 じ で 苦 し い 。 寝 付 き は よ い の だ が 易 覚 醒 で あ る 。 イ ラ イ ラ は し な い が 体 が ス キ ッ と し な い 。 食 欲 や 便 通 は 問 題 な い 。

脈 は 80 で 細 滑 。 按 じ て 弱 。 舌 は 淡 紅 で 白 苔 あ り 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 あ り 。 腹 診 で 腹 力 弱 く、 臍 下 が 軟 弱 で 冷 え を 触 知 す る 。 左 下 腹 部 に 圧 痛 あ り 。 両 大 腿 に 静 脈 の 拡 張 ・ 蛇 行 を 認 め る 。 尚、 今 ま で に 服 用 し た 漢 方 薬 は、 葛 根 湯、 六 味 丸、 半 夏 瀉 心 湯、 黄 連 湯、 半 夏 厚 朴 湯 な ど 。 ど う も 訴 え の 焦 点 が は っ き り し な い よ う に 感 じ ら れ る た め、 分 心 気 飲 の 方 意 で 茯 苓 飲 合 半 夏 厚 朴 湯 を 選 択 。 瘀 血 も 認 め る た め 桂 枝 茯 苓 丸 も 兼 用 。 さ ら に 中 途 覚 醒 が 多 い た め 酸 棗 仁 湯 を 頓 用 処 方 。 す ぐ に 寝 つ け る よ う に な っ た 。 酸 棗 仁 湯 は 中 途 覚 醒 に 有 効 と の 報 告 が あ る 。 2 週 間 後 に は 9 割 の 症 状 が 取 れ た と の 報 告 が あ っ た

中 焦 の 気 が 鬱 滞 す る と、 脾 胃 に 痰 飲 が 産 生 さ れ る た め、 心 下 ∼ 膈 ∼ 胸 に お け る 正 気 の 昇 降 出 入 不 利 が 生 じ る 。 分 心 気 飲 は 心 下 ∼ 膈 ∼ 胸 の 痰 濁 を 排 除 し、 正 気 を 布 達 す る 働 き が あ る 。 正 気 が 胃 か ら 心 に 送 ら れ な い と、 不 安 や 抑 う つ や 不 眠 な ど が 引 き 起 こ さ れ る 。 胃 に 痰 飲 が 蓄 積 す る と、 心 下 が 痞 え 重 苦 し く な り、 腸 に ガ ス が 停 滞 す る 。 痰 飲 が 胃 か ら 胸 や 鼻 咽 口 に 逆 上 す る と、 胸 苦 し さ や 咽 喉 の 痞 え や 咳 ・ 痰 や 口 粘 や 鼻 汁 が 生 じ る 。 頭 に 上 逆 す る と、 眩 暈 や 耳 鳴 り や 頭 痛 が 起 き る 。 こ れ ら の 症 状 は 本 例 で み ら れ た 症 状 に か な り 合 致 す る 。

中 島 随 象 先 生 の 高 弟 で あ っ た 松 本 克 彦 氏 は、 分 心 気 飲 が エ キ ス 剤 に な い た め、 分 心 気 飲 の 代 用 と し て 茯 苓 飲 合 半 夏 厚 朴 湯 を 上 げ て い る 。 そ こ で 本 例 で は 茯 苓 飲 合 半 夏 厚 朴 湯 を 選 択 肢 し、 瘀 血 も 認 め る た め 桂 枝 茯 苓 丸 を 兼 用 し た 。 桂 枝 茯 苓 丸 を 合 方 す る こ と で、 桂 枝芍 薬 が 含 ま れ る こ と に な り、 Ⓐ の 分 心 気 飲 に 方 意 が よ り 近 づ く こ と に な る 。 桂 枝 は 邪 気 を 降 ろ し 精 気 を 昇 ら す 。 芍 薬 は 邪 気 を 降 ろ す 。 総 じ て 気 逆 を 降 ろ す よ う に 働 く 。 本 例 は 気 滞 に よ り 病 理 産 物( 湿 濁 ・ 瘀 血 )が 産 生 さ れ、 合 し て 逆 上 し 胸 ∼ 咽 喉 を 痞 塞 し、 心 の 働 き も 阻 害 し た た め 発 症 し た も の で あ る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。