FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中 風 に 「 続 命 湯 」 or 「 血 府 逐 瘀 湯 」 (;一_一)


標高2,038mの岩手山と高松の池 (盛岡市)シベリアから越冬に訪れた白鳥たち







ふ る さ と の 山 に 向 か ひ て 言 う こ と な し 
  ふ る さ と の 山 は あ り が た き か な
  
                     石 川 啄 木

中 風 の 薬 と 云 え ば 古 来 よ り 続 命 湯小 続 命 湯 が 有 名 で あ る 。 続 命 湯 は 風 引 湯 と 伴 に 『 金 匱 要 略 』 に 掲 載 さ れ て い る 。 「 『 古 今 録 験 』 続 命 湯 : 治 中 風 痱, 身 体 不 能 自 収 持, 口 不 能 言, 冒 昧 不 知 痛 処, 或 拘 急 不 得 転 側 。( 姚 云 : 与 大 続 命 同, 兼 治 婦 人 産 後 出 血 者, 及 老 人 小 児 。 )麻 黄 桂 枝 当 帰 人 参 石 膏 乾 姜 甘 草 各 三 両 芎 藭 一両 杏 仁 四 十 枚 」 。 小 続 命 湯 の 方 意 も 続 命 湯 に 近 い も の で あ る 。

構 成 生 薬 を み る と 麻 黄 湯( 麻 黄 ・ 桂 枝 ・ 杏 仁 ・ 甘 草 )の 加 味 方 で あ る 。 麻 黄 湯 は 辛 温 解 表 薬 で あ る た め、 熱 産 生 を 高 め 発 汗 を 生 じ さ せ、 外 邪 を 駆 逐( 外 泄 )す る 。 外 風 に よ る 中 風( 外 中 風 )に は 有 効 な の だ が、 内 風( 内 中 風 )で あ れ ば、 風 火 を 激 発 さ せ 悪 化 さ せ る 。 内 風 は 肝 火 が 上 炎 し、 風 を 巻 き 起 こ し た も の で あ る( 火 は 風 を 呼 ぶ )。 麻 黄 湯 か ら 派 生 し た 続 命 湯 は 火 に 油 を 注 ぐ 。 続 命 湯 は 脳 卒 中 の 急 性 期 に は 禁 忌 で あ る 。

脳 卒 中 は 超 急 性 期 に 治 療 を 行 わ な け れ ば、 脳 の 機 能 を 保 持 す る こ と は で き な い 。 麻 痺 後 は リ ハ ビ リ や 脳 血 流 促 進 薬 に よ り、 脳 の 可 塑 性 を 高 め、 機 能 の 回 復 を 図 る こ と に な る 。 続 命 湯 は 脳 神 経 に 働 く わ け で は な い 。 肌 肉 に 働 く 。 麻 痺 に よ り 体 を 動 か せ な いで い る と、 血 流 が 低 下 し 肌 肉 に 浮 腫 が 生 じ る 。 浮 腫 の た め 体 は 重 だ る く、 リ ハ ビ リ が 進 ま な い 。 続 命 湯 は 浮 腫 を 外 泄 す る こ と で、 血 流 を 促 進 し、 麻 痺 を 回 復 に 導 く 。

【 症 例 】 25 年 前、 岩 手 の 無 医 村 で の こ と 。 ク モ 膜 下 出 血 後 遺 症 の 中 年 男 性 を 往 診 し た 。 四 肢 麻 痺 で 言 葉 を 話 せ ず、 意 思 疎 通 が で き ず、 完 全 介 護 の 状 態 で あ っ た 。 血 府 逐 瘀 湯( 乾 地 黄、 当 帰、 赤 芍、 川 芎、 桃 仁、 紅 花、 牛 膝、 柴 胡、 枳 実、 桔 梗、 甘 草 )加 減 を 投 与 し た と こ ろ、 2 週 間 で 表 情 が 表 れ る よ う に な り、 言 葉 を 話 そ う と す る 様 子 が み ら れ、 多 少 の 理 解 力 が 伺 わ れ た 。 驚 く よ う な 改 善 で あ っ た が、 残 念 な こ と に 後 日 再 発 作 で 亡 く な ら れ た 。

血 府 逐 瘀 湯 は、 桃 紅 四 物 湯四 逆 散 を 合 わ せ た よ う な 薬 で あ る 。 桃 紅 四 物 湯 は 血 の 鬱 滞( 瘀 阻 )を 破 り、 血 行 を 回 復 さ せ る四 逆 散 は 肝 の 疏 泄 を 高 め、 気 の 流 通 を 促 進 す る 。 「 気 は 血 の 帥 」 で あ る た め、 血 行 を 相 乗 的 に 改 善 す る こ と が で き る 。 ま た 「 血 は 気 の 母 」 で あ る た め、 血 行 が 改 善 す る と 臓 腑 の 働 き が 高 ま り、 脳 の 機 能 も 回 復 す る 。 急 性 期 の 脳 卒 中 に は 使 用 さ れ な い が、 薬 効 は 西 洋 薬 を 遥 か に 凌 ぐ 。

で は、 真 の 中 風 で あ る 内 中 風 に 使 用 さ れ る 方 剤 は? 『 金 匱 要 』 に は 「 風 引 湯 」 が あ る 。 脳 卒 中 の 他 に、 中 枢 の 感 染 症 な ど 用 い ら れ る 。 張 錫 鈍 の 名 方 「 鎮 肝 熄 風 湯 」 は、 一 説 に よ る と 風 引 湯 が 起 源 と の 説 が あ る 。 今 年 最 後 の ブ ロ グ で し た 。 ま た 来 年 お 会 い し ま し ょ う ~


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。