バ セ ド ウ 病 は 「 火 病 」( 울 화 병 )


白トリュフのオムライス.(*^_^*)ツブ貝のカルパッチョ.





ポルチーニのソテー 2017/10/8エスカルゴ. 味はタニシそっくり





生ハム子羊. ご馳走さまでした. (@^^)/~~~






今 日 か ら 選 挙 モ ー ド に 突 入 。 こ れ ほ ど 国 民 の 注 目 を 集 め る 選 挙 は 記 憶 に な い 。 プ ロ ロ ー グ は 総 理 が 伝 家 の 宝 刀 を 抜 い た こ と に 始 ま る の だ が、 そ こ に 民 進 を 懐 柔 し た 小 池 氏 率 い る 希 望 の 党 が 参 戦 。 天 下 分 け 目 の 戦 い で あ る 。 が、 政 策 よ り 小 池 氏 の キ ャ ラ を 問 う 様 相 を 呈 し て き た 。 林 真 理 子 さ ん の 『 週 刊 文 春 』 10 月 12 日 号、 「 夜 ふ け の な わ と び 」 の タ イ ト ル が 魔 女 の た く ら み小 池 百 合 子 氏 の こ と で あ る 。 女 性 が 女 を み る 目 は 鋭 い  風 雲 急 を 告 げ る か  さ て さ て ・ ・ ・ ・

甲 状 腺 ホ ル モ ン は 生 命 活 動 を 活 性 化 し、 生 体 の 恒 常 性 を 維 持 す る よ う に 働 く 。 こ の た め ホ ル モ ン の 異 常 な 分 泌 は、 全 身 の 細 胞 の 働 き を 異 常 に 亢 進 さ せ る 。 熱 代 謝( 異 化 ) が 亢 進 し、 脈 拍 が 増 加 し、 動 悸 や 異 常 な 発 汗 が 生 じ、 急 激 な 体 重 減 少 も み ら れ る 。 交 感 神 経 の 働 き が 亢 進 す る た め、 イ ラ イ ラ し た り 落 ち 着 き が な く な り、不 安 や 抑 う つ や 不 眠 や 手 の 震 え な ど も 出 現 す る 。 自 律 神 経 失 調 症更 年 期 障 害 を 思 わ せ る 症 状 で あ る。

甲 状 腺 ホ ル モ ン は、 甲 状 腺 刺 激 ホ ル モ ン( TSH )が 受 容 体( TSH 受 容 体) に 結 合 す る こ と で 分 泌 さ れ る 。 甲 状 腺 ホ ル モ ン の 血 中 濃 度 は、 TSH( 下 垂 体 )に フ ィ ー ド バ ッ ク さ れ る た め、 甲 状 腺 ホ ル モ ン は 過 不 足 の な い 状 態 に 維 持 さ れ る 。 し か し、 自 己 抗 体( TSH 受 容 体 抗 体 )が 何 ら か の 原 因 で 産 生 さ れ る と、 TSH 受 容 体 を 刺 激 す る た め、 甲 状 腺 ホ ル モ ン が 過 剰 に 分 泌 さ れ る 。 甲 状 腺 機 能 亢 進 症(バ セ ド ウ 病)は 自 己 免 疫 疾 患 で あ る 。

★ 症 例 1 : 40 代 女 性 。 数 年 前 バ セ ド ウ 病 と な り 治 療 し 完 治 。 1 ヶ 月 前 か ら 動 悸 出 現 。 頭 痛 や 夕 方 む く み が 出 現 。 体 が 暑 い 。 イ ラ イ ラ し 怒 り っ ぽ く な っ た 。 動 悸 が 激 し く な っ た た め 受 診 。 検 査 で 軽 い バ セ ド ウ 病 と 判 明 。 漢 方 治 療 を 希 望 す る た め、 治 療 は 疏 肝 解 鬱 ・ 化 痰 清 熱 と し、 柴 胡 4、 芍 薬 7、 牡 丹 皮 7、 半 夏 6、 茯 苓 7、 栝 楼 仁 9、 枳 実 3、 黄 連 3、 山 梔 子 6、 黄 柏 3、 沢 瀉 6、 甘 草 2、 牡 蠣 8( 先 煎 )を 投 与 。 2 週 間 後、 イ ラ イ ラ 消 失 。 動 悸 減 少 。 尿 量 も 増 え む く み 消 失 。 肝 熱 の 上 衝 を 治 す べ く、 柴 胡 → 疾 黎 子 7、 牡 蠣 → 釣 藤 鈎 7(後下)、 栝 楼 仁 → 竹 茹 7 に 変 更 。 2 週 間 後、 動 悸 も 消 失 し 治 癒 。

★ 症 例 2 : 東 京 在 住 の 20 代 女 性 。 湿 疹 の 治 療 の た め 実 家 に 帰 省 。 最 近、 足、 前 腕、 背 中 の 丘 疹 が 広 が り、 掻 く と 滲 出 と 出 血 が ひ ど い 。 夏 に 海 で 溺 れ か け て か ら 焦 燥 感 や 不 安 感 が 出 現 。 過 食 傾 向 と な る 。 暑 が り で 汗 か き 。 生 理 は 不 順 で 平 均 20 日 サ イ ク ル 。 陰 虚 火 旺 と 考 え、 乾 地 黄 6、 玄 参 6、 麦 門 冬 6、 百 合 6、 天 花 粉 6、 芍 薬 6、 牡 丹 皮 6、 知 母 9、 地 骨 皮 6、 連 翹 7、 貝 母 4、 大 棗 4 を 投 与 。 2 週 間 後、 湿 疹 改 善 す る も 不 安 感 が 強 い 。 甲 状 腺 検 査 を 施 行 。 ホ ル モ ン が 高 値 の た め、 原 宿 の 伊 藤 病 院 を 紹 介 。 2 週 間 分 の 煎 じ 薬 を 持 っ て 帰 京 。 湿 疹 は ほ と ん ど 消 失 し た 。 3 年 後、 治 癒 を 確 認 済 。

症 例 1 は 病 状 初 期 の た め 肝 鬱 化 火 の 状 態 で あ っ た 。 症 例 2 で は 肝 鬱 化 火 が 進 行 し、 陰 血 が 虧 損 さ れ た 陰 虚 火 旺 の 状 態 で、 病 勢 は 血 分 ま で 及 ん で い た 。 症 例 1 で は 疏 肝 解 鬱 が 効 を 奏 した が、 症 例 2 の よ う に 陰 虚 血 熱 の 場 合 は、 疏 肝 は 熱 を 助 長 さ せ る た め 危 険 で あ り、 滋 陰 清 熱 涼 血 を 行 わ な け れ ば な ら な い 。 い ず れ に し て も バ セ ド ウ 病 は、 異 化 が 亢 進 し た 「 火 盛 」 の 状 態 で あ る 。 お 隣 の 韓 国 に は 火 病( フ ァ ビ ョ ン ) と い う 病 気 が あ る よ う だ が、 火 が 燃 え 盛 っ て い れ ば、 落 ち 着 き な く イ ラ イ ラ し 不 安 に な る 。 バ セ ド ウ 病 は 自 己 免 疫 疾 患 と は い え、 発 病 の 背 後 に は、 精 神 的 テ ン シ ョ ン が 存 在 す る よ う だ 。 ス ト レ ス 社 会精 神 衛 生 が 大 切 で あ る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード