FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神 不 守 舎 (ToT)/~~~


夕暮れの羽田空港より都心を望むゲートブリッジ上空を羽田発ジェット通過






石 田 純 一 氏 の 名 セ リ フ 「 不 倫 は 文 化 」 。 芸 能 界 顔 負 け、 政 界 の 不 倫 文 化 が 大 炎 上  政 界 の ジ ャ ン ヌ ダ ル ク、 民 進 党 の 山 尾 議 員 ま で も が 。 ご 主 人 と お 子 さ ん も あ る と い う 。 不 倫 は 高 く つ く 。 が、 浮 気 に は 効 能 が あ る ら し い 。 「 上 沼 ・ 高 田 の ク ギ ズ ケ 」 に よ る と、 浮 気 で 得 ら れ る 精 神 的 満 足 感 は 4,493 万 に 価 す る と い う 。 一 方、 代 償 と な る 慰 謝 料 は 50 ~ 200 万 に 過 ぎ な い と い う の だ 。 差 し 引 き す る と、 浮 気 は “ 得 ” と い う こ と に な る 。 さ て さ て ~~~

40 代 女 性 。 3 年 前 に 精 神 の 不 調 を 来 た し、 心 療 内 科 か ら 抗 う つ 薬安 定 剤睡 眠 薬 を 投 与 さ れ た 。 当 初 は 改 善 が み ら れ 安 定 が 得 ら れ て い た が、 1 年 前 に 家 庭 内 の ト ラ ブ ル の た め 再 び 悪 化 。 い ろ い ろ 薬 を 変 え る も 改 善 な い た め、 精 神 科 に 転 院 と な っ た 。 抗 精 神 病 薬 も 投 与 さ れ た が 全 身 の 虚 脱 感 が 強 く な り、 漢 方 治 療 を 希 望 し 来 院 。

顔 貌 は 無 欲 状 で 抑 揚 の な い 小 声 で 話 す 。 胸 が ス ッ キ リ せ ず 胃 が 痞 え て い る よ う で、 食 欲 が な い 。 便 秘 で ス ッ キ リ 出 な い 。 眠 剤 で 眠 れ る が 起 床 が つ ら い 。 な ん と か 這 い 起 き て 食 事 の 支 度 し て い る 。 頭 が ボ ー ッ と し て い て 新 聞 や 本 が 読 め な い 。 日 中 は 横 に な っ て い る こ と が 多 い 。 不 安 感 も あ る が、 倦 怠 感 と 無 気 力 な の が 一 番 つ ら い 。

血 圧 正 常 。 脈 は 90、 滑 弦、 尺 脈 は 沈 細 。 舌 は 偏 紅 で や や 大、 白 苔 が 目 立 つ 。 暑 が り で の ぼ せ も あ る が、 手 足 は 異 常 に 冷 え る 。 多 汗 だ 。 月 経 は 24 日 前 後 で、 出 血 量 が 多 い 。 血 塊 も 目 立 つ が、 痛 み は 軽 い 。 病 は 肝 気 鬱 結 か ら 発 し て い る 。 香 附 子 7、 桂 皮 6、 芍 薬 9、 牡 丹 皮 9、 桃 仁 7、 半 夏 9、 天 南 星 7、 茯 苓 9、 竹 茹 9、 陳 皮 6、 厚 朴 6、 遠 志 6、 枳 実 3、 黄 連 3、 山 梔 子 9、 甘 草 3、 竜 骨 ・ 牡 蠣 各 9、 大 黄 3( す べ て 保 険 調 剤 )を 投 与 。

初 診 か ら 2 週 間 後、 胸 や 胃 の 不 快 が か な り 楽 に な り 食 欲 が で て き た 。 体 の だ る さ も 何 と な く 楽 に な っ て き た 。 抗 精 神 病 薬 は 中 止 し、 抗 う つ 薬 と 睡 眠 剤 の み 服 用 し て い る 。 4 週 間 後、 ほ て り や 発 汗 も 減 っ て き た が、 少 し 動 く と 疲 れ が で て 気 力 が 低 下 す る 。 清 気 を 脳 に 上 げ る た め( 升 提 )、 柴 胡 3、 黄 耆 6 を 追 加 す る 。 6 週 間 後、 気 力 が で て 頭 も ス ッ キ リ し た 。 そ の 後 も 加 減 方 を 服 用 し 順 調 に 経 過 し て い る 。

病 は 生 来 の 要 因( 内 因 )に 外 因 が 加 わ り 発 症 す る 。 本 例 は ス ト レ ス が 引 き 金 と な り 肝 気 鬱 結 が 生 じ、 脾 胃 の 機 能 が 抑 圧 さ れ 痰 飲 が 産 生 さ れ た 。 肝 気 鬱 結 が 長 引 い た た め、 肝 気 が 痰 飲 を 伴 い 上 逆 し た( 痰 濁 上 擾 )。 こ の た め、 心 の 清 竅 が 痰 飲 に よ り 蒙 蔽 さ れ( 蒙 蔽 心 竅 )、 清 気 が 心 に 輸 布 さ れ な く な っ た 。 心 陽 が 不 足 す る と、 神 が 安 寧 を 得 ら れ な く な り( 神 不 守 舎 )、 精 神 症 状 が 発 症 し た の で あ る 。

治 療 は 疏 肝 理 気 し、 痰 飲 を 排 除 し、 清 気 を 心( 脳 )に 到 達 さ せ る 。 さ ら に 鬱 熱 を 瀉 す 。 本 例 で 用 い た 処 方 は 滌 痰 湯( 半 夏 ・ 胆 南 星 ・ 菖 蒲 ・ 竹 筎 ・ 茯 苓 ・ 陳 皮 ・ 枳 実 ・ 人 参 ・ 甘 草 ・ 生 姜 ・ 大 棗 )加 減 。 滌 痰 湯 は 理 気 化 痰 の 基 本 方 剤 。 黄 連 ・ 山 梔 子 ・ 大 黄 は 鬱 熱 を 清 熱 瀉 火 す る 。 香 附 子 は 疏 肝 解 鬱 し、遠 志 は 開 竅 醒 脳 し 脳 の 働 き を 活 性 化 す る 。 怪 病 や 奇 病 は が 原 因 の こ と が 多 い 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。