FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治 ら な い ・ 治 せ な い 「 ア ト ピ ー 」 (ToT)/~~~  



スヌーピー 歳時記 博多人形スヌーピー ピーナッツ生誕50周年記念プレート






40 代 男 性 。 小 学 入 学 前 か ら の 全 身 性 の ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 で 通 院 中 。 ス テ ロ イ ド 軟 膏 と 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 を 服 用 し て い た が、 症 状 の 改 善 が な い た め、 数 か 月 前 か ら ス テ ロ イ ド の 経 口 薬 が 開 始 さ れ た 。 し か し 症 状 は 一 進 一 退 の た め 紹 介 で 受 診 と な っ た 。 脈 は 80 で 滑、 有 力 。 舌 は 暗 紫 紅、 白 膩 苔 で 被 わ れ る 。 食 欲 は 良 好、 二 便 も 正 常 。 睡 眠 は よ く な い 。 皮 膚 は 全 体 に 粗 造 で 乾 燥 し 暗 赤褐 色 に 変 色 し て い る 。 四 肢 に は イ ボ(結 節)状 に 隆 起 し た 病 変 が 多 数 認 め ら れ、 痒 み が ひ ど く 掻 く と 出 血 す る 。 顔 は ほ て り、 汗 か き で あ る が、 口 渇 は そ れ ほ ど で は な い 。

湿 熱 が 内 蘊 し、 は け 口 を 求 め 肌 表 に 游 溢 し、 皮 膚 を 薫 蒸 し て い る 。 湿 熱 の 一 部 は 血 分 に も 波 及 し て い る 。 こ の た め 四 肢 は 結 節 性 痒 疹 と 化 し て い る 。 治 療 は 化 痰 清 熱 が 中 心 で あ る 。 蒺 梨 子 9、 芍 薬 9、 牡 丹 皮 9、 半 夏 9、 茯 苓 9、 栝 楼 仁 15、 枳 実 6、 黄 連 5、 山 梔 子 9、 夏 枯 草 9、 黄 柏 9、 甘 草 5( 処 方 は す べ て 保 険 適 用 )を 投 与 。 2 週 間 後、 痒 み が 減 少 し 皮 膚 の ガ サ ガ サ も 改 善 し て き た 。 四 肢 の ボ コ ボ コ し た 結 節 性 病 変 も 少 な く な っ て き た 。 釣 藤 鈎 10( 後 下 )を 前 方 に 加 え る 。 4 週 間 後、 さ ら に 改 善 し て き た 。 ス テ ロ イ ド の 経 口 が 中 止 と な っ た 。 顔 が 多 少 赤 い 。 石 膏 30 を 前 方 に 加 え る 。 そ の 後 順 調 に 経 過 し 略 治 と な っ た

飽 食 の 時 代 に 暮 ら す 現 代 人 は、 過 食 に よ り 胃 に 湿 濁 と 熱 が 停 滞 し、 湿 熱 を 形 成 し や す い 状 況 に あ る 。 湿 熱 が 陽 明 の 表 で あ る 肌 膚 に 游 溢 し、 皮 膚 を 燻 蒸 す る と、 皮 膚 炎 と し て 顕 性 化 し て く る 。 皮 膚 は 熱 の た め 赤 黒 く 変 色 し、 湿 の た め 湿 潤 し 隆 起 性 病 変 も 形 成 す る 。 熱 が 血 分 に 及 ぶ と 出 血 し や す い 。 湿 は 直 接 神 経 を 刺 激 し、 熱 は 風 を 呼 ぶ た め、 痒 み が ひ ど く な る 。 炎 症 が 長 引 く と 陰 血 が 損 耗 し 皮 膚 の 乾 燥 が 著 し く な る 。 本 例 は 傷 陰 ま で は 進 ん で は い ず、 湿 熱 が 主 因 の ア ト ピ ー で あ る 。 治 療 は 痰 を 化 し、 熱 を 清 す る こ と に あ る 。 痒 み が ひ ど い の は 風 に よ る も の と 言 わ れ る が、 ア ト ピ ー の 場 合、 風 は 外 邪 で は な く 体 内 で 生 じ た “ 内 風 ” で あ る 場 合 が 圧 倒 的 に 多 い 。

袪 風 薬 で あ る 防 風 や 荊 芥 は、 風 火 を 煽 る た め、 皮 膚 症 状 を 悪 化 さ せ る 危 険 が あ る 。 そ こ で 本 例 で は 釣 藤 鈎 を 用 い 熄 風 し た 。 最 近 皮 膚 病 の 痒 み に 抑 肝 散 が 有 効 と の 報 告 が 散 見 さ れ る 。 釣 藤 鈎 は 興 奮 性 神 経 伝 達 物 質 で あ る グ ル タ ミ ン 酸 を 抑 制 す る た め、 認 知 症 の 異 常 行 動 や 不 眠 や 痒 み に も 奏 功 す る 。 胃 に 湿 熱 が 存 在 す る 状 況 で は、 胸 ・ 膈 ・ 心 下 に も 湿 熱 が 存 在 す る 。 袪 湿 清 熱 し 湿 熱 が 除 去 さ れ る と、 胃 気 が 全 身 に 布 達 さ れ、 抗 病 能 力 が 高 ま り 治 癒 を 促 進 す る 。 小 陥 胸 湯( 半 夏 ・ 栝 楼 仁 ・ 黄 連 )は 胸 ~ 膈 の 湿 熱 を 排 除 す る 。 本 例 で 用 い た 漢 方 薬 は 小 陥 胸 湯 加 味 方 と 見 做 す こ と も で き る 。 病 邪 を 除 く だ け で な く、 正 気 を 流 通 さ せ る、 こ れ が 漢 方 の 極 意 で あ る 。

ア ト ピ ー と 言 え ば、 も う 20 年 も 前 に 診 察 し た 小 さ な 女 の 子 の こ と を、 と き ど き 思 い 出 す 。 ア ト ピ ー は 「 治 ら な い / 治 せ な い 」、 こ の よ う な 状 況 に な っ た の は、 一 体 だ れ の せ い な の か


にほんブログ村

テーマ:アトピー・アレルギー - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。