ど う する の だ! ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎




病気は鬼の霍乱?先 生、 お 願 い だ か ら か ゆ い の 治 し て 下 さ い!
10 数 年 前、 2 時 間 以 上 も か け て や っ て き た ア ト ピ ー の 女 の 子 が 最 初 に 発 し た 言 葉 で あ る 。 生 後 す ぐ に 発 症 し た ア ト ピ ー 。 皮 膚 科 に 通 い ス テ ロ イ ド 軟 膏 を 真 面 目 に 塗っ て い る が 治 ら な い 。 全 身 あ ち こ ち を 掻 い て い る 。 全 身 が ガ サ ガ サ の ア ト ピ ー 。 今 で も そ の 光 景 を 思 い 出 す 。

ア ト ピ ー ビ ジ ネ ス 隆 盛 の 原 因 は 何 な の か 。 「 皮 膚 科 で き ち ん と 治 療 し な い か ら 、治 ら な い 」 皮 膚 科 医 が マ ス コ ミ で 発 す る 言 葉 で あ る 。 本 末 転 倒 。 逆 で あ る 。 皮 膚 科 で 治 ら な い か ら、 ア ト ピ ー ビ ジ ネ ス に 走 る 。

現 実 を 見 つ め ず 、責 任 を 転 嫁 し て、 自 ら の 非 力 を 認 め な い 。 聞 け ! 女 児 の 悲 痛 な 叫 び を 。 治 療 は ス テ ロ イ ド だ け で は な い 。 世 界 的 な グ ロ ー バ リ ズ ム の な か、 医 学 も 東 西 融 合 の 時 代 を 迎 え た 。 時 代 の 趨 勢 に 、後 戻 り は で き な い 。 漢 方 と 現 代 医 学 の 融 合 。 新 た な る 可 能 性 が 秘 め ら れ る 。


20 代 男 性 。 生 後 直 ぐ に ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 に 罹 患 。 皮 膚 科 受 診 し ス テ ロ イ ド 軟 膏 を 処 方 さ れ る 。当 初 は 改 善 し て い た の だ が 、そ の 後 は 一 進 一 退 の 状 態 が 続 く 。 悪 化 時 に ス テ ロ イ ド を 塗 布 す る と 、一 時 的 に 改 善 が 得 ら れ が 、ま た ぶ り 返 す と い う 状 態 で あ る 。 会 社 に 勤 め て か ら は ス テ ロ イ ド が 無 効 と な り 、全 身 が 黒 褐 色 に 変 色 、顔 は 赤 鬼 の よ う に 暗 紅 色 を 呈 す る よ う に な っ た 。 2 ,3 の マ ス コ ミ で 取 り 上 げ ら れ る 漢 方 専 門 病 院 や 専 門 医 で 治 療 を 受 け る も ま っ た く 改 善 な し 。

脈 は 80 、滑 弦 。 舌 は 暗 紅 で 少 苔 。 食 欲 良 好 。 二 便( 大 ・ 小 ) は 正 常 。 ノ ド が 渇 き 冷 た い も の を 好 む 。 暑 が り で 顔 が ほ て る 。 朝 に は 顔 に 白 い 粉 が ふ い て い る 。 暗 褐 色 調 の 塑 造 な 皮 膚 に 、散 在 性 に 赤 い 発 疹 が 見 ら れ る 。 皮 膚 は 乾 燥 し、滲 出 は 認 め ら れ な い 。 寝 汗 も み ら れ る 。

長 年 の ア レ ル ギ ー 性 炎 症 に よ り 、皮 膚 は 熱 化 し 、陰 血 が 損 耗 さ れ て い る 。 陰 虚 火 動 ・ 上 炎 で あ る 。 乾 地 黄 9、 玄 参 7、 山 茱 萸 9、 芍 薬 9、 牡 丹 皮 9、 知 母 9、 地 骨 皮 9、 牛 蒡 子 9、 滑 石 4、 生 甘 草 5 を 投 与 し た 。

2 週 間 後 、痒 み や ほ て り が 減 っ て き た 。 本 人 以 前 よ り 良 く な っ て い る と 話 す。 服 薬 に よ る ト ラ ブ ル も な い た め 前 方 を 投 与 。

さ ら に 4 週 間 後 、皮 膚 の 赤 み が 軽 減 し 、一 部 で は 白 い 皮 膚 が 認 め ら れ る が 、ま だ 体 が ほ て る 。 冷 た い も の が 欲 し い 。 前 方 に 石 膏 30 を 加 え る 。 4 週 間 後 、顔 が ほ と ん ど 白 く な り 、体 の 皮 膚 も き れ い に な っ て き た 。 前 方 を 継 続 し 半 年 後 に は ほ ぼ 正 常 化 し た 。 前 方 の 加 減 方 を そ の 後 3 ヶ 月 服 用 し 中 止 と し た 。 3 年 経 過 す る も 再 発 な し 。 今 は 肌 は 白 く ツ ル ツ ル で あ る 。

本 例 の 現 象 は 陰 虚 内 熱 に 起 因 す る 。 滋 陰 清 熱 が 治 療 の 中 心 で あ る 。 山 茱 萸 に は 収 斂 作 用 が あ る 。 相 火 ( 肝 腎 の 賊 火 ) が 妄 動 上 浮 し、皮 膚 を 燻 蒸 す る の を 防 ぐ 作 用 が あ る 。 山 茱 萸 が 著 効 し た 症 例 を 多 数 経 験 し て か ら は 、ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 に し ば し ば 使 用 し て い る 。

ア ト ピ ー と は 上 手 に 付 き 合 っ て 行 き ま し ょ う 。皮 膚 科 で 説 明 さ れ る 言 葉 ら し い 。 き れ い な 肌 を 取 り 戻 そ う と 、い や と い う ほ ど 付 き 合 っ て き た 、流 浪 し て い る 多 く の 者 た ち 。 そ ん な 言 葉 は も う た く さ ん だ 。



にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード