奥 様 は エ ル メ ス 御 主 人 は ユ ニ ク ロ


333111










 銀 座 中 央 通 り


お 鮨 は カ ウ ン タ ー で お 好 み で い た だ き た い 。 セ ッ ト で は 自 分 の 好 み に 合 わ な い も の が 含 ま れ る 。 漢 方 の 「 エ キ ス 製 剤 」 に つ い て も 同 じ こ と が い え る 。 エ キ ス 剤 は 出 来 上 が り の 既 製 品 で あ る た め 、含 ま れ る 構 成 生 薬 の 取 捨 選 択 が で き な い 。 治 療 に 不 要 な 生 薬 が 含 ま れ て い た り 、必 要 な も の が な か っ た り す る 。 「 帯 び に 短 し た す き に 長 し 」 だ 。

煎 じ 薬 は そ の 点 「 匙 ( さ じ ) 加 減 」 が で き る 。 生 薬 を 縦 横 無 尽 に 駆 使 し た 治 療 が 可 能 と な る 。 そ う は い っ て も エ キ ス 剤 を 希 望 す る 方 が 多 い 。 嫁 が 煎 じ 薬 の 臭 い で 姑 に 遠 慮 し た り、 「 私 の は 煎 じ 薬 で、 主 人 の は 面 倒 だ か ら エ キ ス 剤 に し て 」 と い う 奥 方 も い る 。 奥 様 は エ ル メ ス、 御 主 人 は ユ ニ ク ロ と い う こ と か

た し か に、 カ ゼ な ど の 治 療 に は エ キ ス 剤 は 便 利 で あ る ( 単 な る カ ゼ で は 煎 じ 薬 を 希 望 す る 方 な ど い な い ) 。 悪 寒 し て、 鼻 水 や の ど の 痛 み が あ る よ う な ら 葛 根 湯 エ キ ス 。 鼻 咽 頭 粘 膜 や 首 の 後 ろ ( 項 部 ) に 違 和 感 を 感 じ る 初 期 に 使 用 す る 。 熱 感 が 生 じ 痛 み が 強 く な る よ う な ら 桔 梗 湯 や 桔 梗 石 膏 を 加 え る 。 虚 弱 体 質 で 自 然 と 汗 が で る よ う な ら ( 自 汗 )、 葛 根 湯 で は な く 桂 枝 湯 と な る 。 い か に も 寒 そ う で 咽 喉 が チ ク チ ク す る よ う な ら 麻 黄 附 子 細 辛 湯 を 試 み る 。

悪 寒 が つ よ く て も 床 に 入 る と 暑 が っ て 布 団 を は ぐ よ う な ら 麻 黄 湯 だ 。 葛 根 湯 は 床 に 入 っ て も 悪 寒 が す る 。 床 に 入 る と 麻 黄 湯 以 上 に 暑 が る よ う だ と 大 青 竜 湯 と な る 。 発 熱 後、 体 の 熱 感 と 悪 寒 が 繰 り 返 す よ う な ら 小 柴 胡 湯 。 発 熱 し て 嘔 吐 が あ れ ば こ れ も 小 柴 胡 湯 だ 。 生 理 中 に 高 熱 が で る か ぜ も 小 柴 胡 湯 。 腹 痛 を と も な え ば 柴 胡 桂 枝 湯 。 熱 感 を と も な い、 痰 や 咳 が ひ ど け れ ば 柴 陥 湯 + 五 虎 湯 or 麻 杏 甘 石 湯 と な る 。

発 汗 ・ 高 熱 が み ら れ、 口 渇 が ひ ど け れ ば 白 虎 加 人 参 湯 。 エ キ ス 製 剤 で は 石 膏 の 量 が 少 な い の で 桔 梗 石 膏 を 加 え る と よ い よ う だ 。 発 熱 ・ 発 汗 が み ら れ 咳 痰 が 長 引 き、 胸 悶 し 気 分 が ス ッ キ リ せ ず 眠 れ な い と き は 竹 茹 温 胆 湯 が よ い 。 元 気 が な く 痰 と 咳 が 続 い て い る な ら 参 蘇 飲 。 ス ペ イ ン 風 邪 の 多 く の 患 者 を 参 蘇 飲 が 救 っ た ら し い 。 こ ど も の 咳 が 長 引 き 喘 息 も 疑 わ れ る な ら 神 秘 湯 か 。 女 性 の 自 律 神 経 ぽ い 方 の 喘 息 に 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 が 著 効 す る 場 合 が あ る 。  

咽 喉 が 乾 き 空 咳 が 続 く よ う だ と 麦 門 冬 湯 。 治 り 難 け れ ば 麻 杏 甘 石 湯 を 加 え る 。 中 年 女 性 で 咽 喉 が 乾 き 、咳 を し た り イ ラ イ ラ し た り 気 分 が ス ッ キ リ し な い よ う な 場 合 は 滋 陰 至 宝 湯 が よ い 。 更 年 期 障 害 な ど で も 加 味 逍 遥 散 よ り 効 く こ と も あ る 。 咽 喉 が 詰 ま っ て 咳 や 痰 が み ら れ 知 覚 過 敏 で 神 経 質 な と き は 半 夏 厚 朴 湯 が よ い 。 高 齢 者 で 微 熱 が 出 て 咳 ・ 痰 が 続 く よ う な ら 清 肺 湯 を 試 し て み る 。 結 構 効 く も の で あ る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード