風 が 吹 く と 意 識 が 飛 ん じ ゃ ウ ~


090076






50 代 後 半 の 男 性 。 1 年 半 前 か ら 立 っ て い る と フ ラ ッ と し、気 が 遠 く な る よ う な 感 じ が す る 。 近 医 受 診 し、 高 血 圧 を 指 摘 さ れ 投 薬 を 受 け る 。 MRI は 正 常 。 し か し 症 状 が ま っ た く 改 善 さ れ な い た め 来 院 。 い つ も 頭 が 霧 の 中 に い る よ う で ス ッ キ リ し な い 。 イ ラ イ ラ や 不 安 感 や の ぼ せ が あ る 。 眠 り は よ い 。 暑 が り で 汗 か き 。 舌 は 大 き く 淡 紅 で 白 苔 あ り 。 脈 は 94 で 滑 偏 弦 。

肝 火 が 胃 の 痰 飲 を 伴 い 上 昇 し て い る 。 本 人、 体 に 自 信 が な い が 出 稼 ぎ に 行 く の で 煎 じ 薬 は 無 理 と の こ と 。 そ こ で、 エ キ ス 製 剤 で あ る 釣 藤 散 7.5 と 黄 連 解 毒 湯 7.5 を 処 方 。 2 週 間 後 TEL あ り 。 「 多 少 め ま い 感 が 残 っ て い る が 他 は す べ て 良 い 。 元 気 で 仕 事 し て い る 」 と の こ と 。 そ の 後 も 症 状 安 定 し て い る 。

本 例 で は 肝 気 が う つ 滞 し た た め 火 と 化 し、 胃 に 横 逆 し 胃 の 働 き が 障 害 さ れ 痰 飲 が 産 生 さ れ た 。 火 と 痰 飲 が 挾 雑 し 上 逆 し て 脳 神 経 に 衝 突 し、 め ま いい ら い ら不 安 感の ぼ せ が 発 症 し た 。 釣 藤 散 は 釣 藤 鈎、 防 風、 菊 花、 麦 門 冬、 半 夏、 茯 苓、 陳 皮、 人 参、 甘 草、 生 姜、 石 膏 で 構 成 さ れ て い る 。

釣 藤 鈎 は 肝 気 の 高 ぶ り ( 肝 鬱 ) に よ り 生 じ た 内 風 を 鎮 め る 。 防 風 ・ 菊 花 に は 肝 気 を 疎 通 さ せ 肝 鬱 を 解 除 す る 働 き が あ る 。 半 夏 ・ 茯 苓 ・ 陳 皮 で 胃 の 痰 飲 を さ ば く 。 麦 門 冬 は 五 行 の 金 ( 肺 ) 克 木 ( 肝 ) の 考 え で あ ろ う か 。 肺 を 助 け る こ と で 肝 気 の 高 ぶ り を 抑 え る 。 そ の 意 味 で は 芍 薬 が 欲 し い と こ ろ だ 。 本 例 で は 内 風 が 化 火 し て い る た め 黄 連 解 毒 湯 を 合 方 し た 。

水 気 上 逆 と は 異 な り、 一 瞬 気 を 失 う よ う な め ま い の 訴 え を よ く 聞 く 。 多 く は 急 な 風 の 上 昇 の た め で 釣 藤 散 加 減 が 有 用 で あ る 。 高 齢 者 で は 陰 虚 陽 亢 が 多 く、 知 柏 地 黄 丸 加 減 が 有 用 だ が、 七 物 降 下 湯 も お 忘 れ な く 。 七 物 降 火 湯 は 四 物 湯 に 釣 藤 鈎 と 黄 柏 と 黄 耆 を 加 え た も の で あ る 。 著 者 は 陰 血 が 不 足 し 虚 火 が 上 昇 す る 場 合、 七 物 降 下 湯 を 使 用 す る 機 会 が 多 く な っ て い る 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード