お 守 り は 甘 麦 大 棗 湯 (^-^)/


恋が成就する?今戸神社のお守り (浅草)リッチになれる?伏見稲荷の福銭










安 倍 総 理 ト ラ ン プ 大 統 領 と 蜜 月 の 関 係 へ 。 こ れ に は イ ヴ ァ ン カ の 父 へ の 後 押 し が あ っ た と も 。 祖 父 岸 信 介 総 理 が 安 保 条 約 を 難 産 の 末 成 立 さ せ た こ と が 川 上 に あ る の だ ろ う が 。 安 倍 総 理 の 父 安 倍 晋 太 郎 氏 は 陸 奥 国 ( 岩 手 ) の 俘 囚 の 長、 安 倍 頼 時 の 子 安 倍 宗 任 の 末 裔 に あ た る 。 宗 任 の 兄 が 安 倍 貞 任 で あ る 。 安 倍 総 理 に は 親 密 感 を 感 じ る 。

パ ニ ッ ク 発 作 が 急 増 中 。 突 然 、何 の 前 触 れ も な く 、 言 い 知 れ ぬ 不 安 な 感 覚 に 襲 わ れ た ら 、 ど う な る で あ ろ う か 。 頭 が 混 乱 ( 錯 乱 ) し、 恐 怖 の 虜 と な る で あ ろ う 。 こ れ が パ ニ ッ ク 発 作 で あ る 。 現 実 を 冷 静 に 判 断 す る こ と が 不 可 能 と な る た め 、 恐 怖 が 恐 怖 を 生 む よ う な 状 況 に 陥 る 。 現 実 ( リ ア ル ) に は 恐 怖 の 対 象 は 存 在 し な い の だ が、 大 脳 が 存 在 し な い 恐 怖 を 勝 手 に 認 識 ( 想 像 ) す る た め 生 じ る 。 異 常 な 感 覚 体 験 で あ る が 救 急 外 来 で は 日 常 的 な 疾 患 で あ る 。

パ ニ ッ ク 発 作 を 体 験 す る と 、気 が 狂 っ た の で は な い か と 苦 悩 す る 。 次 に 発 作 が 起 こ っ た ら、 自 制 す る こ と が で き ず、 無 意 識 の 内 に 自 分 や 他 人 を 傷 つ け た り す る の で は な い か と の 不 安 も 懐 く よ う だ 。 こ の た め 引 き こ も り が ち と な り、 孤 立 感 を 深 め て い く た め、 感 覚 が 鋭 敏 と な り 発 作 の 閾 値 が 低 下 す る 。 自 ら 発 作 が 起 き や す い 状 況 を つ く っ て し ま う 。

恐 怖 や 不 安 な ど は 今 ま で に 何 度 も 経 験 し て 来 た こ と で あ る 。 赤 ち ゃん は 見 知 ら ぬ 人 を み る と 泣 き 叫 ぶ 。 幼 い こ ろ 夜 中 の ト イ レ や 鎮 守 の 森 や 墓 地 は 怖 か っ た 。 走 っ て 逃 げ 帰 っ た で は な い か 。 ヒ ト は 状 況 を 正 確 に 把 握 で き な い と、 本 能 的 に 危 険 ( 恐 怖 ) を 感 じ る 。 ヒ ト が 大 勢 い て も 知 ら な い 人 び と で あ れ ば、 緊 張 ・圧 迫 感 が 異 常 に 高 ま り、 不 安 や 恐 怖 を 感 じ る こ と す ら あ る ( 広 場 恐 怖 症 ) 。

突 然 湧 き 上 が る 死 を 意 識 す る よ う な 恐 怖 感 を 抑 え 込 む こ と は た や す い こ と で は な い 。 恐 怖 感 は 大 脳 辺 縁 系 ( 扁 桃 体 ) を 介 し た 刺 激 が、 正 常 ( 現 実 ) の 認 識 ( 意 識 ) を 凌 駕 し て し ま う か ら で あ る 。 意 識 を 扁 桃 体 か ら や っ て 来 る 刺 激 に 集 中 し て い る と、 恐 怖 を 感 じ る 神 経 経 路 が 形 成 さ れ て し ま う ( 脳 の 可 塑 性 ) 。 こ れ を 防 ぐ に は 偽 り の 刺 激 に 意 識 を 振 り 向 け ず、よ そ に 向 け て、 嵐 の 過 ぎ 去 る ま で 耐 え る こ と だ 。

不 安 神 経 症 の 方 は 安 定 剤 を 持 っ て 歩 く だ け で 大 分 違 う よ う だ 。 し か し 耐 え る こ と な く 頻 繁 に 安 定 剤 を 服 用 し て い る と、 扁 桃 体 か ら の 刺 激 に 対 す る 域 値 が 低 下 し、 却 っ て 発 作 が 頻 繁 に な る 危 険 を 潜 む 。 そ れ な ら 漢 方 で あ る ま い か 。 甘 麦 大 棗 湯 を お 守 り 代 わ り に し て は ど う か 。 浅 田 宗 伯 は 甘 麦 大 棗 湯 に つ い て 「 客 忤 ( き ゃ く ご ) は 大 抵 此 の 方 に て 治 す る な り 」 と 述 べ て い る 。 涙 を 浮 か べ た り 嗚 咽 し た り 幼 児 性 を 感 じ る 場 合、 著 効 す る よ う 感 じ て い る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード