「 体 を 温 め る 」 と 病 気 は 悪 化 す る! う っ そ ~

銀閣寺12017年初詣 伏見稲荷





014








「 最 近 だ る く て 疲 れ や す い の で 元 気 に な る 漢 方 薬 く だ さ い 」 と よ く 言 わ れ る 。 朝 鮮 人 参 が 含 ま れ る よ う な 漢 方 薬 が 欲 し い よ う な の だ 。 気 が 不 足 し て だ る い の で あ れ ば 確 か に 効 き そ う だ、 が、 ス ト レ ス 社 会 に 暮 ら す 現 代 人 は、 気 が う つ 積 し て 余 っ て い る 場 合 が 多 い 。 ス ト レ ス に 追 い 込 ま れ 窮 鼠 猫 を 噛 む よ う な 状 況 に あ る 。 ガ ス 抜 き こ そ 必 要 だ 。

ス ト レ ス は 交 感 神 経 を 緊 張 さ せ エ ネ ル ギ ー 代 謝 ( 熱 産 生 ) を 活 発 に す る 。 体 を 動 か さ な い 現 代 人 に と っ て 熱 産 生 の 亢 進 は、 不 要 で 過 剰 な 熱、 す な わ ち 病 理 産 物 で あ る “ 火 邪 ” を 産 生 す る こ と に な る 。 「 火 」 は 神 経 を 刺 激 し て 精 神 の 安 寧 を 損 な う た め、 い ら い ら し た り, 不 安 に な っ た り, 怒 り ぽ く な っ た り, 動 悸 が し た り, 眠 れ な く な っ た り す る の だ 。

交 感 神 経 の 緊 張 を 緩 め る ( リ ラ ッ ク ス ) 対 策 は、 漢 方 で は 気 の 流 れ を ス ム ー ズ に す る ( 気 の 疎 通 ) こ と で あ る 。 漢 方 方 剤 と し て は、 柴 胡 剤半 夏 厚 朴 湯 が 頻 用 さ れ る 。 過 剰 な 体 内 の 熱 は 運 動 で 発 散 さ せ る の が 理 想 だ が、 多 忙 な 現 在 人 は、 冷 た い ビ ー ル ・ 飲 料 水 や 熱 さ ま シ ー ト や 下 剤 な ど を 用 い て い る よ う だ 。 漢 方 で は 大 黄 ( 瀉 下 剤 ) が 含 ま れ る 大 承 氣 湯三 黄 瀉 心 湯 な ど、 そ し て 黄 連 ・ 黄 芩 ・ 黄 柏 ・ 石 膏 な ど 清 熱 剤 を 含 む 黄 連 解 毒 湯白 虎 加 人 参 湯 が 頻 用 さ れ て い る 。

体 が だ る く ス ッ キ リ し な い よ う な と き、 気 を 補 う 漢 方 薬 を 服 用 す る と、 体 内 が 火 の 海 と な り、 体 調 が 益 々 悪 化 す る 現 代 人 が 多 い 。 「 温 め る と 病 気 は 治 る 」 の は、 体 内 が 冷 え て 虚 し て い る 場 合 だ 。 体 内 に 火 邪 を 有 し て い る 場 合 は、 「 火 に 油 を 注 ぐ 」 こ と に な る   「 虚 す る は こ れ を 補 い 実 す る は こ れ を 瀉 せ 」 で あ る 。 で も 手 足 の 冷 え を 訴 え る 現 代 人 は 多 い で は な い か? 体 内 は だ が 手 足 は、 原 因 は 後 日 説 明 す る 。

真 夏 に 暖 房 ー大 変 な こ と に な り ま す よー 」 も 参 照 く だ さ い 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード