ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 で な す べ き こ と、 し て は い け な い こ と


004005






ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 。 生 命 を 脅 か す こ と が な い 疾 患 で あ る が、 治 り 難 い 疾 患 の 代 表 で あ る 。 生 命 を 脅か す こ と が な い と 言 っ た が、 最 近 は あ ま り み ら れ な く な っ た が、以 前 は 全 身 か ら 滲 出 液 が 流 れ で る よ う な タ イ プ が 多 か っ た 。 こ の タ イ プ は、 低 ア ル ブ ミ ン 血 漿 を 来 た し、場 合 に よ っ て は 生 命 に 危 険 を もた ら す 場 合 も あ っ た 。 こ の タ イ プ が 減 っ た の は、 ス テ ロ イ ド 治 療 が 行 き 亘 っ た か ら で あ る 。

し か し 全 身 か ら 汁 が 滲 み 出 る よ う な ア ト ピ ー は、 漢 方 治 療 に は 比 較 的 よ く 反 応 し た 。 最 近 の ア ト ピ ー は、皮 膚 が 乾 燥 し、 黒 褐 色 調 を 呈 し、 な め し 皮 の よ う に 肌 が ゴ ボ ゴ ボ 粗 造 と な り、 痒 み を 執 拗 に 訴 え る タ イ プ が 多 い 。 ス テ ロ イ ド の 薬 害 が、 こ の よ う な 難 り が た い 奇 怪 な 病 態 を 引 き 起 こ し た も の と 考 え ら れ る 。 ス テ ロ イ ド を 中 止 す べ き だ が、 現 代 医 学 で は ス テ ロ イ ド 以 外 の 武 器 を も た な い 。 リ バ ウ ン ド も 心 配 で、 だ らだ ら ス テ ロ イ ド を 使 い 続 け る 。

ス テ ロ イ ド の ほ か に も、 現 代 社 会 の 問 題 が 潜 む 。 過 食 と ス ト レ ス で あ る 。 過 食 は ミ ト コ ン ド リ ア の 電 子 伝 達 系 で、 電 子 が 過 剰 に な る た め、 細 胞 内 に 活 性 酸 素 が 大 量 に 発 生 す る 。 活 性 酸 素 は 皮 膚 を 傷 め 修 復 を 困 難 に す る 。 適 度 な 運 動 を 行 い、 夜 食 は 厳 禁 。 で も、 過 激 な 糖 質 制 限 は ア ト ピ ー を 悪 化 さ せ の で 厳 禁 。 ス ト レ ス は 交 感 神 経 を 緊 張 さ せ る た め、 皮 膚 の 血 行 障 害 が 生 じ、 血 中 に 炎 症 性 生 理 活性 物 質 が 増 加 す る 。 皮 膚 に 炎 症 が 出 現 す る 。

ス ト レ ス が 強 い と 緊 張 し や す い 方 は、 手 に び っ し ょ り 汗 を か く 。 試 験 の 答 案 用 紙 が 汗 で 手 に べ っ と り 付 着 す る 。 こ れ で 腹 診 で、 腹 直 筋 が 棒 の よ う に 堅 く 緊 張 し て い れ ば、 四 逆 散 を 処 方 す る 。 同 じ よ う に 腹 直 筋 が 緊 張 し て い て も、 胃 腸 が 弱 く 疲 れ や す か っ た り す れ ば 小 建 中 湯 だ 。 幼 き 頃、 お ね し ょ を し た り、 起 床 が つ ら か っ た り、 風 邪 を 引 き や す か っ た り、 鼻 血 を よ く 出 し た 方 に 多 い 。

腹 直 筋 が 緊 張 し て い る と、 お 腹 に 触 れ る と く す ぐ っ た が る 方 が 多 く み ら れ る 。 柴 胡 桂 枝 湯 も 鑑 別 に は い る 。 神 経 質 で 腹 痛 を き た し や す い 若 者 に 多 い 。 神 経 質 な の か 夜 泣 き が 多 く、 異 常 な ほ ど し き り に 体 を 掻 い て い る 子 が い る が、 甘 麦 大 棗 湯 が 著 効 す る こ と が あ る 。 い ら い ら が ひ ど く、 き つ い 感 じ の 女 性 な ら、 抑 肝 散 を 試 用 す る 。 皮 膚 が 乾 燥 す る 陰 虚 内 熱 に は 滋 陰 降 下 湯 を 処 方 し た い 。 夏 場 に 汗 を 掻 い て 悪 化 す る な ら 越 婢 加 朮 湯 + 白 虎 加 人 参 湯 。 炎 症 が ひ ど い と 黄 連 解 毒 湯 も 。 続 き は 後日、 ご 期 待



にほんブログ村

テーマ:アトピー・アレルギー - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード