不 妊 症 の 実 践 的 漢 方 治 療


IMG_040926A






不 妊 症 に は “ 血 の 道 ” の 薬 が 処 方 さ れ る こ と が 多 い 。 当 帰 芍 薬 散 と 桂 枝 茯 苓 丸 が 代表 的 処 方 で あ る 。 当 帰 芍 薬 散 は 冷 え に よ り 血 行 不 良 が 生 じ、 水 が 停 滞 し て い る 方 に 有 効 で あ る 。 桂 枝 茯 苓 丸 は ス ト レ ス や ホ ル モ ン の ア ン バ ラ ン ス な ど に よ り 細 小 血 管 に 微 小 炎 症 が 生 じ た た め、 血 流 が 淀 み 粘 性 が 増 し て い る 瘀 血 に 有 効 で あ る 。 そ れ で は 冷 え 症 で 浮 腫 ん で い れ ば、 当 帰 芍 薬 な の か? そ う と は 限 ら な い と こ ろ が 難 し い 。 病 態 生 理 を 考 え て み る 。

エ ネ ル ギ ー 代 謝 が 低 下 し て い れ ば、 真 に 冷 え 症 と 言 え る の だ が、 手 足 の 冷 え の 訴 え は、 冷 え 症 で な い 場 合 に も み ら れ る 。 い や、 そ の 方 が 多 い と 感 じ る 。 外 気 が 冷 え る と 末 梢 の 細 小 動 脈 は、 血 液 が 冷 え な い よ う に 収 縮 し、 血 液 は 動 静 脈 吻 合 を 通 過 す る た め 熱 の 放 散 を 防 ぐ 。 気 温 が 下 が る と、 冷 た く 感 じ る の は当 然 だ 。 交 感 神 経 系 が 緊 張 す る ス ト レ ス で も、 同 じ よ う な 機 転 が 生 じ る 。 筋 で エ ネ ル ギ ー 産 生 は 亢 進 す る が、 皮 膚 の 血 流 は 低 下 す る 。

「 体 は 暑 い が 手 足 は 冷 え る 」 「 暑 が り の 寒 が り 」 こ の よ う な 方 は 現 代 社 会 で は 多 く み ら れ る 。 こ れは 過 食 ( 動 か な い の に 食 べ る ) や ス ト レ ス な ど で 生 じ る 。 気 の 巡 り を よ く し て、 余 分 な 熱 を 発 散 さ せ る こ と だ 。 運 動 が 大 切 。 漢 方 で は 鬱 滞 し た 気 を 散 結 し、 気 を 疎 通 す る 。 肝 気 を 推 進 し、 気 滞 を 除 く 。 柴 胡 剤 が 頻 用 さ れ る 。瘀 血 に は 桂 枝 茯 苓 丸 が 処 方 さ れ る こ と が 多 い が、 実 は こ れ だ け で は 十 分 と い え な い 場 合 も 多 い 。 そ れ は 瘀 血 は 川 下 だ か ら だ 。

川 下 と は 結 果 と い う 意 味 。 漢 方 に は 「 気 は 血 の 帥 」 と い う 言 葉 が あ る 。 血 行 を ス ム ー ズ に 運 行 さ せ る の は “ 気 ” の 力 な の だ 。 ス ト レ ス 社 会 で は 気 が 鬱 滞 し や す い た め、 瘀 血 が 生 じ や す い 。 そ こ で 川 上 対 策 ( 根 治 ) と し て、 先 に 述 べ た よ う に 柴 胡 剤 が し ば し ば 必 要 と な る 。 す な わ ち、 婦 人 科 の 血 の 道 を 改 善 さ せ る た め に は、 当 帰 芍 薬 散 や 桂 枝 茯 苓 丸 だ け で は 不 十 分 な こ と が 多 い 。

治 療 を 考 え よ う 。 真 の 冷 え 症 で な け れ ば、 小 柴 胡 湯 + 香 蘇 散 + 桂 枝 茯 苓 丸、 の よ う な 処 方 が必 要 と 考 え ら れ る 。 そ れ な ら 気 の 疎 通 を 良 く し、 血 の 道 の 薬 を 合 わ せ た 加 味 逍 遥 散、 と の 意 見 が 出 そ う だ 。 し か し 気 滞 で は 痰 飲 が 産 生 さ れ る 場 合 が 多 く、 加 味 逍 遥 散 で は 重 い 。 不 妊 症 は 温 め る と い う 早 計 で は、 受 胎 は な か な か 難 し い 。 以 上 は、 多 く の 不 妊 症 を 診 察 し 治 し た 経 験 に よ る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード