潰 瘍 性 大 腸 炎 に 胃 風 湯


隅田川花火大会 2016 d隅田川花火大会 2016 e





隅田川花火大会 2016隅田川花火大会 2016





          Kyoto Dancing in Tokyo

「 幾 松 物 語 」 ( 美 原 研 ) に 「 都 を ど り 」 に つ い て の 記 述 が あ っ た 。 ( 注 : 幾 松 と は 木 戸 孝 允 参 議 ( 桂 小 五 郎 ) 夫 人 と な っ た 松 子 の 芸 名 )

天 皇 行 幸 ・ 東 京 遷 都 の 後、 衰 退 し た 京 都 の 活 性 化 の 目 的 で、 第 一 回 京 都 博 覧 会 が 明 治 5 年 に 開 催 さ れ る は こ び と な っ た 。 そ の 余 興 と し て 「 京 都 の 舞 」 を 行 う こ と に な っ た の だ が、 役 所 側 か ら 名 称 と し て 「 み や び 踊 り 」 が 提 案 さ れ た 。 京 は 雅 な の だ 。

が、 幾 松 の 舞 の 姉 弟 子 に あ た る 春 子 ( 注 : 後 の 井 上 流 三 世 家 元 ) が、 「 井 上 流 京 舞 は 踊 り で は お へ ん、 舞 ど す 」 と 強 く 主 張 し、 府 側 と 喧 々 諤 々 の 論 争 と な っ た 。 結 果、 「 み や び 」 を 「 都 」 に、 「 踊 り 」 を 「 を ど り 」 に、 変 え る こ と で 妥 協 が 図 ら れ た の で あ る 。

ス ト レ ス 社 会 の た め か 潰 瘍 性 大 腸 炎 が 増 加 し て い る 。 以 前、 本 症 に 当 帰 芍 薬 散 桂 枝 人 参 湯 が 奏 功 し た 症 例 を 紹 介 し た 。 使 用 し た エ キ ス 剤 の 方 意 は 胃 風 湯 で あ る 。 胃 風 湯 に は 粟 ( ア ワ ) が 含 ま れ て い る が、 そ の 効 能 に つ い て 論 じ た 文 献 を 知 ら な い 。

著 者 は 粟 の 効 能 は、 米 ぬ か に も 含 ま れ て い る フ ェ ル ラ 酸 に よ る も の と 考 え て い る 。 紹 介 し た 症 例 で も 米 ぬ か を 毎 日 摂 取 す る よ う に な り、 さ ら に 症 状 が 改 善 し て い る 。 検 索 し た と こ ろ、 米 糠 由 来 植 物 性 ス テ ロ ー ル フ ェ ル ラ 酸 エ ス テ ル の 抗 酸 化 お よ び 抗 炎 症 作 用 の 研 究、 と い う 論 文 が ヒ ッ ト し た 。 γ-oryzanol が key と い う の だ 。

論 文 で は 米 ぬ か に 含 ま れ る γ-oryzanol が、 DSS 誘 発 潰 瘍 性 大 腸 炎 モ デ ル の 腸 炎 を 著 明 に 抑 制 し た 。 γ-oryzanol と は フ ェ ル ラ 酸 に ア ル コ ー ル が エ ス テ ル 結 合 し た 物 質 で、 働 き は フ ェ ル ラ 酸 そ の も の で あ る 。 粟 や 米 糠 が 潰 瘍 性 大 腸 炎 の メ シ ア と な る か ハ イ ゼ ッ ト と し て 薬 価 収 載 さ れ て い る 。 認 知 症 に も 有 効 で あ る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード