中 年 女 性 の 自 律 神 経 失 調 症 に 大 柴 胡 湯 + 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯


17菊乃井 2016-5







ぎおんさとう3ぎおんさとう5






中 年 女 性 。 以 前 か ら 高 血 圧 で 他 院 で 降 圧 剤 を 服 用 中 。 肩 こ り と 便 秘 が ス ッ キ リ せ ず 来 院 。 体 格 は ガ ッ チ リ し 食 欲 良 好 。 腹 力 充 実 し 胸 脇 苦 満 を 認 め る 。 脈 は 80 で 滑 弦 で 有 力 。 舌 は 暗 紫 紅 で 胖 大 。 白 苔 に 被 わ れ 舌 下 静 脈 の 怒 張 が 目 立 つ 。 大 柴 胡 湯 を 投 与 。 2 週 間 後、 便 秘 と 腹 の 張 り は 楽 に な っ た 。 肩 こ り は あ ま り 変 わ ら な い 。 本 人 曰 く、 と き ど き 動 悸 を 感 じ 不 安 に な る 。 寝 付 き も 悪 く 嫌 な 夢 も 多 い 。 大 柴 胡 湯桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 を 加 え 投 与 。

2 週 間 後、 動 悸 が し な く な り、熟 睡 が で き る よ う に な っ た 。 不 安 な 感 じ も な く な り 体 調 が 非 常 に 良 く な っ た 。 こ の く す り は 自 分 に 合 っ て い る、 と 。 大 柴 胡 湯 と 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 。 あ ま り 使 わ れ な い 組 み 合 わ せ で あ る? 大 柴 胡 湯 は い わ ゆ る 実 証 タ イ プ に、 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 は む し ろ 虚 証 に 使 用 さ れ る 。 し か し 人 間 、 長 所 も あ れ ば 弱 点 も あ る も の だ 。 現 実 は 虚 実 挟 雑 症 が 多 い の で あ る 。

本 例 は も っ て 生 ま れ た 体 質 に 環 境 ( ス ト レ ス? ) が 影 響 し、 気 の う つ 滞 ( 肝 気 鬱 結 ・ 肝 鬱 ) が 引 き 起 こ さ れ、 排 便 が 不 通 と な り ガ ス が 停 滞 す る よ う に な っ た 。 そ こ で 正 気 を 疎 通 し、 う つ 滞 す る 気 ( 邪 気 ) を 破 気 ・ 外 泄 す る 目 的 で 大 柴 胡 湯 を 投 与 し た 。 陽 明 の 腑 気 が 通 じ 便 秘 は 解 消 さ れ る よ う に な っ た が、 不 安 や 動 悸 や 不 眠 に は 無 効 で あ っ た 。 こ れ は 肝 鬱 に よ り 正 気 が 邪 気 に 転 化 し、 正 気 が 消 耗 さ れ 虧 損 ( 壮 火 食 気 ) さ れ た た め と 思 わ れ る 。

本 例 は 邪 気 と 正 気 の 不 足 が 併 存 し て い る 状 態 で あ っ た 。 正 気 が 心 に 昇 ら な く な っ た た め、 心 の 主 で あ る 神 が 安 寧 を 得 ら れ な く な り、 不 安 や 動 悸 や 不 眠 が 生 じ る よ う に な っ た 。 正 気 が 不 足 し た た め 、 邪 気 が 上 逆 し て い る こ と も 問 題 で あ る 。 正 気 を 昇 ら せ 邪 気 を 降 ろ す た め に は 桂 枝 が 必 要 と な る 。 さ ら に 鎮 心 安 神 作 用 の あ る 竜 骨 ・ 牡 蠣 も 必 要 だ 。 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 を 合 方 す る 。 柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 に 芍 薬 ・ 枳 実 ・ 大 黄 を 加 え た も の に な る 。

PS : 女 性 東 京 都 知 事 誕 生 。 英 国 首 相 メ イ、 米 国 大 統 領 候 補 ク リ ン ト ン、 そ し て 小 池 氏 。 ウ ー マ ン パ ワ ー さ く 裂 。 と 言 う か、 男 性 が 不 甲 斐 な い の か 。 い や、 不 安 定 な 時 代 は 女 性 に お 任 せ で す



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード