認 知 症 は 治 る II  


明けの明星と三日月IMG_0099










京 都 に 住 ん で 早 や 2 年 。 国 際 観 光 都 市 京 都 。 だ が、 移 り 住 む に は 躊 躇 す る 。 交 通 マ ナ ー は 最 低? イ ケ ズ が 表 す京 都 の 気 質 。 大 阪 が 陽 な ら、 京 都 は 陰 だ 。 京 都 人 が 「 京 都 の 人 は 意 地 悪 で し ょ 」 と 言 う 始 末 。 政 令 都 市 な の に イ ン フ ラ が 貧 弱 。 観 光 客 が 落 と し た お 金 は 、 遠 山 の 金 さ ん で も 手 が 出 せ な い? 「 よ さ こ い 節 」 の 一 節 「 坊 さ ん か ん ざ し 買 う を 見 た 」 と 。 庶 民 生 活 は 大 変 に み え る 、が 。 京 都 の い け ず を 知 る た め に は、 井 上 章 一 氏 の 「 京 都 ぎ ら い 」 の 一 読 を 。

抑 肝 散 + 甘 麦 大 棗 湯 が 、 イ ラ イ ラ や 怒 り っ ぽ い な ど の 感 情 障 害 に 有 効、 と の 報 告 が 散 見 さ れ る 。 抑 肝 散 が BPSD に 有 効 で あ る こ と は 広 く 知 ら れ て い る 。 一 方 甘 麦 大 棗 湯 が 脳 細 胞 を 活 性 化 す る 可 能 性 を、 著 者 は 繰 り 返 し 述 べ て き た 。 面 白 い 組 み合 わ せ だ 。 抑 肝 散 だ け で は 制 御 不 能 な BPSD の、 有 力 な 手 段 と も な り 得 る 。

前 頭 側 頭 葉 型 認 知 症 の 寝 た き り の 女 性 。 周 辺 症 状 の た め 抑 肝 散 が 投 与 さ れ て い る が、 最 近 は 介 護 抵 抗 が 著 し く 暴 力 を 振 る う 。 昼 夜 逆 転 し 夜 中 に 大 声 を 出 す た め、 家 人 は 不 眠 で 疲 労 困 憊 。 ア リ セ プ ト を 中 止 す る も 同 様 。 リ ス パ ダ ー ル や セ ロ ク エ ル も 効 果 な く 、 ウ イ ン タ ミ ン で や っ と 大 声 が 消 失 。 し か し、 一 日 中 無 言 で ベ ッ ト 上 を ゴ ソ ゴ ソ 。 認 知 機 能 改 善 の た め 甘 麦 大 棗 湯 を 追 加 。

そ の 後 の 進 展 が お ど ろ き で あ っ た 。 デ ー サ ー ビ ス で 九 九 計 算 の 答 え を 数 字 で 書 く よ う に な り、 し まい に は 言 葉 で 正 解 を 答 え る ま で に な っ た 抑 肝 散 で 脳 細 胞 の 異 常 な 興 奮 刺 激 を 抑 制 し、甘 麦 大 棗 湯 で 残 っ て い る 正 常 な 脳 細 胞 の 働 き を 活 性 化 さ せ た? こ の 仮 説 が 正 し け れ ば、 認 知 症 患 者、 否、 社 会 全 体 へ の 福 音 と な る 。 抑 肝 散 と 甘 麦 大 棗 湯 ( 甘 麦 抑 肝 散 ) 脳 か ら 有 害 物 質 を 排 除 す る 可 能 性 の あ る 漢 方 薬 と の コ ラ ボ 。 こ れ で 認 知 症 治 る  


にほんブログ村 

テーマ:認知症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード