「 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 」 は 喘 息 に も 効 く


010012





001003





保津川渓谷006






湿 熱 に よ る 実 証 の 気 管 支 喘 息 の 特 効 薬 は 五 虎 湯 柴 陥 湯 で あ る 。 本 来 は 五 虎 湯 + 小 陥 胸 湯 で よ い の だ が、 小 陥 胸 湯 が エ キ ス 剤 に な い こ こ と と、 喘 息 患 者 は ス ト レ ス が 多 い た め、 柴 胡 を 含 ん だ 柴 陥 湯 が ベ タ ー と 考 え て の こ と で あ る 。 ス ト レ ス の 場 合 の 喘 息 に は 神 秘 湯 が あ る が、 化 痰 ・ 清 熱 作 用 が 少 な い た め、 小 児 の よ う に 病 根 の 浅 い 場 合 や、 リ ン パ 系 が 未 達 な 場 合 に 有 効 と い え る 。

ス ト レ ス で 腹 直 筋 が 緊 張 し て い る よ う な 実 証 で あ れ ば 四 逆 散 五 虎 湯 が 有 効 で あ る 。 虚 証 な ら ば 小 建 中 湯 を 考 慮 す る 。 小 建 中 湯 は 元 気 が な く 疲 れ や す く ( 注 : 虚 証 が 隠 れ て い る 場 合 も あ る ) 、 腹 診 で 腹 直 筋 の 緊 張 が 目 立 ち、 動 悸 を 触 れ る 場 合 に 有 効 で あ る 。 あ ら ゆ る 疾 患 に 利 用 で き る と い っ て も 過 言 で は な い 。

小 建 中 湯 証 で は 脾 腎 が 虚 し て い る た め、 邪 気 が 上 逆 し や す い 。 そ れ に 伴 い 肺 気 の 粛 降 ( 納 気 ) が う ま く 行 か な く な り、 発 症 す る 。虚 証 で あ っ て も 脾 胃 が 冷 え て 水 飲 が 停 滞 し、 肺 に 上 逆 し て 喘 息 や 鼻 炎 が 発 症 し て い る 場 合 は、 小 青 竜 湯 で あ る 。 小 建 中 湯 証 で も 小 青 竜 湯 証 で も、水 邪 の 有 無 を 別 に す る と、 正 気 が 上 ら ず 邪 気 が 上 逆 す る た め 、 肺 の 宣 散 粛 降 が 障 害 さ れ 、 喘 息 が 発 症 す る 。 そ れ ゆ え 両 剤 に は 桂 皮 を 含 み、 正 気 を 肺 に 上 達 す る の で あ る 。

喘 息 も 発 症 初 期 で あ れ ば、 神 秘 湯 に 化 痰 降 逆 作 用 の あ る 半 夏 厚 朴 湯 な ど を 合 方 す れ ば よ い と 思 う が、 な か な か 治 ら な い と 熱 化 す る た め、 清 熱 剤 の 加 味 が 必 要 と な る 。 そ こ で 成 人 で は 上 記 の 五 虎 湯 + 柴 陥 湯 と な り、 小 児 ( と き に 成 人 女 性 も ) で は 五 虎 湯 + 柴 朴 湯 / 小 柴 胡 湯 と な る 。 寒 性 の 小 青 竜 湯 で も 石 膏 が 必 要 と な り、 小 青 竜 湯 + 桔 梗 石 膏 / 麻 杏 甘 石 湯 を 処 方 す る こ と に な る 。

柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 も 喘 息 に 有 効 と 云 わ れ て い る 。 著 者 の 経 験 で は 自 律 神 経 が 失 調 し、 不 安 や 緊 張 が 認 め ら れ、 と く に 顔 や 頭 か ら の 著 明 な 発 汗 と、 の ぼ せ や 動 悸 も 認 め ら れ る ( 頭 か ら の 汗 は の ぼ せ の 結 果 か も し れ な い ) 。 ま た、 下 痢 や 小 便 不 利 の よ う に 、 水 飲 が 関 与 し て い る よ う に 感 じ て い る 。 本 剤 に も 桂 枝 が 含 ま れ る 。 気 の 上 逆 が、 喘 息 + 発 汗 / の ぼ せ / 不 安 の 原 因 か



にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード