う つ 病 は 漢 方 で 自 然 な 感 じ で 治 る




Mt. Iwate & Kitakami River, viewing from the Kaiun bridge in Morioka, Kaiun means the grand openning of the excellent fortune
 岩 手 山北 上 川
    i n  盛 岡

apartment houses over the River of Kitakami, view from the platform of Morioka station






北 上 夜 曲 で 有 名 な 北 上 川秀 峰 岩 手 山 を 源 流 と す る 啄 木 は 岩 手 山 と 北 上 川 を 故 郷 を 偲 ぶ 歌 に し ば し ば 用 い た、 や わ ら か に 柳 青 め る 北 上 の ・ ・ ・ふ る さ と の 山 に 向 か い て 言 ふ こ と な し ・ ・ ・

一 方 、室 生 犀 星 は い う、 ふ る さ と は 遠 く に あ り て 思 う も の そ し て 悲 し く 歌 う も の ・ ・ ・ 、と

ふ る さ と の 温 か い 胸 に 抱 か れ て慈 し み 育 て ら れ た 遠 い 過 去 あ の 友 こ の 女 ( こ ) 。 思 い 出 は 尽 き な い 。 望 郷 の 念 と は 一 種 悲 し い も の で あ る 。 一 念 発 起 、望 郷 の 念 に は 封 印 を し た上 京 し た 目 的 を 達 成 す る た め に


症 例 は 5 0 代 の 女 性 。 数 年 前 か ら 高 血 圧 を 指 摘 さ れ る も 放 置 。 2 ヶ 月 前 に 、ご 主 人 を 病 気 で 亡 く し て い る 。 そ の た め 不 安 感 が 出 現 し 、う つ 的 と な っ た 。 1 ヶ 月 前 よ り 耳 閉 感 と 腰 か ら 下 肢 に か け て つ れ る 感 じ が 出 現 。 整 形 外 科 を 受 診 し 、鎮 痙 薬 と 安 定 剤 を 服 用 し て い る 。 床 に 入 る と 胸 が ド カ ド カ し て 眠 れ な い 。 の ぼ せ る 。 顔 貌 は 抑 う つ 状 。 血 圧 1 9 0 / 1 1 0 。 脈 は 1 0 0 、細 滑 弦 で 左 尺 無 力 。 舌 は 暗 紅 、薄 白 苔 、全 体 に 化 燥 。

陰 虚 陽 亢 と 考 え 、玄 参 5 、山 茱 萸 6 、芍 薬 6 、牡 丹 皮 6 、麦 門 冬 6 、百 合 6 、知 母 9 、黄 柏 4 、茯 苓 6 、遠 志 4 、蓮 肉 5 、酸 棗 仁 ( 炒 ) 1 5 と 降 圧 剤 を 投 与 。

1 週 間 後 、う そ の よ う に 明 る い 顔 に な っ た 。 初 診 時 よ り 安 定 剤 は 中 止 し て い る が 、不 安 感 や う つ 状 態 が よ く な っ た 。 動 悸 も な く 眠 れ る 。 驚 い た こ と に 下 肢 の つ れ る 感 じ も な く な っ た 。 血 圧 は 1 6 0 / 9 0 。 脈 は 8 4 、沈 細 。 同 方 を 2 週 間 分 投 与 。 初 診 3 週 間 後 、耳 閉 感 が ま だ 少 し あ る が 、他 の 症 状 は 消 失 。 血 圧 も 1 3 2 / 9 0 、脈 も 8 0 と 改 善 。 玄 参 、蓮 肉 を 中 止 し 、乾 地 黄 7 、黄 耆 4 を 加 え る 。 体 調 は 元 通 り に な っ た 。 現 在 も 漢 方 薬 を 服 薬 中 で あ る 。

女 性 に は 月 経 や 分 娩 ・授 乳 が あ る た め 、男 性 に 比 べ 陰 血 ( 体 の 構 成 物 質 ) が 不 足 が ち と な る 。 加 齢 と と も に 陰 血 は さ ら に 不 足 す る よ う に な る 。 そ の た め 閉 経 は 合 目 的 性 を 有 す る こ と に な る の だ が 、
閉 経 後 の 女 性 が 陰 血 不 足 に 起 因 す る 疾 患 の 、ハ イ リ ス ク で あ る こ と に 変 わ り は な い 。

体 の 構 成 成 分 が 不 足 す る ( 痩 せ る ) と 、代 償 機 転 が 働 き 、血 肉 の 素 を 吸 収 し 、そ の 素 材 を 用 い 、体 の 修 復 が 行 わ れ る 。こ の た め 体 内 の 熱 産 生 ( 代 謝 ) が 亢 進 す る 。 こ れ が 陰 虚 内 熱 と い う 状 態 で あ る 。 こ の 熱 が 上 昇 す る よ う に な る と 陰 虚 陽 亢 と い う 。

熱 ( 火 ) が 上 昇 し 「 心 」 を 衝 く と動 悸 が 出 現 し た り 、血 圧 が 上 昇 す る 。 ま た 心 に 御 座 す 「 神 」 が 不 寧 と な る た め 不 安 ・ い ら い ら ・ 焦 燥 感 や 不 眠 が 生 じ る 。

消 火 す る た め に は 黄 柏 や 知 母 が 必 要 に な る ( 標 治 )。 し か し 熱 ( 火 ) の 産 生 は 陰 血 が 不 足 し た た め で あ る 。 滋 陰 養 血 が 根 本 の 治 療 と な る 。 こ れ を 本 治 と い う 。 “ 臭 い も の に は 蓋 ” 式 の 治 療 で は い け な い 。



にほんブログ村 

テーマ:うつ病の病状 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード