認 知 症 は 治 る


下鴨神社入り口, マンション建設問題で揺れる009





下鴨神社の糺の森(ただすのもり)012






人 参 養 栄 湯 や 十 全 大 補 湯 は 体 力 の 低 下 し た 高 齢 者 を 元 気 づ け る 。 こ れ ら の 漢 方 薬 は 根 菜 類 で 構 成 さ れ る 。 根 菜 類 は 炭 水 化 物 ( 糖 質 ) で あ り、 あ の フ ェ ル ラ 酸 も 含 ま れ る 。 高 齢 者 は 主 食 を し っ か り と り、 お 魚 も 毎 日 欠 か さ ず 食 し た い 。 こ こ ま で 長 寿 を 支 え て き た 日 本 食 + 良 質 の 蛋 白 質 で あ る 。 糖 質 制 限 食 は 危 険 で あ る 。

コ ウ ノ メ ソ ッ ド の 河 野 和 彦 氏 は 「 認 知 症 は 治 る 」、 と 述 べ て い る 。 「 き ん さ ん ぎ ん さ ん 」 は、 ウ イ ッ ト に 富 ん だ 会 話 で 元 気 を お 茶 の 間 に 届 け て く れ た 。 し か し、 お 二 人 と も 病 理 学 的 に は 末 期 の ア ル ツ ハ イ マ ー 病 で あ っ た、 と い う 。 で も TV で 見 る か ぎ り は 発 症 は し て い な か っ た の だ 。 発 病 し て い て も 発 症 さ せ な い 。 こ の よ う に 考 え る と、 た し か に 「 認 知 症 は 治 る 」 と い え そ う だ 。 要 は 腕 次 第 な の だ

認 知 症 予 防 に は 食 事 だ け で な く、 こ こ ろ の 平 穏 や 睡 眠 も 大 切 に な る 。 国 民 の 5 人 に 1 人 は 不 眠 症 を 患 っ て い る と い う 。 と く に 高 齢 者 は 深 い 眠 り が 少 な く な り、 浅 い 眠 り の レ ム 睡 眠 が 増 加 す る 。 こ の た め 夢 を み る こ と が 多 く な り、 夜 間 に 頻 回 に 覚 醒 す る 。 夢 見 が 悪 く 大 声 や 奇 声 を 発 す る こ と も あ る 。 レ ム 睡 眠 行 動 障 害 と い う 睡 眠 障 害 が あ る 。 夢 を み て 暴 力 を ふ る い、 と き に 殺 傷 事 件 に 発 展 す る こ と が あ る 。 レ ビ ー 小 体 型 認 知 症 や パ ー キ ン ソ ン 病 で 有 名 と な っ た が、 日 常 的 に 一 般 の 人 々 に も 多 く 認 め ら れ て い る 。

治 療 に は ク ロ ナ ゼ パ ム が 有 効 と い わ れ て い る 。 漢 方 薬 で エ ビ デ ン ス が あ る も の に 抑 肝 散 が あ る 。 抑 肝 散 は 気 が 高 ぶ り ( 肝 の 虫 ・ 夜 泣 き ) 眠 れ な い 場 合 や、 認 知 症 の 周 辺 症 状 や イ ラ イ ラ し 誰 に で も 当 る よ う な 場 合 な ど に 奏 功 す る 。 他 の 漢 方 薬 も 検 討 し よ う 。

酸 棗 仁 湯 は 悪 夢 や 寝 言 に 有 効 で、 睡 眠 の 質 を 改 善 す る と の 報 告 が あ る 。 ま た、 夜 間 奇 声 に 酸 棗 仁 湯 が 有 効 と の 報 告 も あ る 。 酸 棗 仁 湯 も レ ム 睡 眠 行 動 障 害 に 有 効 の よ う に 感 じ る 。 悪 夢 に 有 効 。 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 は ど う だ ろ う 。 う つ 的 で 舌 が 白 苔 で 被 わ れ る よ う な 痰 濁 タ イ プ に は 竹 筎 温 胆 湯 を 試 用 し て み る 。 経 験 上、 実 証 で イ ラ イ ラ し て い る よ う な 睡 眠 障 害 に は 大 柴 胡 湯黄 連 解 毒 湯 が 奏 功 す る 。 神 経 質 で 顔 か ら 汗 が 流 れ る 女 性 の 不 眠 症 に は 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 。 こ れ ら が ダ メ な ら 甘 麦 大 棗 湯 だ 。


にほんブログ村

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード