FC2ブログ

潰 瘍 性 大 腸 炎 に 「 温 経 湯 」

外堀と中央線と桜(from 香織先生)外堀と並行して走る中央線 (from 香織先生 in Tokyo





018019





022023






20 代 男 性 。 4 年 前 、突 然 血 便 が 出 現 し た た め 病 院 を 受 診 し 潰 瘍 性 大 腸 炎 と 診 断 さ れ た 。 治 療 は メ サ ラ ジ ン と 整 腸 剤 、そ れ に 症 状 悪 化 時 に 使 用 す る 注 腸 用 の 薬 も 投 与 さ れ 治 療 を 続 け る も、 症 状 の コ ン ト ロ ー ル が う ま く い か な い た め 漢 方 薬 を 希 望 し 受 診 し た 。

体 格 は や や 痩 せ 型 で 顔 が 白 っ ぽ い 。 全 体 に 淡 色 調 の ニ キ ビ が み ら れ る 。 脈 は 72 で 滑、 尺 脈 弱 。 舌 は 暗 紅 で や や 紫 色 調 。 薄 白 苔 に 被 わ れ る が 前 部 は 少 苔 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 な し 。 腹 診 で 心 下 痞、 右 季 肋 部 に 腹 壁 の 緊 張 と 臍 下 に 正 中 芯 を 認 め る 。 腹 力 は 中 等 度 。 食 欲 正 常 。 口 渇 は な い が 口 唇 は 乾 燥 し や す く 多 少 荒 れ て い る 。 便 は 日 に 3 ∼ 4 回 。 有 形 便 は 0 ∼ 1 回 、残 り は ガ ス と 粘 液 便 で 不 快 で あ る 。

便 に と き ど き 血 便 ( 血 液 付 着 ) が み ら れ る 。 腹 痛 は な い が、 腹 が 張 っ て ゴ ロ ゴ ロ な る 。 睡 眠 は 良 好 。 両 手 に 肌 荒 れ が 目 立 ち、 ガ サ ガ サ ・ ゴ ボ ゴ ボ し て い る 。 痒 み は な い 。 以 前 は 手 背 だ け で あ っ た が、 最 近 は 手 掌 も 荒 れ る よ う に な っ て き た 。 手 掌 に 熱 感 を 感 じ る が、 足 は 冷 え る 。 潰 瘍 性 大 腸 炎 が 発 症 す る 1 ∼ 2 年 前 に 、両 側 の下 腿 に 出 血 斑 が 出 現 し、 う っ 血 性 紫 斑 と 診 断 さ れ た こ と が あ る 。

温 経 湯 5 g /日 2 分 と 桂 枝 加 芍 薬 湯 5 g /日 2 分 を 投 与 。 4 週 間 後 、ガ ス と 粘 液 便 が な く な り、 便 は 有 形 と な っ て き た 。 血 便 も な か っ た 。 腹 張 と ゴ ロ ゴ ロ も ほ と ん ど な く な っ た 。 食 欲 も 変 わ り な い 。 本 人 も お ど ろ く ほ ど 手 の 荒 れ が 改 善 し、 ツ ル ツ ル し て い る 。 ニ キ ビ は ほ と ん ど 同 様 だ 。 症 状 が 改 善 し て き た の で 前 方 を 投 与 中 。

本 例 で み ら れ た “ 手 の 荒 れ ” “ 手 掌 の ほ て り ” “ 口 唇 の 乾 燥 ” は 温 経 湯 の 証 と し て あ ま り に も 有 名 で あ る 。 さ ら に 『 金 匱 要 略 』 の 温 経 湯 の 条 文 に は 「 婦 人 年 五 十 所, 病 下 利 数 十 日 不 止, 暮 即 発 熱, 少 腹 裏 急 腹 満 , ・ ・ ・ ・ ・ 」 と あ る 。 下 痢 が 何 日 も 治 ら ず、 下 腹 部 が 痛 み、 腹 も 張 っ て い る 、 等 の 症 状 に は 温 経 湯 を 投 与 す べ し、 と 指 示 が あ る 。 本 例 は 女 性 で な い が こ れ に 従 っ た 。

本 例 は 顔 が 白 っ ぽ く、 足 が 冷 え、 臍 下 に 正 中 芯 が み ら れ る た め、 虚 に 傾 い て い る も の と 思 わ れ た 。 そ し て 腹 張 や 腹 鳴 が 著 し い た め、 腸 の 働 き を 整 え る 目 的 で 桂 枝 加 芍 薬 湯 も 使 用 し た 。 し か し、 温 経 湯 と 桂 枝 加 芍 薬 湯 の 構 成 生 薬 を 比 較 す る と、 大 棗 を 除 け ば 桂 枝 加 芍 薬 湯 の 構 成 生 薬 は す べ て 温 経 湯 に 含 ま れ て い る 。 温 経 湯 は 桂 枝 加 芍 薬 湯 に、 半 夏 ・ 麦 門 冬 ・ 当 帰 ・ 川 芎 ・ 牡 丹 皮 ・ 阿 膠 ・ 呉 茱 萸 ・ 人 参 を 加 え た 構 成 だ 。 桂 枝 加 芍 薬 湯 は 不 要 か?

当 帰 ・ 芍 薬 ・ 川 芎 ・ 牡 丹 皮 は 活 血 化 於 し、 阿 膠 は 陰 血 を 補 い 止 血 す る 。 桂 皮 は 気 血 の 流 通 を 改 善 す る 。 人 参 は 気 を 補 う 。 半 夏 は 化 痰 し、 麦 門 冬 は 滋 陰 す る 。 呉 茱 萸 は 肝 を 温 め 血 流 を よ く す る 。 そ し て 桂 皮 + 芍 薬 で 腸 管 の 動 き を 改 善 す る 。 潰 瘍 性 大 腸 炎 が 西 洋 薬 だ け で 改 善 し な い の は、 腸 管 の 血 流 障 害 が 改 善 さ れ な い た め と 思 わ れ る 。 血 流 障 害 は 酸 化 ス ト レ ス を 生 じ 組 織 を 破 壊 す る 。 温 経 湯 は 血 流 を 改 善 し、 腸 管 組 織 を 修 復 す る の で あ ろ う 。 温 経 湯 は 潰 瘍 性 大 腸 炎 の 頻 用 処 方 で あ る 胃 風 湯 に 似 る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード