FC2ブログ

瘀 血 や 湿 濁 は 微 小 炎 症 の 温 床 だ!



京都時代祭り in 2014 スタート先頭はお偉方?2014年10月22日





官軍の騎兵錦の御旗を戴き官軍の行列はつづく











織田信長公柴田勝家





室町時代?室町時代?





烏丸御池







後 期 高 齢 者 の 女 性 。 数 年 前 か ら や る 気 が な く し ん ど い と 訴 え 医 療 機 関 を 転 々 と し て い る 。 頭 が ボ ーッ と し て 歩 く の も 大 変 。 外 出 は 車 椅 子 で 家 族 が 付 き 添 っ て い る 。 顔 貌 は 無 欲 状 で し ん ど い を 繰 り 返 す 。 降 圧 薬 ・ 抗 血 小 板 薬 ・ 眠 剤 や 便 秘 薬 を 服 用 し て い る 。 食 欲 が 落 ち 便 秘 で あ る 。 お 腹 が 張 っ て ガ ス が 多 い 。 胸 が 苦 し い と 訴 え る が 心 電 図 は 異 常 な し 。 時 々 呼 吸 も 苦 し く な る 。 生 き て い る の が し ん ど い、 と 。

血 圧 正 常 。 脈 は 80 で 滑、 尺 脈 弱 。 舌 は 胖 大、 淡 紅 で 白 苔 満 布 、や や 化 燥 。 肥 満 体 で お 腹 は 蛙 腹 様 で 軟 弱 。 抑 う つ 的 だ が 焦 燥 は み ら れ な い 。 認 知 機 能 は 正 常 の よ う だ が、 集 中 力 が 低 下 し 話 が ス ロ ー だ 。 肝 鬱 の た め 血 液 や 水 ( 津 液 ) の 流 れ が 鬱 滞 し、 瘀 血 や 湿 濁 が 産 生 さ れ う つ 状 態 を 発 症 し た 。 加 味 逍 遥 散半 夏 厚 朴 湯 を 投 与 し た 。 2 週 間 後、 し ん ど さ が ま し に な っ て き た 。 無 欲 様 顔 貌 に も 明 る さ が み ら れ、 気 力 が で て き た 。 2 ヶ 月 後 杖 を つ い て ひ と り で や っ て 来 た 。

女 性 は 月 経 や 出 産 ・ 子 育 て な ど で 陰 血 が 不 足 し や す い 。 老 化 は さ ら に そ れ を 助 長 す る 。 陰 血 は 気 を 推 動 ( 疏 泄 ) す る 肝 の 燃 料 で あ る た め、 些 細 な ス ト レ ス な ど で も 肝 鬱 と な り や す い 。 こ の た め 瘀 血 や 湿 濁 な ど の 病 理 産 物 が 産 生 さ れ、 炎 症 性 メ デ ィ エ ー タ ー を 産 生 す る 慢 性 の 微 小 炎 症 ( chronic micro-inflammation ) の 温 床 と な る 。 炎 症 性 サ イ ト カ イ ン が 大 脳 辺 縁 系 に 働 き、 微 細 な 炎 症 を 惹 起 し、 う つ を 引 き 起 こ す 。

加 味 逍 遥 散 は 肝 の 陰 血 を 補 い、 気 や 血 の 流 通 を 改 善 す る 。 半 夏 厚 朴 湯 は 胸 - 膈 の 痰 濁 を 除 き、 気 の 昇 降 を 正 常 に 回 復 す る 。 加 味 逍 遥 散 だ け で は 湿 濁 に 対 し 力 不 足 で あ る た め 半 夏 厚 朴 湯 の 力 が 必 要 。 著 者 は 二 剤 の 合 方 を 半 朴 逍 遥 散 と し て、 女 性 の 自 律 神 経 失 調 症 や 更 年 期 障 害 や 慢 性 皮 膚 炎 に 頻 用 し て い る が 手 応 え を 十 分 感 じ る 。 痰 湿 が 著 明 な 場 合 は 柴 朴 湯四 逆 散 合 半 夏 厚 朴 湯 を 考 慮 す る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード