「 半 夏 厚 朴 湯 」 が 有 効 な 病 気



竜馬の墓前より京都市内を望む法観寺五重塔, 中央遠くに京都タワーが





法観寺五重塔, 通称八坂の塔清水寺につづく産寧坂"






60 代 女 性 。 気 分 が す っ き り し な い 。 い ら い ら し た り 不 安 に な っ た り す る 。 と き ど き 胸 が 圧 迫 さ れ、 呼 吸 が ど う し よ う も な く 苦 し く な る 。 そ の 度 に 救 急 病 院 を 受 診 す る が、 点 滴 を し て い る 間 に 症 状 は 消 失 す る 。 精 密 検 査 で は 心 血 管 系 の 障 害 は み ら れ な い 。 血 圧 治 療 中 。 食 欲 良 好 だ が 便 秘 。 寝 つ き が 悪 く 夜 中 に な ん ど も 覚 醒 す る 。 舌 は 淡 紅 、胖 大 、白 苔 に 被 わ れ、 舌 下 静 脈 の 怒 張 が 目 立 つ 。 脈 は 90 で 沈 細 。 腹 部 は 蛙 腹 で、 心 下 痞 硬 と 右 に 軽 い 胸 脇 苦 満 を 認 め る 。

不 安 障 害 で と き ど き パ ニ ッ ク 症 状 を 引 き 起 こ す 。 漢 方 的 に は 痰 飲 と 瘀 血 が 原 因 と 考 え ら れ る 。 訴 え が 執 拗 で あ る た め 半 夏 厚 朴 湯加 味 逍 遥 散 を 投 与 し た 。 2 週 間 後 、大 分 気 分 的 に 楽 に な っ た 。 胸 の 苦 し さ も 起 き な い 。 寝 つ き も よ く な り 、 足 の 浮 腫 も 楽 に な っ た 。

30 代 女 性 。 訴 え は、 締 め つ け ら れ る 頭 痛 と め ま い ・ 立 ち く ら み だ 。 加 味 逍 遥 散 な ど い ろ い ろ と 投 与 さ れ て き た が、 そ れ 程 の 症 状 の 改 善 を 認 め な い 。 最 近 は 胃 痛 が 出 現 す る よ う に な っ た 。 生 理 は 順 調 だ 。 寝 つ き も よ く、 疲 れ も 感 じ な い 。 た だ 神 経 質 か も し れ な い、 と 。 お 腹 は 張 る 。 咽 喉 の 痞 塞 感 な し 。 舌 は 淡 紅 で 薄 白 苔 あ り 。 静 脈 の 怒 張 な し 。 脈 は 64 で 細 滑 。 腹 診 で 心 下 痞 硬、 胃 部 に 圧 痛 を 認 め る 。 腹 部 は 全 体 に 鼓 音 を 呈 す る 。 臍 傍 ・ 臍 下 に 抵 抗 ・ 圧 痛 を 認 め な い 。

症 状 の 割 に は 訴 え が 執 拗 に 感 じ ら れ る た め、 半 夏 厚 朴 湯 を 投 与 。 2 週 間 後、 頭 痛 が あ ま り 起 こ ら な く な り、 フ ワ フ ワ し た 感 じ が な く な っ た 。 肩 こ り も 楽 に な り、 胃 も ス ッ キ リ し て き た 。 お 腹 の 張 り も 改 善 。 半 夏 厚 朴 湯 証 は、 痰 飲 が 胸 膈 に 停 滞 す る た め、 正 気 の 昇 降 が 障 害 さ れ る た め 生 じ る 。 本 証 で は 咽 喉 の 違 和 感 ( 痞 塞 感 ) が 有 名 な よ う に、 半 夏 厚 朴 湯 証 の 本 質 は 感 覚 ( 知 覚 ) が 鋭 敏 化 さ れ る た め、 体 内 の 些 細 な 変 化 を 大 袈 裟 に 捉 え る よ う に な り、 他 人 に は 症 状 の 訴 え が 現 状 に 比 し、 執 拗 に 感 じ と ら れ る 。 そ の 最 た る も の が パ ニ ッ ク だ 。

こ れ は 正 気 の 流 通 が 痰 飲 に よ り 障 害 さ れ た た め、 そ の 領 域 の 自 律 神 経 の 感 受 性 が 亢 進 し、 自 律 神 経 が 支 配 す る 組 織 ・ 臓 器 が 異 常 に反 応 し 活 動 す る こ と に よ る 。 こ の た め 種 々 の 症 状 が 出 現 す る の だ 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード