パ ニ ッ ク は 「 蔵 躁 病 」



高雄病院敷地に現われた小ザル(やまぶどうを食す)秀吉の菩提を弔う「高台寺」に続く小道






日 本 初 戦 コ ー ト ジ ボ ア ー ル に 敗 戦 。 残 念 だ が 敗 戦 の 弁 で い つ も 気 に な る 発 言 が あ る 。 そ れ は 「 力 を 出 し 切 れ な っ か っ た 」 で あ る 。 力 を 出 し 切 れ な か っ た、 と い う 表 現 は 期 待 さ れ な が ら 勝 て な っ た と き に よ く 聞 か れ る 表 現 で あ る 。 実 力 は あ っ た ん だ が、 と い う 負 け 惜 し み に 聞 こ え る 。 遠 慮 せ ず 力 を 出 し 切 れ ば い い で は な い か 。 そ れ が で き な い の は 相 手 が 一 枚 も 二 枚 も 上 か、 自 分 た ち の 力 が 不 足 し て い る か ら だ 。 世 界 で は 言 い 訳 は 通 用 し な い 。 言 い 訳 は 甘 え な の だ か ら 。

甘 え は 幼 児 や 女 性 の 専 売 特 許 で あ る 。 大 の 男 が 甘 え る な ど 想 像 も で き な い 。 プ ラ イ バ シ ー で は 案 外 「 女 性 」 に 甘 え て い る の か も し れ な い、 が 。 で も、 甘 え て 他 人 に 依 存 し き っ て 自 主 性 を 失 っ て し ま う と、 し ま い に は 外 界 か ら の 刺 激 に ど う 対 処 し て よ い か 判 ら な く な る 。 そ の た め 脳 は 刺 激 に 対 し 過 度 に 緊 張 し、 稚 拙 に 反 応 す る よ う に な る 。

こ こ ろ の 甘 え ( 幼 児 性 ) に よ る 精 神 症 状 に は 甘 麦 大 棗 湯 で あ る 。 甘 麦 大 棗 湯 は 現 在、 パ ニ ッ ク 障 害、 不 安 障 害、 う つ 病、 マ ザ コ ン、 摂 食 障 害、 敏 性 腸 炎、 更 年 期 障 害、 PMS、 不 眠 症、 小 児 て ん か ん、 疳 の 虫、 ア ト ピ ー性 皮 膚 炎、 疼 痛 性 疾 患 な ど 多 く の 疾 患 に 用 い ら れ て い る 。 甘 麦 大 棗 湯 は 婦 人 蔵 躁 の 薬 で、 原 典 は 『 金 匱 要 略 』 で あ る 。

条 文 に は 「 婦 人 の 蔵 躁、 し ば し ば 悲 傷 し 哭 せ ん と 欲 し、 か た ち 神 霊 の な す 所 の 如 く、 し ば し ば 欠 呻 す 。 甘 麦 大 棗 湯 こ れ を 主 る 」 と あ る 。 泣 き 悲 し ん で 神 が か り の よ う に な り、 し ば し ば あ く び が み ら れ る も の に 有 効、 と い う の で あ る 。 こ れ で は 蔵 躁 と い う も の が ど の よ う な 病 態 な の か は っ き り し な い 。 考 察 し て み よ う 。 蔵 躁 の 蔵 は ど こ の 臓 器 か 。

本 邦 で は 子 宮 を 表 し て い る と す る も の が 多 い 。 で は 躁 と は ど の よ う な 状 態 か と い え ば、 あ わて さ わ ぐ さ ま を い う 。 一 方、 「 燥 と 通 じ、 か わ く 」 と も あ る ( 字 通 ・ 平 凡 社 ) 。 蔵 が か わ い て い る ( 燥 ) と い う の だ 。 蔵 の 陰 血 が 不 足 し て い る と い う の で あ る 。 そ し て 症 状 が 神 が か り の よ う に 急 迫 し て い る 。 こ れ は 「 心 」 の 陰 血 が 不 足 し て い る 状 態 だ 。

蔵 躁 と は 心 陰 虚 に 起 因 す る の だ が、 火 ( 心 ) の 母 で あ る 木 ( 肝 ) の 陰 血 も 不 足 し て い る 心 肝 陰 虚 の 状 態 だ 。 そ れ な ら 四 物 湯 に 麦 門 冬 や 百 合 を 加 え れ ば よ い よ う に 思 わ れ る が、 な ぜ だ か 甘 麦 大 棗 湯 を 用 い て い る 。 そ れ は 現 わ れ て い る 症 状 が 急 ( 激 し い ) で あ る た め、 甘 味 で あ る 甘 麦 大 棗 湯 を 投 与 し、 心 の 母 で あ る 肝 を 急 ぎ 緩 め る 。

抑 肝 散 に 母 子 同 服 と い う 言 葉 が あ る 。 母 が 安 寧 す れ ば 自 然 と 子 も 安 定 す る 。 五 行 説 で も、 現 実 の 母 子 関 係 で も 同 じ こ と が 言 え る 。 『 素 問 』 に 「 肝 苦 急 、急 食 甘 以 緩 之 」 と あ る 。 事 は 急 を 要 す る の だ 。 甘 麦 大 棗 湯 は 即 効 性 を 現 わ し、 か つ 根 治 も 期 待 で き る 名 方 で あ る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード