認 知 症 の 周 辺 症 状 に も 「 甘 麦 大 棗 湯 」



盛岡城 (不来方城) の石垣と桜天然記念物の石割桜 (盛岡裁判所前)





   不 来 方 の お 城 の 草 に 寝 こ ろ び て 空 に 吸 は れ し 十 五 の 心 石 川 啄 木 

60 代 女 性 。 3 年 前 に 脳 出 血 を き た し 手 術 に よ り 一命 を 取 り と め る こ と が で き た が 、 そ の 後 は 寝 た き り で 、 ま っ た く コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が と れ な い 。 い わ ゆ る 植 物 状 態 と な っ た の で あ る が 、 と き ど き 大 声 を 出 し て わ け も な く 泣 き 叫 ぶ 。 と く に 清 拭 な ど で 体 を 動 か す と き に は か な ら ず 泣 き 叫 ぶ の だ 。 そ の 声 は 廊 下 を 介 し 病 棟 中 に 鳴 り 響 く 。 苦 情 が 寄 せ ら れ る の だ が 、 す で に 抗 て ん か ん 薬 は 服 用 し て い る 。

漢 方 薬 の 出 番 で あ る 。 現 在 の 状 態 は 高 次 機 能 を 完 全 に 失 っ て し ま っ て い る ( 幼 児 性 ) 。 ま る で 赤 子 が 興 奮 し て 夜 泣 き し て い る 様 に み え る 。 Royal Lee advised its use for those who ・・・・, have anoxia-like symptoms ( frequent sighing/ yawning, tachycardia, hyperirritability ) と Royal Lee は 小 麦 胚 芽 の 効 能 を 1950 年 に す で に 述 べ て い る 。

小 麦 胚 芽 に は 興 奮 性 を 鎮 め る 働 き も あ る の だ 。 幼 児 性 と 興 奮 状 態 と く れ ば 甘 麦 大 棗 湯 だ 。 1 週 間 後 に は 奇 声 は 気 に な ら な く な っ た 。 前 々 回 甘 麦 大 棗 湯 は 過 換 気 症 候 群 や パ ニ ッ ク に 有 効 と 述 べ た が 、 そ れ は 完 全 に は 大 人 に な り き れ な い 、幼 児 性 を 有 す る 女 性 に 多 い 。 そ し て ハ ー ハ ー と 興 奮 は し て い る の だ が 、 目 に は 涙 を 溜 め て い た り す る の だ 。 こ の 興 奮 と 悲 し み の よ う に 陽 と 陰 が 混 在 し て い る 病 的 精 神 状 態 を 改 善 す る の が 甘 麦 大 棗 湯 の 特 長 と 思 わ れ る 。

甘 麦 大 棗 湯 の 薬 効 は 甘 い 甘 草 に あ る と す る 説 を と き ど き 見 か け る が 、 い た だ け な い 。 甘 麦 大 棗 湯 の 主 薬 は 小 麦 で あ る 。 小 麦 胚 芽 に 含 ま れ る オ ク タ コ サ ノ ー ル で あ る 。 吃 逆 ( し ゃ っ く り ) に 甘 草 瀉 心 湯 が 有 効 と の 報 告 が あ る 。 エ キ ス 剤 で 甘 草 瀉 心 湯 を つ く る た め に は 半 夏 瀉 心 湯 の 甘 草 の 量 を 増 や す 必 要 が あ り 、甘 麦 大 棗 を 加 え る と い う の だ 、 が 。 こ れ は 理 解 に 苦 し む 説 明 ( 屁 理 屈 ) だ 。

先 の Royal Lee は 小 麦 胚 芽 油 は 運 動 後 の 筋 の 痙 攣 に 有 効 と 述 べ て い る 。 吃 逆 は 横 隔 膜 の 痙 攣 で あ る 。 甘 草 瀉 心 湯 で は な く 甘 麦 大 棗 湯 が 効 い て い る 可 能 性 が あ る で は な い か 。 た し か に 半 夏 瀉 心 湯 は 胃 に 寒 熱 が 混 在 し て い る 吃 逆 に は 有 効 で あ る 。 で も そ う で な い 場 合 は 甘 麦 大 棗 湯 が 効 い て い る 可 能 性 が 高 い 。 麦 胚 芽 油 に は 疲 労 回 復 や 筋 力 増 強 の 作 用 が あ る 。 ま た う つ 病 や パ ー キ ン ソ ン 病 に も 有 効 、 と 。 甘 麦 大 棗 湯 は い ろ い ろ な 可 能 性 を 秘 め た 薬 で あ る 。

尚 、 甘 草 瀉 心 湯 と 似 た ケ ー ス に 気 の 上 衝 に 用 い る 苓 桂 甘 棗 湯 が あ る 。 エ キ ス で は 苓 桂 朮 甘 湯 に 甘 麦 大 棗 湯 を 合 方 し て 用 い る 。 苓 桂 朮 甘 湯 に は 大 棗 が な い た め 大 棗 を 加 え る 意 味 で 甘 麦 大 棗 湯 を 合 方 す る の で あ る 。 甘 草 瀉 心 湯 の 場 合 は 甘 草 を 増 量 す る た め に 甘 麦 大 棗 で あ っ た 。 た し か に 苓 桂 朮 甘 草 湯 の 桂 枝 は 正 気 を 上 げ 濁 気 を 下 ろ す 。 茯 苓 は 心 に 働 き 安 神 作 用 を 有 す る 。 気 の 上 衝 に は 有 効 で あ る 。 だ が 甘 麦 大 棗 湯 の 小 麦 も 心 に 働 き 安 神 作 用 が あ る 。

さ ら に 小 麦 胚 芽 に は い ろ い ろ ポ テ ン シ ャ ル が あ り そ う だ 。 気 の 上 衝 と は 気 血 が 末 梢 に 行 か ず に 大 動 脈 に そ っ て 上 昇 す る こ と だ 。 ス ト レ ス な ど で 交 感 神 経 が 緊 張 す る と 発 症 し や す い 。 小 麦 胚 芽 油 に は 抗 ス ト レ ス 作 用 が あ る 。 甘 麦 大 棗 湯 は 気 の 上 衝 に も 有 効 な の か な!?



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード