男 性 の め ま い に 黄 連 解 毒 湯



忍野八海  








ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 撲 滅 に 国 が 乗 り 出 す 。 遺 伝 性 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 原 因 究 明 か ら 取 り か か る 。 発 症 危 険 遺 伝 子 は 10 ほ ど 知 ら れ て い た が 、 最 近 、 11 個 の 遺 伝 子 が 発 見 さ れ 研 究 に 弾 み が つ い た 。 高 齢 化 と と も に 認 知 症 患 者 は 増 加 を つ づ け 200 万 人 を 超 え 、10 年 後 に は 300 万 人 を 超 え る と さ れ る 。 高 齢 者 の 何 と 10 % に も 及 ぶ 。

米 国 の ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の ナ チ ュ ラ ル コ ー ス の 研 究 に よ る と 、 最 期 は 嚥 下 な い し 歩 行 困 難 で 、 1 年 以 内 に 肺 炎 で 半 数 が 死 亡 す る 。 最 終 コ ー ス に か か る 介 護 ・ 医 療 の コ ス ト は 莫 大 と な る 。 特 に 日 本 の よ う に 胃 瘻 を 造 設 し 栄 養 を 与 え る と 、 費 用 は 天 文 学 的 数 字 と な る 。

少 子 高 齢 化 ・ 経 済 の 衰 退 に 向 か う 日 本 に と っ て 、 こ の 膨 大 な 国 民 負 担 は 看 過 で き な い 。 し か し ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 自 然 史 か ら み る と 、 認 知 機 能 障 害 が 明 ら か に な る の は 、 脳 内 の 変 化始 ま っ て 20 ∼ 30 年 が 経 過 し た 時 だ 。 病 期 で い え ば 末 期 で あ る 。 初 期 の 変 化 を と ら え 、 進 行 を 阻 止 す る 。 し か し ア ル ツ ハ イ マ ー 病 は 感 染 症 で は な く 変 性 疾 患 で あ る 。 パ ー キ ン ソ ン 病 の 治 療 史 を み る と ハ ー ド だ 。 本 症 は 一 種 の 老 化 現 象 だ 。 そ れ を 環 境 因 子 が 加 速 さ せ た の か ?

最 近 、 め ま い を 訴 え て 来 院 す る 男 性 が 多 い 。 め ま い と 言 っ て も グ ル グ ル す る と か フ ラ フ ラ す る と か で は な く 、 頭 が ク ラ っ と す る と か ボ ー ッ と す る と い う 訴 え で あ る 。 よ く 聞 く と 頭 が 熱 っ ぽ く て ク ラ っ と し て 気 が 遠 く な る よ う な 不 快 感 の よ う な の で あ る 。 男 性 だ け で な く 働 い て い る ガ ッ チ リ し た 女 性 に も み ら れ る 。 普 段 は い ら い ら し て カ ー ッ と な る の を 抑 え て い る の だ が 、 不 安 感 や 抑 う つ 感 も 認 め ら れ る 。

こ れ は 日 常 的 な ス ト レ ス の た め 交 感 神 経 が 緊 張 し て い る た め 、体 内 の 熱 代 謝 が 亢 進 し た 結 果 で あ る 。 体 内 に 熱 が 過 剰 に 存 在 す る 状 態 で あ る 。 熱 は 軽 く 上 昇 す る ( 物 理 の 定 理 ) た め 、 顔 や 頭 が 熱 っ ぽ く感 じ ら れ る 。 そ し て そ の 熱 が 、 頭 蓋 内 を 撹 乱 ( 擾 乱 ) す れ ば フ ワ ー ッ と し た 感 じ が 出 現 す る 。 熱 が つ よ け れ ば 回 転 性 の め ま い も 生 じ る 。

神 経 学 ・ 耳 鼻 科 的 に 異 常 が 認 め ら れ な い め ま い は 、 漢 方 を 訪 れ る こ と が 多 い た め か 、 し ば し ば 経 験 す る 。 最 近 増 加 傾 向 に あ る 。 交 感 神 経 の 異 常 な 亢 進 を 引 き 起 こ す 現 代 社 会 の ス ト レ イ ン ( ス ト レ ス ) が 原 因 と 考 え ら れ る 。 高 度 成 長 期 の よ う な 明 る い 未 来 は 描 け ず プ ラ ト ー か ら 衰 退 期 を 迎 え よ う と し て い る 、 円 安 頼 み の 日 本 経 済 。 少 子 高 齢 化 で 若 者 に 負 担 が の し か か り 、高 齢 者 は 蓄 え を 食 い 尽 す 。

エ ネ ル ギ ー ( 熱 ) の 産 生 は 骨 格 筋 で 行 わ れ る の で あ る が 、中 国 伝 統 医 学 で は “ 胃 ” が 行 う と 考 え 、 熱 産 生 が 必 要 以 上 に 亢 進 し た も の を “ 火 ” と 定 義 す る 。 火 は 上 昇 す る た め 胸 や 心 や 頭 に 影 響 し 、そ の 多 寡 に よ り 胸 悶 や 動 悸 や 不 安 や め ま い や 頭 痛 な ど を 引 き 起 こ す 。 多 少 と も 精 神 症 状 ( い ら い ら ・ 抑 う つ ・ 不 眠 な ど ) も 伴 う 。 さ ら に 火 は 気 を 食 べ る ( 壮 火 食 気 ) た め 正 気 が 不 足 し 倦 怠 感 も 現 わ れ る 。 ( 壮 火 食 気 に つ い て は 拙 著 : 「 三 黄 瀉 心 湯 を 考 え る 」 を 参 照 )

こ れ ら の 症 状 に は 胃 熱 を 除 く 黄 連 解 毒 湯 が 奏 功 す る 。 便 秘 を と も な え ば 三 黄 瀉 心 湯 が 宜 し い 。 し か し 根 本 的 治 療 に は 交 感 神 経 が 亢 進 す る 背 景 ( ス ト レ ス ) に 配 慮 す る 必 要 が 生 じ る 。 症 状 が 落 ち 着 い て か ら “ 肝 ” へ の 治 療 ( 疏 肝 解 鬱 ) が 必 要 に な る 場 合 が 多 い 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード