「 立 ち く ら み 」 に も 「 抑 肝 散 」










20 代 女 性 。 2 か 月 前 か ら 立 ち く ら み が ひ ど く、 家 で 横 に な っ て い る こ と が 多 く な っ た 。 立 ち 上 が ろ う と す る と 目 の 前 が 暗 く な っ て 倒 れ そ う に な る 。 ず き ず き し た 頭 痛 も 現 わ れ る よ う に な っ た 。 そ の こ ろ よ り 咳 や 痰 が 多 く な り、 咽 喉 の 奥 の つ か え を 感 じ る 。 1 か 月 前 か ら 近 医 で 治 療 す る も 改 善 が な く、 薬 で 気 持 ち 悪 く な る た め 受 診 し た 。

血 圧 正 常 。 脈 は 70 で 細 滑 偏 弦 。 舌 は 暗 紅 色 で 白 膩 苔 で 被 わ れ る 。 食 欲 は 正 常 。 動 悸 は な い 。 寝 つ き が よ く な い 。 昔 か ら イ ラ イ ラ し や す く 少 し の こ と で 怒 り っ ぽ く な る 。 生 理 不 順( 遅 延 )が ひ ど い た め ピ ル を 服 用 し て い た が、 他 院 に 通 院 し だ し た 1 か 月 前 か ら 中 止 し て い る 。

血 虚 肝 鬱、 肝 陽 化 風 と 診 断 。 抑 肝 散 加 陳 皮 半 夏 エ キ ス 3 包 投 与 。 1 週 間 後 。 立 ち く ら み と 頭 痛 が 改 善 し 職 場 に 復 帰 で き た が、 ま だ 咳 が 続 い て い る 。 咽 喉 の 痞 塞 感 が あ り 痰 が 多 い た め 半 夏 厚 朴 湯 を 追 加 。 1 週 間 後、 咳 も な く な り 気 分 が 爽 快 に な っ た と 感 謝 さ れ た 。

立 ち く ら み は 起 立 性 低 血 圧 に よ り、 脳 の 血 流 低 下 が 生 じ 発 症 す る も の と 考 え ら れ て い る 。 臥 位 か ら 急 に 立 ち 上 が る と、 血 液( 静 脈 血 )は 下 肢 に 下 降 し 貯 留 す る た め、 一 時 的 に 血 圧 が 低 下 す る 。 し か し ヒ ト に は 圧 受 容 器 が あ る た め、 す ぐ に 血 管 が 収 縮 し、 血 圧 は 元 の 状 態 に 戻 る た め、 通 常 は 立 ち く ら み は 起 こ ら な い 。 貧 血 で あ っ た り 降 圧 剤 の 服 用 中 や 糖 尿 病 で あ れ ば、 し ば し ば 立 ち く ら み が 生 じ る 。

本 例 で は こ れ ら の 原 因 が な く、 起 立 性 の 低 血 圧 に よ る も の な の か 。 し か し 仕 事 に 行 け ず 家 で 横 に な っ て い る ほ ど の 著 明 な 低 血 圧 は 異 常 だ 。 シ ャ イ ・ ド レ ー ガ ー 症 候 群 の よ う な 特 殊 な 疾 患 で な け れ ば 考 え ら れ な い 。 低 血 圧 以 外 の 状 態 が 想 定 さ れ る 。 そ れ は 何 ?

起 立 な ど で 血 圧 が 低 下 す る と、 圧 受 容 器 か ら 交 感 神 経 系 に 刺 激 が 伝 え ら れ、 交 感 神 経 系 が 反 応 し 血 圧 が 上 昇 す る 。 こ の と き 交 感 神 経 の 反 応 が 異 常 に 亢 進 す る と、 の ぼ せ や め ま い や 頭 痛 な ど が 生 じ る 。 交 感 神 経 が 異 常 に 反 応 す る の は、 普 段 か ら 交 感 神 経 が 緊 張 し て い る た め で あ ろ う 。 現 代 ス ト レ ス 社 会 が そ の 根 底 に あ る 。

ス ト レ ス で は 肝 気 の 流 れ が 鬱 滞( 肝 鬱 )し や す い 。 「 抑 肝 散 証 」 は 肝 鬱 の た め、 気 が 鬱 し て 熱 と 化 し 火 が 生 じ、 「 風 と 共 に 去 り ぬ 」 で、 火 は 風 を 呼 び 込 み 燃 え 盛 り、 火 の 塊 と な っ て 炎 上 ・ 上 昇 す る 。 火 の 塊 が 上 昇 し 頭 を 衝 け ば、 頭 痛 や 眩 暈、 ひ ど け れ ば 卒 倒 す る 。 現 代 ス ト レ ス 社 会 で 暮 ら す 人 び と は 、 交 感 神 経 の 緊 張 状 態 に あ る 。

漢 方 で い う 肝 気 鬱 結( 肝 鬱 )で あ る 。 し か し 抑 肝 散 が 適 応 す る 病 態 は、 肝 鬱 は 存 在 す る の だ が、 主 体 は 火 の 上 炎 で あ る 。 中 医 学 で い う 火 が 風 を 生 じ( 生 風 )た 状 態、 す な わ ち 肝 陽 化 風 で あ る 。 抑 肝 散 の 主 薬 は 熄 風 薬釣 藤 鈎 だ 。 火 と 風 が 熄( や )む 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード