黄 連 阿 膠 湯 : 卵 が 頭 を 良 く す る



1311






男 性 と 女 性 は ま っ た く 異 な る 行 動 体 系 を 有 す る 。 ♂ の 行 動 ベ ク ト ル は 垂 直 性、 ♀ は 水 平 性 で あ る 。 男 性 は “ 縦 ” の つ な が り、 女 性 は “ 横 ” の つ な が り が 密 で、 日 常 の 行 動 に 強 い 影 響 を 与 え て い る 。

男 性 で は 闘 争 ホ ル モ ン が 分 泌 さ れ る た め、 必 然 的 に ヒ エ ラ ル キ ー が 形 成 さ れ 社 会 的 行 動 が 規 制 さ れ て き た 。 女 性 は 特 有 の 月 事 や 出 産 や 家 事 が あ る た め、 同 性 同 士 の 互 助 性 が 大 切 に さ れ て き た 。

男 性 は 社 会 ( 職 場 ) を 離 れ る と、 頼 れ る 行 動 規 範 が な く な る た め 家 に 閉 じ こ も る 。 女 性 は 日 常 的 に 横 の 広 が り を 有 す る た め、 社 交 的 で 活 動 的 で 快 活 だ 。 メ ー ル を み れ ば ジ ェ ン ダ ー と し て の 女 性 の 広 が り が 分 か る 。 男 性 が メ ー ル を す る の は 妻 か 彼 女 へ ぐ ら い だ 。 彼 女 の バ ッ ク を 持 っ て あ げ れ ば、 そ の 重 さ に 驚 か さ れ る で あ ろ う 。

男 は い つ ボ ス 猿 の 地 位 を 奪 わ れ 山 を 追 わ れ る か 。 そ の 孤 独 感 が 女 性 の も と に 走 ら せ る 。 そ れ は 横 の 広 が り を も た な い オ ン ナ の 下 か  男 性 よ、 女 心 の 豹 変 を 嘆 く で な い 。 そ れ が 彼 女 ら の 日 常 性 な の だ 。  


傷 寒 論 」 に 「 少 陰 病、 得 之 二 三 日 以 上、 心 中 煩 、不 得 臥、 黄 連 阿 膠 湯 主 之 」 と い う 条 文 が あ る 。 「 病 邪 が 少 陰 ( 心 ・ 腎 ) に 侵 入 。 陰 精 が 消 耗 。 代 償 と し て 代 謝 が 亢 進 。 そ の 結 果、 落 ち 着 き が な く な り、 夜 も 眠 れ な く な る 。 黄 連 阿 膠 湯 を 投 与 す れ ば 治 る 」 と い う 意 味 で あ る 。

病 気 と の 闘 い で 体 力 ( 陰 ) が 消 耗 し た 。 そ こ で 陰 を 補 給 ( 滋 陰 ) し よ う と し 代 謝 が 亢 進 す る 。 交 感 神 経 の 緊 張 状 態 で あ る 。 落 ち 着 か な く 不 安 。 安 眠 で き な い 。 そ う 陰 虚 火 旺 で あ る 。 清 熱 作 用 の あ る 黄 連黄 芩 と 陰 血 を 補 う 芍 薬 を 一 緒 に 煎 じ る 。 火 を 止 め ニ カ ワ ( 阿 膠 ) を 混 ぜ る 。 少 し 冷 ま し て か ら ニ ワ ト リ の 黄 身 ( 鶏 子 黄 ) を 入 れ 掻 き 混 ぜ る 。 阿 膠 は 動 物 性 で あ り 滋 陰 作 用 に す ぐ れ る 。 た だ 胃 に も た れ や す い 。

卵 は 古 代 か ら 陰 を 補 う す ぐ れ も の で あ る 。 昔 は 大 病 や 出 産 の 後 に 卵 が 与 え ら れ た 。 子 供 の 頃 は 病 気 の お 見 舞 い に、 も み 殻 を 敷 い た 箱 に 卵 を 入 れ て 持 っ て 行 っ た も の だ 。 当 時 か ら 卵 の 値 段 は 何 十 年 も ほ と ん ど 変 わ ら な い 。 非 常 に ヴ ァ リ ュ ア ブ ル な も の で あ っ た こ と が 分 か る 。 そ れ な の に 抗 老 化 作 用 を 有 す る 卵 を 動 脈 硬 化 の 元 凶 の よ う に い う 医 師 が い る の は、 ど う し た こ と か 。 卵 は 脳 神 経 細 胞 を 活 性 化 す る 若 返 り の 源 で あ る 。 日 本 養 鶏 協 会 の キ ャ ッ チ フ レ ー ズ 。 そ れ は 「 朝 食 に た っ た 2 個 の タ マ ゴ が あ な た の 体 を 救 う 」 で あ る  


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード