ア ト ピ ー も 口 内 炎 も 痔 も 治 療 は 同 じ



  肺 炎 の 治 療 は 救 急 医 療 だ !

妻 の 母 が 肺 炎 で 県 立 船 渡 病 院 に 入 院 し β ラ ク タ ム 系 抗 生 剤 の 点 滴 投 与 を 受 け て い たが 、 急 速 に 症 状 が 悪 化 し 1 月 8 日 に 亡 く な っ た 。 妻 が 主 治 医 に マ ク ロ ラ イ ド 系 抗 生 剤 ( ジ ス ロ マ ッ ク ) な い し ニ ュ ー キ ノ ロ ン 系 抗 菌 剤 ( ク ラ ビ ッ ト ) の 点 滴 に よ る 二 剤 併 用 を 再 三 お 願 い し た の だ が 、主 治 医 は 意 味 が 理 解 で き な い の か 実 行 さ れ な か っ た 。 肺 炎 で 重 症 化 し や す い の が 肺 炎 球 菌 と レ ジ オ ネ ラ 菌 で あ る 。β ラ ク タ ム 系 は レ ジ オ ネ ラ に は 無 効 で あ る 。 さ ら に 肺 炎 の 原 因 菌 で は 肺 炎 球 菌 と イ ン フ ル エ ン ザ 菌 で 半 数 近 く を 占 め る 。 そ こ で 肺 炎 治 療 の フ ァ ー ス ト チ ョ イ ス に は 、こ れ ら の 菌 に 有 効 性 が 高 い ジ ス ロ マ ッ ク や ク ラ ビ ッ ト の 点 滴 製 剤 が 使 用 さ れ る こ と が 多 く な っ て い る 。 老 人 の場 合 、マ イ コ プ ラ ズ マ 肺 炎 だ っ て 重 症 化 す る 。 β ラ ク タ ム 系 は マ イ コ プ ラ ズ マ にも 無 効 。マ ク ロ ラ イ ド゙ や ニ ュ ー キ ノ ロ ン が 必 要 。

い ず れ に せ よ 重 症 (急 速 に 進 行)の 場 合 に は 二 剤 併 用 が 常 識 。 入 院 時 は そ れ 程 の 症 状 で は な か っ た だ け に 、痛 恨 の 極 み だ !自 分 の 足 で 歩 い て 受 診 し 入 院 し 、4 日 後 に は 息 を 引 き 取 っ た 。大 船 渡 病 院 は 岩 手 県 の 3 次 救 急 病 院 と 。 何 を か 謂 わ ん や だ 。 著 者 の 意 見 に 対 す る 主 治 医 の 見 解 を 、 是 非 聴 き た い も の だ 。 こ の 医 師 の 肺 炎 治 療 は 素 人 同 然 で あ っ た 。 県 の 責 任 も 重 大!


Big island (Hawaii island) The land has been growing little by little but steadly.玉川温泉の源泉(98℃)There is nothing living in the surrounding area.






【 6 年 前 の 旧 ブ ロ グ よ り 抜 粋 】 地 球 が 内 蔵 す る 巨 大 エ ネ ル ギ ー 「 マ グ マ 」 。原 油 や 天 然 ガ ス で す ら、マ グ マ の 前 で は 赤 子 同 然 。 そ の 赤 子 を 奪 い 合 い 、 今 で も バ ト ル が 繰 り 返 さ れ る 。 日 本 は マ グ マ の 恩 恵 ( 温 泉 や 地 熱 発 電 ) を 受 け て 来 た が、忘 れ た 頃 に 火 山 ( 噴 火 ) に よ る 災 害 を 経 験 し て 来 た 。 蓄 積 さ れ た エ ネ ル ギ ー に は 、ア ウ ト レ ッ ト ( は け 口 ) が 必 要 で あ る 。 さ も な く ば 、有 史 以 来 の カ タ ス ト ロ フ ィ ー が 生 じ る 危 険 が 高 ま る 。 日 本 列 島 だ っ て 一 瞬 に し て 吹 き 飛 ん で し ま う 。

窮 鼠 猫 を 噛 む と い う 言 葉 が あ る 。 追 い 詰 め ら れ た ら (逃げ口がなければ)、ネ ズ ミ だ っ て ネ コ に 立 ち 向 か う (そして勝利する) 。 し か し 現 実 社 会 に お け る 結 果 は 常 に 悲 惨 で あ る 。「 窮 鼠 猫 を 噛 む 」 は 「 火 事 場 の 馬 鹿 力 」 に 過 ぎ ず 、 非 現 実 的 な 出 来 事 で あ る 。 は け 口 の な い 生 活 ( ス ト レ ス ) で は 、 い ろ い ろ な ト ラ ブ ル が 生 じ る 。 最 悪 の 場 合 、精 神 の 変 調 や 過 労 死 が 起 き る 。

温 泉 の 源 泉 近 く で は 、地 表 が 熱 し 草 木 が 枯 れ 丸 坊 主 で あ る 。 マ グ マ に 伴 う 有 害 な ガ ス も 噴 出 し て い る 。 人 の 体 の 表 面 に も 同 じ よ う な 現 象 が 現 わ れ る 。 代 表 は 思 春 期 や 成 人 の ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 で あ る 。 口 で は 口 内 炎 、お 尻 で は 痔 と な る 。 原 因 は 体 内 の マ グ マ 、ご 存 知 湿 熱 の 成 せ る 業 で あ る 。 以 前 の ブ ロ グ で 、湿 熱 が 痔 や 陰 部 の 湿 疹 の 原 因 と な る こ と を 解 説 し た 。 

知 り 合 い の 50 代 の 女 性 。 夜 た ま た ま 道 で 出 会 っ た の だ が 、い つ も と 様 子 が 違 う 。 顔 を し か め 小 口 で 話 す 。 唇 の 内 側 に 口 内 炎 (大きな潰瘍) が 2 個 で き て い て 、話 す の も 辛 い と い う 。 普 段 は 張 り の あ る 声 で 話 好 き 。 便 を 問 う と 、便 秘 で 痔 に も 悩 ま さ れ て い る 。 暑 が り で 汗 か き で 、冬 で も 素 足 で い た い 。 舌 は 偏 紅 で 苔 は 薄 白 。 湿 熱 に よ る 口 内 炎 と 痔 で あ る 。

帰 宅 後 、漢 方 エ キ ス 顆 粒 の 三 黄 瀉 心 湯黄 連 解 毒 湯 を 届 け て あ げ た (むろん無償行為) 。 三 黄 瀉 心 湯 は 日 に 3 包 服 用 し 、黄 連 解 毒 湯 は 1 包 を 湯 に 溶 か し 就 床 前 に 患 部 (口内炎) に 塗 る よ う に 指 示 。 2 週 間 後 尋 ね る と 、口 内 炎 は 5 日 で 完 治 。 便 も 気 持 ち よ く 出 る 。 痔 も 小 さ く な り 痛 み が な く な っ た 。

現 代 人 は 昔 の 王 侯 貴 族 も う ら や む ほ ど の 豊 か な 生 活 を 送 っ て い る 。 西 洋 料 理 や 中 華 料 理 の よ う な コ ッ テ リ し た 高 脂 肪 食 。 年 中 味 わ え る 豊 富 な フ ル ー ツ 。 多 彩 な ド リ ン ク に ス イ ー ツ や ジ ャ ン ク フ ー ド 。 現 代 人 は 熱 性 の 食 事 や 間 食 に 加 え 、胃 の 中 は ド リ ン ク や フ ル ー ツ で い っ ぱ い 。 満 員 の 山 手 線 で 揺 ら れ る よ う な も の で 、胃 の 中 で は 液 体 の 熱 化 ( 湿 熱 の 産 生 ) が 進 行 す る 。 冷 た い フ ル ー ツ や ド リ ン ク は 体 内 を 冷 や す が 、多 く は 一 時 的 で い ず れ は 湿 熱 と 化 す 。 む ろ ん 、体 質 に よ っ て は 冷 え 性 に す す む 。 

胃 に 蓄 積 し た 湿 熱 は 、マ グ マ の よ う に あ ち こ ち に 移 動 す る (溢れ出す) 。 口 腔 粘 膜 や 舌 で は 口 内 炎 。 副 鼻 腔 で は 蓄 膿 症 、中 耳 で は 中 耳 炎 。直 腸 や 肛 門 で は 痔 や 痔 瘻 が 発 症 す る 。 元 気 な 場 合 の 治 療 は 簡 単 で 、 熱 を 清 め 湿 を 除 け ば 事 足 り る ( 清 熱 燥 湿 ) 。 三 黄 瀉 心 湯 は 黄 連 ・ 黄 芩 ・ 大 黄 、 黄 連 解 毒 湯 は 黄 連 ・ 黄 芩 ・ 山 梔 子 ・ 黄 柏 で 構 成 さ れ る 。い ず れ の 構 成 生 薬 も 清 熱 燥 湿 の 作 用 を
有 す る 。 大 黄 は 瀉 下 剤 (下剤) で あ り 、駆 瘀 血 薬 で も あ る 。 三 黄 瀉 心 湯 は 、 肛 門 が 熱 を も ち 便 秘 す る 場 合 に よ い 。 

飽 食 の 時 代 の 人 び と は 、体 内 に マ グ マ を 抱 え て 生 活 し て い る 。 清 熱 燥 湿 薬 は 苦 い が 、ま さ に 「 良 薬 は 口 に 苦 し 」 で あ る 。 マ グ マ を 鎮 め る た め に は 苦 い も の が 必 要 で あ る 。 火 山 が 爆 発 し マ グ マ が ト ル ネ ー ド の よ う に 舞 い 上 が る と 、 心 室 細 動 ( 心 停 止 ) や 脳 出 血 ・ 脳 梗 塞 が 引 き 起 こ さ れ る 。

漢 方 で い う 「 未 病 を 治 す 」 に は 、最 悪 の 結 果 ( 突 然 死 ) を 未 然 に 防 ぐ 意 味 が 含 ま れ て い る と 思 わ れ る 、の だ が !?



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード