気 管 支 喘 息 も 漢 方 薬 で 楽 々



デズニーシ―, July 24th, 2011Thanks for visiting. Lets dance with us.





Do you have a good time ?デズニーシー





Do you know where we are leaving for ?syusyupoppo. We are leaving for the happiness. 






nyanyanya~eeeee





hahahaha~8888





wah~o~wah~o~gagagha~





I am sure you all will be happy.hihihih~. He almost has someone.





            
気 管 支 喘 息 。 5 年 前 に 旧 ブ ロ グ に 掲 載 し た も の に 加 筆 し た 。
2 0 数 年 前 、三 陸 海 岸 の へ き 地 の 診 療 所 に 7 年 間 勤 務 し た 。 人 口 四 千 人 に 医 師 ひ と り 。 休 み は 2 週 に 1 度 。 夜 中 の 急 患 、 往 診 、入 院 患 者 の 急 変 や 救 急 車 で 真 夜 中 だ っ て 起 こ さ れ る 。 2 4 時 間 営 業 の コ ン ビ ニ だ っ て 交 替 制 で あ る 。 当 時 の へ き 地 医 療 は 想 像 を 絶 す る 激 務 だ っ た 。 今 は 公 務 員 で 周 5 日 勤 務 。

手 に 負 え な い 患 者 は 基 幹 病 院 ま で 搬 送 す る が 、病 院 ま で は 運 転 を 誤 れ ば 谷 底 と い う 険 し い 道 を 車 で 1 時 間 。 救 急 車 が サ イ レ ン を 鳴 ら し た っ て 変 わ ら な い 。 道 は 空 い て い る の だ が 、デ コ ボ コ で カ ー ブ が 多 く 、ス ピ ー ド を 上 げ れ な い 。 冬 場 は 氷 。 東 京 を 離 れ 1 時 間 と は こ ん な に 長 い も の か と 初 め て 知 っ た 。 頼 れ る の は 自 分 だ け ダ 。 神 に 祈 る 孤 独 と の 闘 い で あ っ た

長 い 長 い 道 の り の 思 い 出 。 5 0 代 の 男 性 が 喘 息 発 作 で 来 院 。 呼 吸 困 難 が は げ し く 、み る み る う ち に 顔 が 紫 ( チ ア ノ ー ゼ ) に 。 痙 攣 が 始 ま っ た ( 重 積 発 作 )。 職 員 が 数 人 で 体 を 押 さ え つ け 、や っ と の こ と で 気 管 挿 管 。 鎮 静 剤 が 無 効 の た め 、気 道 抵 抗 が つ よ く 、バ ッ ク で 空 気 を 送 る の が や っ と ダ 。 救 急 車 で 1 時 間  病 院 に 到 着 し て み る と 、指 先 の 皮 が す べ て 剥 け て い た 。 で も 、彼 の 意 識 は 戻 り 助 か っ た 。 赴 任 早 々 の 忘 れ が た い 思 い 出  

★ 幼 稚 園 に 通 う 双 子 の 男 児 。 二 人 と も 以 前 か ら の 喘 息 も ち 。 今 回 は 呼 吸 器 科 で 治 療 を 受 け 通 院 す る も 発 作 が 治 ま ら な い 。 吸 入 器 を 使 う も あ ま り 効 か な い 。 1 月 も 幼 稚 園 を 休 ん で い る 。 疲 れ や す く 、食 欲 は あ る の だ が 痩 せ て き た 。 喘 鳴 が 聴 か れ る 。顔 面 は や や 紅 潮 。 床 で は ほ て る 。 脈 は 90 で 細 滑 。 舌 は 淡 紅 、 滑 苔 (+) 。 小 青 竜 湯 + 桔 梗 石 膏 を 投 与 。1 週 間 後 、発 作 消 失 。 西 洋 薬 は す べ て 中 止 し た 。 咽 喉 は と き ど き ゴ ロ ゴ ロ 鳴 る が 、 幼 稚 園 に も 行 け る よ う に な っ た 。 そ の 後 、症 状 は 完 全 に 消 失 。 現 在 (2年間) ま で 家 人 の 希 望 で 漢 方 薬 を 服 用 中 。 発 作 は な い 。

小 児 は 三 焦 の 発 達 が 未 熟 な た め 、体 内 に 水 が 停 滞 し や す い 。 余 分 な 水 が 胸 ( 肺 ) に 壅 滞 す る た め 、喘 息 が 引 き 起 こ さ れ る 。 そ れ ゆ え 、三 焦 水 道 が 成 熟 す る 年 齢 に 達 す る と、自 然 と 治 る 。

小 青 竜 湯 の 麻 黄 は 肺 の 宣 散 作 用 、芍 薬 は 粛 降 作 用 を 助 け る 。 桂 枝 は 清 気 を 肺 に 上 送 さ せ 、邪 気 ( 寒 水 気 )の 上 逆 は 降 ろ す 。 乾 姜 と 細 辛 は 肺 を 温 め 、余 分 な 水 を 排 除 す 。 『 金 匱 要 略 』 の 「 病 痰 飲 者 、当 以 温 薬 和 之 」 が 云 う 、温 め て 水 を 排 除 す る 也 。 五 味 子 は 収 斂 作 用 に よ り 肺 気 の 散 逸 を 防 ぎ 、吸 気 を 助 け る 。

小 青 竜 湯 は 成 人 と 異 な り 、小 児 で は し ば し ば 用 い ら れ る が 、慢 性 化 し て く る と 、炎 症 の た め 水 飲 (余分な水) が 熱 化 し て く る 。こ の た め 、熱 化 を 清 熱 す る 必 要 が 生 じ 、桔 梗 石 膏 を 合 方 す る 。 小 青 竜 湯 は 冷 え た 水 飲 が 肺 に 上 逆 し た 喘 息 を 治 療 す る 薬 だ 。 成 人 は 虚 弱 な 方 を 除 く と 、熱 化 し 易 い 体 質 の た め 使 用 は 低 い 。 成 人 の 場 合 は 、柴 陥 湯 + 五 虎 湯 加 減 を 使 用 す る 機 会 が 多 い 。

麻 黄 は 気 を 上 向 さ せ る 。 『 傷 寒 論 』 は 喘 息 で は 除 く よ う 指 示 。 小 青 竜 湯 は 寒 水 が 肺 を 上 射 し た 喘 息 を 治 療 す る た め で あ る 。 病 気 の ベ ク ト ル が 上 へ 向 か う た め 、下 さ な け れ ば な ら な い  気 を 上 げ る 麻 黄 は 除 き 、気 を 下 げ る 杏 仁 を 加 え る の が 正 解 。 ス テ ロ イ ド が 効 か な い 喘 息 に も 漢 方 薬 は 有 効 な 場 合 が 多 い 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード