花 粉 症 は 全 身 性 疾 患 . 「 花 粉 ‐ 食 物 ア レ ル ギ ー 症 候 群 」 と は (?_?)

018高台寺  勅使門 (左)






今 年 の 花 粉 症 は 一 旦 終 了 し た か に み え た が、 3 月 下 旬 か ら よ り ひ ど い 状 況 に 陥 っ た 方 も 多 か っ た 。 ヒ ノ キ の 花 粉 の 飛 散 が 例 年 の 何 倍 も 多 か っ た た め で あ る 。 そ の た め 熱 性 の 症 状 を 呈 す る ケ ー ス が 多 く、 越 婢 加 朮 湯 の 出 番 が 多 か っ た よ う だ 。 鼻 閉 や 鼻 の 乾 燥 ・ 熱 感 や 口 渇 や 目 の か ゆ み etc. の 熱 性 症 状 を 呈 す る 場 合、 代 表 的 な 選 択 肢 が 越 婢 加 朮 湯 で あ る 。 よ り 熱 性 が ひ ど け れ ば 白 虎 加 人 参 湯桔 梗 石 膏 を 加 え る 。 血 分 に も 及 べ ば 黄 連 解 毒 湯 も 必 要 だ 。 鼻 や 目 だ け の 症 状 に 止 ま ら な い と こ ろ が、 今 年 の 特 徴 で も あ っ た 。

【 症 例 1 】 20 代 女 性 。 胃 の む か つ き、 下 痢、 38 度 台 の 発 熱で 受 診 。 ス ギ 花 粉 症 も ち で、 目 の か ゆ み も 訴 え る 。 最 近、 食 べ る と 口 や 舌 が 痺 れ る 。 口 が 渇 き、 体 が ほ て る 。 生 理 で は な い 。 こ れ は 花 粉 症 に よ る 症 状 と 考 え ら れ る 。 近 年、 花 粉 症 は 全 身 性 ア レ ル ギ ー 疾 患 の ひ と つ と 考 え ら れ て い る 。 さ ら に 花 粉 症 で は、 花 粉 と 食 物 の 交 差 反 応 で 生 じ る 「 花 粉 ‐ 食 物 ア レ ル ギ ー 症 候 群 」( PFAS )も 知 ら れ る 。 そ の 中 に 食 べ 物 の 摂 取 で 口 腔 内 に 痺 れ や 違 和 感 が 生 じ る 「 口 腔 ア レ ル ギ ー 症 候 群 」( OAS )が あ る 。 患 者 さ ん は OAS も 有 し て い る こ と に な る 。 OAS の 原 因 食 物 は 果 物 や 野 菜 が 多 く、 耐 性 を 獲 得 す る こ と が 少 な い と さ れ、 原 因 と な る 食 べ 物 は 避 け る 必 要 が あ る 。 た だ、 ア ナ フ ィ ラ キ シ ー を 発 症 す る 危 険 は 少 な い ら し い が 。

【 症 例 2 】 60 代 男 性 。 ス ギ 花 粉 症 も ち 。 こ こ 2 週 間、 何 と な く 体 が ス ッ キ リ し な く 熱 っ ぽ い の だ が、 食 欲 は あ る し 仕 事 も で き る し、 見 た 目 も 病 気 と は 思 え な い 。 花 粉 症 に 伴 う 全 身 性 の ア レ ル ギ ー 症 状 を 疑 い、 話 を 訊 い て 行 く と、 2 週 間 前 か ら 花 粉 症 対 策 ス プ レ ー を 使 用 し て い る 。 食 物 で ア レ ル ギ ー は 起 き な い と 言 う の だ が、 ス プ レ ー に は 植 物( ≒ 食 物 )成 分 が 含 ま れ る 。 乳 児 湿 疹 に は 食 物 ア レ ル ギ ー が 関 与 す る の だ が、 多 く は 食 べ 物 が 口 唇 周 囲 に 接 触 す る こ と で 感 作 が 成 立 す る( 経 皮 感 作 )。 消 化 さ れ た 蛋 白 質 に よ る 感 作 は 少 な い 。 本 例 で は、 花 粉 と ス プ レ ー に 含 ま れ る 植 物( ≒ 食 物 )成 分 の 間 に 交 差 反 応 が 生 じ、 皮 膚 症 状( ス ギ 花 粉 皮 膚 炎 )は み ら れ な い が、 PFAS が 発 症 し た も の と 思 わ れ る 。 ス プ レ ー の 植 物 成 分 に よ り 誘 発 さ れ た、 ア レ ル ギ ー 反 応 が 疑 わ れ た 。

【 ま と め 】 花 粉 症 は 局 所( 鼻 / 咽 頭 / 目 )に 限 局 し た も の で は な く、 全 身 性 の ア レ ル ギ ー 反 応 を 起 こ し 得 る 。 ア レ ル ギ ー は “ 炎 症 ” で あ り、 体 調 不 良 が 出 現 し て も 何 の 不 思 議 も な い 。 ま た、 ス ギ 花 粉 な ど で 感 作 さ れ て い る 花 粉 症 患 者 は、 果 物 や 野 菜 に 対 し 交 差 反 応 を 起 こ し や す く な っ て い る 。 食 事( 食 物 )に よ り 花 粉 症 と 同 様 の 症 状 が 引 き 起 こ さ れ る 可 能 性 が 高 い 。 こ の よ う な 場 合、 果 物 や 野 菜 は、 牛 乳 や 鶏 卵 な ど と は 異 な り、 耐 性 獲 得 が 得 に く い た め 摂 取 を 控 え る 必 要 が あ る 。 花 粉 症 ケ ア 商 品 に 関 し て は、 効 果 に 懐 疑 的 な 見 方 も 多 く、 成 分 内 容 を み る と、 接 触 性 ア レル ギ ー を 惹 起 す る 可 能 性 を 否 定 で き な い 。 そ れ な ら 安 価 で 安 全 性 が 高 い プ ロ ペ ト を 選 択 す る べ き で は な か ろ う か 。 ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 で 唯 一 推 奨 さ れ て い る の が ワ セ リ ン で あ る 。

PS : 症 例 1 で は 『 傷 寒 論 』 の 「 嘔 而 発 熱、 少 柴 胡 湯 主 之」 に 近 い 症 状 が み ら れ、 腹 診 で 胸 脇 苦 満 も 認 め る た め、 少 柴 胡 湯 を 投 与 。 ま た 目 の か ゆ み を 伴 う 熱 性 の ア レ ル ギ ー 症 状 も み ら れ た た め、 越 婢 加 朮 湯 も 併 用 。 翌 日 に は ま っ た く 正 常 状 態 に 戻 っ た 。 し か し 2 週 間 後、38 ℃ の 発 熱 が 再 び 出 現 。 生 理 痛 も ひ ど い た め、 体 質 改 善 の た め 少 柴 胡 湯 エ キ ス 2 包 の 服 用 を 開 始 し た 。


にほんブログ村

テーマ:アトピー・アレルギー - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード