禁 欲 の 「 糖 質 制 限 」 な の に 「 早 死 」 と は (ToT)/~~~

東京スカイツリー&隅田川&さくら並木










年 月 を 経 れ ば ど ん な も の で も ガ タ が く る 。 経 年 劣 化 で あ る 。 ヒ ト に も 老 い が 必 ず や っ て く る 。 厳 粛 な 現 実 で あ る 。 し か し 油 断 を す れ ば、 年 を 経 ず と も ほ こ ろ び が 生 じ る こ と も 多 い 。 生 活 の 不 摂 生 が 引 き 起 こ す 「 生 活 習 慣 病 」 で あ る 。 飽 食 の 時 代  “ 食 う て 寝 て ” ば か り い た ら、 簡 単 に 糖 尿 病 な っ て し ま う 。 だ か ら と い っ て 糖 質 を 忌 避 し、 動 物 性 脂 肪 タ ッ プ リ の 過 激 な 糖 質 制 限 食 に 走 る の は 愚 か 。 踵 を 返 す べ き だ 。 飲 食 の 供 給 の 途 絶 え る 夜 間 は、 肝 臓 で 蛋 白 質 を 分 解 し、 糖 を 生 成( 糖 新 生 )す る こ と で、 脳 の エ ネ ル ギ ー 源 を 得 て い る 。 糖 質 が 主 食 と い わ れ る 所 以 で あ る 。

過 食 や 運 動 不 足 は イ ン ス リ ン 抵 抗 性 や イ ン ス リ ン 分 泌 不 全 を 招 き、 糖 尿 病 を 引 き 起 こ す 。 高 血 糖 は 結 果 で あ り、 原 因 は 生 活 習 慣 の 乱 れ で あ る 。 生 活 習 慣 を 正 す こ と が 根 治 へ と 繋 が る 。 糖 質 を 摂 取 し な い と い う 選 択 は、 イ ン ス リ ン 分 泌 細 胞 の 退 縮 を 招 き、 見 か け の 血 糖 値 と は 裏 腹 に、 糖 尿 病 は 進 行 / 悪 化 す る 。 糖 尿 病 が 改 善 す る 機 会 を 逸 す る 。 過 激 な 糖 質 制 限 を 行 な っ て い る も の が、 糖 負 荷 試 験 を 受 け る と、 そ の 値 に 驚 愕 す る こ と で あ ろ う 。 欲 し が り ま せ ん 勝 つ ま で は、 と 信 じ て 努 力 し て き た の に 。 信 じ ら れ な い 結 果 に 茫 然 と 立 ち 尽 く す 。

御 飯 は 1 粒 も 食 べ ず、 糖 質 は 1 日 20 ∼ 30 g ポ ッ チ と い う、 過 激 な 糖 質 制 限 食 。 糖 質 制 限 と 言 う よ り は 高 脂 肪 食 と 言 っ た 方 が 理 解 し や す い 。 マ イ ル ド で 常 識 的 な 糖 質 制 限 と 異 な り、 過 激 な 糖 質 制 限 を 続 け て い る と、 イ ン ス リ ン 分 泌 細 胞 の 廃 用 性 萎 縮 が 生 じ、 イ ン ス リ ン が ま す ま す 分 泌 さ れ な く な る 。 血 中 の 脂 肪 も 過 剰 と な る た め、 脂 肪 組 織 に 貯 蔵 し き れ な く な り、 脂 肪 が 血 中 に 満 ち 溢 れ、 異 所 性 脂 肪 を 引 き 起 こ す 。 異 所 性 脂 肪 は 膵 臓 の β 細 胞 の ア ポ ト ー シ ス( 細 胞 死 )や 肝 臓 の イ ン ス リ ン 抵 抗 性 を 引 き 起 こ す た め、 糖 尿 病 の 元 凶 で あ る 。

高 脂 肪 食 で は LPS ( エ ン ド ト キ シ ン )の 血 中 濃 度 も 高 値 と な る 。 LPS は Toll-like recepter を 活 性 化 し、 種 々 の 炎 症 性 サ イ ト カ イ ン を 放 出 し、 全 身 の 血 管 炎 を 引 き 起 こ す 。 血 管 死( 心 筋 梗 塞 ・ 脳 卒 中 )や 脳 に 炎 症 が 生 じ る 。 と く に “ 痩 せ ” て い る 方 や “ 高 齢 者 ” が、 過 激 な 糖 質 制 限 を 行 う と、 筋 肉 が 萎 縮 し、 あ っ と い う 間 に サ ル コ ペ ニ ア に な っ て し ま う 。 食 を 進 化 さ せ 食 を 楽 し み、 人 生 を 豊 か に す る 。 そ れ が ガ ス ト ロ ノ ミ ー で あ る 。 ガ ス ト ロ ノ ミ ー は 地 方 活 性 の 起 爆 剤 で も あ る 。 禁 欲 生 活 で 得 ら れ る も の は 何 も な い 。 ヒ ト は 料 理 で 進 化 し た の だ か ら 。

東 北 大 大 学 院 の 研 究 で 糖 質 制 限 ダ イ エ ッ ト は 危 険 と 判 明 し た 。 糖 質 制 限 食 を 続 け る と、 標 準 的 な 日 本 食 に 比 べ、 平 均 寿 命 が 20 ^ 25 % 短 命 と な り( 近 藤 誠 氏 も 同 様 の 報 告 を 行 な っ て い る )、 老 化 の 進 度 が 30 % 速 く な っ た の だ 。 さ ら に 学 習 能 力 の 低 下 も み ら れ た の だ  高 齢 に な っ て か ら 老 化 が 早 く 進 み、 寿 命 も 短 く な る と は 。 著 者 は 「 高 齢 者 が 過 激 な 糖 質 制 限 を す る の は、 非 常 に 危 険 」 と 何 度 も 警 鐘 を 鳴 ら し て き た が、 そ の 通 り の 結 果 と な っ た 。 齢 を 取 っ て わ か っ た 時 は、 も う 手 遅 れ 。 人 生 の 最 後 で 悔 い る こ と が な い よ う に 。

PS過 激 な 糖 質 制 限 を 続 け て い く と、 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 ま で、 到 達 で き な い 可 能 性 が 高 ま っ た 。 過 激( 危 険 )な 糖 質 制 限 を 唱 導 し て き た 者 に、 文 句 を 言 っ た っ て、 何 も し て く れ は し な い 。 い や 何 も で き ゃ し な い 。 君 子 危 う き に 近 寄 ら ず、 と 真 っ 先 に 逃 げ 出 す 。 時 す で に 遅 し だ 。 以 前 か ら 著 者 は 何 度 も 言 っ て き た 。 糖 質 制 限 の 長 期 予 後 は 判 ら な い の で す よ、 と 。

にほんブログ村 

にほんブログ村

テーマ:糖質制限食は危険 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 3 ・ 11 」 東 北 の こ と ど も . 【 追 加 】 花 粉 症 の 特 効 薬

日産次世代EV「IDSコンセプト」2018/3/3 in Ginza「IDSコンセプト」の内部






震 災 ” 前 の 宮 城 県 気 仙 沼 市 。 一 本 松 で 有 名 に な っ た 岩 手 県 陸 前 高 田 市 と 県 境 を 接 す る 。 こ こ に 仙 台 に も 支 店 を 出 す 地 元 で は 有 名 な 鮨 屋 が あ っ た 。 春 の 連 休 ど き 妻 と ふ た り で 訪 れ た 。 観 光 客 ら し き 女 性 三 人 の 横 に 座 る 。 三 人 に 板 前 が 「 お 高 い で す が “ ぶ ど う エ ビ ” と い う 珍 し い 海 老 が あ り ま す よ 」 と 奨 め て い た 。 三 人 は そ れ を チ ョ イ ス し、 美 味 し い を 連 発 し な が ら 食 べ て い た 。 ぶ ど う エ ビ と は 葡 萄 酒 の よ う な 色 を し た ボ タ ン エ ビ に 似 た 姿 の 海 老 で あ る 。 妻 は 冷 凍 じ ゃ な い こ と を 確 認 し、 オ ー ダ ー し 食 べ て い た の だ が ・ ・ ・

「 こ れ ほ ん と に 生 で す か 」 と 訊 く の で あ る 。 板 前 は 「 こ れ が 生 で な く て な ん で す か 」 と 話 す の だ が、 妻 は 納 得 せ ず、 私 の 制 止 も 聞 か ず、 再 び 同 じ 質 問 を 発 し た の で あ る  一 瞬 間 が 空 き 「 獲 れ た 時 は 生 で し た が ・・ ・、 お 客 さ ん! お 安 く し と き ま す 」 と 。 会 計 は ほ ん と う に 安 か っ た 。 妻 は 薬 剤 師 だ が 薬 膳 の 免 許 も 持 っ て い る 。 そ ば を 打 つ し 鮨 も 握 る 。 ア ン コ ウ も 丸 ご と 吊 る し て 捌 く 。 舌 は か な り 厳 し い 。 地 方 は こ こ ろ 優 し い は ず な の に、 観 光 客 か ら 高 く 取 ろ う と す る 店 が あ る 。 こ ん な こ と を し て い て は、 ま す ま す 衰 退 し て い く こ と に な る 。

前 九 年 の 役 の 衣 川 の 柵 で の こ と 。 源 義 家( 八 幡 太 郎 )が 敗 走 す る 蝦 夷 の 首 領 安 倍 貞 任 の 背 に 和 歌 の 下 の 句 を 投 げ か け た 。 「 衣 の 館 は ほ こ ろ び に け り 」 と 。 貞 任 が 返 し た 上 の 句 が 「 年 を 経 し 糸 の 乱 れ の く る し さ に 」 で あ る 。 義 家 は 蝦 夷 と 蔑 ま れ て い た 貞 任 の 和 歌 の 素 養 に お ど ろ き、 踵 を 返 し た の で あ っ た 。 後 日 談 が あ る 。 貞 任 の 弟 宗 任 が 捉 え ら れ 京 に 送 ら れ た 。 都 人 に 梅 の 花 を 見 せ ら れ 名 を 問 わ れ、 詠 ん だ 歌 が 「 わ が 国 の 梅 の 花 と は 見 つ れ と も 大 宮 人 は 如 何 か 言 ふ ら む 」 で あ る 。 公 家 た ち は そ の 才 に お ど ろ き 死 罪 を 免 れ た の で あ っ た 。

宗 任 の 後 長 い 月 日 を 経 て の 後 日 談 が ま だ あ る 。 東 北 ・ 仙 台 藩 の 伊 達 正 宗 が 上 洛 し た 折、 京 人 か ら 桜 の 枝 を 差 し 出 さ れ の で あ る 。 今 回 は 梅 で は な く 桜 で あ る 。 東 北 の 雄 ・ 独 眼 竜 正 宗 は す か さ ず 歌 で 返 し た 。 「 都 人 梅 に 懲 り ず に 桜 か な 」 と 。 痛 烈 な 皮 肉 が 込 め ら れ て い た 。 政 治 文 化 の 中 心 “ 都 ” に 居 る の に、 故 事 も 知 ら ず、 愚 行 を 重 ね る と は 。 当 の 都 人 は 理 解 で き な か っ た と 思 わ れ る、 が 。 い ま に 伝 わ る 京 都 人 の “ い け ず ” は、 古 か ら の 鼻 持 ち な ら ぬ 言 動 に 発 し て い た の か 。
尚、 安 倍 総 理 は 宗 任 の 末 裔 と の 伝 承 が あ る 。 ま た、 奥 州 藤 原 氏 の 初 代 清 衡 公 は 安 倍 貞 任 の 甥 に あ た る 。

PS : 前 回 の 花 粉 症 の 薬 の 説 明 で 大 事 な 即 効 薬 を 失 念 し て い た 。 そ れ は プ ロ ペ ト( ワ セ リ ン ) で あ る 。 こ れ を 鼻 孔 の 周 囲 に 塗 布 し て お く だ け で 良 い の だ 。 エ ビ デ ン ス も あ る 。 著 者 の 経 験 で は 二 人 に 一 人 は 確 実 に 有 効 で あ る 。 お 試 し あ れ 。


にほんブログ村

即 効 の 「 花 粉 症 」 ☆ 漢 方 治 療 マ ニ ア ル ☆ ( ..)φメモメモ


新幹線車中より (2018/3/3)Mt.Fuji Beutiful






以 前 、山 本 巌 先 生 が 小 青 竜 湯麻 黄 附 子 細 辛 湯 が ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 に 即 効 す る と 話 さ れ た 。 小 青 竜 湯 に は 麻 黄 ・ 桂 枝 ・ 芍 薬 ・ 五 味 子 ・ 半 夏 ・ 細 辛 ・ 乾 姜 ・ 甘 草、 麻 黄 附 子 細 辛 湯 に は そ の 名 の 通 り 麻 黄 ・ 附 子 ・ 細 辛 が 含 ま れ る 。 こ れ ら の 生 薬 は 温 熱 作 用 を 有 す る た め、 鼻 粘 膜 の 血 流 が 促 進 さ れ、 粘 膜 の 浮 腫 が 排 除 さ れ、 鼻 水 が 減 少 し、 鼻 腔 の 通 り が 楽 に な る 。 小 青 竜 湯 は 上 ・ 中 焦 が 虚 寒 を 呈 す る 方 に 有 効 で あ る 。 麻 黄 附 子 細 辛 は 性 が 大 熱 な た め、 鼻 粘 膜 の 気 血 の 流 通 が よ り 強 力 に 促 進 さ れ る 。 症 状 を 即 効 的 に 改 善 さ せ る こ と が で き、 虚 証 だ け で な く “ 実 証 ” に も 頓 服 で 広 く 使 用 さ れ て い る 。

小 青 竜 湯 は 寒 性 に 用 い ら れ る 方 剤 で あ る た め、 小 児 や 虚 弱 な 女 性 な ど に 用 い ら れ る が、 花 粉 症 が 長 引 く と 鼻 粘 膜 が 熱 化 す る た め 無 効 と な る こ と が 多 い 。 こ の 場 合 は 辛 温 の 剤 で あ る 小 青 竜 湯 は 火 に 油 を 注 ぐ こ と に な る 。 現 代 人 は ス ト レ ス や 飽 食 の た め か 熱 証 を 呈 し て い る 方 が 多 い 。 鼻 汁 は 粘 性 で、 鼻 閉 が ひ ど く、 熱 感 や 口 渇 を 訴 え る 。 鼻 粘 膜 は 熱 化 ・ 乾 燥 す る た め、 乾 燥 肌 で み ら れ る よ う に、 花 粉 の 刺 激 に 敏 感 に 反 応 す る よ う に な る 。 一 方、 花 粉 症 の 治 療 薬 で あ る 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 も、 抗 コ リ ン 作 用 を 有 す る た め、 鼻 咽 頭 粘 膜 を 乾 燥 さ せ る こ と に な り、 か え っ て 症 状 を 悪 化 さ せ る 危 険 が 生 じ る 。 

劉 河 間 ( 金 元 四 大 家 の 一 人 ) は、 今 で い う ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 と 思 わ れ る 鼻 炎 症 状 に 対 し、 「 寒、 皮 毛 を 傷 ( や ぶ ) れ ば 奏 理 ( そ う り ) 蜜 を 致 し、 熱 気 弗 鬱 ( ふ つ う つ ) し て 病 愈 々 ( い よ い よ ) 甚 だ し き を 知 ら ん や 」 ( 素 問 玄 機 原 病 式 ) と 述 べ て い る 。 「 風 寒 に よ っ て 鼻 炎 症 状 が 出 現 す る よ う に み え る が、 実 は 熱 が 原 因 で あ っ て、 風 寒 の 邪 に よ っ て 気 が 収 斂 さ れ 発 散 さ れ な く な る た め( 鬱 熱 が 生 じ )、 症 状 を さ ら に 悪 化 さ せ て い る に 過 ぎ な い 」 と 看 破 し て い る 。 病 邪( 花 粉 )が 侵 襲 す る 病 初 に お い て は 寒 性 で あ っ て も 、 邪 正 闘 争( 炎 症 )が 長 引 け ば 鼻 粘 膜 は 熱 性 を 呈 す る よ う に な る 。

鼻 閉 や 鼻 の 乾 燥 ・ 熱 感 や 口 渇 や 目 の か ゆ み etc. の 熱 化 症 状 を 呈 す る 場 合、 代 表 的 な 選 択 肢 が 越 婢 加 朮 湯 で あ る 。 熱 性 が さ ら に 激 し く な る よ う な ら、 白 虎 加 人 参 湯桔 梗 石 膏 を 加 え 清 熱 を 強 化 す る 。 病 状 が さ ら に 進 み、 熱 が “ 陰 ” を 傷 る( 傷 陰 )よ う に な れば、 辛 夷 清 肺 湯 の 出 番 で あ る 。 熱 化 が 著 し け れ ば 越 婢 加 朮 湯 の 場 合 と 同 じ く 石 膏 を 加 え る 。 医 療 機 関 を 訪 れ る 患 者 の 半 数 は 辛 夷 清 肺 湯 証 ま で 進 ん で い る 。 花 粉 の 侵 襲 情 報 が 鼻 か ら 陽 明 胃 経 を 経 由 し、 胃 に 伝 え ら れ 熱 産 生 が 高 ま る と、 胃 熱 が 鼻 粘 膜 に 逆 上 し、 花 粉 症 を 引 き 起 こ す 。 こ の 場 合 は 黄 連 湯升 麻 葛 根 湯 な ど を 考 慮 す る 。 胃 が 冷 え て い る 場 合 は 桂 枝 人 参 湯 か も し れ な い 。

小 児 期 は 耳 や 鼻 の 発 達 が 完 成 し て い な い た め、 リ ン パ 系 も 未 熟 で、 三 焦 の 運 行 不 利 が 生 じ や す い 。 さ ら に 小 児 期 や 思 春 期 は、セ ル フ コ ン ト ロ ー ル が 上 手 く で き な い こ と が 多 く、 気 が う つ 滞 し や す い た め、 よ り 三 焦 の 流 通 不 利 が 生 じ や す く な る 。 そ の た め 副 鼻 腔 炎 や 中 耳 炎 な ど 耳 鼻 科 疾 患 に 罹 患 し や す い 。 三 焦 の 流 通 は 少 陽 胆 が バ ッ ク ア ッ プ し て い る た め、 柴 胡 剤 で あ る 柴 胡 桂 枝 湯 が 頻 用 さ れ る 。 成 人 で も 気 鬱 が 著 し い 場 合 は 柴 胡 剤 の 適 応 と な る 。 女 性 な ら 加 味 逍 遥 散 も あ り だ 。 冷 え 症 で 手 足 が 厥 冷 す れ ば 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯、 女 性 の 冷 え 症 で む く み や す い な ら 当 帰 芍 薬 湯 も 考 え る 。

PS : 病 初 期 で 顔 が ほ て る 場 合 は、 麻 黄 湯 + 桂 枝 湯 や 桂 枝 湯 + 越 婢 加 朮 湯、 小 児 の 虚 証 で 腹 証 が 合 え ば 小 建 中 湯 も 考 え ら れ る 。

にほんブログ村

テーマ:花粉症対策 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

★ 京 懐 石 ★ で 「 味 覚 障 害 」 解 決 (^_-)-☆


東京駅丸の内 初夏の暖かさ (2018/3/4)改装前の東京駅 首都圏に大雪が (2008年2月)






金 銭 欲 や 名 誉 欲 な ど の 「 欲 望 」 に は 悪 い イ メ ー ジ が 付 き ま と う 。 し か し 「 食 欲 」 や 「 性 欲 」 は、 生 命 や 種 の 存 続 に 必 要 欠 く べ か ら ざ る も の で あ る 。 食 欲 が な く な れ ば 即 死 に 直 結 す る 重 大 事 態 と な る 。 病 気 で 食 欲 が 低 下 し て い る 場 合 は、 病 気 の 治 療 が 優 先 さ れ る 。 だ が 病 気 で も な い の に 食 欲 が 低 下 す る こ と も 多 い 。 そ の 中 に は、 好 き 嫌 い や 恋 の 病 や ス ト レ ス な ど も 含 ま れ る の だ が、 頻 度 が 多 い の は 味 覚 障 害 で あ ろ う 。 そ の 三 大 原 因 が、 ① 薬 物 ② 亜 鉛 不 足 ③ ド ラ イ マ ウ ス( 口 腔 乾 燥 )で あ る 。

① に よ る 味 覚 障 害 は、 抗 コ リ ン 作 用 に よ る 口 腔 乾 燥 に よ る も の が 多 く、 そ の 場 合 の 病 態 は ド ラ イ マ ウ ス と ほ ぼ 同 じ と 考 え て よ い 。 ② に よ る 味 覚 障 害 は、 舌 に 存 在 す る 味 蕾 の 味 細 胞 の 代 謝 に、 亜 鉛 が 必 要 不 可 欠 な 物 質 で あ る こ と に よ る 。 亜 鉛 が 不 足 す る と 味 細 胞 は 傷 害 さ れ る 。 亜 鉛 は 牡 蠣 に 多 く 含 ま れ る 。 ③ は 唾 液 の 分 泌 不 足 に よ り 生 じ る 。 唾 液 は 炭 水 化 物 の 消 化 を 行 な う 以 外、 舌 や 口 腔 の 粘 膜 を 保 護 ・ 保湿 し、 細 胞 の 修 復 ・ 再 生 を 活 発 に す る 働 き が あ る 。 唾 液 が 不 足 す れ ば 亜 鉛 不 足 と 同 様、 味 細 胞 の 働 き が 障 害 さ れ 味 覚 障 害 が 生 じ る 。

ド ラ イ マ ウ ス の 患 者 は 増 加 し て い る の だ が、 東 北 大 学 歯 学 部 教 授 の 笹 野 高 嗣 氏 に よ る と、 患 者 は 「 口 が 渇 く 」 と 訴 え る こ と は 少 な く、 代 わ り に 「 口 の 中 が 灼 け る よ う に ヒ リ ヒ リ し て 痛 い 」 「 ベ タ ベ タ、 ネ バ ネ バ す る 」 な ど と 表 現 す る こ と が 多 い と の こ と で、 診 察 に あ た り 注 意 が 必 要 で あ る 。 氏 は ド ラ イ マ ウ ス の 治 療 に、 う ま 味( 昆 布 だ し )を 用 い る と い う、 ユ ニ ー ク な 治 療 を 行 な っ て い る 。 う ま 味 に は 唾 液 の 分 泌 を 持 続 的 に 増 加 さ せ る 働 き が あ る の だ 。 酸 味 も 唾 液 の 分 泌 を 増 す が 作 用 は 一 時 的 で あ る 。

高 齢 に な る と 味 に 対 す る 感 受 性 だ け で な く、 唾 液 の 分 泌 量 も 低 下 す る 。 食 事 が 美 味 し く 感 じ ら れ な く な り、 無 味 乾 燥 な 余 生 を 送 る こ と に な る 。 こ れ こ そ “ う ま 味 ” の 出 番 で あ る 。 昆 布 の う ま 味 の 主 成 分 で あ る グ ル タ ミ ン 酸 は、 味 細 胞 の う ま 味 受 容 体 と 反 応 し、 う ま 味 を 大 脳 の 味 覚 野 に 伝 え る 。 う ま 味 受 容 体 で あ る グ ル タ ミ ン 酸 受 容 体 は、 T1R1 と T1R3 の ヘ テ ロ 二 量 体 で 構 成 さ れ、 グ ル タ ミ ン 酸 以 外 の う ま 味 成 分 で あ る イ ノ シ ン 酸( 鰹 節 )や グ ア ニ ル 酸( 干 し 椎 茸 )や ア ス パ ラ ギ ン 酸 な ど と も 反 応 す る 。

料 理 を よ り 美 味 し く す る た め に、 複 数 の ス パ イ ス が 用 い ら れ る 。 昆 布 も 単 独 で は な く、 鰹 節 な ど と 合 わ せ て 使 用 さ れ る 。 こ の “ 合 わ せ だ し ” の 効 果 は 相 乗 的 で、 う ま 味 を 6 ~ 7 倍 に も 増 し て く れ る 。 グ ル タ ミ ン 酸 と グ ア ニ ル 酸 を 合 わ せ る と、 う ま 味 受 容 体 か ら 離 れ 難 く な る こ と が 科 学 的 に 証 明 さ れ て い る 。 昆 布 だ け で も 唾 液 の 分 泌 を 増 加 さ せ、 味 覚 を 良 く す る 働 き が あ る の だ が、 “ 合 わ せ だ し ” に は そ の 何 倍 も の 効 能 が あ り そ う だ 。 日 に 三 度 の 食 事 で、 う ま 味 の 効 い た 料 理 を 味 わ え ば よ い の だ 。 と き に は 京 の 高 級 料 亭 に で も 行 き ま ひ ょ か

PS : 味 覚 障 害 に 用 い ら れ る 漢 方 薬 に は、 加 味 逍 遥 散、 加 味 帰 脾 湯、 抑 肝 散、 滋 陰 至 宝 湯、 滋 陰 降 火 湯、 半 夏 瀉 心 湯 や 八 味 地 黄 丸 な ど が あ る 。

にほんブログ村 

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード