ア ト ピ ー の 叫 び : も と の 肌 に 戻 し て


東京スカイツリー&隅田川&さくら並木ぽかぽか陽気の東京 (4/12/2017)










20 代 の 男 性 。 生 後 よ り の ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 。 ス テ ロ イ ド 軟 膏 で 安 定 し た 状 態 で あ っ た が、 高 校 に 入 学 し て か ら 悪 化 。 顔 が 紅 色 ( 赤 鬼 状 ) と な り、 グ ジ ュ グ ジ ュ と 滲 出 液 が 噴 き 出 る よ う に な っ た 。 顔 以 外 の 皮 膚 も 暗 紅 色 調 を 呈 し 発 疹 も 出 現 し、 掻 く と 滲 出 液 が 出 る よ う に な っ た 。 ス テ ロ イ ド の 内 服 と ス テ ロ イ ド 軟 膏 の 全 身 塗 布 で 浸 出 液 は 止 ま っ た が、 皮 膚 は く す み、 乾 燥 肥 厚 し、 ガ サ ガ サ ・ ボ コ ボ コ し た 粗 造 な 状 態 と な っ た 。 掻 く と 多 少 の 滲 出 は ま だ み ら れ る 。 ス テ ロ イ ド の た め か 黒 色 の 色 素 沈 着 も 目 立 つ 。

本 人 は 皮 膚 科 の 治 療 を 諦 め、 最 近 は 保 湿 剤 の み で ス テ ロ イ ド は 使 っ て い な い 。 漢 方 治 療 を 希 望 し 来 院 。 元 気 が よ く、 食 欲 も 便 通 も よ い 。 運 動 し た り 入 浴 後 は 痒 み が ひ ど く な る 。 体 は ほ て る 方 で、 寒 が り で は な い 。 血 圧 正 常 。 脈 は 74、 細 滑 有 力 だ が 尺 脈 が 弱 い 。 舌 は 暗 紅 で 薄 白 苔 ( + ) 。 腹 部 と 背 中 に 発 疹 が み ら れ る が、 ほ と ん ど の 皮 膚 は 焼 け 野 原 の よ う で、 暗 褐 色 を 呈 し、 乾 燥 し、 粗 造 で ボ コ ボ コ と 隆 起 し て い る 。 湿 熱 の 停 滞 も あ る の だ が、 現 況 の 課 題 は 破 壊 さ れ た 皮 膚 の イ ン フ ラ の 再 構 築 に あ る 。

治 療 は 陰 血 の 補 給 と 内 熱 の 鎮 火 で あ る ( 滋 陰 清 熱 ) 。 蒺 藜 子 7、 玄 参 7、 天 花 粉 9、 芍 薬 9、 牡 丹 皮 9、 桃 仁 7、 知 母 9、 黄 柏 9、 薏 苡 仁 15、 甘 草 3、 牡 蠣 10 ( 先 煎 ) ( 全 て 保 険 適 用 ) を 投 与 。 2 週 間 後、 痒 み が 軽 く な っ て き た 。 顔 の 一 部 が 白 く な っ て い る 。 前 方 処 方 。 初 診 4 週 間 後、 顔 全 体 の 暗 紅 色 が か な り 薄 く な っ て き た 。 前 方 に 連 翹 9 を 加 え る 。 初 診 8 週 後、 発 疹 が ほ と ん ど み ら れ な い 。 皮 膚 の ボ コ ボ コ も 減 っ て い る 。 そ の 後 も 治 療 を 続 け、 半 年 後 に は ツ ル ツ ル し た 白 い 肌 に な っ た  そ の 時 点 で 治 療 を 終 了 し た の だ が、 5 年 経 過 す る も 再 発 な し 。

本 例 は 難 治 性 と 思 わ れ た が 治 療 に よ く 反 応 し た 。 ス テ ロ イ ド 治 療 を し ば ら く 中 止 し て い た の が “ 幸 ” し た も の と 思 わ れ る 。 玄 参 ・ 天 花 粉 ・ 牡 蠣 で 滋 陰 ( 水 ) し、 か つ 皮 膚 の ボ コ ボ コ を 軟 堅 散 結 し、 皮 膚 の 再 構 築 を 主 導 す る 。 芍 薬 ・ 牡 丹 皮 ・ 桃 仁 は 血 脈 を 通 じ さ せ 血 行 を 改 善 し、 皮 膚 の 構 築 の 素 材 を 運 搬 し 皮 膚 を 再 構 築 す る 。 内 熱 は 皮 膚 を 燻 蒸 し 皮 膚 を 破 壊 す る た め 清 熱 剤 を 加 え、 蒺 藜 子 で 熄 風 し 痒 み を 除 い た 。 ア ト ピ ー の 治 療 は 煎 じ 薬 で な け れ ば 手 こ ず る こ と が 多 い 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード