吃 逆 ( し ゃ っ く り ) の 漢 方 治 療


004





008010






全 日 本、 南 ア に 大 金 星! 昔 の ラ ガ ー マ ン と し て 非 常 に 誇 り だ 。  医 療 も ビ ジ ネ ス で あ る た め 効 率 性 を 問 わ れ る 。 機 動 力 で あ る 。 ト ッ プ の 戦 略 が 末 端 ま で 行 き わ た り、 素 早 い 対 応 が 求 め ら れ る 。 そ れ が 逆 に 働 く 者 に ゆ と り を 与 え る 。 Too late, too bad. な の だ 。 ラ グ ビ ー の モ ー ル の よ う に 一 丸 と な っ て 進 め 。 そ し て ト ラ イ だ

60 代 男 性 。 し ゃ っ く り が 7 日 間 止 ま ら な い 。 40 代 か ら 高 血 圧 の 治 療 中 で あ っ た が、 9 年 前 心 筋 梗 塞 を 発 症 。 ワ ー フ ァ リ ン、 メ キ シ チ ー ル、 ジ ゴ キ シ ン、 ニ ト ロ ー ル に 降 圧 剤 な ど 多 剤 を 服 用 中 。 食 欲 は あ る が、 胃 が も た れ て 胸 焼 け が 多 い 。 お 腹 が 脹 り ガ ス が 多 い 。 ゲ ッ プ が よ く 出 て い た が、 ゲ ッ プ が 少 な く な っ て き て か ら、 し ゃ っ く り が 出 現 し 続 い て い る 。 足 が ほ て る 。 イ ラ イ ラ し、 怒 り っ ぽ い 。 鼾 が ひ ど い と 妻 に 言 わ れ る 。 血 圧 100 / 86 。 脈 は 80 で 滑 弦 。 舌 は 暗 紅 で 胖 大、 厚 い 微 黄 苔 が 満 布 。 静 脈 怒 張、歯 痕 あ り 。

 
ス ト レ ス ( 肝 鬱 ) の た め 肝 気 が 過 剰 に 鬱 積 し、 ‘ 火 ’ に 転 化 し 上 炎 し た た め、 脳 幹 の 横 隔 膜 神 経 が 異 常 な 刺 激 に 晒 さ れ る こ と に 。 さ ら に 過 剰 と な っ た 肝 気 が 胃 に 横 逆 し、 胃 に 気 滞 と 湿 熱 を 生 じ さ せ る こ と に 。 こ の 病 理 産 物 ( 気 滞 ・ 湿 熱 ) も 隣 接 す る 横 隔 膜 神 経 を 刺 激 す る よ う に な っ た た め、 し ゃ っ く り の 発 症 に 荷 担 し た 。

治 法 は、疏 肝 解 鬱 ・ 清 熱 化 痰 ・ 熄 風 と し、 柴 胡 7、 芍 薬 15、 半 夏 6、 茯 苓 15、 厚 朴 4、 枳 実 8、 黄 連 5、 黄 芩 9、 車 前 子 9、 甘 草 5、釣 藤 鈎 9 、 牡 蠣 15 を 投 与 。 1 週 間 後、 1 剤 の 半 量 を 服 用 し た だ け で 吃 逆 が 止 ま っ た 。 お 腹 も ス ッ キ リ し、イ ラ イ ラ も 消 失 。 体 も 軽 く な っ た 。 鼾 も ほ と ん ど 聞 か れ な く な り、 9 年 経 つ も 再 発 な く 安 定 し て い る 。

し ゃ っ く り は 一 種 の 横 隔 膜 の ミ オ ク ロ ー ヌ ス で あ る た め、 現 代 医 学 で は hyperkinesie volitionnele と 同 様 ク ロ ナ ゼ ハ ゚ム が 奏 功 す る 。 た だ、吃 逆 の 原 因 に 肝 癌 の よ う な 重 大 な 病 変 が 潜 ん で い る 可 能 性 が あ る こ と に 注 意 を 喚 起 し た い 。 筆 者 も 吃 逆 が 難 治 性 で あ る た め 精 密 検 査 を 依 頼 し た と こ ろ 肝 癌 が 発 見 さ れ た 経 験 が あ る 。

鼾 は し ば し ば 睡 眠 時 無 呼 吸 を 伴 う 。 10 秒 以 上 の 無 呼 吸 が 一 晩 に 30 回 以 上、 若 し く は 1 時 間 に5 回 以 上 あ る と き、 睡 眠 時 無 呼 吸 症 候 群 ( Sleep Apnea Syndrome ) と 定 義 す る 。 略 し て SAS ( サ ス ) と も 言 わ れ る 。 高 血 圧 や 日 中 の 傾 眠 を 引 き 起 こ す 。 以 前、 交 通 事 故 を 3 度 も 起 こ し た 方 の 相 談 を 受 け た こ と が あ る が、 精 査 の 結 果 SAS で あ っ た 。 交 通 事 故 は 家 庭 崩 壊 に 繋 が る こ と に も 。

SAS 木 防 已 湯 が 有 効 と の 報 告 が あ る 。 今 後 検 討 し て み た い 。 大 承 気 湯 が 奏 功 し た 報 告 も あ る 。 治 法 は 破 気 ・ 降 逆 で あ る 。 治 療 の 要 点 は 上 逆 を 降 ろ す、 こ と で あ る 。 熱 で あ れ ば 黄 連 解 毒 湯 な ど、 寒 で あ れ ば 呉 茱 萸 湯 や 桂 枝 人 参 湯 な ど、 寒 熱 挾 雑 で あ れ ば 黄 連 湯 が 考 え ら れ る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード