心 腎 連 関 ( 心 不 全 ・ 腎 不 全 ) に 防 已 黄 耆 湯


006






腎 疾 患 に 黄 耆 を 使 用 し 有 効 と 初 め て 報 告 し た の が 、愛 知 県 春 日 井 市 灰 本 ク リ ニ ッ ク の 灰 本 元 先 生 で あ る 。 糖 質 制 限 で も 日 本 の 第 一 人 者 で あ り 、 糖 質 制 限 食 が 糖 尿 病 に 有 効 と 、 日 本 で 初 め て 世 界 的 な 学 術 雑 誌 Nutrition & Metabolism に 報 告 し て い る 。 現 在 は 厳 し す ぎ る 糖 質 制 限 の 危 険 性 を 指 摘 し 、マ イ ル ド な 糖 質 制 限 で あ る ロ ーカ ー ボ 食 研 究 会 を 立 ち 上 げ 活 躍 中 だ 。 灰 本 氏 の 論 文 は 2005 年 に 「 漢 方 の 臨 床 」 に 「 慢 性 腎 不 全 に お け る 黄 耆 の 血 清 ク レ ア チ ニ ン 低 下 作 用 」 と 題 し て 報 告 さ れ て い る 。

近 年 、 心 腎 連 関 cardiorenal syndrome ( CRS ) と い う 概 念 が 提 唱 さ れ て い る 。 心 臓 の 機 能 が 低 下 す る と 、 心 拍 出 量 が 低 下 す る た め 腎 の 血 流 量 が 低 下 し 、腎 機 能 が 障 害 さ れ る 。 そ の た め  レ ニ ン ・ ア ン ギ オ テ ン シ ン ・ ア ル ド ス テ ロ ン  が 活 性 化 さ れ 、 末 梢 血 管 の 収 縮 / Na 再 吸 収 の た め 、高 血 圧 と な る 。 高 血 圧 は 心 臓 の 負 担 と な り 、 心 機 能 は さ ら に 悪 化 し 、 心 ‐ 腎 の 間 に 悪 循 環 が 生 じ る 。

心 不 全 で は 、心 の 収 縮 力 が 低 下 す る た め 、血 中 の 水 分 が 増 加 し 血 液 が 希 釈 さ れ 貧 血 と な る 。 一 方 腎 不 全 で は 造 血 ホ ル モ ン の 産 生 が 低 下 し 貧 血 と な る 。 貧 血 は 心 腎 機 能 の 増 悪 因 子 で あ る 。 心 腎 連 関 と は 、 心 、腎 の 機 能 が 連 鎖 的 に 悪 化 さ れ て い く こ と だ 。

CRS に 防 已 黄 耆 湯 が 有 効 と の 報 告 が あ る 。 心 不 全 で は 体 内 に 過 剰 に 体 液 が 停 滞 す る た め 、 治 療 の た め に ル ー プ ス 利 尿 剤 を 高 用 量 使 用 す る と 、腎 機 能 が 悪 化 し 、CRS の た め 「 心 」 お よ び 「 腎 」 の 機 能 障 害 が 進 行 す る こ と に な る 。 そ こ で 筆 者 ら は 、現 代 医 学 的 治 療 と 、 そ れ ら に 防 已 黄 耆 湯 を 加 え た 場 合 の 、 心 お よ び 腎 機 能 の 比 較 検 討 を 行 い 、 防 已 黄 耆 湯 の 有 効 性 を 証 明 し た 。 防 已 黄 耆 湯 は 、心 ・ 腎 の 両 方 の 機 能 障 害 を 改 善 し た こ と に な る 。

防 已 黄 耆 湯 の 主 薬 は 防 已 で あ る 。 防 已 は 利 水 剤 で あ る が 、た だ の 利 水 剤 と は 思 わ れ な い 。 尿 か ら 余 分 な 水 を 排 泄 す る の な ら 、 防 已 で な く て も 生 薬 は い ろ い ろ あ る 。 防 已 は 「 通 腠 理 利 九 竅 ( 腠 理 を 通 じ 九 竅 を 利 す ) 」 と 名 医 別 録 に 記 載 が あ る 。 防 已 は 末 梢 静 脈 壁 の 小 さ な 間 隙 ( 竅 ) を 通 じ る こ と に よ り 、組 織 に 停 滞 す る 体 液 を 血 管 内 に 引 き 戻 し て 、浮 腫 を 改 善 す る も の と 考 え る 。 な ら ば 木 防 已 湯 の 方 が ベ タ ー な よ う に 感 じ る 。 後 日 報 告 す る 。



にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード