ゴ キ ち ゃ ん が 漢 方 薬 に (ToT)/~~~


555新宿駅南口






飽 食 の 時 代 。 食 べ 物 番 組 が 多 い 。 以 前 は ゲ テ モ ノ 番 組 も あ っ て、 タ レ ン ト が キ ャ ー キ ャ ー 大 騒 ぎ す る の が 好 評 を 博 し て い た 。 ハ チ や ゴ キ ブ リ や ウ ジ 虫 の 唐 揚 げ や 佃 煮 な ど も が で て き た 。 ヒ ト が 食 す る に は 似 つ か わ ぬ も の だ が、 食 物 連 鎖 を 考 え る と、 ヒ ト も 間 接 的 に は 昆 虫 を 食 べ て い る こ と に な る 。 ゲ テ モ ノ 料 理、 単 な る 好 奇 心 に と ど ま ら ぬ、 な に が し か の 必 然 性 を 感 じ る 。

中 医 学 で は 日 本 に は 少 な い 動 物 性 生 薬( 血 肉 有 情 )が し ば し ば 用 い ら れ る 。 そ の 中 に は な ん と 昆 虫 が 多 い の で あ る 。 古 来 よ り 瘀 血 を 除 く 薬 と し て、 抵 当 丸大 黄 庶 虫 丸 が あ る が、 前 者 に は ア ブ( 虻 虫 )と ヒ ル( 水 蛭 )が、 後 者 に は ゴ キ ブ リ( 庶 虫 )も 含 ま れ て い る 。 ア ブ と ゴ キ ブ リ は メ ス が 用 い ら れ る 。 ♀ に 特 有 の ホ ル モ ン が 関 与 す る の か? 動 物 性 生 薬 は 植 物 性 生 薬 に 比 べ 作 用 が 峻 烈 な た め、 気 を 損 耗( 消 耗 )し や す い 。 そ の た め 単 な る 生 理 不 順 や 生 理 痛 な ど で は 使 用 さ れ な い 。

日 本 で 使 わ れ る 駆 瘀 血 薬 は、 主 に 桃 の 種( 桃 仁 )と ベ ニ バ ナ( 紅 花 )で あ る 。 下 剤 と し て 使 用 さ れ る 大 黄 も 強 力 な 駆 瘀 血 薬 で あ る 。 酒 で 蒸 し て 炒 っ て 炭 化 し 少 量 服 用 す る と、 婦人 科 の 止 血 剤 と し て 働 く 。 血 余 炭 を ご 存 じ で あ ろ う か 。 人 の 頭 髪 を 焼 い た も の で、 中 国 で は 止 血 薬 と し て 使 用 さ れ て い る 。 炭 化 す る と 止 血 効 果 を 現 わ す 。 た だ 駆 瘀 血 薬 に は 流 産 の 危 険 が あ る た め、 妊 婦 に は 原 則 使 用 禁 止 で あ る 。 紅 花 は 江 戸 時 代 に は 堕 胎 薬( 稽 留 流 産 )と し て 使 わ れ て い た

失 笑 散 と い う 笑 い 出 し そ う な 名 の 薬 が あ る 。 ガ マ の 穂( 蒲 黄 )、 ム サ サ ビ の 糞 便( 五 霊 脂 )の 二 味 よ り な る 。 駆 瘀 血 作 用 が あ る た め、 ガ ン の 疼 痛 な ど に 中 国 で は 頻 用 さ れ る。 動 物 の フ ン ま で も ク ス リ と な る の だ 。 と こ ろ が 驚 い た こ と に、 人 中 黄 と い っ て、 ヒ ト の 糞 便 も 漢 方 薬 と し て 用 い ら れ て い た の で あ る 。 解 毒 作 用 が あ る ら し い 。 犬 猫 が 糞 を 舐 め て い る 姿 を よ く 見 る 。 大 国 主 命 が 身 ぐ る み 剥 ぎ 取 ら れ た 因 幡 の 白 兎 を、 蒲 黄 で 包 ん で あ げ た の は、 ガ マ の 穂 に は 止 血 作 用 が あ る た め だ 。

中 国 で は ミ ミ ズ( 地 竜 )や サ ソ リ( 全 蝎 )や ム カ デ( 蜈 蚣 )が、 顔 面 神 経 麻 痺 に 用 い ら れ る 。 動 物 性 薬 は 病 巣 深 く 侵 入 す る 。 そ の た め 神 経 麻 痺 を も 治 す こ と が で き る 。 地 竜 の 解 熱 作 用 は ア ス ピ リ ン に 優 る と も い う 。 顔 面 神 経 麻 痺 に 地 竜 が 著 効 し た の だ が、 強 い 冷 え を 訴 え ら れ た 経 験 が あ る 。 昆 虫 の ハ ン ミ ョ ウ の 抗 が ん 作 用 も 注 目 さ れ て い る 。 飽 食 の 時 代 。 運 動 不 足 も 重 な り、 体 内 に 不 要 な も の が 排 除 さ れ ず、 堆 積 さ れ て 行 く 。 こ れ ら が 生 活 習 慣 病 の 原 因 と な り、 ひ い て は が ん や 心 筋 梗 塞 や 脳 卒 中 の 引 き 起 こ す 。 現 代 こ そ、 ゲ テ モ ノ が 必 要 な 時 代 だ 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

米 国 糖 尿 病 学 会 : 過 激 な 糖 質 制 限 に NO × ロ ー カ ー ボ は OK


IMG_1059IMG_1062





IMG_1088IMG_1092






が ん ( 癌 ) 。 日 本 人 の 死 亡 原 因 の 第 1 位 で あ る 。 こ の 治 療 薬 と し て 話 題 を 集 め て い る の が、 チ ェ ッ ク ポ イ ン ト 阻 害 剤 で あ る オ プ ジ ー ボ ( 小 野 薬 品 工 業 ) 。 本 庄 佑 京 都 大 学 名 誉 教 授 の 創 薬 で あ る 。 チ ェ ッ ク ポ イ ン ト 阻 害 剤 の 治 療 効 果 に 腸 内 細 菌 が 重 要 な 役 割 を 担 っ て い る 。 腸 内 細 菌 は 炭 水 化 物 を 栄 養 と し て 生 活 し て い る 。 高 脂 肪 食 で あ る 過 激 な 糖 質 制 限 食 は、 が ん を 悪 化 さ せ る 上 に、 が ん の 治 療 に お い て も 問 題 を 孕 む 。 治 療 効 果 が 低 下 す る 。 漢 方 薬 の 薬 効 も 腸 内 細 菌 に 依 存 す る 。

お 母 さ ん 方 に は 大 切 な お 子 さ ん の こ と な の で 再 掲 す る 。 高 脂 肪 食 が 思 春 期 の 脳 ( 前 頭 前 野 ) の 発 達 障 害 を 引 き 起 こ す、 の で あ る 。 過 激 な 糖 質 制 限 食 ( ケ ト ン 食 ) は、 が ん の 原 因 と な る だ け で な く、 認 知 機 能 や 人 格 と い う 人 間 の 尊 厳 を 脅 か す 障 害 を も 引 き 起 こ す 。 ま た 糖 質 制 限 食 の 予 後 を 調 べ た メ タ 解 析 で は、 糖 質 制 限 を 行 っ た グ ル ー プ で、 総 死 亡 率 が 有 意 に 増 加 し て い た 。 さ ら に 糖 質 制 限 食 は 動 脈 硬 化 も 進 行 ・ 悪 化 さ せ る 。

著 者 は ベ ビ ー ブ ー マ ー で あ る 。 小 学 校 で 出 さ れ た 給 食 の ス キ ン ミ ル ク は 美 味 し か っ た 。 今 で も 占 領 軍 ( 米 国 ) に は 感 謝 し て い る 。 ひ も じ い 時 代、 あ れ が な か っ た な ら、 日 本 の 戦 後 の 発 展 は な か っ た、 と す ら 考 え る 。 ご 飯 や パ ン に も 育 て て も ら っ た 。 穀 物 の お か げ で、 成 長 で き て き た の に、 そ れ を 否 定 し、 排 斥 し よ う と す る 。

恩 を 仇 で 返 す、 信 じ 難 き 暴 挙 だ 。 糖 尿 病 や 肥 満 を、 自 身 の 生 活 習 慣 を 顧 み ず、 天 の 恵 み で あ る 主 食 ( 糖 質 ) の せ い に す る 。 規 則 正 し い 食 生 活 や 休 養 ・ 睡 眠 、 筋 肉 を 鍛 え る 運 動 を 行 っ て い る の で す か 。 穀 物 の 生 産 と 共 に ヒ ト は 進 化 し、 文 明 を 築 き 上 げ て き た 。 著 者 は 糖 質 制 限 を 中 止 し、 頭 も お 腹 も 快 調 で ~ す

米 国 糖 尿 病 学 会 が 認 め る 糖 質 制 限 は、 ロ ー カ ー ボ ( マ イ ル ド な 糖 質 制 限 ) で あ る 。 過 激 な 糖 質 制 限 食 ( ケ ト ン 食 ) は 危 険 と し 注 意 を 喚 起 し て い る 。 米 国 糖 尿 病 学 会 は 動 物 性 脂 肪 の 摂 取 は カ ロ リ ー の 10 % 以 下 と し、 ケ ト ン 体 を 産 生 す る よ う な ダ イ エ ッ ト は 危 険 で、 尿 ケ ト ン 体 陽 性 で の 運 動 に は 警 告 を 発 し て い る 。


にほんブログ村

テーマ:糖質制限食は危険 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

過 激 な 「 糖 質 制 限 食 」 ( ケ ト ン 食 ) は、 が ん 細 胞 を 増 殖 ・ 悪 化 さ せ る


IMG_2052IMG_2061











「 週 刊 ポ ス ト」 12 月 2 日 号 に 「 糖 質 制 限 で が ん 細 胞 が 消 え た 」 な る 記 事 が 掲 載 さ れ て い た 。 こ の 糖 質 制 限 と は、 ケ ト ン 体 が 産 生 さ れ る ほ ど の、 著 者 が 言 う 「 過 激 な 糖 質 制 限 食 」 で あ る 。 が ん 細 胞 は、 糖 質 を 唯 一 エ ネ ル ギ ー 源 と し て、 生 存 ・ 増 大 ・ 転 移 し て い く た め、 糖 質 を 断 ち、 が ん 細 胞 が 利 用 で き な い 「 ケ ト ン 体 」 を エ ネ ル ギ ー 源 と す れ ば、 が ん は 死 滅 す る、 と い う の で あ る 。 ど な た か に 洗 脳 さ れ て し ま っ た? の か と し か 思 え な い、幼 稚 な 考 え で あ る 。

こ の 臨 床 研 究 は 「 抗 が ん 剤 」 を “ 併 用 ” し な が ら の 糖 質 制 限 で あ る 。 そ れ も た っ た 数 ヶ 月 の 経 過 観 察 で あ る 。 が ん 研 究 者 か ら の 批 判 に ま っ た く 耐 え ら れ な い、 驚 く ほ ど 非 科 学 的 な 結 論 の 導 き で あ る 。 が ん 研 究 者 は は な か ら 相 手 に し な い 。 い ま だ に 「 が ん は 糖 質 し か エ ネ ル ギ ー 源 と し て 利 用 で き な い 」 と い う 誤 っ た 考 え を 吹 聴 し て い る 方 や、 そ れ を 鵜 呑 み に す る 医 師 が い る と は  糖 質 制 限 を 実 行 し て い て も、「 が ん 」 に な る 方 は い く ら で も お り ま す 。 厳 し い 糖 質 制 限 を 唱 導 し て い た 方 も、 が ん に な っ た で は あ り ま せ ん か

著 者 も こ の よ う な 誤 解 を し て い た こ と が あ る が、 そ れ は 1931 年 に ノ ー ベ ル 賞 を 受 賞 し た ワ ー ル ブ ル グ 博 士 の、 が ん 細 胞 は 大 量 に ブ ド ウ 糖 を 利 用 す る、 と の 報 告 に あ る 。 だ が、 が ん 細 胞 が 利 用 で き る の は 糖 だ け と い う の は、 今 日 で は 完 全 に 否 定 さ れ て い る 。

高 脂 肪 食 で が ん は 急 速 に 増 殖 ・ 転 移 を き た し、 大 腸 が ん は グ ル タ ミ ン を 利 用 し 増 殖 す る 。 高 脂 肪 ・ 高 タ ン パ ク 食、す な わ ち ケ ト ン 食 は、 が ん の ハ イ リ ス ク な 食 事 と な る 。 そ し て 癌 細 胞 は、 分 化 の 低 い も の ほ ど 大 い に、 ケ ト ン 体 を 利 用 す る 。 さ ら に 乳 が ん、 前 立 腺 が ん、 肺 腺 が ん な ど で は、 ブ ド ウ 糖 の 利 用 が 少 な い の だ 。 糖 質 制 限 を し て い て も、 ム ダ な 抵 抗 と い う こ と に な る 。 以 上、 緊 急 報 告 で し た


 
にほんブログ村  

テーマ:糖質制限食は危険 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード