慢 性 の 中 耳 炎 や 蓄 膿 症 に は 漢 方 薬

  







ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎、 気 管 支 喘 息、 中 耳 炎、 蓄 膿 症 や 扁 桃 腺 炎 は 小 児 に 好 発 す る 。 小 児 は 成 長 過 程 に あ る た め、 臓 腑 や 組 織 は 未 完 ・ 未 達 で あ る 。 そ れ 故、 小 児 に 特 有 な 疾 患 は、 成 長 ・ 成 熟 と と も に 自 然 に 治 癒 す る 。 否、 以 前 な ら 治 癒 し て い た の で あ る が ・ ・ ・

今 日 の 食 生 活 や 生 活 環 境 の 変 化、 さ ら に は 不 適 当 と 考 え ら れ る 治 療 な ど に よ り、 こ れ ら の 一 部 は 成 人 型 に 移 行 し て 来 た 。 大 人 に な っ て も 治 ら な い ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 は、 本 来 の 皮 膚 炎 と い う よ り は、 ス テ ロ イ ド 依 存 症 と で も い う べ き 状 態 で あ る 。 ス テ ロ イ ド で 治 る の で あ れ ば、 ス テ ロ イ ド を 手 離 す こ と が で き な く な る 依 存 症 は 生 じ な い 。 ス テ ロ イ ド を 長 期 に 用 い る と、 脳 の ド ー パ ミ ン 系 に 作 用 し 依 存 症 を つ く る の で あ ろ う か 。 こ れ か ら の 課 題 で あ る 。
 
中 医 学 で は 「肝 は 筋 を 主 る 」 と い わ れ る 。 筋 と は 筋 肉 ( 腱 ) だ け で な く、 体 腔 や 内 蔵 を 被 う 膜 ( 胸 膜 ・ 腹 膜 ・ 漿 膜 ) や 血 管 や リ ン パ 管 も 包 括 す る 概 念 で あ る 。 ま た 「 肝 は 疏 泄 を 主 る 」 と も い わ れ る が、 肝 に は 気 ・ 血 ・ 水 の 流 れ を 調 節 す る 働 き、 す な わ ち 自 律 神 経 の 機 能 を 調 節 す る 働 き が あ る 。 ス ト レ ス な ど で 交 感 神 経 の 活 動 が 亢 進 す る と、 肝 が 主 る 筋 が 収 縮 ・ 緊 張 す る 。 肩 が 凝 っ た り、 足 が つ れ た り、 し び れ た り 、手 足 が 振 え た り す る 。 更 に 血 管 が 収 縮 す る た め 血 流 が 鬱 滞 し、 浮 腫 や 手 足 の 冷 え や 血 圧 が 高 く な る 。 消 化 管 が 緊 張 ( 収 縮 )す る と、 腹 痛、 下 痢、 便 秘、 腹 満 が 生 じ る 。

中 医 学 で は、 体 液 が 流 れ る 通 路 を 三 焦 と 規 定 す る 。 小 児 で は 他 の 臓 器 に 比 べ、 三 焦 の 発 達 遅 延 が 特 に 著 し い 。 そ の た め 体 内 に が 停 滞 しや す く、 結 合 し て 湿 熱 が 形 成 さ れ や す く な る 。 湿 熱鼻 炎蓄 膿 症中 耳 炎気 管 支 炎 な ど カ タ ー ル 性 炎 症 や 扁 桃 腺 肥 大リ ン パ 節 腫 脹 の 発 生 母 地 と な り や す い 。 三 焦 は 漿 膜 で 構 築 さ れて い る た め、 肝 の コ ン ト ロ ー ル を 受 け て い る 。 故 に 小 児 期 に 特 徴 的 な 鼻 や 耳 や 気 管 や リ ン パ 節 の 炎 症 に は、 小 柴 胡 湯柴 胡 桂 枝 湯 な ど の 柴 胡 剤 が 頻 用 さ れ る 。

小 児 の ノ ド 風 邪 や 鼻 炎 や 中 耳 炎 が、 抗 生 剤 を 服 用 し て い る の に 治 り 難 い の は、 小 児 の 三 焦 が ま だ 未 熟 な た め、 気 や 体 液 の 流 通 が 鬱 滞 し、 湿 熱 が 停 滞 し て い る た め で あ る 。 肝 の 疏 泄 を 活 発 に し、 湿 熱 を 除 け ば、 炎 症 は 自 ず と 鎮 火 す る 。 虚 弱 体 質 の 場 合 は 小 建 中 湯黄 耆 建 中 湯 が 効 く 。 小 児 に は 漢 方 薬 が 即 効 す る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード