下 の ト ラ ブ ル go away ~~~


お台場海浜公園. のどかですな~~~ 荒涼とした淋しさを感じさせる秩父長瀞






も う 遠 い 話 し と な っ た が 覚 え て い る だ ろ う か 。 2008 年 の 自 民 党 総 裁 選 に 現 都 知 事 の 小 池 氏 が 立 候 補 し た 。 小 泉 総 理 が 「 何 も い わ な い 」 発 言 か ら 丸 一 日 経 ず し て、 小 池 氏 支 持 を 表 明 。 小 池 氏 の レ ス ポ ン ス は 「 つ い に 言 っ て く れ た ん で す ね 。 チ ョ ー う れ し い 。 勇 気 百 倍 で す 」 。 彼 女 が 「 主 演 女 優 」 に 決 定 し た の で あ っ た が、 結 果 は 麻 生 太 郎、 与 謝 野 馨 氏 に 次 ぐ 3 位 の 得 票 数 で あ っ た 。 で も 党 員 票 で は 与 謝 野 氏 を 大 き く 上 回 る 2 位 で あ っ た 。 今 や ポ ス ト 安 倍 の 最 有 力 候 補 に  人 気 で は 総 理 を 抜 い た か 。 総 裁 ( 総 理 ) の 椅 子 も 夢 で は な い か も ネ ~

70 代 女 性 。 半 年 前 に 息 子 が 勤 め て い た 会 社 が 倒 産 。 そ れ 以 来 心 労 の た め 体 調 が す ぐ れ な い 。 不 安 で 落 ち 着 き が な く な り イ ラ イ ラ す る 。 の ぼ せ る 。 陰 部 が 不 快 で 尿 が 漏 れ て い る よ う な 感 じ が し、 頻 回 に ト イ レ に 行 く よ う に な っ た 。 泌 尿 器 科 で 治 療 を 受 け る も 改 善 が な い た め、 漢 方 指 導 医 で あ る 都 内 の ク リ ニ ッ ク を 受 診 。 そ こ で 八 味 地 黄 丸 を 投 与 さ れ た が、 症 状 が 悪 化 す る よ う に な っ た た め、 再 診 。 そ こ で 六 味 丸 に 変 更 さ れ た 。

こ れ も 効 果 が ま っ た く な い た め、 娘 さ ん の 紹 介 で 受 診 と な っ た ( 娘 さ ん も 著 者 に 転 院 し 改 善 ) 。 食 欲 は あ る が 口 が 渇 き 冷 た い 物 を 飲 み た い 。 便 秘 は な い が ガ ス が 多 く お 腹 が 張 る 。 入 眠 不 良 で 何 度 も 覚 醒 す る 。 脈 は 90 で 滑 弦、 両 尺 脈 沈 細 。 舌 は 暗 紅 で 薄 白 苔 ( + ) 。 肝 鬱 の た め 湿 と 火 が 産 生 さ れ、 湿 と 熱 が 合 し て 湿 熱 に 転 化 。 火 は 傷 陰 す る た め 陰 血 不 足 も 生 じ た 。 ツ ム ラ の 竜 胆 瀉 肝 湯 と 四 逆 散 を 投 与 。 1 週 間 後、 陰 部 の 不 快 感 が 消 失 し 頻 尿 も な く な っ た 。 精 神 的 に も 安 定 し 睡 眠 も 著 し く 改 善 。 以 前 よ り も 元 気 に な っ た、 と 。

ス ト レ ス で 気 が 鬱 滞 す る と 代 謝 ( 異 化 ) が 亢 進 す る こ と に な り、 体 内 に は 非 生 理 的 な 熱 ( 火 ) が 産 生 さ れ る こ と に な る 。 こ の 火 が 陰 血 を 灼 損 す る と、 陰 血 の 不 足 を 回 復 さ せ よ う と、 代 謝 が 亢 進 す る こ と に な る 。 こ の よ う に 代 謝 が 代 償 的 に 亢 進 し、 熱 産 生 が 高 ま る こ と が 陰 虚 陽 亢 の 本 質 で あ る 。 本 例 は 肝 鬱 化 火 か ら 陰 虚 内 熱 に 進 展 し て、 2 種 の 火 が 産 生 さ れ た 状 態 で あ る 。 火 が 上 昇 し 神 経 を 刺 激 す る と 不 安 や イ ラ イ ラ が 生 じ る 。 湿 熱 が 下 注 す る と 陰 部 の 不 快 感 が 生 じ る 。

治 療 は 肝 鬱 を 疏 通 し、 体 内 の 火 を 清 す る 。 さ ら に 火 に よ り 灼 損 さ れ た 陰 血 を 滋 養 し、 陰 部 に 下 注 し た 湿 熱 を 尿 か ら 瀉 す 。 肝 鬱 の 解 放 に は 四 逆 散、 滋 陰 清 熱 利 湿 に は 竜 胆 瀉 肝 湯 と な る 。 清 心 蓮 子 飲 も 精 神 的 な 膀 胱 炎 症 状 に よ く 使 用 さ れ る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 帯 下 」 の お 悩 み 解 決




岩手の家のbrothersworld cup memorials,saki,






薬 を 増 や す だ け の 医 療 は 、症 状 を 悪 化 さ せ る だ け と 述 べ た 。 「 向 精 神 薬 、自 殺 前 に 過 剰 投 与 も 」と の 見 出 し が 目 に 入 っ た 。 日 経 に よ る と 、自 殺 者 の 半 数 が 死 亡 前 1 年 間 に 診 察 を 受 け 、5 7 . 8 % が 自 殺 時 に 向 精 神 薬 な ど を 過 剰 に 服 用 し て い た 、と 。

う つ 病 の 診 断 は 国 際 分 類 が 導 入 さ れ て か ら 画 一 化 さ れ た が 、 表 面 的 な 症 状 の み か ら 、安 易 に 診 断 さ れ る よ う に な っ て き た 。 う つ 病 の “ 成 因 ” を 無 視 し 、生 理 的 な う つ 反 応 も 病 気 と さ れ る 。

新 し い 抗 う つ 薬 に は 、副 作 用 が 少 な い と の 宣 伝 が 奏 功 し て か 、抗 う つ 薬 が か ぜ 薬 の よ う に 安 易 に 使 用 さ れ る 風 潮 が 生 じ た 。 し か し 、新 薬 に も 攻 撃 性 が 高 ま る な ど の 副 作 用 が 存 在 す る 。

最 近 、非 典 型 的 な う つ 病 ( 双 極 II 型 障 害 etc ) が 増 加 し て い る 。 要 因 を 有 し て い る た め 、新 し い 抗 う つ 薬 は 危 険 を と も な う 。 薬 は 諸 刃 の 剣 で あ る 。 人 を 深 く 理 解 し て い な け れ ば 使 え な い 。 京 大 人 気 シ リ ー ズ こ こ ろ の 病 理 学 を 読 ん で 感 じ た ま ま 記 し た 。 尚 、双 極 II 型 障 害 に は ス ル ピ リ ドバ ル プ ロ 酸 が 有 効 と い う 。


著 者 の 診 療 所 (休診中) は 岩 手 の 三 陸 海 岸 の 港 町 に あ る 。 森 進 一 の 港 町 ブ ル ー ス の 歌 詞 に 宮 古 ・ 釜 石 ・ 気 仙 沼 と 、三 陸 海 岸 の 港 町 が 北 か ら 順 次 歌 わ れ て き て い る の だ が 、な ぜ だ か 、釜 石 と 気 仙 沼 の 間 の 港 町 が 飛 ば さ れ て い る 。 新 沼 謙 治 の ふ る さ と で 、隣 町 が 千 昌 夫 の ふ る さ と で あ る 。 当 時 の 市 長 が 音 楽 production に を 出 さ な か っ た か ら 、と 地 元 で は ま こ と し や か に 囁 か れ て い る の だ が 、 真 相 は  ( 著 者 の 実 家 ・ 生 ま れ 故 郷 と も 盛 岡 の た め 詳 細 不 詳 )

閑 話 休 題 。 そ の 三 陸 海 岸 は 蝦 夷 あ わ び の 産 地 と し て 有 名 。 女 貝 あ わ びま だ か あ わ び よ り 小 ぶ り だ が 、そ の 味 は 格 段 。 ア ワ ビ の 開 口 が 冬 の た め 、さ ら に 身 が 引 き 締 ま っ て 旨 く な る 。 夏 場 は 産 卵 の た め 痩 せ る 。 冬 に な る と 身 が 肥 え 旨 味 が 増 す 。 と こ ぶ し と ア ワ ビ の 違 い は 、出 水 孔 の 数 ( 9 ∼ 10 対 4∼ 5 ) 。 岩 手 の き っ ぴ ん 鮑 ( 乾 鮑 ) は 中 華 料 理 の 高 級 食 材 で あ る 。 高 級 中 華 料 理 店 の 多 く は 吉 浜 ( 大 船 渡 )産 の 乾 鮑 を 用 い る 。


な ん と 、漢 方 薬 に こ の 高 級 食 材 が 用 い ら れ て い る の で あ る 。 『 烏 賊 骨 鮑 魚 汁 丸 』 だ 。 「 黄 帝 内 経 」 に す で に 記 載 が あ る 。 処 方 内 容 と 服 用 の 仕 方 は 、『 烏 賊 魚 骨 去 甲 , 四 兩 。 藘 茹 , 一 兩 , 即 茜 根 。 右 為 末 , 以 雀 卵 搗 丸 , 小 豆 大 。 内 服 五 丸 或 十 丸 , 鮑 魚 煎 湯 下 , 以 飯 壓 之 』 ( 景 岳 全 書 ・ 明 代 末 ) と あ る 。 烏 賊 骨 ( ウ ゾ ク コ ツ ) 4 両 と 藘 茹 ( 茜 草 根 ) 1 両 を 粉 末 に し て 、雀 の 卵 の 黄 身 で こ ね て 小 豆 大 の 丸 剤 と し た 後 、 5 乃 至 10 丸 を 鮑 の 煮 汁 で 服 用 す る も の で 、帯 下 の 治 療 薬 と し て 用 い ら れ た 。 

帯 下 と い っ て も 、熱 性 か ら 寒 性 ま で 病 態 は い ろ い ろ あ る が 、帯 下 が 続 く と 気 血 が 失 わ れ る た め 、放 置 す る こ と は で き な い 。 『 烏 賊 骨 鮑 魚 汁 丸 』 は 、気 血 の 不 足 が 、腎 精 に も 波 及 し た 、体 が 衰 弱 し た 状 態 に 用 い る 。 烏 賊 骨 は 収 斂 作 用 が あ る た め 、気 血 が 不 足 し て 生 じ る 、帯 下 や 尿 漏 れ や 遺 精 な ど に 用 い る 。 茜 草 根 に は 止 血 作 用 が あ る 。 雀 卵 も 鶏 卵 と 同 じ く 陰 を 補 う 。 腎 精 が 虚 す と 鮑 汁 が 必 要 と な る。 鮑 に は 瘀 血 を 除 く 力 も あ る 。 産 後 の 肥 立 ち が 悪 い と き な ど に は 最 高 の プ レ ゼ ン ト に な る 。

腎 精 を 補 う 生 薬 で 有 名 な も の に 紫 河 車 ( し か し ゃ ) が あ る 。 紫 河 車 と は ヒ ト の 新 鮮 な 「 胎 盤 」 を 米 の と ぎ 汁 で 洗 浄 し 、加 熱 ・ 乾 燥 を 何 度 も 繰 り 返 し 粉 末 状 に し た も の で あ る 。 子 宮 発 育 不 良 や 陰 精 不 足 に よ る 『 不 妊 症 』 な ど に 用 い ら れ る 。 陰 精 不 足 で も 、熱 性 の あ る 場 合 ( 陰 虚 火 旺 ) に は 禁 忌 で あ る 。 内 熱 が 上 逆 し 、眩 暈 や 頭 痛 や 動 悸 や 高 血 圧 な ど が 発 症 す る 。 紫 河 車 は エ ク セ レ ン ト だ が 高 価 な た め 、精 血 不 足 の 女 性 は 、普 段 か ら 以 前 ブ ー ム と な っ た 羊 肉羊 腎 を 食 し た い 。 湿 熱 に よ る 帯 下 に は 、エ キ ス 剤 に あ る 竜 胆 瀉 肝 湯 を 投 与 す る 。
 
P S : 石 決 明 と い う 生 薬 が あ る 。 ア ワ ビ の 殻 の こ と で あ る 。ス ト レ ス な ど で 肝 気 が 鬱 滞 し 火 と 化 し 、上 逆 し た も の を 降 ろ す 。 ア ワ ビ の 殻 と 身 と で は 作 用 が ま っ た く 異 な る 。 Don't judge a person by his or her appearance .



にほんブログ村 

テーマ:女性特有の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード