顔 面 痛 や 歯 痛 に 立 効 散




東京駅周辺、中央に汐留のビル群夜に変貌する東京駅周辺 







抑 肝 散 で 味 覚 障 害 が 現 わ れ た と の 訴 え を し ば し ば 聞 く  し ば し ば 聴 か れ る 訴 え で あ る が 、川 芎 が 原 因 と 思 わ れ る 。 川 芎 の 性 は 温 、 味 は 辛 、で あ る た め 、舌 の 粘 膜 を 刺 激 す る 。 こ の 性 質 ゆ え 血 中 の 気 薬 と い わ れ 、血 中 の 気 の 鬱 滞 を 除 く 。

川 芎 は 熱 性 の 著 し い 場 合 、気 血 を 上 逆 さ せ る た め 使 い 難 い 。 抑 肝 散 は い わ ゆ る 「 虚 証 」 タ イ プ の た め の く す り で あ る た め 、熱 性 の 著 し い 場 合 は 不 適 だ が 、方 便 で 黄 連 解 毒 湯 を 併 用 す 。

【 症 例 】 胃 カ メ ラ は 正 常 。 種 々 の 西 洋 薬 が ま っ た く 効 果 な し 。 四 逆 散半 夏 厚 朴 湯 に も 反 応 せ ず 、抑 肝 散 が 著 効 し た 女 性 。 舌 は 暗 紅 で 苔 が 白 膩 で 歯 痕 が あ り 、脈 が 細 滑 で 按 じ て 無 力 。 胃 が ス ッ キ リ し な い 。 ど ん な 薬 も 効 か な い 、と 不 満 を 述 べ る が 、苛 立 つ 感 じ は ま っ た く な く 、 た だ 暗 い 感 じ が す る 中 年 女 性 。

抑 肝 散 証 の 精 神 症 状 で は な い が 、本 剤 で 気 血 の 流 通 を 図 る 。 2 週 間 後 、胃 部 の 不 快 感 が 完 全 に 消 失 し 、明 る い 女 性 に 変 身 。 抑 肝 散 で 副 次 的 に 、し ば し ば 胃 症 状 ・ 便 秘 の 改 善 を 経 験 す る 。 柴 胡 で 少 陽 三 焦 の 気 津 を 、川 芎 で 血 中 の 気 血 を 通 す た め か ?

漢 方 の 治 療 原 則 は 通 則 不 痛 。 気 血 が 通 じ る と 痛 み は 消 え る 。 本 剤 は 神 経 因 性 疼 痛筋 性 疼 痛 の ほ か 、内 臓 痛 に も 有 効 か 。


7 月 1 0 日 、「 第 2 3 回 日 本 疼 痛 漢 方 研 究 会 」 に 出 席 し て き た 。 立 効 散の 疼 痛 作 用 に つ い て 、細 辛 だ け が 話 題 に さ れ て い た 。 細 辛 は 走 竄 開 竅 す る た め あ ら ゆ る 部 位 の 疼 痛 に 頻 用 さ れ る 。

し か し 立 効 散 に は 細 辛 以 外 に も 升 麻竜 胆 が 含 ま れ て い る 。 飲 食 の 不 摂 生 で 胃 熱 が 生 じ る と 、歯 痛 や 歯 肉 炎 が 発 症 す る 。 升 麻 は 胃 熱 に よ る 痛 み に 効 く 。症 状 に よ り 黄 連 解 毒 湯 を 併 用 。 竜 胆 は 胃 熱 に も 有 効 だ が 、肝 熱 に よ る 疼 痛 ・ 炎 症 に 著 効 す る 。

腎 陰 不 足 ( 陰 虚 陽 亢 ) に よ る 歯 痛 や 歯 肉 炎 も 多 く み ら れ る 。 滋 陰 清 熱 し て 降 火 す る 。 エ キ ス 剤 で は 滋 陰 降 火 湯 が 有 効 。 病 態 に よ り 適 時 生 薬 を 配 合 し な い と 、著 効 は 得 ら れ な い 。



にほんブログ村 

テーマ:膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード