脊 椎 管 狭 窄 症 の 症 状 が 消 え た


錦市場, 祝400年










70 代 女 性 。 5 年 前 か ら 手 の 痺 れ と 腕 の 痛 み が 出 現 。 2 年 後 よ り 歩 き づ ら さ を 感 じ る よ う に な っ た 。 症 状 は 徐 々 に 悪 化 し 、足 を 引 き ず る よ う に し て 歩 く 。 大 学 病 院 で は 脊 椎 柱 狭 窄 症 と 診 断 さ れ 、手 術 を 勧 め ら れ て い る が 家 人 が 反 対 。 握 力 も 低 下 し 、手 や 下 腿 が 腫 脹 し て い る 。 膝 蓋 腱 反 射 は 亢 進 し て い る 。 食 欲 ・ 睡 眠 ・ 便 通 は 良 好 だ が、頻 尿 を 認 め る 。 失 禁 は な い 。 高 血 圧 で 薬 を 服 用 中 。

脈 は 80 で 滑 有 力 。 両 尺 は 無 力 。 舌 は 暗 紅 、 薄 白 苔 に 被 わ れ る 。 化 燥 著 明 。 腕 の 痛 み の 性 状 は チ ク チ ク と 刺 さ れ る よ う な 感 じ で あ る 。 寒 が り で は な く 、む し ろ 熱 が り で あ る 。 漢 方 的 に は 陰 血 の不 足 が 主 体 で 内 熱 も 認 め る 。 乾 地 黄 9 、当 帰 7 、芍 薬 9 、川 芎 4 、麦 門 冬 9 、知 母 9 、黄 耆 5 、防 已 9 、牛 膝 7 、木 瓜 5 、羗 活 4 を 投 与 。

2 週 間 後 、痺 れ や 痛 み や 歩 行 が 楽 に な っ て き た 、と 喜 ぶ 。 前 方 投 与 。 初 診 4 週 間 後 、痺 れ と 痛 み が ま た 悪 化 し て き た 。 や は り 手 術 し か な い の か 、 と 落 胆 の 色 。 瘀 血 や 気 鬱 が か な り 関 与 し て い る も の と 考 え ら れ る 。 香 附 子 6 、桃 仁 9 、紅 花 4 を 加 え る 。 初 診 6 週 後 、痺 れ は ま だ あ る が 、痛 み が 消 え た 。 歩 行 も 大 分 楽 に な っ た 。 そ の 後 は 痺 れ も か な り 改 善 し て き た 。 1 年 後 に は 廃 薬 と な っ た 。

脊 椎 管 狭 窄 症 は 脊 椎 管 内 の 靭 帯 の 骨 化 や 椎 間 板 の 脱 出 な ど で 脊 髄 や 神 経 根 が 圧 迫 さ れ る こ と で 発 症 す る 。 靭 帯 や 椎 間 板 の 変 性 は 、こ れ ら を 滋 養 す る 陰 血 の 不 足 で 出 現 す る 。 高 齢 者 と く に 女 性 で は 陰 血 が 不 足 し や す い 。 そ こ で 陰 血 を 滋 養 し た と こ ろ 、一 時 的 に 症 状 の 改 善 が み ら れ た が 、そ の 後 再 び 悪 化 が み ら れ た 。

陰 血 の 補 充 ( 滋 陰 養 血 ) は 明 ら か に 有 効 で あ っ た が 、 効 果 が 長 続 き し な か っ た 。 陰 血 を 局 所 に 運 ぶ の は 血 行 で あ る 。 し か し 病 変 部 位 は 変 性 ・ 硬 化 し て い る た め 血 流 は 停 滞 し や す い 。 年 齢 が こ れ に 拍 車 を か け る 。 ま た 長 年 の 病 気 で 気 分 も 晴 れ な い 。

そ こ で 瘀 血 と 気 鬱 に も 配 慮 す る た め 、 活 血 化 瘀 作 用 の あ る 桃 仁 と 紅 花 、疏 肝 理 気 作 用 の あ る 香 附 子 を 加 え る こ と に し た 。 そ れ で 予 想 通 り の 効 果 が 得 ら れ た 。 処 方 は 桃 紅 四 物 湯 加 減 であ る が 、 香 附 子 を 加 え た の で 血 腑 逐 瘀 湯 の 方 意 も あ る 。 疼 痛 の 性 状 は 刺 さ れ る 感 じ で あ り 、当 初 よ り 駆 瘀 血 薬 が 必 要 だ っ た 。



にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

大 柴 胡 湯 合 疎 経 活 血 湯 が 著 効 し た 脊 柱 管 狭 窄 症


東京駅八重洲口





   新 駅 舎 を 建 設 中 ↑

東京駅2





  現 在 の 八 重 洲 口 ↑      旧 大 丸 デ パ ー ト ↑

60 代 男 性 。 1 か 月 前 、書 き 物 を し て い た と こ ろ 、急 に 右 手 の 力 が 入 ら な く な り 箸 を 掴 め な く な っ た 。 MRI で 頸 椎 C 4/5 ~ C 6/7 の 椎 間 板 に よ る 脊 柱 管 狭 窄 症 と 診 断 さ れ た ( 下 図 ) 。 手 術 を 勧 め ら れ た が 薬 の 内 服 で 様 子 を み る こ と に し た 。 オ パ ル モ ン と ビ タ ミ ン 剤 を 処 方 さ れ た が 、 漢 方 治 療 を 希 望 し 受 診 。 降 圧 剤 も 服 用 中 。

手 の 屈 筋 は ほ ぼ 保 た れ る が 、伸 筋 は 筋 力 テ ス ト で 3~ 4 / 5 と 中 程 度 の 筋 力 低 下 を 認 め る 。 知 覚 障 害 は 認 め ら れ な い 。 下 肢 の
運 動 障 害 や 膀 胱 直 腸 障 害 も 認 め な い 。 脈 は 80 滑 弦 有 力 。 尺 脈 弱 。 舌 は 暗 紫 紅 で 胖 大 、白 薄 苔 に 被 わ れ る 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 が 目 立 つ 。 腹 診 で 、左 右 の 胸 脇 苦 満 と 心 下 の 痞 満 と 上 部 腹 直 筋 の 緊 張 を 認 め る 。 腹 力 は 4 / 5 。 食 欲 ・ 便 通 と も に 良 好 。 腹 張 な し 。 睡 眠 も 良 い 。 暑 が り の 寒 が り だ が 夕 方 は 両 手 が 冷 え る。 夏 場 に は 汗 が 多 い 。 肩 こ り は な い が 首 を 回 す 癖 が あ る 。 鼾 を よ く か く 。

大 柴 胡 湯疎 経 活 血 湯 を 投 与 。 2 週 後 、筋 力 は 4/5 程 度 に 回 復 す る 。 前 方 を 続 行 。 4 週 後 、筋 力 テ ス ト で は 一 部 の 伸 筋 で 5 で あ る も ほ と ん ど 正 常 。 日 常 生 活 に 不 便 を 感 じ な く な っ た 。 終 了 。

本 例 は 舌 診 よ り 瘀 血 の 存 在 が 示 唆 さ れ た 。 神 経 筋 疾 患 は 瘀 血 が か ら こ と が 多 い が 、瘀 血 だ け で な く 陰 血 不 足 も 認 め ら れ る ケ ー ス が ほ と ん ど だ 。 そ の た め ま ず 陰 血 不 足瘀 血 の 方 剤 で あ る 疎 経 活 血 湯 を 採 用 し た 。 ま た 本 例 で は 肝 鬱熱 産 生 の 亢 進 も認 め る た め 大 柴 胡 湯 も 採 用 。 現 代 社 会 は ス ト レ ス が 多 く 肝 鬱 に な り や す い 。 肝 鬱 で は 、気 の 流 れ が 停 滞 す る た め 、血 流 も 停 滞 し 瘀 血 が 産 生 さ れ や す い 。 ま た 三 焦 の 流 れ も 鬱 滞 す る た め 痰 飲 も 形 成 さ れ や す い 。 大 柴 胡 湯 に 含 ま れ る 半 夏 は 痰 飲 を 化 痰 す る た め 、神 経 へ の 圧 迫 を 解 除 す る 。 柴 胡 は 体 や 腕 の 外 側 に 有 効 だ ~

ス ト レ ス 社 会 で は 交 感 神 経 が 緊 張 し て い る た め 、瘀 血 や 痰 飲 が 潜 在 し て い る こ と が 多 い の だ 。 こ の よ う な 状 況 で は 体 内 の 多 少の 歪 で も 症 状 と な っ て 顕 在 化 し て く る こ と が 考 え ら れ る 。 逆 説 的 に は 気 ・ 血 ・ 水 が 整 う と 、 病 は 容 易 に 改 善 す る こ と も 多 い の だ 。


      頸 椎 MRI








にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード