無 汗 症 と 痒 み


003013





006010





011015






特 発 性 後 天 性 全 身 性 無 汗 症 と い う 病 気 が あ る 。 20 ~ 40 代 に 発 症 し 広 範 囲 に 無 汗 (発 汗 低 下) を 呈 す る 原 因 不 明 の 疾 患 で あ る 。 こ の 疾 患 の サ ブ タ イ プ に 特 発 性 純 粋 発 汗 不 全 IPSF ) が あ る 。 若 年 者 に 急 性 発 症 し 、 コ リ ン 蕁 麻 疹 を 伴 い 、 ス テ ロ イ ド が 奏 功 ( 無 効 の 場 合 も あ る ) す る 疾 患 で あ る 。 は て 、そ う す る と 減 ( 無 ) 発 汗 性 の コ リ ン 性 蕁 麻 疹 と の 異 同 が 問 題 と な る の で は な い か 。

コ リ ン 性 蕁 麻 疹 は 大 き く 2 型 に 分 け ら れ る 。 1 つ 目 は 、 汗 に 対 し 過 敏 性 を 有 す る も の で 、汗 の 多 い 夏 季 に 症 状 が 出 現 す る タ イ プ で 、欧 米 に 多 く 認 め ら れ る 。 も う 一 つ は 、発 汗 が 低 下 す る 冬 季 に 症 状 が 出 現 す る タ イ プ で 、 汗 が 出 る よ う に な る 夏 に 症 状 の 寛 解 が み ら れ る も の で 、日 本 を 含 む ア ジ ア 圏 に 多 く 認 め ら れ る 。 こ の タ イ プ で は 、運 動 や 入 浴 な ど に よ り 体 内 の 熱 産 生 が 亢 進 し て も 、体 内 の 過 剰 な 熱 が 汗 と と も に 発 散 で き な い た め 、鬱 熱 が 生 じ る 。

本 邦 に 多 い こ の タ イ プ の コ リ ン 性 蕁 麻 疹減 汗 性 ) と 、特 発 性 後 天 性 無 汗 症 は 、著 者 に は 同 一 疾 患 に 思 え て な ら な い 。 両 疾 患 と も 川 上 に 存 在 す る の は 、 汗 を 発 す る こ と が で き な い と い う 病 理 で あ り 、 汗 を 発 す る こ と が 出 来 な け れ ば 、熱 が 肌 表 に 鬱 積 す る 。 そ し て  と  が 結 合 し 湿 熱 が 形 成 さ れ る 。 疼 痛 や か ゆ み や じ ん ま 疹 や ひ ど い 熱 感 や 日 射 病 の よ う な 症 状 を 呈 す る 。 汗 腺 の ア セ チ ル コ リ ン 受 容 体 の 機 能 障 害 に 起 因 す る よ う だ 。

30 代 女 性 。 2 年 前 の 春 先 よ り 軽 い 運 動 や 入 浴 な ど で 体 が 温 ま ると 痒 み が 出 現 す る よ う に な っ た が 、苦 痛 で な い た め 放 置 。 し か し 徐 々 に 症 状 が 悪 化 し 、10 分 ぐ ら い 歩 い て も 痒 み が 出 現 す る た め 漢 方 治 療 を 希 望 し 受 診 。 汗 は 昨 年 か ら 少 な い こ と に も 気 づ い て い た が 、今 年 に な っ て ま っ た く 出 な い 。 食 欲 ・ 便 通 良 好 。 睡 眠 も よ い 。 月 経 は 28 日 周 期 で 順 調 で 疼 痛 な し 。 口 渇 は な い が 冷 飲 を 好 む 。 温 か い と こ ろ で 温 か い も の を 飲 ん で も 、 痒 み が 出 現 す る 。 床 で 温 ま る と 痒 み が 出 現 し 覚 醒 す る が 、 寝 汗 は か か な い 。

脈 は 62 で 細 滑 。 舌 は 淡 江 で 薄 白 苔 (+) 、軽 い 歯 痕 を 認 め る 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 な し 。 腹 力 4/5 、右 季 肋 部 に 抵 抗 と 圧 痛 を 認 め る 。 動 悸 は 触 れ な い 。 減 汗 性 の コ リ ン 性 蕁 麻 疹 に 類 似 す る が 、発 疹 ( 蕁 麻 疹 ) が 認 め ら れ な い の で 、 白 虎 加 人 参 湯麻 杏 薏 甘 湯 を 投 与 。 2 週 間 後 、服 薬 1 週 間 で 改 善 し て き た が 、30 分 ぐ ら い 歩 く と 痒 み が 出 現 す る 。 汗 は 相 変 わ ら ず 出 な い 。 コ リ ン 性 蕁 麻 疹 に 倣 い 、 白 虎 加 人 参 湯 + 越 婢 加 朮 湯 に 変 更 し 処 方 す る 。 2 週 間 後 、3 日 し て 汗 が で る よ う に な っ た 。 痒 み も ま っ た く な く な っ た 。



にほんブログ村

テーマ:無汗症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コ リ ン 性 じ ん ま 疹 の 漢 方 治 療


jjjddd






コ リ ン 性 じ ん ま 疹 と は 入 浴 や 運 動 な ど、 熱 が 産 生 さ れ る 状 況 で 発 症 す る 。 小 さ な 点 状 の 発 疹 が 一 面 に 出 現 し、 痒 み だ け で な く 痛 み を 伴 う こ と も あ り 、 日 常 生 活 が 著 し く 制 約 さ れ る 。 難 治 性 の た め か 2ch ま で 開 設 さ れ て い る 。 難 治 性 と 言 っ て も 医 学 は 進 歩 し て い る 。 最 近 、難 治 性 蕁 麻 疹 に レ セ ル ピ ン が 投 与 さ れ、 著 効 例 も 報 告 さ れ て い る 。 こ れ か ら お 話 す る 症 例 も そ の よ う な 方 だ 。

30 代 女 性 。 長 年 コ リ ン 性 蕁 麻 疹 に 悩 ま さ れ て い た が、 皮 膚 科 でレ セ ル ピ ン、 H 1 ブ ロ ッ カ ー、 H 2 ブ ロ ッ カ ー、 抗 ア レ ル ギ ー 薬 を 処 方 さ れ て か ら、 症 状 が 全 く 出 現 し な く な っ た 。 し か し 妊 娠 を 機 に 薬 を 中 止 し た と こ ろ 再 発 。 無 事 出 産 後 も 授 乳 の た め 西 洋 薬 を 服 用 せ ず に い た と こ ろ、 温 熱 時 に 出 現 し て い た 蕁 麻 疹 が、 最 近 に な り 悪 化 し、 日 常 生 活 に 支 障 を き た す よ う に な っ た た め 受 診 し た 。

運 動 や 入 浴 や 辛 味 を 食 して 体 が 熱 く 感 じ た り 、精 神 的 ス ト レ ス な ど で、 数 ミ リ 程 の 小 さ な 蕁 麻 疹 が 出 現 し 顔 を 除 く 全 身 に 広 が り 激 し い 痒 み を 伴 う 。 両 目 の 周 り も 脹 れ 上 が り 開 眼 で き な く な る 。 冬 に 症 状 が 出 現 し、 夏 に な る と 楽 に な る 。 蕁 麻 疹 は 1 時 間 程 で 消 失 す る が、目 の 周 り の 腫 れ は 2 , 3 日 も 続 く 。 元 々 は 汗 か き で あ っ た が、 最 近 は 汗 を か か な く な っ た 。 汗 が 出 な い よ う に な っ て か ら 症 状 が ひ ど く な っ た 。 2 月 に 入 り 多 少 の 温 度 変 化 で も 出 る よ う に な っ た 。

食 欲 良 好 。 便 秘 気 味 。 暑 が り で 口 が 渇 き 冷 飲 を 好 む 。 床 で 足 が ほ て る 。 脈 は 84 で 滑 有 力、 尺 脈 弱 。 舌 は 偏 紅 で 紅 点 が 目 立 つ 。 白 苔 に 被 わ れ、 多 少 化 燥 化 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 は な い 。 授 乳 中 の お 子 さ ん を 同 伴 の た め 腹 診 は 実 施 せ ず 。 肌 は 正 常 で 乾 燥 な し 。

越 婢 加 朮 湯 5 g + 白 虎 加 人 参 湯 6 g を 投 与 。 2 週 間 後 、目 の 腫 脹 の 頻 度 が 減 っ た 。 風 呂 も 短 時 間 な ら 蕁 麻 疹 は 出 な い 。 口 の 渇 き も 減 少 。 ま だ 運 動 は 控 え て い る 。 便 通 は よ い 。 そ の 後 、漢 方 薬 を 1 日 3 回 に 増 量 し 、入 浴 前 に 黄 連 解 毒 湯 を 1 包 服 用 。 目 の 腫 脹 は 軽 く な り 、 以 前 全 身 に 出 て い た 蕁 麻 疹 も 腕 以 外 は 出 な く な っ た 。 し か し 今 の と こ ろ 、ま だ 発 汗 は 認 め ら れ て い な い 。 経 過 観 察 中 ~

コ リ ン 性 蕁 麻 疹 の 原 因 は 不 明 だ が 、本 邦 に 多 い と さ れ る 減 汗 性 蕁 麻 疹 の 場 合 は、 汗 腺 の ア セ チ ル コ リ ン 受 容 体 の 機 能 不 全 に よ る も の と 考 え ら れ て い る 。 汗 腺 の 働 き は、 交 感 神 経 の 節 後 神 経 線 維 末 端 か ら 放 出 さ れ る ア セ チ ル コ リ ン が、 汗 腺 の 受 容 体 に 作 用 す る こ と で 発 汗 が 促 進 さ れ る 。 汗 腺 の 受 容 体 が 何 ら か の 理 由 で ア セ チ ル コ リ ン を 受 け つ け な く な る と、 ア セ チ ル コ リ ン は 汗 腺 周 囲 に 存 在 す る 肥 満 細 胞 に 作 用 し、ヒ ス タ ミ ン を 放 出 さ せ ア レ ル ギ ー 反 応 ( 蕁 麻 疹 ・ 痒 み ) を 発 症 さ せ る も の と 推 定 さ れ て い る 。

汗 が 排 泄 さ れ な け れ ば、 汗 腺 の 周 囲 に 熱 が 蓄 積 さ れ る 。 そ し て 発 汗 さ れ る べ き 汗 と 熱 が 結 合 し、 湿 熱 が 形 成 さ れ る 。 汗 孔 が 閉 塞 し、 汗 管 内 に 汗 が 鬱 滞 し 発 症 す る 汗 疹 ( あ せ も ) と は、 病 因 が ま っ た く 異 な る が、 出 来 上 が っ た 病 像 に は 類 似 性 が 認 め ら れ る 。

皮 膚 に 湿 熱 が 鬱 滞 し て い る こ と で あ る 。 皮 膚 の 湿 熱 に は 白 虎 加 人 参 湯 + 越 脾 加 朮 湯 が 有 効 で あ る 。 本 例 に も 汗 疹 の 治 療 薬 が 奏 効 し た こ と は 意 味 深 い 。 余 談 で あ る が 著 者 は 越 婢 加 朮 湯 と 白 虎 加 人 参 湯 で、 著 効 が 得 ら れ た 線 維 筋 痛 症 を 報 告 し て い る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード