養 腎 降 濁 湯 で 悪 化 し た 腎 不 全 に 人 参 養 栄 湯 と 茵 蔯 五 苓 散


新雪のさざ波寄せる銀閣寺落雪のこだまがかえる東山














治 ら な い か ら ス テ ロ イ ド を 塗 り 続 け る の か 、ス テ ロ イ ド を 塗 り 続 け る か ら 治 ら な い の か? 当 院 に は あ ち こ ち の 医 療 機 関 で よ く な ら な か っ た 方 の 受 診 が 多 い 。 ス テ ロ イ ド を 医 師 の 指 示 通 り 使 用 し て い る の に だ 。 こ の よ う な 現 実 の な か に い る と 、ス テ ロ イ ド だ け で は ア ト ピ ー は 治 ら な い よ う に 感 じ て し ま う 。 い や 、こ れ は 確 信 に 近 い も の で あ る 。

20 年 以 上 前 か ら の 思 い で あ る 。 当 時 は 今 と は 比 べ に な ら な い ほ ど 、著 者 の 医 院 に は 多 く の 患 者 が 訪 れ た 。 地 元 の T V で も 紹 介 さ れ た 。そ の 経 験 か ら 述 べ る と 、ド ン ド ン 良 く な っ て 行 く 方 は 、改 善 し 始 め る と ス テ ロ イ ド の 使 用 範 囲 を 狭 め 、サ ッ サ と 自 分 か ら 中 止 し て し ま う 。

成 人 男 性 。 小 児 期 に タ ン パ ク 尿 を 指 摘 さ れ て い た 。 数 年 前 、意 識 障 害 が 出 現 し た た め 救 急 搬 送 。 腎 不 全 に よ る 高 血 圧 性 脳 症 と 診 断 さ れ 、そ れ 以 後 定 期 的 に 透 析 を 受 け る こ と に な っ た 。 3 カ 月 前 か ら 倦 怠 感 の た め 漢 方 専 門 病 院 で 漢 方 治 療 を 開 始 。 し か し 食 欲 が 低 下 し 却 っ て 倦 怠 感 も 増 強 し た た め 当 方 受 診 。 降 圧 剤 と 利 尿 剤 を 服 用 中 。

や や 痩 せ 型 。 血 圧 は 普 段 160 か ら 170 前 後 。 脈 は 80 滑 、 左 は 浮 滑 大 、尺 脈 弱 。 舌 は 偏 紅 、白 滑 苔 満 布 、舌 下静 脈 の 怒 張 は な い 。 腹 診 で 両 側 腹 直 筋 の 緊 張 が つ よ い 。 動 悸 は 触 れ な い 。 臍 下 不 仁 も な い 。 食 欲 は 漢 方 薬 を 服 用 し て か ら あ ま り よ く な い 。 便 通 は 普 通 。 睡 眠 は よ い 。 起 床 が つ ら い 。 1 日 中 頭 が ボ ー ッ と し て 眠 た い 感 じ だ 。 イ ラ イラ は な い 。 冷 え 性 で も 暑 が り で も な い 。 尿 は 1 日 1 回 ぐ ら い 出 て い た が 、こ の 頃 ほ と ん ど 出 な い 。 赤 血 球 299 万 、Hb 8.5 と 貧 血 が つ よ い 。

腎 不 全 に よ る 気 陰 両 虚 の た め 、赤 血 球 の 産 生 能 が 低 下 し 、腎 か ら 膀 胱 へ の 三 焦 水 道 が ほ と ん ど 機 能 し な く な っ て い る 。 人 参 養 栄 湯 と 茵 蔯 五 苓 散 を 投 与 。 2 週 間 後 、頭 の ボ ー ッ と し た 感 じ な く な っ た が 倦 怠 感 は ま だ あ る 。 尿 は 1 回 は 出 る よ う に な っ た 。 食 欲 も 正 常 に 戻 っ た 。 貧 血 を タ ー ゲ ッ ト に 人 参 養 栄 湯 を 加 味 帰 脾 湯 へ 。 薬 が 飲 み に く い 。 血 圧 が ま だ 高 い 。 人 参 養 栄 湯 に 戻 し オ ウ ギ 末 2 g を 加 え る 。

5 週 間 後 、 血 圧 が 110 前 後 に 下 が っ た 。 と き ど き 立 ち く ら み が す る 。 降 圧 剤 を 相 談 す る よ う 指 示 。 以 前 に 比 べ 浮 腫 ま な く な っ た 。 初 診 時 と 比 べ る と 顔 色 と 体 調 が 非 常 に よ く な っ た 。 赤 血 球 380 万 ( 初 診 時 288 万 )、Hb 11.3 g (8.5) と 貧 血 の 改 善 が 著 し い 。 同 じ 薬 を 継 続 中 。

腎 不 全 で は 赤 血 球 の 産 生 を 刺 激 す る ホ ル モ ン で あ る エ リ ス ロ ポ エ チ ン が 腎 臓 で 造 ら れ な く な る た め 貧 血 が 生 じ る 。 人 参 養 栄 湯骨 髄 で 赤 血 球 の 産 生 が 障 害 さ れ る よ う な 病 態 に 有 効 な の で は な か ろ う か 。 2 診 で 精 神 的 不 安 感 を 感 じ た た め 、人 参 養 栄 湯 を 加 味 帰 脾 湯 に 代 え た が 迂 闊 で あ っ た 。 加 味 帰 脾 湯 は 骨 髄 の 造 血 機 能 が 障 害 さ れ て い る 場 合 に は 無 効 と 考 え る 。 血 管 内 の 炎 症 や ア レ ル ギ ー が か ら む 病 態 が 適 応 で は な か ろ う か 。 茵 蔯 五 苓 散 は 本 人 の 尿 を 出 し た い と い う 希 望 で 処 方 し た が 、腎 不 全 に 対 す る 効 果 は 今 後 の 課 題 だ 。

腎 不 全 に オ ウ ギ が 有 効 と 伝 承 さ れ て い る た め 、オ ウ ギ 末 も 用 い た 。 前 医 の 処 方 は 養 腎 降 濁 湯 。 本 剤 は 虚 し て い る 者 に は 不 適 で あ る 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード