苓 桂 朮 甘 湯 ・ 苓 桂 甘 棗 湯 ・ 苓 桂 味 甘 湯 の 違 い に つ い て


十条駅, silent night有楽町駅前 







邪 気 が 上 れ ば ( 上 攻 )、 め ま い や 耳 鳴 り や 頭 痛 や 動 悸 な ど が 生 じ る 。 し ば し ば 苓 桂 剤 の 適 用 と な る 。 苓 桂 剤 の 主 薬 は 桂 枝 ( 皮 ) で あ る 。 桂 枝 に は 正 気 を 上 に 運 ぶ 作 用 が あ る 。 正 気 が 上 達 す れ ば、 邪 気 は 駆 逐 さ れ る わ け で、 自 然 と 症 状 は 消 失 す る 。 苓 桂 剤 の 代 表 が 苓 桂 朮 甘 湯 で あ る 。 邪 気 は 水 で あ る た め、 茯 苓 と 朮 で 水 を さ ば く 。 奔 豚 で 用 い ら れ る 苓 桂 甘 棗 湯苓 桂 味 甘 湯奔 豚 湯 は、 苓 桂 朮 甘 湯 の 派 生 方 剤 と 考 え ら れ る 。

苓 桂 甘 棗 湯 を 投 与 す る 病 態 は、 胃 陰 が 不 足 し た た め、 胃 気 を 収 斂 す る こ と が で き な く な り、 邪 気 が 上 衝 ( 上 昇 し て 臓 腑 に 衝 突 ) す る 。 そ こ で 苓 桂 朮 甘 湯 の 朮 を 除 き、 大 棗 を 加 え る 。 苓 桂 味 甘 湯 は の 収 斂 作 用 が 低 下 し た た め 腎 気 が 上 衝 す る 。 そ の で 朮 を 五 味 子 に 代 え て い る 。 肘 後 方 奔 豚 湯 は 胃 が 冷 え て ( 胃 寒 )、 胃 気 が 上 衝 す る 呉 茱 萸 湯 に 病 態 は 似 る が、 胃 に 水 が 多 く 存 在 し て い る た め、 呉 茱 萸 湯 か ら 大 棗 を 除 き、 苓 桂 朮 甘 湯 か ら 朮 と 茯 苓 を 除 き、 よ り 強 力 に 水 を さ ば く こ と が で き る 半 夏 を 加 え、 二 剤 を 合 方 し て い る の だ 。

気 血 が 脳 を 滋 養 で き な く て も、 頭 痛 や 眩 暈 は 発 症 す る 。 不 通 則 痛 。 こ の 場 合 は 以 前 ブ ロ グ で 紹 介 し た 補 中 益 気 湯 加 味 方 が 奏 功 す る 。 い ま ま で 述 べ た 方 剤 は、 体 力 が 低 下 し て い る 場 合 に 使 用 さ れ る 。 で は 体 力 が 充 実 し エ ネ ル ギ ー 代 謝 が 亢 進 し、邪 気 ( 熱 ・ 火 ) が 生 じ て い る 場 合 は ど う す る の か?

70 代 の 肥 満 体 型 の 男 性 。 数 年 前 か ら 耳 鳴 り が 出 現 。 静 か な 夜 に 感 じ る こ と が 多 か っ た が、 半 年 前 か ら は 日 中 も 感 じ る よ う に な り 気 に な っ て き た 。 耳 鼻 科 で 年 の せ い と 言 わ れ 投 薬 を 受 け た が 改 善 し な い 。 食 欲 良 好 。 便 秘 で 下 剤 を 服 用 し て い る が、 便 が 残 っ て い る 感 じ が す る 。 寝 つ き が 悪 く 眠 剤 を 使 用 し て い る 。 肩 こ り が ひ ど く、 降 圧 剤 も 服 用 中 。 イ ラ イ ラ し や す い 。 暑 が り で 汗 か き 。 脈 は 80 滑 弦 で 有 力 。 舌 は 暗 紅 で 胖 大、 白 苔 満 布 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 な し 。 腹 診 で は 心 下 が 張 り 胸 脇 苦 満 が 強 い 。 腹 力 充 実 。 大 柴 胡 湯三 黄 瀉 心 湯 を 投 与 。

1 ヶ 月 後、 2 週 間 位 し て 耳 鳴 り が 消 失 し、 肩 も 軽 く な っ た 。 便 も 多 少 下 痢 気 味 だ が ス ッ キ リ 出 る 。 眠 り も 良 く な り イ ラ イ ラ も し な く な っ た 。 話 し て い な か っ た が、 以 前 心 房 細 動 で 頻 脈 が 出 現 す る た め ア ブ レ ー シ ョ ン を 受 け た が、 か え っ て 頻 脈 の 頻 度 が 増 え る よ う に な っ た 。 こ れ が 出 現 し な く な り、 不 安 が 改 善 し た 、と 。 同 じ く す り を 希 望 し た 。

本 例 は 肝 鬱 の た め 体 内 に 火 が 産 生 さ れ 炎 上 し た た め、 上 部 に あ る 臓 腑 が 火 邪 に よ り 脅 か さ れ、 耳 鳴 り や 肩 こ り や 動 悸 が 発 症 し た 。 西 洋 医 学 的 に は 交 感 神 経 の 機 能 が 亢 進 し、 熱 産 生 が 活 発 に な っ た 結 果 で あ る 。 大 柴 胡 湯 は 疏 肝 解 鬱 ・ 清 熱 す る が、 本 例 で は 火 ( 熱 ) が 強 力 で あ っ た た め、 三 黄 瀉 心 湯 で 清 熱 瀉 火 を 強 め る 必 要 が あ っ た 。 今 後、 熱 産 生 の た め に 消 耗 し た 肝 ・ 腎 の 陰 血 を 補 う 必 要 が あ ろ う 。 七 物 降 下 湯 に 六 味 丸 や 滋 陰 降 火 湯 等 の 合 方 が 考 え ら れ る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード