お 守 り は 甘 麦 大 棗 湯 (^-^)/


恋が成就する?今戸神社のお守り (浅草)リッチになれる?伏見稲荷の福銭










安 倍 総 理 ト ラ ン プ 大 統 領 と 蜜 月 の 関 係 へ 。 こ れ に は イ ヴ ァ ン カ の 父 へ の 後 押 し が あ っ た と も 。 祖 父 岸 信 介 総 理 が 安 保 条 約 を 難 産 の 末 成 立 さ せ た こ と が 川 上 に あ る の だ ろ う が 。 安 倍 総 理 の 父 安 倍 晋 太 郎 氏 は 陸 奥 国 ( 岩 手 ) の 俘 囚 の 長、 安 倍 頼 時 の 子 安 倍 宗 任 の 末 裔 に あ た る 。 宗 任 の 兄 が 安 倍 貞 任 で あ る 。 安 倍 総 理 に は 親 密 感 を 感 じ る 。

パ ニ ッ ク 発 作 が 急 増 中 。 突 然 、何 の 前 触 れ も な く 、 言 い 知 れ ぬ 不 安 な 感 覚 に 襲 わ れ た ら 、 ど う な る で あ ろ う か 。 頭 が 混 乱 ( 錯 乱 ) し、 恐 怖 の 虜 と な る で あ ろ う 。 こ れ が パ ニ ッ ク 発 作 で あ る 。 現 実 を 冷 静 に 判 断 す る こ と が 不 可 能 と な る た め 、 恐 怖 が 恐 怖 を 生 む よ う な 状 況 に 陥 る 。 現 実 ( リ ア ル ) に は 恐 怖 の 対 象 は 存 在 し な い の だ が、 大 脳 が 存 在 し な い 恐 怖 を 勝 手 に 認 識 ( 想 像 ) す る た め 生 じ る 。 異 常 な 感 覚 体 験 で あ る が 救 急 外 来 で は 日 常 的 な 疾 患 で あ る 。

パ ニ ッ ク 発 作 を 体 験 す る と 、気 が 狂 っ た の で は な い か と 苦 悩 す る 。 次 に 発 作 が 起 こ っ た ら、 自 制 す る こ と が で き ず、 無 意 識 の 内 に 自 分 や 他 人 を 傷 つ け た り す る の で は な い か と の 不 安 も 懐 く よ う だ 。 こ の た め 引 き こ も り が ち と な り、 孤 立 感 を 深 め て い く た め、 感 覚 が 鋭 敏 と な り 発 作 の 閾 値 が 低 下 す る 。 自 ら 発 作 が 起 き や す い 状 況 を つ く っ て し ま う 。

恐 怖 や 不 安 な ど は 今 ま で に 何 度 も 経 験 し て 来 た こ と で あ る 。 赤 ち ゃん は 見 知 ら ぬ 人 を み る と 泣 き 叫 ぶ 。 幼 い こ ろ 夜 中 の ト イ レ や 鎮 守 の 森 や 墓 地 は 怖 か っ た 。 走 っ て 逃 げ 帰 っ た で は な い か 。 ヒ ト は 状 況 を 正 確 に 把 握 で き な い と、 本 能 的 に 危 険 ( 恐 怖 ) を 感 じ る 。 ヒ ト が 大 勢 い て も 知 ら な い 人 び と で あ れ ば、 緊 張 ・圧 迫 感 が 異 常 に 高 ま り、 不 安 や 恐 怖 を 感 じ る こ と す ら あ る ( 広 場 恐 怖 症 ) 。

突 然 湧 き 上 が る 死 を 意 識 す る よ う な 恐 怖 感 を 抑 え 込 む こ と は た や す い こ と で は な い 。 恐 怖 感 は 大 脳 辺 縁 系 ( 扁 桃 体 ) を 介 し た 刺 激 が、 正 常 ( 現 実 ) の 認 識 ( 意 識 ) を 凌 駕 し て し ま う か ら で あ る 。 意 識 を 扁 桃 体 か ら や っ て 来 る 刺 激 に 集 中 し て い る と、 恐 怖 を 感 じ る 神 経 経 路 が 形 成 さ れ て し ま う ( 脳 の 可 塑 性 ) 。 こ れ を 防 ぐ に は 偽 り の 刺 激 に 意 識 を 振 り 向 け ず、よ そ に 向 け て、 嵐 の 過 ぎ 去 る ま で 耐 え る こ と だ 。

不 安 神 経 症 の 方 は 安 定 剤 を 持 っ て 歩 く だ け で 大 分 違 う よ う だ 。 し か し 耐 え る こ と な く 頻 繁 に 安 定 剤 を 服 用 し て い る と、 扁 桃 体 か ら の 刺 激 に 対 す る 域 値 が 低 下 し、 却 っ て 発 作 が 頻 繁 に な る 危 険 を 潜 む 。 そ れ な ら 漢 方 で あ る ま い か 。 甘 麦 大 棗 湯 を お 守 り 代 わ り に し て は ど う か 。 浅 田 宗 伯 は 甘 麦 大 棗 湯 に つ い て 「 客 忤 ( き ゃ く ご ) は 大 抵 此 の 方 に て 治 す る な り 」 と 述 べ て い る 。 涙 を 浮 か べ た り 嗚 咽 し た り 幼 児 性 を 感 じ る 場 合、 著 効 す る よ う 感 じ て い る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

夕 焼 け 症 候 群 に 甘 麦 大 棗 湯


N H K ド ラ マ 

   恋 の 三 陸 列 車 コ ン で 行 こ う

211214





216123







東 ( あ ず ま ) こ と ば は、 京 都 人 に は 怖 く 感 じ ら れ る と い う 。 英 語 は 文 頭 の 動 詞 で do ( 肯定 ) か don't ( 否 定 ) か、 初 め か ら は っ き り と 自 分 の 意 志 を 表 す。 形 容 詞 で も unhappy の よ う にワ ー ド の 頭 で は っ き り と 感 情 を 表 明 す る 。 欧 米 で は 自 分 の 意 志 を  は っ き り 表 現 す こ と が、 自 分の identy を 確 立 す る 上 で 極 め て 重 要 で あ る 。

京 こ と ば か ら み る と 東 こ と ば は、明 確 な 表 現 文 体 で あ る 。 京 都 で は 語 尾 を な が ~ く の ば す 。 「 お おき に ~ 」 の よ う に 。 こ れ は 相 手 の 反 応 を 見 な が ら、 抑 揚 を 変 化 さ せ て い く 。 の ば し た 言 葉 の 中 に こ そ、 真 実 の こ こ ろ が 隠 さ れ て い る の だ 。 こ れ は 歴 史 に 培 わ れ た 京 都 人 ( 庶 民 ) の、 お 上 へ の さ さや か な 抵 抗 の 産 物 な の か 。で も、 京 都 人 は 猜 疑 的 で い じ わ る 。 こ れ が 余 所 者 の 評 価 だ 。

甘 麦 大 棗 湯 は パ ニ ッ ク 発 作 に 即 効 す る 。 ま た 認 知 症 の 認 知 機 能 を 改 善 さ せ る 。 周 辺 症 状 が あ れ ば 抑 肝 散 と の 併 用 に な る が、 安 定 す れ ば甘 麦 大 棗 湯 だ け で よ い 。 さ ら に は 月 経 前 症 候 群不 安 発 作 や 感 情 失 禁 や ア ト ピー 性 皮 膚 炎 etc. に も 奏 功 す る 。 精 神 的 な 失 調 が み ら れ る 場 合 に、 考 慮 され る べ き 方 剤 で あ る 。 小 児 の 夜 泣 き や 疳 の 虫 に も、 抑 肝 散 と と も に 頻 用 処 方 で あ る 。

独 居 の 後 期 高 齢 者 の 女 性 。 夕 方 に な る と 胸 部 が 圧 迫 さ れ る よ う な 不 快 感 が 出 現 し、 頻 繁 に ニ ト ロを 服 用 す る よ う に な っ た 。 胸 部 写 真 や 心 電 図 や ホ ル タ ー で も、 さ し た る 異 常 は 認 め ら れ な い 。 日 中 は 食 欲 も よ く 胸 痛 は 起 き な い 。 夕 焼 け 症 候 群 と 考 え 甘 麦 大 棗 湯 を 投 与 。 急 速 に 症 状 は 終 息 し て 行 っ た 。 寂 し さ が 原 因 か ~ 夕 暮 れ は ( 活 動 ) と ( 休 息 ) の 端 境 期 で あ る 。 陰 陽 の 転 換 が 失 調 す る と、 精 神 的 バ ラ ン ス が 崩 れ、 種 々 の 体 調 不 良 が 生 じ る 。

高 齢 に な る と 骨 や 筋 肉 が 弱 く な る よ う に、 体 の 構 成 成 分 ( 陰 ) が 不 足 す る よ う に な る 。 心 陰 が 不 足 す る と 神 不 守 舎 と な り 精 神 状 態 が 不 安 定 と な り、 悲 し み 不 安 が 襲 い パ ニ ッ ク が 生 じ る 。 甘 麦 大 棗 湯 の 小 麦 に 含 まれ る オ ク タ コ サ ノ ー ル が 不 安 を 解 消 す る 。



にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

パ ニ ッ ク 障 害 に 四 逆 散 合 半 夏 厚 朴 湯



敦盛草(あつもり草)(岩手県住田町)カタクリ(岩手県平庭高原)





       青 葉

20 代 女 性 。 数 年 前 か ら 起 床 が つ ら く 気 分 が 落 ち 込 む よ う に な っ た 。 そ れ で も 午 後 に な る と 気 分 は 大 分 楽 に な っ て い た 。 神 経 を 使 う 方 で 多 少 の こ と で も 気 に な り 、不 安 に な り や す い 。 3 か 月 前、 通 勤 電 車 で 動 悸 が 出 現 し 呼 吸 が 苦 し く な っ た 。 途 中 下 車 し 症 状 は 治 ま っ た が、 そ れ 以 来 通 勤 電 車 内 で は 非 常 に 緊 張 す る よ う に な り、 不 安 感 に 襲 わ れ る よ う に な っ た 。 呼 吸 が 苦 し く 過 呼 吸 も し ば し ば 出 現 す る よ う に な っ た た め 近 医 受 診 。 パ ニ ッ ク 障 害 と 診 断 さ れ 安 定 剤 を 投 与 さ れ た が、 ほ と ん ど 効 果 が み ら れ ず、 不 安 感 が 頭 か ら 離 れ な く な っ た 。

脈 は 66 滑 。 舌 は 淡 紅 で 白 苔 に 被 わ れ 潤、 歯 痕 あ り 。 腹 直 筋 が 緊 張 し て い る 。 パ ニ ッ ク が 起 き る の で は な い か と 心 配 で 遠 く に 外 出 で き な い 。 食 欲 は あ る が お 腹 が 張 っ て ガ ス が 多 い 。 寝 つ き が 悪 く、 起 床 も つ ら い 。 午 前 中 は と く に 体 が だ る い 。 手 足 が 冷 え る 。 緊 張 す る と 汗 が 多 い 。 肝 鬱 で 痰 飲 が 多 い た め、 四 逆 散 + 半 夏 厚 朴 湯 を 投 与 。 2 週 間 後 。 緊 張 感 が 大 分 と れ、 不 安 感 も 消 失 し て き た 。 お 腹 も 軽 く な り ス ッ キ リ し て き た 。 4 週 後 に は 遠 出 も で き る よ う に な っ て き た 。

著 者 は 5 年 前 パ ニ ッ ク 障 害 に 本 例 と 同 じ 四 逆 散 合 半 夏 厚 朴 湯 を 投 与 し 著 効 し た 症 例 を 報 告 し た 。 四 逆 散 は 肝 鬱 の た め 自 律 神 経 が 異 常 に 緊 張 し て い る 状 態 に 有 効 だ 。 交 感 神 経 が 緊 張 す る と 末 梢 の 血 管 が 収 縮 す る た め 手 足 が 冷 え る 。 し か し 発 汗 は 交 感 神 経 支 配 で あ る た め 汗 が 増 加 す る 。 と く に 手 掌 や 足 裏 や 腋 窩 の 発 汗 ( 精 神 性 発 汗 ) は 直 接 ノ ル ア ド レ ナ リ ン ( α-1 ) に 支 配 さ れ て い る た め、 緊 張 時 に は 手 掌 や 足 底 に 異 常 な 発 汗 が み ら れ る 。 で も こ の 発 汗 は 合 目 的 で あ る 。 原 始 時 代 に 戦 う た め の 武 器 が 手 か ら 落 ち な い よ う に す る た め で、 血 管 や 筋 肉 が 収 縮 す る の は 出 血 を 止 め る た め な の だ 。

ス ト レ ス で 気 が 鬱 滞 す る と、 水 の 流 れ も 鬱 滞 す る た め 膈 ‐ 心 下 に 痰 飲 が 産 生 さ れ 停 滞 し、 正 気 の 昇 降 が 乱 さ れ る よ う に な る 。 正 気 が 邪 気 と 化 し “ 心 ” に 衝 撃 を あ た え る と、 パ ニ ッ ク 障 害 が 発 症 す る 。 痰 飲 を 排 除 し、 邪 気 の 上 逆 を 降 ろ す た め、 半 夏 厚 朴 湯 を 投 与 す る 。

涙 を 浮 か べ 甘 え ( 幼 児 性 ) が み ら れ る パ ニ ッ ク は 甘 麦 大 棗 湯 だ 。 著 者 は 甘 麦 大 棗 湯 の 薬 効 は、 小 麦 胚 芽 に 含 ま れ る フ ェ ル ラ 散オ ク タ コ サ ノ ー ル な ど に 由 来 す る 可 能 性 を 初 め て 報 告 し た 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

パ ニ ッ ク は 「 蔵 躁 病 」



高雄病院敷地に現われた小ザル(やまぶどうを食す)秀吉の菩提を弔う「高台寺」に続く小道






日 本 初 戦 コ ー ト ジ ボ ア ー ル に 敗 戦 。 残 念 だ が 敗 戦 の 弁 で い つ も 気 に な る 発 言 が あ る 。 そ れ は 「 力 を 出 し 切 れ な っ か っ た 」 で あ る 。 力 を 出 し 切 れ な か っ た 、 と い う 表 現 は 期 待 さ れ な が ら 勝 て な っ た と き に よ く 聞 か れ る 表 現 で あ る 。 実 力 は あ っ た ん だ が 、 と い う 負 け 惜 し み
に 聞 こ え る 。 遠 慮 せ ず 力 を 出 し 切 れ ば い い で は な い か 。 そ れ が で き な い の は 相 手 が 一 枚 も 二 枚 も 上 か 、 自 分 た ち の 力 が 不 足 し て い る か ら だ 。 世 界 で は 言 い 訳 は 通 用 し な い 。 言 い 訳 は 甘 え な の だ か ら 。


甘 え は 幼 児 や 女 性 の 専 売 特 許 で あ る 。 大 の 男 が 甘 え る な ど 想 像 も で き な い 。 プ ラ イ バ シ ー で は 案 外 「 女 性 」 に 甘 え て い る の か も し れ な い 、が 。 で も 、甘 え て 他 人 に 依 存 し き っ て 自 主 性 を 失 っ て し ま う と 、し ま い に は 外 界 か ら の 刺 激 に ど う 対 処 し て よ い か 判 ら な く な る 。 そ の た め 脳 は 刺 激 に 対 し 過 度 に 緊 張 し 、稚 拙 に 反 応 す る よ う に な る 。

こ こ ろ の 甘 え ( 幼 児 性 ) に よ る 精 神 症 状 に は 甘 麦 大 棗 湯 で あ る 。 甘 麦 大 棗 湯 は 現 在、 パ ニ ッ ク 障 害、 不 安 障 害 、 う つ 病 、 マ ザ コ ン、 摂 食 障 害、 敏 性 腸 炎、 更 年 期 障 害、 PMS 、 不 眠 症、 小 児 て ん か ん、 疳 の 虫、 ア ト ピ ー性 皮 膚 炎、 疼 痛 性 疾 患 な ど 多 く の 疾 患 に 用 い ら れ て い る 。 甘 麦 大 棗 湯 は 婦 人 蔵 躁 の 薬 で 、原 典 は 『 金 匱 要 略 』 で あ る 。

条 文 に は 「 婦 人 の 蔵 躁 、し ば し ば 悲 傷 し 哭 せ ん と 欲 し 、か た ち 神 霊 の な す 所 の 如 く 、し ば し ば 欠 呻 す 。 甘 麦 大 棗 湯 こ れ を 主 る 」 と あ る 。 泣 き 悲 し ん で 神 が か り の よ う に な り し ば し ば あ く び が み ら れ る も の に 有 効 、と い う の で あ る 。 こ れ で は 蔵 躁 と い う も の が ど の よ う な 病 態 な の か は っ き り し な い 。 考 察 し て み よ う 。 蔵 躁 の 蔵 は ど こ の 臓 器 か 。

本 邦 で は 子 宮 を 表 し て い る と す る も の が 多 い 。 で は 躁 と は ど の よ う な 状 態 か と い え ば 、 あ わて さ わ ぐ さ ま を い う 。 一 方 、「 燥 と 通 じ 、 か わ く 」 と も あ る ( 字 通 ・ 平 凡 社 ) 。 蔵 が か わ い て い る ( 燥 ) と い う の だ 。 蔵 の 陰 血 が 不 足 し て い る と い う の で あ る 。 そ し て 症 状 が 神 が か り の よ う に 急 迫 し て い る 。 こ れ は 「 心 」 の 陰 血 が 不 足 し て い る 状 態 だ 。

蔵 躁 と は 心 陰 虚 に 起 因 す る の だ が 、火 ( 心 ) の 母 で あ る 木 ( 肝 ) の 陰 血 も 不 足 し て い る 心 肝 陰 虚 の 状 態 だ 。 そ れ な ら 四 物 湯 に 麦 門 冬 や 百 合 を 加 え れ ば よ い よ う に 思 わ れ る が 、 な ぜ だ か 甘 麦 大 棗 湯 を 用 い て い る 。 そ れ は 現 わ れ て い る 症 状 が 急 ( 激 し い ) で あ る た め 、甘 味 で あ る 甘 麦 大 棗 湯 を 投 与 し 、 心 の 母 で あ る 肝 を 急 ぎ 緩 め る 。

抑 肝 散 に 母 子 同 服 と い う 言 葉 が あ る 。 母 が 安 寧 す れ ば 自 然 と 子 も 安 定 す る 。 五 行 説 で も 、 現 実 の 母 子 関 係 で も 同 じ こ と が 言 え る 。 『 素 問 』 に 「 肝 苦 急 、急 食 甘 以 緩 之 」 と あ る 。 事 は 急 を 要 す る の だ 。 甘 麦 大 棗 湯 は 即 効 性 を 現 わ し 、か つ 根 治 も 期 待 で き る 名 方 で あ る 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード