過 食 症 や パ ニ ッ ク に 甘 麦 大 棗 湯















今年の干支「馬」の文字が






押 し て ダ メ な ら、 引 い て み な 」 。 こ れ は、日 本 の 医 療 機 関 の 薬 の 出 し 過 ぎ を、 著 者 が 皮 肉 を こ め て 述 べ た も の で あ る 。 と く に 精 神 科 領 域 で 顕 著 に 感 じ る 。 症 状 が 安 定 せ ず、 救 急 車 で 運 ば れ て く る 方 を 診 て い る と、 日 本 の 精 神 科 医 療 の 貧 弱 さ を 痛 感 す る 。 呂 れ つ も 回 ら な い ぐ ら い 多 数 の 薬 を 飲 ん で い る 。 そ の 医 療 機 関 に 問 い 合 わ せ て も 責 任 感 の な い 返 事 。 「 今 日 は 診 察 が で き ま せ ん 。 落 ち 着 い て か ら 来 て く だ さ い 」 。 落 ち 着 い た ら 受 診 す る 必 要 が な か ろ う が  Y メ ン タ ル ク リ ニ ッ ク と い う の だ が、 こ ん な 対 応 で は 誇 大 広 告 も 甚 だ し い 。 苦 し ん で い る と き に 診 な く て、 な に が 医 療 機 関 だ

う つ 病 の 患 者 が 急 増 し て い る の は、 抗 う つ 薬 SSRI が 安 易 に 投 与 さ れ 始 め た か ら だ 。 医 師 と 患 者 の 双 方 に 責 任 が あ る 。 気 が 滅 入 っ た り 落 ち 込 ん だ り す る よ う な、 反 応 性 の う つ 状 態 は、 誰 で も 日 常 的 に 経 験 す る こ と だ 。 こ の よ う な 一 時 的 な 感 情 に 対 し、 化 学 的 に 脳 内 の 神 経 伝 達 物 質 に 手 を つ け れ ば ( 干 渉 す れ ば )、 脳 の 正 常 な 機 能 が disorder さ れ て し ま う 危 険 が あ る 。 内 因 性 う つ 病 で な け れ ば 薬 の 投 与 は、 か え っ て 脳 内 の 神 経 伝 達 ネ ッ ト ワ ー ク の 混 乱 を き た す 。 投 薬 が 長 引 く と 脳 の 可 塑 性 に よ り 不 可 逆 的 変 化 が 生 じ る 危 険 も 。

「 う つ 病 は こ こ ろ の か ぜ 」 は 製 薬 会 社 の キ ャ ッ チ フ レ ー ズ で あ る 。 で も 真 実 の 一 面 も あ る の だ 。 反 応 性 で あ れ ば 病 院 に 行 か ず、 カ ゼ を 引 い た と き の よ う に、 家 で 休 ん で い れ ば よ い の だ か ら 。 利 益 の た め に 安 易 に 投 薬 す る 医 師、 日 常 の 生 活 習 慣 を 顧 み ず 安 易 に 病 院 に 依 存 す る 若 者 た ち。 江 戸 時 代 の 庶 民 は 仏 前 で 祈 り を 捧 げ た の か 。 ア ッ 漢 方 薬 が あ っ た 。

救 急 車 で よ く 運 ば れ て 来 る の が、 パ ニ ッ ク 障 害 や 過 換 気 症 候 群 。 ほ と ん ど が 女 性 で、 月 経 痛 や 不 順 で ピ ル を 服 用 し て い る 方 も 多 い 。不 安 で ハ ー ハ ー と 荒 い 呼 吸 を し て い る の だ が、 目 を 赤 く は ら し て嗚 咽 し て い る ( 泣 き じ ゃ く り ) 方 も 多 い 。 悲 し み が 突 き 上 げ て く る の で あ ろ う 。 こ の よ う な 方 に 甘 麦 大 棗 湯 が 効 く 。 『 傷 寒 論 』 に 「 婦 人 蔵 躁、 喜 悲 傷 哭 せ ん と 欲 し、 象 ( か た ち ) 神 霊 の 作 す 所 の 如 く、 し ば し ば 欠 伸 ( あ く び ) す 」 と あ る 。 何 か が 憑 依 し た よ う な 状 態 だ 。 パ ニ ッ ク や ヒ ス テ リ ー の よ う な 状 態 か 。 そ の 根 底 に は 抑 え き れ な い よ う な 悲 し み が あ る の だ ろ う が、幼 児 性 ( 甘 え ) が 感 じ ら れ て な ら な い 。

お と な な の だ が、 こ こ ろ は 子 供 の ま ま だ 。 思 い 通 り に な ら な い 感 情 が 憑 依 現 象 の よ う な 行 動 と し て 現 わ れ る 。 本 剤 は 過 食 症 に も 有 効 だ 。 こ こ ろ の 不 満 が 拒 食 と 過 食 と い う 子 供 じ み た 行 動 と し て 現 わ れ る 。 う つ や 夜 泣 き や 不 眠 に も 効 く 。 体 が 疲 れ て い る の に 頭 が 冴 え て 眠 れ な い こ と が あ る 。 こ の 不 眠 は 何 か が 頭 に 憑 依 し た せ い な の か 。 普 段 は 不 眠 が な い の だ か ら、 そ の よ う に も 考 え た く な る 。 冗 談 だ ~ 頭 の 一 過 性 の 疲 れ に よ る 心 陰 不 足 に よ る 不 眠 。 神 不 守 舎 で あ る 。

過 換 気 症 候 群 や パ ニ ッ ク の 方 で 朝 起 き る の が 辛 く 気 分 が 落 ち 込 む と い う も の も 多 い 。 こ ち ら は 嗚 咽 す る よ う な こ と は な い 。 午 後 に な る と 調 子 が も ど る と い っ た う つ 病 タ イ プ だ 。 舌 が 白 滑 苔 で 歯 痕 が み ら れ る 。 冷 え 性 で 月 経 不 順 が 多 く 不 安 に な り や す い 。 食 欲 は あ る が 脾 胃 が 虚 し て い る た め 痰 飲 が 多 い 。 こ の 痰 飲 ( 病 理 産 物 ) が 気 の 流 通 を 阻 害 す る た め 正 気 が 不 足 し、 そ の 代 わ り ( 代 償 ) と し て 邪 気 が 逆 上 す る た め、 過 換 気 や パ ニ ッ ク を 引 き 起 こ す 。

ま た 婦 人 科 へ の 気 血 の 流 通 も 痰 飲 に よ り 閉 ざ さ れ る た め、 生 理 不 順 や 月 経 痛 が 生 じ る 。 脾 胃 を 丈 夫 に し、 気 の 流 れ を 良 く す る 必 要 が あ る 。 六 君 子 湯 プ ラ ス 香 蘇 散 が 有 効 だ 。 冷 え が つ よ け れ ば 安 中 散 を 加 え る 。 気 の 上 逆 が つ よ い よ う だ と 六 君 子 湯 を 黄 連 湯 に 代 え る 。 六 君 子 湯 の 代 わ り に 四 君 子 湯 で は い け な い 。 四 君 子 湯 に は 半 夏 が な い 。

半 夏 の 性 は 辛 ・ 温 で あ り、 痰 飲 を 強 力 に 化 し、 表 か ら も 発 散 す る 力 が 優 れ て い る か ら だ 。 霊 枢 の 半 夏 秫 米 湯半 夏粟 ( ア ワ ) の 2 剤 よ り な る が、 体 内 外 の 気 の 流 れ を 改 善 し 不 眠 症 を 治 す 名 方 で あ る 。

PS : 著 者 は 以 前 よ り 甘 麦 大 棗 湯 の 主 た る (?) 薬 効 は、 小 麦 の 胚 芽 に 含 ま れ る オ ク タ コ サ ノ ー ル に あ る、 と 考 え て き た 。 『 傷 寒 論 』 の 条 文 に あ る あ く び ( yawning ) に 小 麦 胚 芽 ( wheat germ ) が 有 効 と の ペ ー パ ー を 見 出 し た 。 こ れ に よ る と オ ク タ コ サ ノ ー ルパ ニ ッ ク で よ く 経 験 す る 動 悸興 奮 性 に も 有 効、 と 。 追 記 し た 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード