FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男 ♂ の シ ン ボ ル Balls (^_-)-☆ 芍 薬 甘 草 湯 が 無 効 で あ っ た 「 こ む ら 返 り 」 2 題


銀閣寺. 向月台も銀沙灘も雪に覆われる向月台に続く銀沙灘. 波が寄せるように.






い ま は 聞 か れ な く な っ た が、 昔 は 「 OO 持 っ て る の か?」 と い う 罵 声 が よ く 聞 か れ た 。 男 ら し く な い 女 々 し い 奴 の こ と を 言 っ た も の だ 。 balls は 男 性 の “ あ れ ” を 意 味 し、 男 ら し さ の 象 徴 で あ る 。 な の に have a ball( 単 数 形 )と い う イ デ ィ オ ム が あ る 。 OO じ ゃ な く て O、 1 個 し か 持 っ て な い と 言 う の だ 。 胆 っ 玉 の 小 さ い 奴 の こ と 言 う の か 。 い や 男 性 の OO と は 関 係 の な い 表 現 な の だ 。 楽 し い 時 を 過 ご す と い う 意 味 。 have a good time と 同 じ で あ る 。 や っ ぱ り 男 の ball は 2 個 で あ っ た 。

「 こ む ら 返 り 」 と は 腓 腹 筋 に 起 こ る 筋 痙 攣 の こ と で、 ほ と ん ど の 方 が 激 し い 運 動 の 後 な ど に 経 験 し て い る 。 し か し、 明 け 方 に 突 然 激 痛 に 見 舞 わ れ、 然 し た る 原 因 が 思 い つ か な い 場 合 も 多 い の で は な か ろ う か 。 明 け 方 は エ ネ ル ギ ー 源 で あ る 血 糖 が 不 足 す る た め、 何 ら か の 要 因 が 加 わ り、 腓 腹 筋 の 代 謝 に 異 変 が 生 じ た 結 果 と 考 え ら れ る 。 芍 薬 甘 草 湯 に は 筋 の 痙 攣 を 弛 緩 す る 働 き が あ る が、 こ れ は 所 謂 対 症 療 法 で あ る た め、 こ む ら 返 り の 誘 因 に よ っ て は 無 効 と な る 場 合 も 多 い 。

【 症 例 1 】 50 代 男 性 。 芍 薬 甘 草 湯 を 1 年 以 上 も 服 用 し て い る が、 こ む ら 返 り が 治 ら な い 。 降 圧 剤 と ス タ チ ン( コ レ ス テ ロ ー ル 降 下 薬 )を 服 用 し て い る 。 ぶ っ き ら ぼ う で 無 愛 想 な 感 じ の 男 性 。 脈 は 80 で 滑 偏 弦 有 力 。 舌は 暗 紅 で 胖 大、 白 苔 満 布 。 脈 は 80 で 滑 偏 弦 。 腹 部 は 充 実 し、 心 下 痞 鞕 と 中 度 の 胸 脇 苦 満 を 認 め る 。 こ む ら 返 り の 原 因 と し て ス タ チ ン が 疑 わ れ る の だ が、 中 止 で き な い と 言 う 。 腹 診 を 参 考 に 大 柴 胡 湯 を 投 与 。 芍 薬 甘 草 湯 は 中 止 。 4 週 後 に は 7 割 症 状 が 軽 減 。 表 情 も 明 る く な り 服 薬 の 継 続 を 希 望 し た 。

【 症 例 2 】 68 歳 女 性 。 半 年 前 か ら 夜 間 こ む ら 返 り が 出 現 す る よ う に な っ た 。 近 医 受 診 し 芍 薬 甘 草湯 を 処方 さ れ 改 善 し て い た が、 1 ヶ 月 前 か ら 効 か な く な っ た 。 血 圧 正 常 。 脈 は 72 で 細 弱 。 舌 は 暗 紅 で、 薄 白 苔 が み ら れ る 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 ( + ) 。 食 欲 ・ 便 通 正 常 。 睡 眠 も よ い 。 足 が 疲 れ や す く 長 距 離 を 歩 け な い 。 腰 が 重 だ る く 湿 布 を 用 い て い る 。 皮 膚 乾 燥 し、 下 肢 は 赤 黒 く 静 脈 が 拡 張 し 蛇 行 し て い る 。 疎 経 活 血 湯 を 投 与 。 投 与 し た そ の 夜 か ら こ む ら 返 り が 起 き な く な っ た 。 そ の 後、 腰 痛 も よ く な り、 皮 膚 の 乾 燥 も 改 善 し て き た 。

症 例 1 は ス タ チ ン の 副 作 用 が 考 え ら れ る が、 高 血 圧 ・ 高 脂 血 症 を 有 し、 態 度 か ら 肝 鬱 と 考 え ら れ、 腓 腹 筋 へ の 血 流 障 害 が 原 因 と も 考 え ら れ る 。 大 柴 胡 湯 は 疏 肝 解 鬱 ・ 理 気 化 痰 ・ 清 熱 の 方 剤 で あ る 。 鬱 滞 す る 気 血 を 破 り、 疎 通 す る た め、 血 流 の 改 善 に 寄 与 す る 。 さ ら に 病 理 産 物 で あ る 浮 腫 を 排 除 す る 働 き も あ る 。 症 例 2 は 典 型 的 な 陰 血 不 足 + 瘀 血 で あ り、 滋 陰 養 血 が 必 要 で あ る 。 疎 経 活 血 湯 で あ る 。 疎 経 活 血 湯 証 は 陰 血 不 足 が “ 主 ” で、 瘀 血 は “ 従 ” で あ る 。 水 量 が 不 足 す る と、 川 の 流 れ は 淀 む の だ

追 悼 : 去 る 21 日 西 部 邁 氏 が 亡 く な ら れ た 。 氏 の 『 妻 と 僕 寓 話 と 化 す 我 ら の 死 』 を 本 棚 か ら 取 り 出 し 読 み 返 し て い る 。 手 遅 れ の が ん に 侵 さ れ た 妻 の 入 院 の 件 か ら、 夫 婦 が 出 合 い 共 に 歩 ん で き た 追 憶 が、 走 馬 灯 の よ う に 語 ら れ て い る 。 生 命 に 対 す る 強 い 渇 望 と、 決 別 せ ざ る を 得 な い 宿 命 。 胸 に 迫 る 。 氏 は 歯 に 衣 着 せ ぬ 論 客 で あ っ た が、 チ ャ ー ミ ン グ な 方 で も あ っ た 。 ご 冥 福 を お 祈 り い た し ま す 。


にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

こ む ら 返 り に 大 柴 胡 湯


021hhh





yyy高野川と賀茂川が合流し鴨川に(出町柳)





              加 茂 川 ブ ル ー ス

こ む ら 返 り は 筋 肉 に 急 激 な 異 常 収 縮 が 生 じ る た め、 耐 え が た い 痛 み が 出 現 す る 。 多 く は 夜 間 ( 明 け 方 ) に 下 腿 筋 に 生 じ る 。 健 常 者 で も 激 し い 運 動 の 後 な ど に 発 症 す る が、 日 常 的 ( 慢 性 ) に 症 状 の 出 現 に 悩 ま さ れ て い る 方 も 多 く み ら れ る 。 芍 薬 甘 草 湯 が 特 効 薬 と し て も て 囃 さ れ て い る が、 無 効 な 症 例 も 意 外 と 多 い の だ 。

こ む ら 返 り は 筋 肉 の 収 縮 メ カ ニ ズ ム の 過 敏 性 が 亢 進 し て い る た め、 睡 眠 中 の 些 細 な 刺 激 ( ≒ 体 動 )に 対 し て も 敏 感 に 反 応 ( 筋 収 縮 ) す る た め 生 じ る も の と 思 わ れ る 。 芍 薬 甘 草 湯 に は 筋 の 急 激 な 収 縮 を 抑 制 す る 働 き が あ る が、 症 状 を 抑 え る だ け の 標 治 で あ り、 ( そ の 間 に 病 態 が 改 善 に 向 か わ な い 限 り )、 根 治 に 導 く こ と は で き な い 。 そ の た め 症 状 が 激 し か っ た り 長 引 く と 無 効 と な る 。

筋 が 刺 激 に 対 し て 過 敏 と な る 状 態 と は、 運 動 後 の 筋 肉 へ の 乳 酸 の 蓄 積、 加 齢 に 伴 な う ( 女 性 も 含 む ) 筋 肉 の 脆 弱 性、 ス ト レ ス が 原 因 と な る 筋 の 緊 張 に よ る 循 環 障 害、 な ど が 考 え ら れ る 。 高 齢 者 や 女 性 の 場 合 は、 筋 肉 の 陰 血 の 不 足 の 場 合 が 多 く、 経 験 的 に 疎 経 活 血 湯 が 奏 功 す る 。 こ れ は 文 献 的 に も 支 持 さ れ て い る 。 冷 え の 血 行 障 害 の 場 合 は、 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 湯 生 姜 湯 が よ い 。

1 年 以 上 も 芍 薬 甘 草 湯 を 服 用 し て い る の に、 こ む ら 返 り が 治 ら な い 男 性 を 経 験 し た 。 降 圧 剤 と ス タ チ ン ( コ レ ス テ ロ ー ル の 薬 ) を 服 用 中 。 舌 は 暗 紅 で 胖 大、 白 苔 が 満 布 。 脈 は 80 で 滑 偏 弦 。 腹 部 は 充 実 し、 心 下 痞 鞕 と 中 度 の 胸 脇 苦 満 を 認 め る 。 ス タ チ ン が 悪 さ し て い る と 思 わ れ た の だ が、 中 止 で き な い と の こ と 。 芍 薬 甘 草 湯 を 中 止 と し 大 柴 胡 湯 を 投 与 。 4 週 後 に は 7 割 軽 減 し た 。

大 柴 胡 湯 は ス ト レ ス に よ る 筋 の 循 環 障 害 に 有 効 で あ る 。 ス タ チ ン を 中 止 し な く て も 大 柴 胡 湯 が こ む ら 返 り に 奏 功 し た こ と は、 特 筆 に 値 す る 。 四 逆 散 で は ど う だ っ た の か ? ス ト レ ス に よ る 筋 の 緊 張 に は 有 効 で あ っ た と 思 わ れ る が、 循 環 障 害 で は 通 常 浮 腫 を 伴 い、 そ れ が 更 に 循 環 障 害 を 助 長 す る 。 本 例 で は 舌 で み ら れ た よ う に 湿 濁 が 存 在 し て い た 。 半 夏 が あ る 大 柴 胡 湯 が 必 要 と 思 わ れ る 。 四 逆 散 は 痰 濁 に は 力 不 足 。 痰 飲 を 排 除 は で き な い が、 芍 薬 を 増 量 し 枳 実 が 加 わ る こ と に な る、 大 柴 胡 湯 と 四 逆 散 の 合 方 は あ る 。

大 柴 胡 湯 は ス ト レ ス 等 に よ る 筋 の 過 緊 張 + 痰 飲 に よ る ケ ー ス に 有 効 と な る 。 痰 飲 ( 余 分 な 水 の 停 滞 ) は 筋 の 末 梢 循 環 を 圧 迫 す る た め、 こ む ら 返 り を 引 き 起 こ す 。 こ の 場 合 は 利 水 剤 が 有 効 と な る 。 五 苓 散苓 姜 朮 甘 湯 が 有 効 と の 報 告 が あ る 。 防 已 黄 耆 湯 も 有 効 と 考 え ら れ る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

こ む ら 返 り に も 疎 経 活 血 湯 が 効 く



京都・東福寺 の 紅葉も人気スポット















心 筋骨 格 筋 は 通 常 の 日 常 活 動 で は 主 に 脂 質 を エ ネ ルギ ー 源 と し て い る 。 運 動 時 の よ う な エ ネ ル ギ ー を 瞬 時大 量 に 必 要 と す る 場 合 は ブ ド ウ 糖 を 利 用 す る 。 人 の 場 合 、 脂 肪 の 体 内 蓄 積 エ ネ ル ギ ー は 10 万 kcal に も 達 す る が 、 糖 質 で は 1000 ∼ 2000 kcal ほ ど に す ぎ な い 。 マ ラ ソ ン 競 技 で は 脂 肪 を 効 率 よ く 利 用 し た 者 が 勝 利 す る 。

夜 間 は 心 筋 や 骨 格 筋 だ け で な く 、 も エ ネ ル ギ ー 源 と し て 脂 質 を 利 用 し て い る 。 骨 格 筋 で エ ネ ル ギ ー 産 生 が 低 下 す る と こ む ら 返 り が 発 症 す る 。 脂 質 を う ま く 利 用 で き な い と 、 ブ ド ウ 糖 が 少 な い 空 腹 状 態 の 夜 間 に こ む ら 返 り が 起 き や す く な る 。 カ ル ニ チ ン が 有 効 。

68 歳 女 性 。 半 年 前 か ら 夜 間 こ む ら 返 り が 出 現 す る よ う に な っ た 。 近 医 を 受 診 し 芍 薬 甘 草 を 投 与 さ れ 改 善 し た が 、 こ こ 1 ヶ 月 前 か ら 効 か な く な っ た た め 受 診 。 血 圧 正 常 。 脈 は 72 で 細 弱 。 舌 は 暗 紅 で 、 薄 白 苔 が み ら れ る 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 (1+) 。 食 欲 ・ 便 通 正 常 。 睡 眠 も よ い 。 足 が 疲 れ や す く 長 距 離 を 歩 け な い 。 腰 が 重 だ る く 湿 布 を 用 い て い る 。 皮 膚 は 乾 燥 し 、下 肢 は 赤 黒 く 静 脈 が 拡 大 屈 曲 し て い る 。 疎 経 活 血 湯 を 3 包 / 日 投 与 す る 。 投 与 し た そ の 夜 か ら こ む ら 返 り が 起 き な く な っ た 。 腰 痛 も よ く な り 皮 膚 の 乾 燥 も 改 善 し て き て い る 。

こ む ら 返 り と 言 え ば 芍 薬 甘 草 と オ ー ム 返 し な く ら い 大 量 に 使 用 さ れ て い る 。 即 効 す る が 時 に は 無 効 の こ と も あ る 。 疎 経 活 血 湯 の 出 典 は 『 万 病 回 春 』 で あ る 。「 遍 身 走 り 痛 ん で 刺 す が 如 く 、 左 の 足 痛 み も っ と も 甚 だ し き を 治 す 。 左 は 血 に 属 す 。 多 く は 酒 色 に よ っ て 損 じ 傷 れ て 、 筋 脈 を 空 虚 し 、 風 寒 湿 熱 を 被 り 、 内 に 感 じ 、 熱 が 寒 を 包 む 時 は 痛 ん で 筋 絡 を や ぶ る 。 こ れ を 以 て 昼 は 軽 く 夜 は 重 き に 、 宜 し く 経 を 疏 し 、 血 を 活 し 、 湿 を 行 ら す べ し 。 こ れ 白 虎 歴 節 風 に 非 ざ る な り 」 と 説 明 し て い る 。 こ れ に よ る と 、 疎 経 活 血 湯血 虚 に よ る 疼 痛 を 治 す 方 剤 と な る 。 原 因 の 多 く は 、 酒 食 に 耽 り 筋 脈 が 枯 渇 し た と こ ろ に 、 風 寒 湿 熱 の 邪 が 侵 入 し 、 筋 の 経 絡 を 傷 る こ と に 起 因 す る 。

『 万 病 回 春 』 が 述 べ る 「 血 虚 」 と は 、 疎 経 活 血 湯 の 構 成 薬 を み る と 、「 陰 血 の 不 足 」 を 意 味 す る 。 酒 色 に 溺 れ る と 、食 生 活 や 性 生 活 が 不 摂 生 と な る た め 栄 養 不 足 や 血 肉 の 消 耗 が 現 れ 、 陰 血 が 不 足 す る 。 陰 血 が 不 足 す る と 血 流 が 停 滞 し 瘀 血 と な る 。 外 邪 も 侵 入 し や す い 。 本 例 で み ら れ た 陰 血 の 不 足 と 瘀 血 は 、 筋 肉 へ の 栄 養 を 障 害 す る 。

『 万 病 回 春 』 が 述 べ る 「 昼 は 軽 く 夜 は 重 き 」 は 、 夜 間 は 血 糖 が 低 値 に な る か ら だ 。 疎 経 活 血 湯 は 陰 血 を 補 い 、瘀 血 を 改 善 し 、 筋 肉 で の 脂 質 の 利 用 を 高 め よ う と し 、 ミ ト コ ン ド リ ア を 活 性 化 す る 。 こ れ で β 酸 化 が 活 発 に 行 わ れ 、 筋 肉 は エ ネ ル ギ ー を 利 用 で き る の だ 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。