「 認 知 症 」 患 者 が 減 少 (@^^)/~~~


017IMG_0437






厚 生 労 働 省 の 発 表 に よ る と、 日 本 の 認 知 症 患 者 数 は 2012 年 の 時 点 で 462 万 人、 65 歳 以 上 の 高 齢 者 の 約 7 人 に 1 人 と 推 計 さ れ て い る 。 認 知 症 の 前 段 階 と さ れ る 軽 度 認 知 障 害 ( MCI ) は 約 400 万 人 と 推 計 さ れ、 合 わ せ る と、 高 齢 者 の 約 4 人 に 1 人 が 認 知 症 or 認 知 機 能 障 害 者 と な る 。 2025 年 の 予 測 で は、 認 知 症 患 者 数 は 700 万 人 前 後 に 達 す る と 考 え ら れ て い る 。 日 本 の 人 口 構 成 比 で 重 き を 占 め る、 わ れ わ れ 団 塊 の 世 代 が、 75 歳 以 上 と な る の が 2025 年 だ か ら で あ る 。 こ れ を 2025 年 問 題 と 称 し 国 家 的 戦 略 が 練 ら れ て い る 。

高 齢 化 社 会 を 迎 え る 一 方 で、 少 子 化 の 問 題 も か か え る 日 本 。 認 知 症 の 介 護 に は 非 常 な マ ン パ ワ ー を 必 要 と す る 。 こ の た め 少 子 化 社 会 で は 二 重 の 負 担 が 強 い ら れ る こ と に な る 。 と こ ろ が で あ る、 そ ん な 中、 米 国 か ら、 信 じ が た い サ プ ラ イ ズ が 舞 い 込 ん で 来 た 。 こ の レ ポ ー ト は 65 歳 以 上 の 高 齢 者 を 対 象 と し、 2000 年 と 2012 年 に 認 知 機 能 を 調 査、 比 較 検 討 し た コ ホ ー ト 研 究 で あ る 。 米 国 衛 生 研 究 所 ( NIH ) が 後 ろ 盾 と な っ て お り、 信 頼 性 が 担 保 さ れ た 研 究 と 考 え ら れ る 。

結 果 は、 認 知 症 の 有 病 率 は 2000 年 で 11.6 %、 2012 年 で 8.8 % で あ り、 2012年 で 明 ら か に 認 知 症 患 者 数 が 減 少 し て い た 。 こ の 減 少 に 寄 与 し た 要 因 と し て、 教 育 年 数 が 有 意 差 を 以 て 示 さ れ た ( 2000 年 で 11.8 年、 2012 年 で 12.7 年 ) 。 高 学 歴 ほ ど 認 知 症 に な り に く い、 と い う の が エ ビ デ ン ス で あ る 。 確 か に 頭 を 使 う ほ ど 脳 の 可 塑 性 が 高 ま り、 神 経 細 胞 間 の ネ ッ ト ワ ー ク が 強 化 さ れ る 。 脳 ト レ も 認 知 症 を 予 防 す る 1 つ の ツ ー ル な の か も し れ な い 。 し か し 年 齢 と と も に 脳 も 老 化 す る た め、 ア ミ ロ イ ド β 蛋 白 質 ( Aβ ) は 沈 着 す る 。 そ れ を 防 ぐ こ と は で き る の か

脳 ト レ で Aβ の 沈 着 を 防 ぐ こ と が で き る か は 不 明 で あ る 。 た だ Aβ が 沈 着 し て も、 認 知 症 の 発 症 を 遅 ら せ る こ と は 可 能 と 考 え る 。 き ん さ ん ・ ぎ ん さ ん は 病 理 学 的 に は、 末 期 の ア ル ツ ハ イ マ ー 病 で あ っ た と 言 わ れ る 。 し か し TV か ら 受 け る 印 象 で は、 認 知 症 と は 思 わ れ な い 言 動 で あ っ た 。 知 的 刺 激 は、 認 知 症 が 発 現 し て い て も、 発 症 さ せ な い 可 能 性 が あ る 。 現 段 階 で は 断 定 で は な く、 期 待 で は あ る の だ が 。

現 時 点 で Aβ を 沈 着 さ せ な い 方 法 は、 昨 年 元 旦 に 述 べ た Aβ の 排 泄 路 の 流 通 を 促 進 さ せ る こ と で あ る 。 排 泄 路 に 関 す る 研 究 は 急 速 に 進 ん で き て い る  た だ、 脳 内 老 廃 物 の 排 除 に は 良 質 な 睡 眠 が 欠 か せ な い 。 Aβ は 主 に 夜 間 に 脳 か ら 排 除 さ れ る か ら で あ る 。

厚 労 省 の 推 計 で は、 2025 年 に は 認 知 症 患 者 が 700 万 人 に 達 す る が、 そ の 時 点 で 団 塊 の 世 代 が 75 歳 以 上 の 高 齢 者 と な っ て い る 。 こ の 世 代 か ら 大 学 進 学 率 が 急 速 に 高 ま っ て き た 。 日 本 で も 認 知 症 が 減 少 す る と い う、 想 定 外 の サ プ ラ イ ズ が 起 き る か も し れ な い  そ の た め に は 著 者 を 含 む ベ ビ ー ブ ー マ ー が、 頭 を 鍛 え る 責 務 を 負 う こ と に な る


にほんブログ村

テーマ:脳神経の病気 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

“ VX ” は 怖 い. で は 認 知 症 の 治 療 は ~


IMG_2194IMG_2193





IMG_2196IMG_2197






前 回、 薬 は 使 い 方 に よ っ て は 毒 に も な る こ と を 話 し、 認 知 症 薬 の 副 作 用 で 苦 し め ら れ て い る 患 者 さ ん が 多 い 可 能 性 を 指 摘 し た 。 で は ど う す れ ば よ い の か、 な に か よ い 治 療 法 は な い の か 。 コ ウ ノ メ ソ ッ ド で は フ ェ ル ラ 酸 を 主 成 分 と す る 健 康 食 品 の エ ク セ レ ン ト な 治 療 効 果 を 喧 伝 し て い る 。 フ ェ ル ラ 酸米 ぬ かふ す ま に 多 く 含 ま れ る 。 安 価 で い ろ い ろ 有 益 な 効 能 を 有 す る た め、 日 常 的 に こ れ ら を 利 用 し て み る こ と が 考 え ら れ る 。 漢 方 薬 で あ れ ば 小 麦 が 主 成 分 の 甘 麦 大 棗 湯 が 思 い 浮 か ぶ 。

認 知 症 で 一 番 多 い ア ル ツ ハ イ マ ー 病 は、 脳 内 に 長 年 に わ た り Aβ ( ア ミ ロ イ ド β タ ン パ ク 質 ) が 大 量 に 沈 着 蓄 積 す る こ と で、 脳 神 経 細 胞 が 傷 害 さ れ 発 症 す る 。 正 常 者 で も Aβ は 日 常 的 に 産 生 さ れ て い る の だ が、 睡 眠 中 に 脳 内 か ら 排 泄 さ れ 肝 臓 で 代 謝 ( 無 毒 化 ) さ れ る 。 そ こ で Aβ を 脳 内 か ら 排 除 す る 算 段 が 考 え ら れ る 。 そ れ に は ま ず 睡 眠 の 質 を よ く す る こ と が 必 要 と な ろ う 。 漢 方 薬 に は 副 次 的 効 果 も あ る た め、 酸 棗 仁 湯 ・ 抑 肝 散 ・ 甘 麦 大 棗 湯 な ど の 使 用 が 考 え ら れ る 。

脳 内 に は リ ン パ 管 が 存 在 し な い が、 脳 血 管 の 周 囲 に は リ ン パ 管 に 相 当 す る、 脳 脊 髄 液 を 運 搬 排 泄 す る シ ス テ ム が 存 在 す る 。 こ れ ら は 脳 血 流 量 に 比 例 し て 運 搬 量 が 増 加 す る た め、 脳 血 管 の 流 れ を ス ム ー ズ に す る 必 要 が 生 じ る 。 脳 血 管 性 認 知 症 に 使 用 さ れ る 抗 血 小 板 薬 が ア ル ツ ハ イ マ ー 病 で も 有 効 と い う 。 こ れ は 脳 血 流 の 改 善 に よ る だ け で な く、 脳 脊 髄 液 の 循 環 を 促 進 し、 脳 内 か ら Aβ を 排 泄 す る こ と が、 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 改 善 に 大 い に 関 与 し て い る 証 左 と 考 え ら れ る 。

で は 脳 内 の 老 廃 物 Aβ の 排 泄 を 促 進 す る 漢 方 薬 は あ る の だ ろ う か  ア ク ア ポ リ ン 4 の 働 き を 阻 害 し、 脳 浮 腫 や 脳 脊 髄 液 減 少 症 に 有 効 と さ れ る、 五 苓 散 が ま ず 頭 に 浮 か ぶ 。 さ ら に 五 苓 散四 物 湯 と を 足 し た よ う な 当 帰 芍 薬 散 に は、 脳 内 の 水 の 代 謝 を 改 善 し、 脳 血 流 も 増 加 さ せ る 働 き が 期 待 さ れ る 。 水 代 謝 の 観 点 か ら は 猪 苓 湯 も 考 え ら れ る 。 た だ こ れ ら は 短 期 に お い て は 効 果 は 期 待 で き ず、 長 期 間 の 観 察 が 必 要 だ 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

貧 弱 な 日 本 の 「 認 知 症 」 医 療


北京市高速道2北京市高速道





            1991 年 の 北 京

著 者 は 岩 手 に い た 頃 か ら、 認 知 症 の 治 療 薬 ア リ セ プ ト の 副 作 用 に つ い て 警 告 を 発 し て き た 。 当 時、 県 立 病 院 で ア リ セ プ ト を 服 用 し て い た 認 知 症 の 患 者 さ ん が、 と き ど き 当 院 で の 治 療 を 希 望 し て 訪 れ て い た 。 と こ ろ が 夜 間 せ ん 妄 や 徘 徊 な ど の 訴 え が、 家 人 か ら 頻 回 に 寄 せ ら れ た の で あ る 。 こ れ は ア リ セ プ ト に よ る 副 作 用 と 考 え、 く す り の 減 量 な い し 中 止 を 指 示 し た と こ ろ、 せ ん 妄 や 徘 徊 が 全 員 で 速 や か に 消 失 し た 。 あ れ か ら 20 年、 巷 で は 相 も 変 わ ら ず 薬 の 副 作 用 で、 多 く の 患 者 さ ん が 苦 し め ら れ て い る 。

ア リ セ プ ト の 副 作 用 と し て は、 日 常 的 に 遭 遇 す る も の に 胃 腸 症 状 が あ る 。 嘔 吐 ・ 下 痢 で あ る 。 大 学 の 神 経 内 科 医 が 患 者 さ ん が、 食 欲 が な く 元 気 が な く な っ て き た た め、 認 知 症 が 進 行 し た も の と 考 え、 ド ネ ペ ジ ル ( ア リ セ プ ト の ジ ェ ネ リ ッ ク ) を 増 量 し た と こ ろ、 ま す ま す 食 欲 が な く な り、 床 に 伏 せ る よ う に な っ た 。 著 者 が ア リ セ プ ト を 中 止 し 回 復 し た 。 ま た ド ネ ペ ジ ル は パー キ ン ソ ン 症 状 も 引 き 起 こ す 。 脳 内 を ア セ チ ル コ リ ン 優 位 に す る た め で、 ド ー パ ミ ン が 相 対 的 に 不 足 し 発 症 す る 。 知 る 人 は 知 っ て い る 。

そ れ で は 重 篤 な 症 状 と は 何 か 。 そ れ は コ リ ン 作 動 性 ク リ ー ゼ な の で あ る 。 究 極 が 1995 年 に 世 間 を 騒 が し た サ リ ン 中 毒 で あ る 。 高 齢 男 性 が 神 経 内 科 医 に ア ル ツ ハ イ マ ー 病 と 診 断 さ れ、 ア リ セ プ ト の パ ッ プ 剤 と い う べ き リ バ ス チ グ ミ ン を 処 方 さ れ た 。 し か し 改 善 が な い た め か 増 量 さ れ た の だ が、 喀 痰 が 多 く な り、 ゼ ロ ゼ ロ し 寝 込 む よ う に な っ た 。 依 頼 に よ り 緊 急 往 診 し た の だ が、 予 期 し て い た こ と が 的 中 。 瞳 孔 が ピ ン ポ イ ン ト に 縮 瞳 し、 昏 迷 状 態 で あ っ た 。 コ リ ン 作 動 性 ク リ ー ゼ と 考 え 病 院 に 転 送 。 結 果 は、 ・ ・ ・ ・

医 者 は 知 識 が あ っ て も、  を 身 に つ け て い な け れ ば ダ メ だ 。 臨 床 医 の 腕 は 修 羅 場 の 数 を 経 験 す る こ と で 得 ら れ る 。 教 科 書 の 知 識 は 所 詮 絵 に 描 い た 餅 。 Ivory Tower か ら 臨 床 の 場 に 出 で よ 。 


にほんブログ村

テーマ:レビー小体型認知症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

当 帰 芍 薬 散 は 認 知 症 を 遅 ら せ る?


有楽町ガード下めがね橋






認 知 症 が 改 善 し な い 。 そ こ で 薬 を 増 量 す る、 が、 症 状 は 悪 化 の 一 途 。 頭 が 薬 で 強 制 的に 刺 激 さ れ る た め、 思 考 回 路 が 混 線 ・ 混 乱 し、 ま す ま す 認 知 機 能 や 運 動 機 能 が 障 害 さ れ る 。 押 し て ダ メ な ら 引 い て み る 。 薬 を 減 量 な い し 中 止 す る と、 頭 の 混 乱 が 消 失 し、 認 知 機 能 が 改 善 す る 。 日 常 診 察 で は 頻 繁 に 遭 遇 す る 事 例 で あ る 。 医 師 が 権 威 の 教 え を 盲 信 し、 広 く 見 識 を 求 め な い か ら で あ る 。

引 く と は、 薬 を 減 ら す だ け で な く、 不 要 ( 有 害 ) な 物 質 を 取 り 除 く こ と で も あ る 。 浮 腫 を 除 か な け れ ば、 血 管 が 外 か ら 圧 迫 さ れ、 血 行 は 改 善 し な い 。 血 流 を 改 善 し よ う と 押 し て も、 血 液 は 鬱 滞 す る だ けで、 終 に は 血 液 成 分 が 血 管 外 に 漏 れ 出 し、 結 果 浮 腫 は 悪 化 す る 。 水 害 で イ ン フ ラ が 障 害 さ れ る と、 電 気 も 水 道 も 通 じ な い 。 洪 水 は た だ の 水 で は な い 。 特 に 脳 に と っ て は 有 害 な 水 と な る 。

五 苓 散 が AQP4 の 働 き を 阻 害 し、 脳 浮 腫 を 改 善 さ せ る こ と は 広 く 知 ら れ る よ う に な っ た 。 類 似 方 剤 で あ る 当 帰 芍 薬 散 が 脳 出 血 急 性 期 の 治 療 に 有 効 と の 報 告 も あ る 。 血 流 の 改 善 と 脳 浮 腫 の 軽 減 の 相 乗 効 果 で あ る 。 こ の 報 告 か ら の イ ン プ レ ッ シ ョ ン は、 当 帰 芍 薬 散 の 長 期 服 用 は、 ア ル ツ ハイ マ ー 病 の 進 行 を 遅 ら せ る こ と が で き る 。 以 前 述 べ た よ う に 当 帰 芍 薬 散 ( 五 苓 散 も ) は 脳 か ら 原 因 物 質 Aβ を 排 除 す る こ と が で き る、 と の 考 え の 再 燃 だ 。

少 子 高 齢 化 社 会 の 到 来 。 こ の よ う な 時 代 に 団 塊 の 世 代 の 我 々 が 大 挙 し て 認 知 症 に で も な れ ば、 現 役 世 代 の 負 担 は 計 り 知 れ な い 。 生 産 性 の 乏 し い 社 会 保 障 費 が 国 の 成 長 の 足 か せ と な ろ う 。 当 帰 芍 薬 散 は 消 極 的 な 選 択 だ が、 積 極 的 な 選 択 に は フ ェ ル ガ ー ド な ど が あ る 。 甘 麦 大 棗 湯 に も 大 い な る 手 ご た え を 感 じ て い る 。 「 甘 麦 大 棗 湯 が 有 効 で あ っ た Pick 病 の 1 例 」 も 報 告 さ れ て い る 。



にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

五 苓 散 が 認 知 症 の 治 療 薬 に な り 得 る か?


003005






押 し て ダ メ な ら 引 い て み る 。 医 療 で は 足 し 算 に は 積 極 的 だ が、 引 き 算 に は 消 極 的 だ 。 患 者 の 訴 え に対 し、 薬 の 増 量 で 対 処 す る 。 こ れ が ま す ま す 症 状 を 悪 化 さ せ て い る、 と も 知 ら ず に 。 と く に 高 齢 者 で は 薬 を 減 ら せ ば、 症 状 が 改 善 す る こ と が 多 い の に 。 認 知 症 患 者 に お け る ド ネ ペ ジ ル が、 そ の 典 型 であ る 。 大 多 数 の 高 齢 者 で 即 効 的 に 認 知 機 能 の 向 上 が み ら れ、 歩 行 な ど も 改 善 す る 。 ド ネ ペ ジ ル は 不 穏 や 混 乱 を 引 き 起 こ し ADL を 低 下 さ せ る 。

ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 治 療 の 現 状 は、 脳 内 で 不 足 す る ア セ チ ル コ リ ン ( Ach ) を 補 給 す る も の で、 根 本治 療 に は ほ ど 遠 い 。 そ れ に Ach の 補 給 は、 Ach と ド ー パ ミ ン ( DA ) 系 の バ ラ ン ス を 崩 し、 相 対 的 な DA 不 足 の 状 態 を 招 来 す る た め、 意 識 や 意 欲 の 低 下 や 運 動 機 能 の 悪 化 を も た ら す 。 進 行 し た ア ル ツ ハイ マ ー に は 無 効 で あ る ば か り で な く、 精 神 的 か つ 身 体 的 活 動 を 著 し く 低 下 さ せ る 。

現 況 で 認 知 症 に 有 効 と さ れ る も の に、 健 康 食 品 で は あ る が コ ウ ノ メ ソ ッ ド が 推 奨 す る フ ェ ル ガ ー ド があ る 。 こ れ は 米 ぬ か か ら 精 製 さ れ た フ ェ ル ラ 酸 と 西 洋 当 帰 の 抽 出 物 ( ク マ リ ン 酸? ) か ら つ く ら れ た も の で あ る 。 漢 方 生 薬 の 当 帰 の 方 が 良 品 で あ る が、 健 康 食 品 で は な く な り 医 薬 品 と な る た め、 い ろ い ろ な 法 的 な 縛 り が 生 じ る 。 そ れ に 許 認 可 に 時 間 が か か る た め、 人 道 的 な 配 慮 も あ っ た? フ ェ ル ラ 酸 は ト ウ モ ロ コ シ や 小 麦 の 方 が 米 糠 よ り 多 く 含 ま れ る 。

健 康 食 品 で は な い 医 薬 品 で あ る 漢 方 に は 認 知 症 に 有 効 な 方 剤 は な い の か? 周 辺 症 状 に は 抑 肝 散 が 有 効 だ が 、 主 症 状 で あ る 認 知 機 能 を 改 善 す る 可 能 性 の あ る も の は、 フ ェ ル ラ 酸 を 含 む 方 剤 と な ろ う 。 甘 麦 大 棗 湯白 虎 加 人 参 湯 が ま ず あ げ ら れ る 。 五 苓 散 は ど う で あ ろ う か?  五 苓 散 は 慢 性 硬 膜 下 血 腫 や 脳 脊 髄 液 減 少症 に 有 効 と さ れ る 。 そ れ は 五 苓 散 は AQP4 の 働 き を 阻 害 し、 脳 内 の 間 質 液 ( 注 :脳 に は リ ン パ 管 が な い ) を 血 液 や 髄 液 に 還 流 さ せ る 働 き が あ る か ら だ 。 脳 内 で 産 生 さ れ る Aβ が ア ル ツ ハ イ マ ー 病 発 症 の キ ー 物 質 で あ る が、 こ れ ら を 脳 内 か ら 排 除 す る 働 き を 高 め る と、 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 予 防 や 治 療 に 繋 が る 。

五 苓 散 に ア ル ツ ハ イ マ ー 病 治 療 薬 と し て の 可 能 性 は あ り そ う だ が、 以 前 か ら 当 帰 芍 薬 散 が ア ル ツ ハ イ マ ー 病 に 有 効 と の 報 告 が あ る 。 五 苓 散 か ら 猪 苓 ・ 桂 皮 を 除 き、 当 帰 ・ 芍 薬 ・ 川 芎 を 加 え た も の が 当 帰 芍 薬 散 で あ り、 両 方 剤 の 構 成 生 薬 は 類 似 す る 。 脳 の 血 流 を 改 善 し な が ら Aβ の 脳 内 か ら の 排 泄 を 高 め る ポ シ ビ リ テ ィ が あ る? 猪 苓 湯 の 構 成 生 薬 も 五 苓 散 に 酷 似 す る 。 こ れ ら の 方 剤 に 脳 内 の Aβ の 排 泄 を 促 進 す る 作 用 が あ る、 の か、 見 守 り た い 。 た だ、 こ れ に は 長 い 観 察 期 間 が 必 要 で あ り、 将 来 的 課 題 で あ る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

認 知 症 に 帰 脾 湯





















80 代 女 性 。 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 で 総 合 病 院 ( 神 経 内 科 ) に 通 院 し て い た 。 あ る 事 情 で 当 方 で 治 療 す る こ と に 。 物 忘 れ が 進 行 し て い る 。 夜 中 に 泣 き わ め い た り、 大 声 を だ す こ と が あ る 。 そ の た め 睡 眠 薬 を 使 用 し て い る 。 歩 行 は し っ か り し て い る 。 と き ど き 嘔 気 が あ る が、 食 欲 は 良 好 。 処 方 薬 は 塩 酸 ド ネ ベ ジ ル ( ア リ セ プ ト ) と 降 圧 剤 と 胃 薬 で あ る 。 血 圧 は 140/ 80、 脈 は 68 で 滑、 尺 脈 弱 。 舌 は 淡 紅 で 少 苔 。 治 療 は 脳 の 気 血 を 補 い、養 心 安 神 を 兼 ね る 。

帰 脾 湯 を 投 与 す る 。 西 洋 薬 は ア リ セ プ ト と 降 圧 剤 と 睡 眠 薬 の み を 継 続 。 症 状 の 悪 化 な く 経 過 し、 薬 が な く て も 眠 れ る よ う に な っ た 。 し か し、 初 診 か ら 半 年 ほ ど 経 過 し た こ ろ よ り、 毎 晩 興 奮 し 徘 徊 す る よ う に な っ た 。 介 護 の た め 毎 晩 ヘ ト ヘ ト だ、 と 娘 さ ん 。 早 速 ア リ セ プ ト を 中 止 。 興 奮 が な く な り、 静 か な 夜 を 取 り 戻 す こ と が で き た 。 日 中 の 生 活 も 以 前 に 比 べ、 穏 や か で 和 ら い だ 感 じ に な っ た 。 漢 方 薬 は 明 ら か に 精 神 症 状 に 効 い て い る、 と 娘 さ ん 。

帰 脾 湯 の 構 成 薬 は、 当 帰、 茯 苓、 白 朮、 人 参、 黄 耆、 遠 志、 木 香、 竜 眼 肉、 酸 棗 仁、 大 棗、 乾 生 姜、 甘 草 よ り な る 。 当 帰 で 養 血 し、 白 朮 、茯 苓 で 消 化 を 高 め、 気 血 の 素 を 吸 収 し、 人 参 ・ 黄 耆 は 気 を 補 う 。 遠 志 は 脳 を 活 性 化 し 安 神 さ せ、 木 香 は 気 の 流 れ を よ く し、 竜 眼 肉 ・ 酸 棗 仁 は、 心 ( 神 ) を 養 い 安 神 さ せ る 。 全 体 と し て 脳 に 気 血 を 搬 送 し、 脳 の 興 奮 を 抑 制 し、 精 神 を 安 定 さ せ る 。

高 齢 者 ( と く に 女 性 ) の 不 安 ・ う つ 症 状 や 認 知 症 の 精 神 症 状 に、 帰 脾 湯 や 加 味 帰 脾 湯 が し ば し ば 奏 功 す る 。 さ ら に 滋 陰 養 血 薬 ( 六 味 丸 ・ 滋 陰 降 火 湯 ・ 四 物 湯 な ど ) を 加 え る と 効 果 が 高 ま る 。 年 齢 と と も に 脳 細 胞 の 活 動 は 低 下 す る 。 脳 細 胞 が 老 朽 化 し た た め で、 リ フ ォ ー ム が 必 要 と な る 。 不 足 し た 陰 血 を 補 う こ と だ 。 陰 血 は 脳 細 胞 の 燃 料 で あ り、 脳 細 胞 の 機 能 は 活 性 化 さ れ る 。

と こ ろ で 著 者 に は ア リ セ プ ト が 有 効 で あ っ た 認 知 症 の 経 験 が ほ と ん ど な い 。 こ れ は 認 知 症 が 進 行 し た 症 例 が 多 か っ た た め と 思 わ れ る 。 認 知 症 が 進 行 す れ ば 脳 の 抑 制 系 が 効 か な く な り、 興 奮 し や す く な る 。 ア リ セ プ ト は 脳 を 刺 激 し、 活 性 化 し よ う と す る た め、 興 奮 症 状 を 悪 化 さ せ、 家 族 を 介 護 地 獄 に 突 き 落 と す 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

認 知 症 & パ ー キ ン ソ ン 病 の 漢 方 治 療



東福寺, 11/24/2014さざ波寄せる?銀閣寺





銀閣寺庭園永観堂





京都祇園八坂神社, 11/22/2014南禅寺琵琶湖疏水






男 性 は 縦 社 会、 女 性 は 横 社 会 。 女 性 は 横 の つ な が り が 強 い た め、 交 友 が 広 く 快 活 だ 。 男 性 は 上 下 関 係 で 生 き て い る た め、 プ ラ イ ベ ー ト で の 横 の つ な が り に 乏 し い 。 柔 軟 性 に 乏 し い 硬 直 し た 社 会 に 生 き る 。 女 性 は 一 時 に 多 種 の こ と が で き る 柔 軟 性 を 持 ち 合 わ せ て い る 。 家 事 を し な が ら 携 帯 を 扱 え る 。 男 性 は ど う も 融 通 性 ・ 協 調 性 に 乏 し い よ う だ 。 こ れ は 科 学 的 に も 証 明 さ れ て い る 。 男 性 の 思 考 は 前 後 に 直 線 的 、女 性 は 左 右 の 大 脳 半 球 が 協 調 し た 思 考 で あ る 。 男 性 は 前 を 直 視 し、 企 業 戦 士 と し て 闘 わ な け れ ば な ら な い 。 悲 し い サ ガ よ 。偶 然 の よ う な 必 然 。 そ れ と も 必 然 の よ う な 偶 然 。 さ て 男 女 の 間 は 。

抑 肝 散 は 認 知 症 の 周 辺 症 状( BPSD )に 広 く 用 い ら れ て い る 。 抗 精 神 病 薬 は 高 齢 者 で は 、注 意 力 や 運 動 能 力 の 低 下 や 不 随 運 動 や 眠 気 な ど の 副 作 用 を 発 症 す る 危 険 が 高 い の だ が、 抑 肝 散 は そ の よ う な 認 知 や 運 動 の 低 下 を き た す こ と が 少 な い こ と が そ の 背 景 に あ る 。 抑 肝 散 は パ ー キ ン ソ ン 病 の 精 神 症 状 や 振 戦 に も 有 効 で、 生 活 の 質 を 改 善 す る 。 で も 運 動 能 力 の 改 善 は あ ま り 期 待 で き な い の で は な い か ?

抑 肝 散 で 幻 覚 な ど 精 神 症 状 が 改 善 す る と、 注 意 力 や 集 中 力 な ど が 良 く な る た め、 運 動 能 力 が 改 善 し た か に み え る だ け か も し れ な い 。

60 代 男 性 。 18 年 前、 歩 行 障 害 が 出 現 し パ ー キ ン ソ ン 病 と 診 断 さ れ 治 療 を 開 始 。 し か し 症 状 は 徐 々 に 進 行 し、 昨 年 頃 よ り 寝 返 り も 困 難 と な り、 半 年 位 た つ と 家 で も 転 倒 す る こ と が 多 く な っ た 。 さ ら に 幻 覚( 幻 視 )が 頻 繁 に 出 現 す る よ う に な り、 体 の バ ラ ン ス を 保 て な い よ う に な り、 家 で 横 に な っ て い る こ と が 多 く な っ た 。 車 イ ス で 受 診 し た 。

血 圧 90 / 60 。 脈 は 76 で 沈 細 弱 、按 じ て 無 力 。 舌 は 淡 紅 色 で 、舌 苔 はな く 乾 燥 。 表 情 乏 し く 抑 揚 の な い 小 声 で 話 す 。 著 し い 前 屈 姿 勢 の 小 刻 み 歩 行 で、 す く み 足 が 目 立 つ 。 体 が 左 右 に 傾 きや す く、 倒 れ や す い た め、 介 助 が 必 要 。 振 戦 は み ら れ な い 。 左 下 肢 に 軽 度 の 筋 固 縮 が み ら る 。 認 知 障 害 は 認 め ら れ な い 。 人 が ベ ラ ン ダ や 玄 関 に 立 っ て い る と い う 幻 覚 が 頻 繁 に 現 わ れ る 。 食 欲 良 好 。 大 便 は 固 く 出 難 い 。

パ ー キ ン ソ ン 病 は 末 期 に な る と、 著 者 の 経 験 で は 陰 血 が 不 足 し た 状 態 と な る 。 そ こ で 治 療 は 滋 陰 養 血 し、 気 も 補 う こ と と し た 。 処 方 は 乾 地 黄 7、 山 茱 萸 7、 麦 門 冬 6、 百 合 6、 括 楼 根 5、 麻 子 仁 6、 当 帰 6、 芍 薬 6、 人 参 4、 陳 皮 3、 大 棗 3( す べ て 保 険 適 用 )と し た 。 幻 覚 や 運 動 能 力 が 改 善 し て、 そ の 後 煎 じ 薬 を 加 減 し 安 定 し た 状 態 が 得 ら れ る よ う に な っ て い る 。 本 例 の 治 療 や 経 過 は 学 会 で 報 告 し て い る 。 以 前 の ブ ロ ク を 参 照 。

最 近、 抑 肝 散 が パ ー キ ン ソ ン 病 の 幻 覚 を 代 表 と す る 精 神 症 状、 さ ら に は 運 動 症 状 を も 改 善 す る、 と の 報 告 が み ら れ る よ う に な っ て き た 。 中 医 学 で は 「 腎 は 精 を 蔵 し、 腎 は 骨 髄 を 生 じ、 脳 は 髄 の 海 」 と い われ る よ う に、 腎 陰 と 脳 神 経 細 胞 と の 間 に は 密 接 な 関 係 が 存 在 す る 。 し か る に 抑 肝 散 の 構 成 生 薬 は、 柴 胡、 当 帰、 川 芎、 茯 苓、 蒼 朮、 釣 藤 鈎、 甘 草 で あ り、 滋 陰 薬 が 含 ま れ て い な い 。 そ れ で は な ぜ 抑 肝 散 が 神 経 変 性 疾 患 で あ る パ ー キ ン ソ ン 病 に 有 効 な の で あ ろ う か? 

フ ェ ラ ル 酸 や ガ ー デ ン ア ン ゼ リ カ( 西 洋 当 帰 )が、 認 知 症 の 神 経 細 胞 の 働 き を 改 善 す る と い う エ ビ デ ン ス が、 多 数 報 告 さ れ る よ う に な っ た 。 フ ェ ラ ル 酸 は 神 経 細 胞 の 変 性 ・ 壊 死 を 抑 制 し、 ガ ー デ ン ア ン ゼ リ カ は 残 存 す る 神 経 細 胞 の 働 き を 改 善 す る、 と い う 。 フ ェ ラ ル 酸 は 川 芎 の 主 成 分 で あ る 。 ガ ー デ ン ア ン ゼ リ カ と 漢 方 生 薬 の 当 帰 の 関 係 は 不 明 だ が、 薬 理 学 的 に は ほ ぼ 同 等 の 効 果 を 示 す よ う だ 。

そ こ で 抑 肝 散 の 認 知 症 や パ ー キ ン ソ ン 病 へ の 働 き は、 川 芎 と 当 帰 に 依 存 す る も の と 推 定 さ れ る 。 そ し て 柴 胡 と 釣 藤 鈎 が、 川 芎 と 当 帰 の 薬 効 を 推 進 す る も の と 考 え る 。 今 後 の 科 学 的 解 明 に 期 待 す る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード