「 線 維 筋 痛 症 」 は 漢 方 で は 簡 単 に ・ ・ ・



京の台所, 錦小路商店街おでんで一杯, いきまひょか!?





京名物「はも」, 著者は遠慮しますその前に人風呂浴びまひょか(錦小路境町通り下る)






40 代 女 性 。 3 年 前 検 診 で 糖 尿 病 指 摘 さ れ 内 科 通 院 加 療 中 。 DPP-4 阻 害 薬 を 服 用 中 で あ る 。 半 年 前 よ り 痛 み が 全 身 に 出 現 す る よ う に な り 鎮 痛 薬 を 投 与 さ れ る も 改 善 が み ら れ な い 。 10 年 前 に パ ニ ッ ク を 発 症 し て か ら 体 調 が ス ッ キ リ せ ず 、 不 安 や い ら い ら が ひ ど く 過 食 も 続 い て い る 。 肥 満 が 著 明 で BMI が 30 以 上 だ 。 内 科 よ り 紹 介 受 診 。

全 身 の 筋 肉 痛 が あ る 。 特 に 天 気 が 悪 く な る と き に ひ ど く な る 。 過 食 で 体 重 が 減 ら ず 困 っ て い る 。 便 秘 だ 。 寝 つ き が 悪 い 。 生 理 は 28 日 型 だ が 生 理 前 イ ラ イ ラ ・ 不 安 が つ よ く な る 。 異 常 な 汗 か き で 暑 が り だ 。 尿 量 が 少 な い 。 口 渇 が つ よ く 冷 飲 だ 。 痰 が 咽 喉 に 絡 ん で 胸 が 苦 し い 。 痰 が 多 い 。 脈 :100 、沈 滑 。 舌 : 暗 紅 、胖 大 、白 苔 満 布 。 舌 下 静 脈 怒 張 (3+) 。 痰 飲 が 胸 ・ 膈 ・ 心 下 を 塞 い で い る た め 、正 気 の 昇 降 不 利 が 生 じ 、 血 ・ 水 の 推 動 が 障 害 さ れ 疼 痛 が 生 じ た 。 線 維 筋 痛 症 と 診 断 。 竹 筎 温 胆 湯 + 枝 茯 苓 丸 加 薏 苡 仁 + 防 已 黄 耆 湯 を 投 与 す 。

2 週 間 後 、咽 喉 の つ ま り は 大 分 改 善 し て き た が 、痛 み は 同 じ で あ る 。 精 神 状 態 か ら 気 鬱 が つ よ く 血 の 鬱 滞 も 著 し い と 考 え 、枝 茯 苓 丸 加 薏 苡 仁 を 加 味 逍 遥 散 に 変 更 し た 。 2 週 間 後 、そ れ 程 の 変 化 が な い 。 便 秘 が あ る た め 加 味 逍 遥 散 を 通 導 散 に 、尿 量 も 相 変 わ ら ず 少 な い た め 防 已 黄 耆 湯 を 猪 苓 湯 に 変 更 し た 。 2 週 間 後 便 秘 は 良 く な っ た 。 咽 喉 の 痞 塞 感 は 楽 に な り 、 痰 も 出 な く な っ た が 、 熱 感 ・ 口 渇 ・ 汗 が 著 し い た め 、竹 筎 温 胆 湯 を 白 虎 人 参 湯 に 変 更 し た 。 す る と 痛 み が ほ と ん ど な く な り 、 気 分 も 落 ち 着 い て き た 。 過 食 も 起 き な く な っ た 。

  中 医 学 で は 線 維 筋 痛 症 の 治 療 は や さ し

著 者 は 線 維 筋 痛 症 は 、交 感 神 経 の 緊 張 状 態 の た め 、 気 ・ 血 ・ 水 の 還 流 障 害 が 生 じ 発 症 す る 、と 考 え 報 告 し た 。 血 流 障 害 に よ り 筋 肉 に 虚 血 性 傷 害 が 生 じ 難 治 性 の 疼 痛 が 発 症 す る 。 気 の 鬱 滞 と 水 の 停 滞 は 、 本 症 に 特 有 の 疲 労 ・ 倦 怠 感 や 精 神 的 な 不 安 定 さ を 引 き 起 こ す 。

当 初 、 竹 筎 温 胆 湯 を 投 与 す る と 、 痰 が 減 少 し 、 気 分 の 多 少 の 改 善 が 認 め ら れ た が 、疼 痛 に は 改 善 の 兆 し が 認 め ら れ な か っ た 。 そ こ で 枝 茯 苓 丸 加 薏 苡 仁 を 、 疏 肝 作 用 を 有 す る 加 味 逍 遥 散 に 変 更 し た 。 し か し 変 化 が な く 便 秘 も あ る た め 、 駆 瘀 血 作 用 を よ り つ よ め る た め 通 導 散 に 、 尿 量 も 相 変 わ ら ず 少 な い た め 防 已 黄 耆 湯 を 猪 苓 湯 に 変 更 し た 。 便 秘 は 改 善 し た が 尿 量 が 減 少 し た の で 、 猪 苓 湯 を 防 已 黄 耆 湯 に 戻 し た 。 咽 喉 の 感 じ は よ く な っ て い た が 、口 渇 ・ ほ て り ・ 多 汗 が 続 い て い た た め 、 竹 筎 温 胆 湯 を 白 虎 加 人 参 湯 に 変 更 し た 。

「 線 維 筋 痛 症 の 疼 痛 の 原 因 は 筋 肉 に お け る 虚 血 性 炎 症 で あ る 」 と 著 者 は 考 え 既 に 報 告 し て い る 。 本 例 の 疼 痛 の 原 因 も 筋 肉 の 虚 血 に よ る も の だ が 、本 例 で は 体 内 の 熱 化 が 著 し く 発 汗 も 多 か っ た た め 、 脱 水 に よ る 虚 血 が 主 体 で あ っ た 、 と 考 え ら れ た 。 急 性 ・ 慢 性 の 違 い は あ る が 、heat stress に 類 似 す る 病 態 で あ る 。 線 維 筋 痛 症 で は 珍 し い 病 態 と 思 わ れ る が 、白 虎 湯 加 味 が 著 効 し た 報 告 が 1 例 あ る 。



にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 線 維 筋 痛 症 」 に 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 + 八 味 地 黄 丸



東京タワーより遠くに新宿副都心東京タワーより六本木ヒルズ






50 代 女 性 。 以 前 線 維 筋 痛 症 で い ろ い ろ 治 療 を 受 け、 な ん と か 日 常生 活 を 送 れ る ま で に 回 復 し て い た 。 し か し 半 年 前 に 体 調 を 崩 し 漢 方 専 門 医 を 受 診 し 治 療 を 行 っ て い た が、 改 善 が な い た め 当 方 を 受 診 。

動 く と あ ち こ ち ( 特 に 背 中 ) に 疼 痛 が 出 現 す る 。 痛 み は 温 か い 部 屋 で は 楽 に な る 。 歩 行 時 ふ ら つ き や 浮 動 感 が 生 じ る 。 食 欲 は 以 前 よ り落 ち て い る 。 睡 眠 は よ い が 起 床 が つ ら い 。 体 が だ る い 。 手 が こ わ ば り 冷 え 性 だ 。 便 通 は 正 常 だ が、 尿 は 頻 繁 だ 。 神 経 質 で 電 車 な ど で 不 安 を 感 じ る 。 血 圧 正 常 。 脈 64 で 沈 細 。 舌 は 淡 紅 で 薄 白 苔 に 被 わ れ、 歯 痕 を 認 め る 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 な し 。 腹 壁 薄 く 小 腹 不 仁 を 認 め る 。 心 下 ・ 臍 上 に 動 悸 を 触 れ る 。 瘀 血 は 触 れ な い 。 下 腿 の 浮 腫 も な い 。

桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯八 味 地 黄 丸 を 投 与 す る 。 2 週 間 後、 す ご く 調 子 が よ く な っ た 。 背 中 の 痛 み が 消 失 し た 。 疲 れ も な く な り、 起 床 も よ く な っ た 。 食 欲 も で た 。 ま だ 尿 の 回 数 が 多 い 。 ブ シ 末 1.5 g を 前 方 に 加 え る 。 4 週 間 後、 頻 尿 が 改 善 し た 。 現 在 前 方 で 体 調 が 良 好 。

以 前、 疏 肝 理 気 活 血 法 が 著 効 し た 線 維 筋 痛 症 を 報 告 し た 。 そ の 中 で 線 維 筋 痛 症 の 発 症 機 転 に つ い て、 中 医 お よ び 現 代 医 学 的 に 説 明 し た 。 発 症 の ト リ ガ ー と な る 病 態 は い ろ い ろ あ る が、 筋 肉 内 血 流 障 害 が 引 き 起 こ さ れ る こ と で、 難 治 性 疼 痛 が 生 じ る の で あ る 。 中 医 学 で 云 う 「 不 通 則 痛 」 で あ り、 原 因 は す こ ぶ る シ ン プ ル で あ る 。 た だ 血 流 障 害 を 引 き 起 こ し て い る 原 因 を 捉 え る こ と が ト リ ッ キ ー だ 。

本 例 で は 腎 陽 が 不 足 し て い た た め、 元 気 を 納 摂 で き な く な り、 陽 気 が 衝 逆 す る よ う に な っ た 。 も と も と 気 ( 腎 陽 ) が 不 足 し て い た と こ ろ に、 気 が 正 常 の 流 通 経 路 を 通 ら な く な っ た た め ( 衝 逆 )、 全 身 の 気 の 不 足 は さ ら に 悪 化 し た 。 と く に 筋 肉 は 体 重 の 30 % も 占 め る た め、 そ の 影 響 は 深 刻 で あ る 。 気 は 血 の 帥 で あ る た め 血 流 障 害 ( 虚 血 )が 生 じ、 炎 症 性 物 質 IL-6 な ど が 産 生 さ れ、 虚 血 性 炎 症 が 生 じ た 。

不 足 す る 腎 陽 を 補 う た め 八 味 地 黄 丸 を 投 与 し た 。 腎 の 陽 気 の 衝 逆 を 下 ろ し、 正 常 の 気 の 流 通 を 取 り 戻 す た め に 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 を 投 与 し、 著 し い 効 果 が 現 わ れ た 。 腎 の 陽 気 が 不 足 し 緊 急 の 状 態 で あ れ ば 四 逆 湯 ( 四 逆 輩 ) な ど を 投 与 す る が、 慢 性 的 な 不 足 で あ れ ば 腎 陰 も 不 足 し て い る た め、 八 味 地 黄 丸 や 牛 車 腎 気 丸 を 投 与 す る 。 い ず れ に し ろ 線 維 筋 痛 症 は 現 代 医 学 で は 難 治 だ 。 漢 方 が 有 効 だ 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 線 維 筋 痛 症 」 の 原 因 と 治 療 法



南禅寺にて






著 者 は 2011 年 2 月 に 『 漢 方 の 臨 床 』 に 線 維 筋 痛 症 の 発 症 機 序 と 治 療 法 に 関 す る 論 文 を 掲 載 し た 。 そ の 反 響 は 大 き く 、 発 症 原 因 と し て 筋 の 虚 血 が 重 要 視 さ れ て き て い る よ う に 感 じ る 。 し か し 現 代 医 学 的 治 療 で は 患 者 が 受 け る 恩 恵 は 少 な い 。 そ こ で 多 く の 悩 め る 人 び と の た め 、 拙 著 の 核 心 部 分 を 開 示 し て 治 療 の 一 助 と し た い 。


線 維 筋 痛 症 (FM) の 正 確 な 発 症 機 序 は 不 明 で あ る が 、 多 数 の エ ビ デ ン ス が 集 積 さ れ て き て い る 。 本 症 で は 筋 の 傷 害 に 由 来 す る 発 痛 物 質 が 、 末 梢 神 経 ( 侵 害 受 容 器 ) を 持 続 的 に 刺 激 す る た め 、 侵 害 受 容 器 の 疼 痛 刺 激 に 対 す る 感 受 性 が 亢 進 し 、 疼 痛 刺 激 が 慢 性 的 に 中 枢 神 経 に 伝 え ら れ る よ う に な る 。 こ の た め 中 枢 神 経 細 胞 の 可 塑 的 変 化 や 知 覚 細 胞 の 疼 痛 域 値 の 低 下 が 生 じ 、 局 所 的 な 微 小 な 刺 激 に 対 し て も 大 脳 皮 質 感 覚 野 が 広 範 囲 に 反 応 す る よ う に な り 、 全 身 性 の 慢 性 疼 痛 が 発 症 す る 。

FM で は 自 律 神 経 系 の 異 常 に よ り 筋 の 血 流 障 害 が 生 じ る 。 交 感 神 経 の 働 き が 日 常 的 に 優 位 に な る と 、 筋 の 緊 張 ( 収 縮 ) が 持 続 し 血 管 に 外 圧 が 働 く た め 、 血 流 が 圧 迫 阻 害 さ れ た 状 態 が 続 く 。 そ の た め 筋 の 虚 血 性 傷 害 が 生 じ 、 間 接 的 に は 筋 ミ ト コ ン ド リ ア の ATP 産 生 障 害 を 介 し た 傷 害 が 生 じ る 。 FM の 治 療 に 高 圧 酸 素 療 法 や D-リ ボ ー ス が 有 効 と さ れ 、 筋 の 傷 害 が 虚 血 に 起 因 す る こ と を 裏 づ け る 。 FM で は 運 動 ス ト レ ス 負 荷 で 筋 の 易 傷 害 性 も 認 め ら れ る 。 筋 に 傷 害 が 生 じ る と 炎 症 メ デ ィ エ ー タ ー が 放 出 さ れ 、 ポ リ モ ー ダ ル 受 容 器 を 刺 激 し て 疼 痛 発 症 の 引 き 金 と な る 。

FM に は 多 彩 な 精 神 神 経 症 状 が 出 現 す る 。 本 例 に も 自 律 神 経 の 失 調 症 状 が 認 め ら れ た 。 こ れ ら の 症 状 は 交 感 神 経 系 の 異 常 な 興 奮 に よ る だ け で な く 、 疼 痛 刺 激 の 持 続 ( 慢 性 痛 ) や 筋 の 傷 害 ( 炎 症 ) に よ っ て も も た ら さ れ る 。

痛 み は 不 安 や 嫌 悪 や 恐 怖 な ど の 不 快 情 動 を 引 き 起 こ す 。 疼 痛 刺 激 が 大 脳 辺 縁 系 の 扁 桃 体 お よ び そ の 関 連 領 域 で あ る 前 帯 状 回 や 分 界 条 床 核 の 活 動 を 亢 進 さ せ る た め に 生 じ る 。 扁 桃 体 は 情 動 記 憶 形 成 の 中 枢 で あ る た め 、 慢 性 痛 は 気 分 障 害 や 不 安 障 害 や パ ニ ッ ク 障 害 な ど の 原 因 と な り 得 る 。

一 方 、 炎 症 メ デ ィ エ ー タ ー で あ る サ イ ト カ イ ン の IL-1 , IL-6 や IFNα は 、 後 シ ナ プ ス の 5-HT1A 受 容 体 の 数 を 減 少 さ せ る だ け で な く 、 視 床 下 部 ― 下 垂 体 ― 副 腎 ( HPA ) 系 の 受 容 体 に 結 合 し 機 能 を 亢 進 さ せ 、 高 コ ル チ ゾ ー ル 血 症 を 引 き 起 こ す 。 高 コ ル チ ゾ ー ル 血 症 は 海 馬 の 神 経 細 胞 を 傷 害 し 、 扁 桃 体 の 情 動 活 動 を 活 発 に す る た め 、 う つ 病 の 原 因 と な る 。

本 症 の 発 症 メ カ ニ ズ ム を 総 括 す る と 、 日 常 的 な 交 感 神 経 系 の 緊 張 が 、筋 の 緊 張 ・ 収 縮 を 持 続 さ せ 、 筋 の 循 環 障 害 を 引 き 起 こ し 、 FM 特 有 の 筋 の 脆 弱 性 と 相 ま っ て 傷 害 ( 炎 症 ) を 生 じ さ せ 、 産 生 さ れ た 炎 症 メ デ ィ エ ー タ ー が 神 経 だ け で な く 、 免 疫 系 や 内 分 泌 系 に も 作 用 し て 、 慢 性 痛 や 多 彩 な 症 状 を 発 現 さ せ る も の と 思 わ れ る 。

中 医 学 で は 「 肝 は 疏 泄 を 主 る」 と 云 わ れ 、 交 感 神 経 の 緊 張 は 肝 の 疏 泄 不 利 ( 肝 気鬱 結 ) と 同 義 と 考 え ら れ る 。 一 方 、 筋 が 正 常 の 機 能 を 維 持 す る た め に は 、 「 肝 は 筋 を 主る 」 「 肝 は 血 を 蔵 す 」 と 云 わ れ る よ う に 、 肝 の 疏 泄 と 蔵 血 作 用 が 協 力 し 、 筋 の 血 行 を 通 暢 さ せ る こ と が 必 要 と な る 。      【 論 文 の 前 後 お よ び 文 献 は 省 略 】

著 者 が 提 唱 す る 理 論 に 則 り 漢 方 治 療 を 行 え ば 著 効 が 得 ら れ る 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「線 維 筋 痛 症 」 は 現 代 医 学 で は 治 ら な い!









ハ ワ イ 大 学 3 年 の Risa ち ゃ ん 、と

「 街 で 魅 力 的 な 女 性 と す れ 違 う と 思 わ ず 目 が 行 っ て し ま う 」 と い う 表 現 。 本 当 に 「 魅 力 的 」 な 女 性 だ か ら 目 が 行 く の で し ょ う か? 「 脳 に は 妙 な ク セ が あ る 」 ( 池 谷 祐 二 著 ) に 、こ の よ う な 問 い が あ っ た 。

思 わ ず 視 線 が 行 っ て し ま う よ う な 人 を 私 た ち は 「 魅 力 的 」 と 言 語 表 現 し て い る 、 と い う の で あ る 。 脳 は 外 界 の 情 報 を 処 理 し て 、適 切 な 行 動 を 起 こ す 「 入 出 力 変 換 装 置 」 で あ り 、「 思 わ ず 視 線 が 行 く 」 の は “ 反 射 行 動 ” な の で あ る 。 進 化 の 過 程 で 人 間 の 「 大 脳 新 皮 質 」 は 膨 大 に 成 長 し た た め 、「 旧 脳 」 が コ ン ト ロ ー ル す る 反 射 行 動 に 対 し 、上 位 脳 と し て か っ て に 理 由 付 け ( 後 付 け ) を 行 っ て い る 、の だ と 。

略 奪 婚 は 蜜 に 群 が る ハ チ の よ う に 動 物 的 脳 ( 旧 脳 ) の 反 射 的 行 動 な の に 、人 間 的 脳 ( 大 脳 新 皮 質 ) が 「 二 人 は 初 め て 会 っ た と き か ら ピ ー ン と き た 」 な ど と 取 り 繕 う 。 人 も ワ イ ル ド に 生 き る べ き だ 。 「 好 き は 好 き 」 と 反 射 的 に 行 動 に 現 わ す 。 オ ス な ら ダ ン シ ン グ だ 。


線 維 筋 痛 症 は 、筋 の 虚 血 性 傷 害 が 生 じ る こ と で 発 症 す る と 考 え ら れ る よ う に な っ て き た が 、未 だ 真 の 病 理 が 解 明 さ れ て お ら ず 、現 代 医 学 で も 治 療 に 難 儀 す る 。 筋 の 血 流 障 害 ( 虚 血 ) が 発 生 す る 原 因 は い ろ い ろ あ る た め 、本 症 は 症 候 群 と 考 え る べ き で あ る 。

中 年 の 女 性 。 10 年 以 上 前 引 っ 越 し の 翌 日 、 全 身 の 疼 痛 と 耐 え が た い 倦 怠 感 が 出 現 し た が 、安 静 に て 症 状 が 落 ち 着 き 気 に す る こ と な く 経 過 し て い た 。 5 年 後 、 全 身 の 痛 み と 倦 怠 感 が 再 び 出 現 。 日 大 病 院 心 療 内 科 を 受 診 し 線 維 筋 痛 症 と 診 断 さ れ た 。 い ろ い ろ な 薬 を 処 方 さ れ 何 と か 日 常 生 活 を 送 っ て い た が 、6 年 後 に 疼 痛 が 悪 化 し 薬 を 増 量 す る も 改 善 な く 、副 作 用 も 現 わ れ る よ う に な っ た 。 

血 圧 120/70 、脈 104/分 、沈 細 滑 、按 じ て 無 力 。 尺 脈 微 細 。 舌 は 淡 紅 色 や や 嫩 で 無 苔 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 は な い 。 食 欲 は あ る が 、 刺 激 物 を 食 べ る と 胃 が 焼 け る よ う で 気 持 ち 悪 く な る 。 便 秘 で 便 が 固 い 。 口 が 渇 き 喜 暖 飲 。 朝 が だ る く 、 夜 に な る と 楽 に な る 。 入 眠 が 不 良 。 イ ラ イ ラ は な い が 不 安 感 が 強 い 。 全 身 が 痛 ん で つ ら い 。 米 国 リ ウ マ チ 学 会 の 圧 痛 点 は す べ て 陽 性 。 痛 み は 入 浴 で 多 少 改 善 す る 。

気 陰 両 虚 と 考 え 、乾 地 黄 7 、麦 門 冬 6 、天 門 冬 4 、百 合 6 、当 帰 6 、栝 楼 根 6 、桂 皮 4 、人 参 4 、五 味 子 4 、茯 苓 6 、大 棗 6 、乾 姜 3 を 投 与 。 2 週 間 後 、1 日 分 を 服 用 し て 疼 痛 ・ 倦 怠 感 が 消 失! こ こ ぞ と い う 医 療 機 関 で ま っ た く 治 ら な か っ た も の が 、い と も 簡 単 に 治 る と は 。

本 患 者 は 高 校 生 の こ ろ か ら 不 安 感 が 強 く 、パ ニ ッ ク 障 害 の 治 療 歴 も あ り 、交 感 神 経 が 緊 張 し て い た 状 況 が 窺 え る 。 交 感 神 経 が 緊 張 す る と 血 流 が 低 下 し や す く 虚 血 状 態 を 招 き や す い 。 筋 は 体 重 の 1/3 を 占 め る た め そ の 影 響 は 大 き い 。 さ ら に 常 に 体 を 支 え 運 動 を 行 っ て い る た め 、虚 血 は 筋 を 傷 害 し 線 維 筋 痛 症 を 引 き 起 こ す 。

陰 血 不 足 の 体 質 で は 炎 症 が 長 引 け ば 、炎 症 に よ る 傷 陰 ( 陰 の 虧 損 ) と 相 ま っ て 、陰 血 の 不 足 は 急 速 に 進 行 す る 。 陰 血 が 不 足 す れ ば 筋 の 修 復 が で き な い た め 、病 気 は 治 ら ず 悪 循 環 を 繰 り 返 す 。 陰 血 が 不 足 す る と 気 の 産 生 に も 影 響 が 及 び ( 陰 損 及 陽 ) 、気 も 不 足 す る こ と に な る ( 気 陰 両 虚 ) 。 陰 陽 を 補 い 、 桂 皮 で 気 を 行 ら せ 著 効 が 得 ら れ た 。 今 後 は 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 で 自 律 神 経 の 調 理 が 必 要 だ 。 線 維 筋 痛 症 の 中 医 学 的 発 症 機 序 に つ い て は 拙 著 を 参 照 く だ さ い 。

西 洋 薬 が 増 量 さ れ れ ば さ れ る ほ ど 治 り 難 く な る 。 薬 物 乱 用 性 疼 痛 と な り 、し ま い に は 精 神 が 薬 に よ り 蝕 ま れ る こ と に も な る 。 そ ん な 治 療 は 即 刻 中 止! 線 維 筋 痛 症 は 現 代 医 学 で は 完 治 は 難 し い 。

   中 医 学 で は 線 維 筋 痛 症 の 治 療 は や さ し い



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 筋 筋 膜 痛 症 候 群 」 か ら 「 線 維 筋 痛 症 」 へ




賢治の銀河鉄道の夜のモチーフめがね橋(岩手県遠野市)なつかしい~







                  民 意
時 代 の 流 れ か 、 マ ス コ ミ で 民 意 と い う 言 葉 を よ く 耳 に す る 。 国 民 の 総 意 に 基 づ い た 政 治 を 行 う べ き 、と い う 主 張 で あ る 。 正 論 に 聞 こ え る が 、問 題 は 民 意 が “ 正 し い ” か ど う か で あ る 。 「 天 の 声 に も 時 に は 変 な 声 が あ る 」と 、吐 露 し た 福 田 元 総 理 。

民 主 主 義 が 数 の 力 を 押 し 通 せ ば 、個 人 の 自 由 が 抑 圧 さ れ る 。集 団 が 個 人 の 権 利 を 奪 い 、 大 衆 愚 民 政 治 と な る 危 険 を 孕 む 。 理 性 は 感 情 の 大 流 の 前 で は 無 力 で 、大 衆 は フ ァ ッ シ ョ 化 す る 。 ナ チ ス ド イ ツ の ヒ ト ラ ー や 、 戦 前 の 大 政 翼 賛 会近 衛 首 相 。 彼 ら を 熱 烈 に 支 持 し た の は 、他 な ら ぬ 大 衆 ( 民 意 )で あ っ た 。 大 衆 も マ ス コ ミ も 歓 喜 し た 小 泉 劇 場 に は 、今 で は 閑 古 鳥 が 

時 に は 民 意 の 流 れ に 棹 さ す “ 勇 気 ” こ そ 、求 め ら れ る 。  女 ご こ ろ の よ う に 、羽 の よ う に 舞 う 、一 票 で あ っ て は な ら な い 。


症 例 : 中 年 男 性 。 3 ヶ月 前 か ら 現 場 研 修 が 始 ま り 、労 働 に 従 事 す る よ う に な っ た 。 1 ヶ月 後 に は 肉 体 労 働 か ら 離 れ る よ う に な っ た が 、そ の 頃 か ら 左 右 の 手 ・ 肘 関 節 や 腹 筋 に 痛 み を 感 じ る よ う に な っ て き た 。 痛 み は 四 肢 全 体 に も 広 が り 、痺 れ も 伴 う よ う に な っ て き た 。 手 指 ・ 肘 ・ 膝 ・ 足 趾 に ア ロ デ ィ ニ ア も 出 現 す る よ う に な っ た 。

リ ウ マ チ 科 受 診 し 、膠 原 病 の 疑 い で ス テ ロ イ ド を 投 与 さ れ 、症 状 は 多 少 改 善 し た が 、血 液 検 査 で 膠原 病 が 否 定 さ れ た 。 ス テ ロ イ ド 投 与 中 止 。 A 大 学 病 院 で は 特 に 問 題 は な か っ た 。 し か し 症 状 改 善 な い た め 、漢 方 治 療 を 希 望 し 受 診 と な っ た 。

血 圧 130/96 。 脈 は 70 、沈 滑 有 力 。 舌 : 暗 紅 で 胖 大 、白 膩 苔 。 食 欲 良 好 。 便 通 は 下 痢 傾 向 。 睡 眠 は痛 み で し ば し ば 覚 醒 。 疼 痛 は 四 肢 ・ 腹 筋 に 主 に 認 め ら れ 、歩 行 ・ 立 位 や 座 位 で 悪 化 。 線 維 筋 痛 症の 圧 痛 点 (*) は 陰 性 。 の ぼ せ や イ ラ イ ラ し た り 、抑 う つ 的 に な り や すい 。 一 時 期 治 療 を 受 け た こ と が あ る 。 治 療 は 疏 肝 清 熱 化 痰 、活 血 化 瘀 。 竹 筎 温 胆 湯 加 減 を 投 与。

柴 胡 7 、芍 薬 9 、牡 丹 皮 9 、桃 仁 9 、半 夏 9 、茯 苓 9 、竹 筎 9 、陳 皮 6 、枳 実 3 、山 梔 子 9 、黄 連 6 、木 通 6 、延 胡 索 6 、甘 草 5 。

2 週 間 後 、の ぼ せ と イ ラ イ ラ が 著 明 に 減 少 。 気 分 が よ く な っ た 。 痛 み も 多 少 改 善 し て き た 。 ア ロ デ ィニ ア は 消 失 。 脈 象 は 同 様 。 舌 の 前 半 が 少 苔 と な っ た 。 芍 薬 15 に 増 量 し 、知 母 9 を 加 え る 。

4 週 間 後 、疼 痛 は 前 回 よ り 改 善 。 B 大 学 病 院 の 麻 酔 科 を 受 診 。 CRPS と 診 断 さ れ 、ガ バ ペ ン 2 錠 を 投 与 。 痺 れ は 多 少 改 善 。 疏 肝 通 暢 を 強 め る 。 桂 皮 4 を 加 え 、延 胡 索 は 除 き、柴 胡 を 9 に 。 柴 胡 9 、桂 皮 4 、芍 薬 15 、牡 丹 皮 9 、桃 仁 9 、半 夏 9 、茯 苓 9 、竹 筎 9 、陳 皮 6 、枳 実 3 、 山 梔 子 9 、黄 連 6 、知 母 9 、木 通 6 、甘 草 5 を 投 与 。

6 週 間 後 、ま だ 疼 痛 は あ る が 、自 転 車 と バ ス で 通 勤 開 始 。 計 50 分 。 痛 み で 覚 醒 す る こ と は な く なっ た 。 前 方 を 投 与 。

本 例 は 線 維 筋 痛 症 で は な い が、前 段 階 の 病 態 と 考 え ら れ る 。 大 学 病 院 の 麻 酔 科 で 診 断 さ れ た CRPS と は 考 え ら れ な い 。 CRPS は 神 経 障 害 性 疼 痛 で あ り 、本 例 で は ト リ ガ ー と な る 神 経 へ の 傷 害 が 認 め ら れ な い 。 発 症 前 の 筋 肉 へ の 加 重 負 担 、 こ れ こ そ 本 例 の 発 症 要 因 と し て 重 要 と 考 え る べ き で あ る 。

線 維 筋 痛 症 の 原 因 は 科 学 的 に 確 立 し て い な い が 、疼 痛 発 生 の 原 発 部 位 を 神 経 に 求 め る 立 場 と 筋 肉 に 求 め る 立 場 が あ る 。 著 者 は 線 維 筋 痛症 の 疼 痛 は 筋 肉 が 原 発 で あ る と 考 え て い る 。 そ の 根 底 に は ス ト レ ス ( 心 理 的 / 肉 体 的 ) が 存 在 す る と 考 え る。

ス ト レ ス で は 筋 の 緊 張 が 亢 進 し 、筋 が 持 続 的 に 収 縮 す る た め 血 管 が 圧 迫 さ れ 、血 流 障 害 が 引 き 起 こ さ れ 、筋 が 傷 害 さ れ る 。 発 痛 物 質 や 炎 症 性 メ デ ィ エ イ タ ー が 漏 出 さ れ 痛 み が 生 じ る ( ポ リ モ ー ダ ル 受 容 器 を 刺 激 す る ) 。

疼 痛 刺 激 が 持 続 す る と 、大 脳 ・ 脊 髄 で 神 経 の 可 塑 性 が 生 じ 、 神 経 の 刺 激 を 伝え る シ ナ プ ス で 、神 経 の 連 絡 が 密 に な る 。 痛 覚 刺 激 に 対 す る 感 覚 が 敏 感 と な り、痛 み の 範 囲 も 広 がる 。 末 梢 神 経 で は 疼 痛 に 対 し 侵 害 受 容 器 の 感 受 性 が 亢 進 す る 。 こ の た め 二 次 的 に 神 経 障 害 性 疼痛 が 生 じ る 。 筋 か ら 神 経 へ 。

線 維 筋 痛 症 や 類 似 疾 患 は 、筋 の 虚 血 か ら 神 経 の 可 塑 性 が 線 維 筋 痛 症 に 伴 う 精 神 症 状 は 、炎 症 性 メ デ ィ エ イ タ ー で あ る イ ン タ ー ロ イ キ ン な ど が 、脳 内 に 働 く こ と に よ り 発 症 す る !?

線 維 筋 痛 症 の 発 症 機 序 ( 科 学 的 お よ び 中 医 学 的 ) は 、 拙 著 『 疏 肝 理 気 活 血 利 水 法 が 著 効 し た 線 維 筋 痛 症 』、 『 漢 方 の 臨 床 』 2 0 1 1 年 2 月 号 、P 271 ∼ 277 を 参 照 。



にほんブログ村 

テーマ:膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 線 維 筋 痛 症 」 は 脳 の 可 塑 性 が 原 因




日産銀座ギャラリー・たま電気自動車日産銀座ギャラリー






今 日 、脳 の 可 塑 性 は 広 く 認 知 さ れ る よ う に な っ て き た 。 学 習 や 訓 練 は 神 経 細 胞 間 の 情 報 伝 達 を 迅 速 ・ 高 用 量 化 し 、脳 の 情 報 統 合 処 理 能 力 を 高 め 、ヒ ト の 知 能 を 進 化 さ せ る 。

可 塑 性 は 障 害 さ れ た 中 枢 神 経 機 能 の 修 復 を も 可 能 に す る 。 傷 害 を 免 れ た 神 経 組 織 が 、喪 失 し た 機 能 を 獲 得 し 代 行 す る 。今 ま で 諦 め ら れ て い た 、脳 卒 中 の 後 遺 症 に も 光 が 射 し 込 む 。

脳 卒 中 後 遺 症 の リ ハ ビ リ に 開 発 さ れ た の が C I 療 法 で あ る 。 健 側 の 腕 を 拘 束 し 、麻 痺 側 に 集 中 的 に リ ハ ビ リ 訓 練 を 行 う 。 廃 用 し た 機 能 を 健 側 で 代 用 さ せ る 従 来 の リ ハ ビ リ と は 異 な る 。 可 塑 性 を 利 用 し 、失 わ れ た 麻 痺 側 の 機 能 を 取 り 戻 す の で あ る 。

大 脳 の 運 動 野 は 、 “ 動 く ” と イ メ ー ジ す る だ け で も 活 性 化 す る 。 脳 内 の 想 像 上 の 運 動 も 、リ ハ ビ リ と 同 様 の 治 療 効 果 を 現 わ す 。 四 六 時 中 “ 動 く ” と 念 じ て い る と 、麻 痺 を も 砕 く 奇 跡 が お こ る 。
                                                         

脳 の 可 塑 性 は 、人 類 を 進 化 さ せ 、文 明 を 発 展 さ せ て き た 。 し か し 良 い こ と ば か り で は な い 。 思 わ ぬ 病 の 引 き 金 と な る 。 受 診 疾 患 の 1 o r 2 位 ( ? ) と な る 慢 性 疼 痛 の 原 因 と な る 。

不 快 な 刺 激 の 持 続 は 、末 梢 ・ 中 枢 神 経 系 に 変 化 を 生 じ さ せ 脊 髄 後 角 細 胞 や 大 脳 の 疼 痛 感 覚 細 胞 の 活 動 性 を 高 め る 。 活 動 性 が 高 ま る と 、周 囲 の 正 常 な 領 域 に も 刺 激 は 及 ぶ 1) 。 疼 痛 刺 激 が な い 部 位 で も 、脳 は 誤 っ て 痛 み を 感 じ て し ま う 。 局 所 の 疼 痛 が 周 囲 に も 広 が り 、終 に は 全 身 に 疼 痛 を 感 じ る。

そ の 代 表 が 全 身 性 疼 痛 性 疾 患 で あ る 線 維 筋 痛 症 で あ る 。 局 所 の 筋 の 痛 み 刺 激 が 治 ら ず に 、脳 を 刺 激 し 続 け る た め 、動 い た り 、触 れ た だ け で も 、痛 み が 誘 発 さ れ る よ う に な る 。 視 床 や 尾 状 核 の 血 流 低 下 や 脳 波 の 異 常 も 報 告 さ れ て い る 。

し か し 、局 所 の 疼 痛 が 全 身 に 広 が る 症 例 は 、ま れ で あ る 。 線 維 筋 痛 症 に お け る “ 神 経 ” の 意 味 は 、“ 二 義 的 ” で あ る 。 線 維 筋 痛 症 の 発 症 は 、“ 筋 ” よ り 始 ま る と い う こ と で あ る 。 神 経 因 性 疼 痛 、す な わ ち 神 経 の 傷 害 が 始 ま リ で は “ な い ”

収 縮 ・ 伸 張 運 動 を 繰 り 返 す “ 筋 ” は 、虚 血 状 態 に 陥 り や す い 。 虚 血 は 乳 酸 や 活 性 酸 素 を 産 生 し 、疼 痛 を 引 き 起 こ す 。 さ ら に 、筋 小 胞 体 か ら C a イ オ ン が 漏 出 す る た め 、筋 収 縮 が 持 続 す る 。 筋 の 過 剰 な 収 縮 は 血 流 障 害 を 引 き 起 こ し 、悪 循 環 を 形 成 す る 。 筋 収 縮 → 虚 血 → 疼 痛 物 質 の 産 生 → 脳 の 感 覚 細 胞 の 刺 激 → 痛 み の 感 覚 神 経 細 胞 が シ ナ プ ス 結 合 を 周 囲 に 拡 大 さ せ る 。 本 来 は 疼 痛 刺 激 が 伝 わ ら な い 感 覚 神 経 細 胞 も 痛 み を 感 じ る 。

線 維 筋 痛 症 に は 慢 性 の 全 身 疲 労 や う つ 症 状 な ど が 合 併 す る 。 筋 肉 の 虚 血 は ミ ト コ ン ド リ ア で の A T P の 産 生 能 を 障 害 す る 。 A T P は 体 内 の エ ネ ル ギ ー 源 で あ る た め “ 疲 労 ” が 出 現 す る 。 慢 性 疲 労 症 候 群 と の 異 同 は 、疼 痛 ⇔ 疲 労 へ の 視 点 の 違 い ?

血 流 障 害 は 免 疫 細 胞 ( 炎 症 細 胞 ) の 活 性 化 を 誘 導 す る た め 、炎 症 を 引 き 起 こ す 多 種 多 量 の 生 理 活 性 物 質 が 放 出 さ れ る 。 生 理 活 性 物 質 は 筋 肉 だ け で な く 、中 枢 神 経 に も 影 響 を 及 ぼ す 。
サ イ ト カ イ ン は う つ 病 を 誘 発 し た り 、全 身 の 疼 痛 を 引 き 起 こ す 。 筋 の 虚 血 は 痛 み だ け で な く 、全 身 性 疲 労 や う つ の 原 因 と な る 。 線 維 筋 痛 症 は 難 治 で あ る が 、漢 方 で は 治 療 効 果 が 高 く な る 。

線 維 筋 痛 症 の 発 症 原 因 は 虚 血 で あ る た め 瘀 血 と 考 え ら れ る 。 治 療 は 活 血 化 瘀 な の だ が 、“ 気 ” の バ ッ ク ア ッ プ が 必 要 と な る 。 虚 血 の 裏 に は 気 の 鬱 滞 が 存 在 し て い る 、と 著 者 は 推 察 す る 。 終 り に : 今 後 は 線 維 筋 痛 症 と CRPS と の 異 同 も 問 題 に な ろ う 。 漢 方 で は 線 維 筋 痛 症 も C R P S も 、治 療 法 は 同 じ で や さ し い 。 線 維 筋 痛 症 を 詳 し く 知 り た い 方 は こ ち ら を ク リ ッ ク し て 下 さ い 。

注 1 ) 疼 痛 刺 激 を 慢 性 的 に 受 け る 大 脳 の 知 覚 領 域 ( 神 経 細 胞 ) は 、周 囲 の 他 の 知 覚 領 域 ( 神 経 細 胞 ) と 神 経 線 維 に よ る シ ナ プ ス 結 合 を 強 め る た め 、体 で 感 じ る 疼 痛 領 域 も 周 囲 の 健 常 部 位 へ と 広 が る。 そ の た め 体 の 正 常 な 領 域 で も 、実 際 に は 存 在 し な い 疼 痛 を 感 じ る よ う に な る 。 こ れ は 幻 肢 痛 の 発 痛 メ カ ニ ズ ム に 似 る 。 上 下 肢 が 欠 損 し て い て も 、そ の 脳 の 知 覚 領 域 が 、他 の 体 の 部 位 か ら の 感 覚 領 域 の 神 経 細 胞 と シ ナ プ ス で 結 ば れ る と 、異 常 な 刺 激 を 受 け る ( 感 じ る ) よ う に な り 、肢 が な い の に 痛 み ( 幻 肢 痛 ) を 感 じ る よ う に な る 。



にほんブログ村 

テーマ:肩こり・腰痛など・・ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード