ス ト レ ス 解 消 に 小 柴 胡 湯 . 加 味 逍 遥 散 と の 鑑 別 .


 (from her)今戸神社.





 パ ワ ー ス ポ ッ ト 今 戸 神 社 


前 々 回、 柴 胡 剤 は 現 代 ス ト レ ス 社 会 の 頻 用 処 方 と 述 べ た 。 胆 気 ( 肝 気 ) が 鬱 滞 ( 肝 気鬱 結 ) す る と、 さ ま ざ ま な 病 態 が 発 症 す る 。 少 陽 三 焦 は 気 ・ 津 の 通 路 で あ る た め、 胆 気 ( 肝 気 ) が 鬱 滞 す る と、 正 気 の 流 通 不 利 が 生 じ、 病 理 産 物 で あ る 痰 飲 が 産 生 さ れ る 。 正 気 の 心 ( 脳 ) へ の 布 達が 阻 害 さ れ、 痰 飲 が 心 ・ 胸 で 擾 乱 す る よ う に な る と、 う つ や 不 安 や イ ラ イ ラ と い っ た 精 神 症 状 が 生 じ る 。

中 年 の 女 性 。 慢 性 腎 不 全 で 治 療 中 。 1 週 間 前 よ り 軽 い 咳 を 自 覚 し て い た が、 昨 日 38 度 台 の 発 熱 と 咳 ・ 痰 の 悪 化 が み ら れ る よ う に な っ た 。 脈 は 110 滑 弦 有 力 。 舌 は 暗 紅 で 全 体 が 白 苔 で 被 わ れ る 。 熱 は 37 度 台 。 心 肺 清 。 頻 回 に 咳 を し て い る 。 顔 が ほ て る が、体 は 寒 ↹ 熱 。 咽 喉 痛 を 訴 え る が、 発 は 軽 度 。 食 欲 な い 。 小 柴 胡 湯 と 桔 梗 湯 を 投 与 。 翌 日 に は 解 熱 し、 咳 痰 も 大 分 楽 に な っ た 。

本 例 で は 風 邪 の 改 善 よ り も、 本 人 か ら 「 胸 が ス カ ッ と し た の に は 驚 い た 。 何?の く す り な ん で すか! 」 と の 発 言 が 意 味 深 で あ る 。 柴 胡 湯 は 三 焦 を 通 じ、 気 ・ 津 を 全 身 に 布 達 す る 。 と く に 膈 に お け る 気 ( 津 ) の 昇 降 を ス ム ー ズ に し て く れ る 。 心 ( 脳 ) に 正 気 が 通 じ、 痰 飲 が 除 去 さ れ る た め、 精 神 が 溌 剌 と な る 。 気 分 爽 快 だ ~ 本 例 の よ う な 慢 性 疾 患 に は 不 安 が 付 き ま と う 。 気 が 晴 れ な い 。

小 柴 胡 湯 は 胆 ( 肝 ) の エ ン ジ ン と し て の 働 き を up さ せ、 胸 - 膈 - 心下 に 鬱 滞 す る 痰 飲 を 排 除 し、 気 津 の 昇 降 出 入 を ス ム ー ズ に し 心 の 乱 れ を 整 え る 。 加 味 逍 遥 散 は 肝 の 陰 血 ( エ ン ジ ン の 燃 料 ) の 不 足 を 補 う こ と で、 気 血 の 疎 通 を 活 発 に し、 ホ ル モ ン の バ ラ ン ス を 整 え る 。 二 方 剤 と も 柴 胡 を 有 し て い る 。 小 柴 胡 湯 で は 半 夏、 加 味 逍 遥 散 で は 当 帰 と 芍 薬 が、 薬 効 の 違 い を 引 き 出 し て い る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

女 性 の 自 律 神 経 失 調 症 に 柴 胡 桂 枝 湯 + 香 蘇 散



夜の宵山前祭り(長刀鉾)長刀鉾







IMG_0591函谷鉾









30 代 女 性 。 3 年 前 か ら 倦 怠 感 が 現 れ、 横 に な る と ド ン ド ン と 動 悸 を 感 じ る よ う に な っ た 。 動 作 時 に は 動 悸 を 感 じ な い 。 立 ち く ら み も み ら れ る 。 5 ∼ 6 年 前 か ら 体 重 が 13 ㎏ 減 っ た 。 食 欲、 便 通 は 良 好 。 睡 眠 は 時 々 怖 い 夢 を み る 。 月 経 は 順 調 だ が、 生 理 前 1 週 間 は 頭 痛 や イ ラ イ ラ が 出 現し、 微 熱 を 感 じ る 。 生 理 が 始 ま る と 楽 に な る 。 血 塊 は 少 量 。 天 気 が 悪 く て も 頭 痛 が 現 れ る た め 床 に就 く 。

脈 は 72 で 沈 細 。 舌 は 淡 紅 で 薄 白 滑 苔 で 被 わ れ る 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 は な い 。 腹 診 で は 腹 力 3/5 で軟、 臍 傍 に 動 悸 を 強 く 触 れ る 。 胸 脇 苦 満 な く、 心 下 痞 鞭 も な い 。 柴 胡 桂 枝 湯 + 香 蘇 散 を 投 与 。 2 週 間 後、 体 調 が 改 善 し た 。 動 悸 も 感 じ な く な っ た 。 頭 痛 も 起 き な い 。 熟 睡 で き る よ う に な っ た 。 就 職 し 仕 事 を 始 め た が 良 好 と 。

こ の 方 は 出 産 歴 2 回 で あ る が、 そ の た び に 体 重 が 20 kg も 増 加 し て い る 。 生 理 前 や 天 候 が 悪 い と 頭 痛 も 出 現 す る 。 痰 飲 ( 水 ) が 停 滞 し や す い 体 質 で あ る 。 さ ら に 夫 婦 間 の ト ラ ブ ル に 悩 ん で い た 。 肝 気 の 流 れ が う つ 滞 ( 肝 鬱 ) す る た め、 気 血 水 の 流 通 も 停 滞 す る 。 そ の た め、 気 の 不足 や 水 の さ ら な る 蓄 積 ( 悪 循 環 ) が 生 じ、 病 状 は 悪 化 す る 。 疎 肝 解 鬱 し 気 の 流 れ を 流 通 さ せ、 痰 飲 を 除 く 。

女 性 の 肝 鬱 で 痰 飲 が 主 病 因 の 場 合 は、 柴 胡 桂 枝 湯 + 香 蘇 散 が 著 者 の 頻 用 処 方 であ る 。 柴 胡 桂 枝 湯 は 小 柴 胡 湯 に 比 べ、 柔 肝 作 用 の あ る 芍 薬、 気 血 の 流 通 を 促 進 す る 桂 枝 が 含 ま れ る た め、 比 較 的 体 力 の 低 下 し て い る 女 性 に も 安 心 し て 使 え る 疏 肝 薬 だ 。 香 蘇 散 は 女 性 の 気 鬱 に は 最 適 。 柴 胡 剤 と 併 用 し て 効 果 抜 群


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

不 定 愁 訴 ( 自 律 神 経 失 調 症 ) に 桂 枝 人 参 湯


東京デズニーランド













30 代 女 性 。 5 年 前 か ら 生 理 の 1 週 間 前 に な る と 情 緒 不 安 定 と な る 。 胸 が 苦 し く な っ て 不 安 に な り イ ラ イ ラ す る 。 生 理 痛 も ひ ど く 鎮 痛 薬 が 効 か な く な っ て き た た め 受 診 。 基 礎 体 温 は 二 相 性 で あ る 。 高 校 の 頃 か ら も た れ や す く、 胃 が ム カ ム カ す る た め 、食 欲 が あ ま り な い 。 便 は 下 痢 気 味 で ス ッ キ リ で な い 。 寝 つ き も 良 く な く 夢 が 多 い 。 起 床 が つ ら く、 1 日 中 だ る く て 横 に な り た い 。 手 足 が 冷 え る 。 の ぼ せ は な い 。 せ か さ れ る と 動 悸 が し 胸 苦 し く な る 。 咽 喉 の 痞 塞 感 も あ る 。 精 密 検 査 を 受 け た が、 異 常 は な か っ た 。 緊 張 し や す く 気 分 が ス ッ キ リ し な い 。

脈 は 80 で 細 滑 弦 、按 じ て 弱 。 舌 は 暗 紅 で 白 苔 に 被 わ れ る 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 は な い 。 腹 部 は や や 軟 で 、 心 下 か ら 臍 上 に 動 悸 を 触 れ る 。 左 右 の 臍 下 に 抵 抗 あ り 。 下 腿 に 浮 腫 な し 。 胸 膈 停 痰 、陰 陽 不 和、 虚 陽 浮 越 と 診 断 し 、 半 夏 厚 朴 湯桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 を 投 与 。 2 週 後、 胸 の 痞 え は 取 れ た が、 胃 が も た れ る 。 寝 つ き が 悪 い 。 相 変 わ ら ず 疲 れ や す い 。 緊 張 し 肩 凝 り ・ 頭 痛 ・ め ま い が す る 。 肝 鬱 も 考 慮 し、 半 夏 厚 朴 湯 を 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 に 変 更 。 2 週 間 後、 ほ と ん ど 変 化 が な い 。 低 温 相 の と き 胃 も た れ が ひ ど か っ た 。 お 腹 を 温 め る と 楽 だ っ た 。 胃 寒 が 主 体 と 考 え、 桂 枝 人 参 湯 を 投 与 し、 安 中 散 を 生 理 痛 の 頓 用 と し た 。 2 週 間 後、 胃 も た れ が 楽 に な り、 食 欲 が 出 て き た 。 今 回 の 生 理 は 痛 み が 1 日 だ け だ っ た 。 食 欲 が 出 て き て か ら、 寝 つ き も 良 く な っ た 。 動 悸 も 消 失 し た 。 そ の 後 同方 で 諸 症 状 が 安 定 し て い る 。

本 例 は 当 初、 不 定 愁 訴 を 気 滞 や 気 鬱 に よ る 症 状 と 考 え た が、 胃 寒 ( 太 陰 の 虚 寒 ) に よ る 症 状 で あ っ た 。 寒 ( 冷 ) は 気 血 を 凝 滞 さ せ る た め、 気 血 の 流 通 は 鬱 滞 し 不 通 と な る 。 臓 腑 が 気 血 の 還 流 を 受 け な い と、 働 き は 低 下 す る た め 疲 労 倦 怠 を 訴 え る 。 ま た 不 通 則 痛 で 疼 痛 も 現 わ れ る 。 そ こ で、 中 を 温 め 散 寒 し、 脾 胃 で 気 の 産 生 を 推 進 す る 人 参 湯 に、 通 陽 の 桂 枝 を 加 え た 桂 枝 人 参 湯 を 投 与 し た 。

桂 枝 ( 皮 ) は 正 気 を 昇 ら せ る 働 き が あ る た め、 濁 気 は そ の 位 に い る こ と が で き な く な り、 降 り ざ る を 得 な く な る 。 そ こ で 濁 気 が 上 逆 して 生 じ る、 動 悸 や 頭 痛 や 眩 暈 や 耳 鳴 り や 肩 こ り な ど に 使 用 さ れ る 。 桂 枝 人 参 湯苓 桂 朮 甘 湯 か ら 茯 苓 を 除 き、 人 参 と 乾 姜 を 加 え た 方 剤 だ 。 脾 胃 が 虚 寒 し て、 濁 気 が 上 衝 す る 場 合 に 用 い る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

加 味 逍 遥 散 で 気 分 ス ッ キ リ



食い倒れ人形大阪通天閣











20 代 女 性 。 昨 日 通 勤 途 中 で 手 足 が 痺 れ 動 く こ と が で き な く な っ た た め 他 院 を 救 急 受 診 。 安 定 剤 の 投 与 を う け 改 善 し た た め 帰 宅 。 し か し 本 日 も 通 勤 途 中 に 痺 れ が 出 現 し た た め 救 急 受 診 と な っ た 。 痺 れ だ け で 呼 吸 困 難 は な い が 、 ム カ ム カ し 一 度 嘔 吐 し て い る 。 到 着 時 に は 大 分 痺 れ が 消 失 し て い た 。 血 圧 正 常 。 脈 は 86 で 沈 細 偏 弦 。 舌 は 偏 紅 で 白 苔 に 被 わ れ る 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 は な い 。 心 下 が 痞 え 抵 抗 が み ら れ る 。 食 欲 ・ 便 通 は 普 通 だ が 、 朝 に 口 粘 あ り 。 睡 眠 は 寝 つ き が
悪 い と き が 多 く 、 起 床 が つ ら い 。 手 足 は 冷 え る 。 生 理 は 28 日 型 だ が 生 理 痛 が ひ ど い 。 最 近 仕 事 が 忙 し く 、 ス ト レ ス だ 。 聞 く と イ ラ イ ラ し や す い よ う だ 。 眼 の 輝 き が 強 く 感 じ ら れ る 。 加 味 逍 遥 散 を 投 与 す 。

2 週 間 後 、 再 診 に 訪 れ た 。 痺 れ は 一 度 も な か っ た 。 睡 眠 も よ く な り 、 起 床 も 楽 に な っ た 。 胃 が 痞 え る 感 じ が な く な り 、 ス ッ キ リ し て き た 。 イ ラ イ ラ し な く な り 、 肩 こ り ・ 頭 痛 も 起 き な く な っ た 。 4 週 間 後 、 今 回 の 生 理 は 痛 み が 軽 か っ た 。 体 調 が よ い の で し ば ら く 飲 み た い 、 と 。

今 回 の 症 例 は 典 型 的 な 加 味 逍 遥 散 証 な の で 、 自 信 を も っ て 処 方 で き た 。交 感 神 経 の 緊 張 ( ス ト レ ス ) の た め 肝 鬱 と な り 、脾 胃 に 負 担 が 及 び 痰 飲 が 産 生 さ れ 、 さ ら に 血 の 流 れ も 停 滞 す る よ う に な っ た 。 痰 飲 の た め 胃 が 痞 え て ス ッ キ リ し な く な っ た 。 血 の 運 行 不 利 の た め 月 経 痛 が 生 じ 、 生 理 も 2 日 と 短 期 と な っ た 。 肝 鬱 に よ り 気 血 の 運 行 が 停 滞 し 手 足 の 痺 れ が 生 じ た 。 ス ト レ ス に よ る 末 梢 血 管 の 収 縮 だ 。 そ こ で 、加 味 逍 遥 散 を 投 与 し 、血 を 補 い 、疏 肝 解 鬱 し 、胃 腸 の 働 き を 助 け 、 気 血流 通 を 改 善 す る こ と が で き 、 著 し い 改 善 が 得 ら れ た 。

加 味 逍 遥 散 は 血 虚 が 存 在 し 、 そ の た め 肝 の 疏 泄 不 利 が 生 じ 、 脾 胃 に 負 担 を か け て い る 状 態 で あ る 。 肝 血 ( 燃 料 ) を 補 い な が ら 疏 泄 を 助 け な け れ ば 、 気 を 損 耗 す る だ け で 症 状 は 悪 化 す る 。 肝 の 陰 血 の 不 足 が 著 し い と 四 物 湯 を 加 味 し な け ら ば な ら な い 。 加 味 逍 遥 散 証 ( 血 虚 肝 鬱 ) を 見 出 す こ と は 容 易 で あ り 、 患 者 さ ん に 喜 ば れ る



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 立 ち く ら み 」 に も 「 抑 肝 散 」










20 代 女 性 。 2 か 月 前 か ら 立 ち く ら み が ひ ど く、 家 で 横 に な っ て い る こ と が 多 く な っ た 。 立 ち 上 が ろ う と す る と 目 の 前 が 暗 く な っ て 倒 れ そ う に な る 。 ず き ず き し た 頭 痛 も 現 わ れ る よ う に な っ た 。 そ の こ ろ よ り 咳 や 痰 が 多 く な り、 咽 喉 の 奥 の つ か え を 感 じ る 。 1 か 月 前 か ら 近 医 で 治 療 す る も 改 善 が な く、 薬 で 気 持 ち 悪 く な る た め 受 診 し た 。

血 圧 正 常 。 脈 は 70 で 細 滑 偏 弦 。 舌 は 暗 紅 色 で 白 膩 苔 で 被 わ れ る 。 食 欲 は 正 常 。 動 悸 は な い 。 寝 つ き が よ く な い 。 昔 か ら イ ラ イ ラ し や す く 少 し の こ と で 怒 り っ ぽ く な る 。 生 理 不 順 ( 遅 延 ) が ひ ど い た め ピ ル を 服 用 し て い た が、 他 院 に 通 院 し だ し た 1 か 月 前 か ら 中 止 中 。

血 虚 肝 鬱、 肝 陽 化 風 と 診 断 。 抑 肝 散 加 陳 皮 半 夏 エ キ ス 3 包 投 与 。 1 週 間 後 。 立 ち く ら み と 頭 痛 が 改 善 し 職 場 に 復 帰 で き た が、 ま だ 咳 が 続 い て い る 。 咽 喉 の 痞 塞 感 が あ り 痰 が 多 い た め 半 夏 厚 朴 湯 を 追 加 。 1 週 間 後、 咳 も な く な り 気 分 が 爽 快 に な っ た と 感 謝 さ れ た 。

立 ち く ら み は 起 立 性 低 血 圧 に よ り、 脳 の 血 流 低 下 が 生 じ 発 症 す る も の と 考 え ら れ て い る 。 臥 位 か ら 急 に 立 ち 上 が る と、 血 液 ( 静 脈 血 ) は 下 肢 に 下 降 し 貯 留 す る た め、 一 時 的 に 血 圧 が 低 下 す る 。 し か しヒ ト に は 圧 受 容 器 が あ る た め、 す ぐ に 血 管 が 収 縮 し、 血 圧 は 元 の 状 態 に 戻 る た め、 通 常 は 立 ち く ら み は 起 こ ら な い 。 貧 血 で あ っ た り 降 圧 剤 の 服 用 中 や 糖 尿 病 で あ れ ば、 し ば し ば 立 ち く ら み が 生 じ る 。

本 例 で は こ れ ら の 原 因 が な く、 起 立 性 の 低 血 圧 に よ る も の な の か 。 し か し 仕 事 に 行 け ず 家 で 横 に な っ て い る ほ ど の 著 明 な 低 血 圧 は 異 常 だ 。 シ ャ イ ・ ド レ ー ガ ー 症 候 群 の よ う な 特 殊 な 疾 患 で な け れ ば 考 え ら れ な い 。 低 血 圧 以 外 の 状 態 が 想 定 さ れ る 。 そ れ は 何 ?

起 立 な ど で 血 圧 が 低 下 す る と、 圧 受 容 器 か ら 交 感 神 経 系 に 刺 激 が 伝 え ら れ 、 交 感 神 経 系 が 反 応 し 血 圧 が 上 昇 す る 。 こ の と き 交 感 神 経 の 反 応 が 異 常 に 亢 進 す る と、 の ぼ せ や め ま い や 頭 痛 な ど が 生 じ る 。 交 感 神 経 が 異 常 に 反 応 す る の は、 普 段 か ら 交 感 神 経 が 緊 張 し て い る た め で あ ろ う 。 現 代 ス ト レ ス 社 会 が そ の 根 底 に あ る 。

ス ト レ ス で は 肝 気 の 流 れ が 鬱 滞 ( 肝 鬱 ) し や す い 。 「 抑 肝 散 証 」 は 肝 鬱 の た め、 気 が 鬱 し て 熱 と 化 し 火 が 生 じ、 「 風 と 共 に 去 り ぬ 」 で、 火 は 風 を 呼 び 込 み 燃 え 盛 り、 火 の 塊 と な っ て 炎 上 ・ 上 昇 す る 。 火 の 塊 が 上 昇 し 頭 を 衝 け ば、 頭 痛 や 眩 暈、 ひ ど け れ ば 卒 倒 す る 。 現 代 ス ト レ ス 社 会 で 暮 ら す 人 び と は 、 交 感 神 経 の 緊 張 状 態 に あ る 。

漢 方 で い う 肝 気 鬱 結 ( 肝 鬱 ) で あ る 。 し か し 抑 肝 散 が 適 応 す る 病 態 は、 肝 鬱 は 存 在 す る の だ が、 主 体 は 火 の 上 炎 で あ る 。 中 医 学 で い う 火 が 風 を 生 じ ( 生 風 ) た 状 態、 す な わ ち 肝 陽 化 風 で あ る 。 抑 肝 散 の 主 薬 は 熄 風 薬釣 藤 鈎 だ 。 火 と 風 が 熄 ( や ) む 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード