歯 痛 は 瘀 血 が 原 因 だ



中尊寺金色堂(岩手県平泉町)東邦大学同窓会長,理事.舳松洋先生と著者





            舳 松 洋 先 生 と (2013年1月2日)

      あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す
『 ド ク タ ー ズ ル ー ル 425 医 師 の 心 得 集 』 に 「 可 能 な ら す べ て の 薬 を 中 止 せ よ 。 不 可 能 な ら で き る だ け 多 く を 中 止 せ よ 。 高 齢 者 の ほ と ん ど は 、 薬 を 中 止 す る と 体 調 が よ く な る 。 」 と あ る 。 寝 た き り 高 齢 者 を 診 て い る と 、 そ の 意 味 す る と こ ろ が 理 解 で き 納 得 さ せ ら れ る 。 

高 齢 者 は 次 第 に ケ ミ カ ル の ダ イ レ ク ト な 働 き に 耐 え ら れ な く な り 、 ケ ア を 中 心 と し た 医 療 に 依 存 す る 。 口 腔 は 食 事 や 呼 吸 の 入 り 口 で あ る た め 、 口 腔 ケ ア は 非 常 に 重 要 と な る 。 嚥 下 機 能 を 改 善 さ せ 誤 嚥 性 肺 炎 を 予 防 す る こ と に 加 え 、 認 知 機 能 を 回 復 さ せ 自 立 性 を 向 上 さ せ る 。 高 齢 化 社 会 に 向 け 漢 方 薬 の ニ ー ズ は 衰 え な い 。


中 年 の 女 性 。 2 週 間 前 か ら 10 年 以 上 も 前 に 治 療 し た 歯 に 違 和 感 を 覚 え る 。 3 日 前 に 急 に 疼 痛 が 出 現 し 持 続 。 食 事 で 噛 む の が や っ と で あ る が 、麻 酔 で シ ョ ッ ク に な っ た こ と が あ る た め 、歯 医 者 に は 行 き た く な い 。 友 人 か ら 歯 槽 膿 漏 が 漢 方 薬 ( 排 膿 散 及 湯 ) で 治 っ た と 聞 い て 、 受 診 。 歯 肉 に 明 ら か な 炎 症 所 見 は 見 ら れ な い 。 食 欲 あ り 。 疲 れ は な い 。 冷 え 性 で 冬 は 湯 た ん ぽ と ホ ッ カ イ ロ が 離 せ な い 。

血 圧 正 常 。 脈 は 60 で 、 細 渋 で や や 不 整 ( 本 人 自 覚 ) 。 舌 は 偏 淡 で 潤 、 少 苔 。 胃 内 停 水 、 胃 下 垂 を 認 め る 。 桂 枝 湯 エ キ ス 7.5 g を 1 週 間 分 投 与 。 桂 枝 湯 を 1 包 服 用 し た と こ ろ 痛 み が 消 え て し ま っ た 。 桂 枝 湯 は 桂 皮 で 血 行 を 促 進 し ( ゴ ー ) 、 芍 薬 で リ タ ー ン さ せ る 。

痛 み は 「 不 通 則 痛 、通 則 不 痛 」 と 云 わ れ る よ う に 血 流 障 害 に よ り 生 じ る 。 血 流 が 鬱 滞 ( 瘀 血 ) す る と 組 織 に 虚 血 性 傷 害 が 起 き 、 イ ン タ ー ロ イ キ ン や プ ロ ス タ グ ラ ン ジ ン な ど の 炎 症 メ デ ィ エ ー タ ー が 産 生 さ れ 炎 症 が 生 じ る 。 歯 は 中 心 部 の 歯 髄 に 血 管 と 神 経 が 入 り 込 ん で い る た め 、 血 流 障 害 が 起 き や す く 、 疼 痛 が 出 現 し や す い 。

桂 皮 は 気 の 流 れ を 促 進 す る た め 血 流 を 改 善 す る ( 気 は 血 の 帥 ) 。 駆 瘀 血 薬 で あ る 桃 核 承 気 湯 に も 桂 皮 が 含 ま れ 歯 痛 に 有 効 だ 。 桂 枝 茯 苓 丸 は 桂 枝 湯 加 減 ( 桃 仁 ・ 牡 丹 皮 ・ 茯 苓 を 含 む ) で あ る 。 柴 胡 桂 枝 湯 は 小 柴 胡 湯 と 桂 枝 湯 の 合 剤 で 歯 痛 に も 有 効 だ 。

歯 痛 で 有 名 な 立 効 散 に は 桂 皮 は な い が 細 辛 が 含 ま れ る 。 細 辛 の 気 を 通 す 作 用 は 強 力 で 鎮 痛 薬 と な る 。 さ ら に 構 成 生 薬 の 升 麻竜 胆 に は 熱 性 の 炎 症 を 抑 え る 働 き が あ る 。 炎 症 が 著 し い ( 熱 性 ) 場 合 は 清 熱 薬 ( 黄 連 ・ 黄 芩 ・ 黄 柏 な ど ) を 加 え な け ら ば な ら な い 。歯 槽 膿 漏 を 防 ぐ 小 林 製 薬 の 薬 用 「 生 葉 」 に は 黄 柏 が 含 ま れ て い る 。

炎 症 に は 浮 腫 が 伴 う た め 五 苓 散 が 必 要 な 場 合 も 多 い 。 い ず れ に
し ろ 血 行 を 改 善 し な け れ ば 疼 痛 は 改 善 し な い た め 、 気 を 流 通 さ せ る 気 剤 を 使 用 す る こ と が ポ イ ン ト だ 。 妻 か ら 香 蘇 散 1 服 で 著 効 し た 症 例 を 教 え ら れ た が 、 構 成 生 薬 の 香 附 子 は 気 の 流 通 を 改 善 す る 。


雪 山 の 遭 難 が ニ ュ ー ス で 頻 繁 に 流 さ れ て い る 。 寒 さ に 暴 露 し 35 度 以 下 の 低 体 温 と な る と 生 命 が 危 機 に 陥 る 。 さ ら な る 寒 さ へ の 暴 露 を 防 ぐ た め 、 急 ぎ 寒 さ か ら 運 び 出 す 必 要 が あ る 。 し か し運 搬 に 関 し て 注 意 す べ き こ と が あ る 。 乱 暴 に そ し て 急 激 に 動 か し て は い け な い ( slow and gentle に ) 。 そ れ は 末 梢 ( 腕 や 下 肢 ) の 冷 た い 血 液 が 体 の 中 心 部 の 温 か い 血 液 に 流 れ 込 む か ら だ 。 こ れ が シ ョ ッ ク や 危 険 で 異 常 な 心 拍 動 を 引 き 起 こ す の で あ る 。 同 様 に か ら だ を 温 め る 処 置 も ゆ っ く り と 行 わ れ る べ き で あ る 。 著 し い 低 体 温 は 心 拍 動 を 非 常 に 遅 く す る た め 、 脈 を 触 れ る こ と が 困 難 に な る 。 こ の た め 「 死 ん で い る よ う に み え て も 、 ま だ 生 き て い る か も し れ な い 」 の だ 。 注 意 が 必 要 だ ~



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

誤 嚥 性 肺 炎 と 口 腔 ケ ア


「旧開智小学校」、手前は新校舎(松本市)最も古い小学校のひとつ「旧開智小学校」





国宝松本城、当日は日本そば祭りで大混雑国宝松本城、November 7, 2012







高 齢 者 の 疾 病 は 長 引 き 回 復 が 遅 れ る た め フ ィ ジ カ ル な 機 能 の 衰 退 や 廃 絶 が 進 み や す く 、 重篤 な 感 染 症 ( 誤 嚥 性 肺 炎 ) が 発 症 し や す い 状 況 に あ る 。 こ の た め 高 齢 化 社 会 で は 疾 病 の 予 防 や 機 能 回 復 訓 練 ( リ ハ ビ リ ) へ の 重 要 性 が 増 し て く る 。 だ れ し も 最 期 ま で 人 間 ら し く 生 命 を 全 う し た い と 願 う の で あ る 。脳 卒 中 後 の 四 肢 の 運 動 麻 痺 に は 早 期 か ら リ ハ ビ リ が 行 わ れ 大 勢 の 方 々 が 社 会 復 帰 を 果 た し て い る 。

そ の 一 方 で 食 事 や 呼 吸 の 入 口 で あ る 口 腔 ケ ア ( 口 腔 リ ハ ビ リ ) へ の 対 応 が 遅 れ て い る 。 寝 た き り で は 嚥 下 機 能 の 低 下 が 現 わ れ 誤 嚥 性 肺 炎 の 危 険 が 高 ま る 。 こ の よ う な 状 況 に な る と 安 易 に 胃 瘻 が つ く ら れ 直 接 胃 に 流 動 食 が 送 ら れ る 。 こ れ は 医 療 側 の 利 便 性 を 反 映 し た も の で 、 そ の 前 に 行 う べ き こ と が あ る と 考 え る 。 そ れ が 口 腔 ケ ア で あ る 。 細 菌 の 住 み か で あ る プ ラ ー ク を 除 き 、 口 腔 内 を 清 潔 に す る こ と で 、 誤 嚥 性 肺 炎 は 半 減 す る と い わ れ る 。 さ ら に 口 腔 内 を 刺 激 す る こ と で 、 脳 の 活 性 化 や 嚥 下 力 の 改 善 が 期 待 さ れ る 。 自 分 で 食 事 が と れ 認 知 機 能 が 改 善 し 、 生 活 が 自 立 で き る よ う に な る の だ 。

実 際 、 口 腔 ケ ア を 行 う こ と で 胃 瘻 か ら 自 分 の 口 で 普 通 に 食 事 を と れ よ う に な っ た 方 が 「 誤 嚥 性 肺 炎 の 予 防 の た め の 口 腔 ケ ア ・ ・ ・ 」 で 紹 介 さ れ て い る 。 口 腔 ケ ア で 誤 嚥 性 肺 炎 が 減 少 す る こ と を 世 界 で 初 め て 報 告 し た の が 米 山 武 義 で あ る 。 「 命 の 入 り 口 心 の 出 口 」 に よ る と 、 歯 が な い 場 合 で も 義 歯 を 入 れ て い る 方 が 肺 炎 に な り に く く 、 認 知 症 の 進 行 予 防 に も つ な が る と い う 。 同 誌 に よ る と 静 岡 県 立 静 岡 が ん セ ン タ ー で は ル チ ー ン に 術 前 に 口 腔 ケ ア を 実 施 し 、 6 割 に 発 症 し て い た 術 後 の 感 染 や 肺 炎 を 16 % に 減 少 さ せ て い る 。 誤 嚥 性 肺 炎 は 不 顕 性 誤 嚥 に よ る 場 合 が 多 い た め 、 経 管 栄 養 で も 防 止 で き な い 。

噛 む こ と は 、 生 き る こ と 」  食 べ 物 が 口 に 入 る と 唾 液 が 出 て 、 口 腔 内 の 細 菌 も い っ し ょ に 胃 腸 に 送 ら れ 消 化 ( 殺 菌 ) さ れ る 。 経 管 栄 養 で は 唾 液 が 出 な い こ と に 加 え 、 簡 単 に 消 化 吸 収 が 行 わ れ る た め 小 腸 の 柔 突 起 が 委 縮 し 、 免 疫 力 が 低 下 す る と い わ れ る 。 経 管 栄 養 患 者 が 口 腔 ケ ア を 受 け る と 、 31 % が 口 か ら 食 べ れ る よ う に な り 、 経 管 栄 養 を 併 用 し な が ら も 口 か ら も 食 べ れ る よ う に な っ た 方 が 43 % 、 合 わ せ て 74 % の 方 が 「 生 き る こ と 」 を 実 感 で き た の だ 。

こ れ で は 漢 方 の 出 番 が な い の で は ?、 然 に 非 ず 。 半 夏 厚 朴 湯 が 嚥 下 反 射 を 改 善 し 誤 嚥 を 防 ぐ こ と が 実 証 さ れ て い る 。 中 国 医 学 で は 「 肺 は 貯 痰 の 器 、 脾 ( 胃 ) は 生 痰 の 器 」 と い う 。 寝 た き り で 痰 が 咽 喉 で ゴ ロ ゴ ロ し て い る の は 胃 に 問 題 が あ る 場 合 が 多 い の だ 。 胃 の 働 き を よ く し 痰 飲 を 排 除 す る 六 君 子 湯 が 奏 功 す る 。 幼 児 や 小 児 の 喘 息 で は 咽 喉 が ゴ ロ ゴ ロ 鳴 る も の だ 。 胃 腸 の 働 き が 未 だ 不 完 全 な た め で 、 六 君 子 湯 + 麻 杏 甘 石 湯 か 五 虎 湯 が 著 効 す る 。

口 内 炎 も 胃 の 問 題 で 発 症 す る 場 合 が 多 い 。 黄 連 解 毒 湯 、 半 夏 瀉 心 湯 、 黄 連 湯 、 六 君 子 湯 、 人 参 湯 、 八 味 地 黄 丸 な ど 。 詳 細 は 後 日 。漢 方 的 に も 強 制 的 に 栄 養 を 与 え 続 け る 胃 瘻 は 問 題 と な る  



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード