鬼 の 霍 乱 に 「 五 苓 散 」



FUJITSU の カレンダーより  







先 日 ハ ワ イ 大 学 に 留 学 し て い る 彼 女 と 食 事 を す る 機 会 が あ っ た 。 な ぜ 米 国 に 留 学 し た の か ?  卒 業 後 は な に を め ざ し て い る の か ? な ど 自 分 の 進 む べ き 道 を 明 確 に 述 べ る の に は 感 心 さ せ ら れ た 。ま だ 二 十 歳 の 女 性 な の で あ る 。 女 性 の 方 が 現 実 的 で あ る の か 。 理 想 を 追 い 求 め て い る の だ け の 男 性 で は 太 刀 打 ち で き ま い 。

野 生 の 世 界 で は 狩 り を す る の は メ ス で あ る 。 オ ス の 存 在 意 義 は 。 最 近 の 若 者 は 女 性 に ア タ ッ ク で き な い と 。 傷 つ く の が こ わ い の か 。 ア タ ッ ク で き な い よ う で あ れ ば 、傷 つ く の は 男 子 の 自 尊 心 な は ず だ 。 男 性 の 軟 弱 化 が 進 ん で い る 。 環 境 ホ ル モ ン や 食 事 が 原 因 な の か 。 い や 女 性 化い じ め低 俗 な TV 番 組 に 原 因 が あ り そ う だ 。 T V で 演 じ ら れ る 愚 行 は 、そ れ を ま ね す る 者 に お 墨 付 き を 与 え る 。


五 苓 散 は 浮 腫 や 頭 痛 や 嘔 吐 ・ 下 痢 な ど 幅 広 い 疾 患 に 用 い ら れ て い る 。 体 内 に “ 水 ” が 過 剰 に 存 在 す る 病 態 に 有 効 で あ る 。 摂 取 し た 水 は 腸 で 吸 収 さ れ 血 管 に 入 り 、 全 身 に 運 ば れ 毛 細 血 管 壁 を 通 過 し 、組 織 ・ 臓 器 に 供 給 さ れ る 。 水 の 9 5 % は 血 管 、 残 り の 5 % は リ ン パ 管 を 通 し て 回 収 さ れ る 。 漢 方 で は 水 の 通 路 ( 水 道 ) を 三 焦 と い う 。 

摂 取 し た 水 は 消 化 管 か ら 吸 収 さ れ 三 焦 を 経 由 し 全 身 に 運 ば れ 利 用 さ れ る 。 不 用 と なっ た 水 は 腎 に 運 ば れ 尿 と し て 排 泄 さ れ る 。 さ ら に 三 焦 は 皮 膚 で 腠 理 と 交 通 し 体 表 に 開 口 し 、 心 窩 部 ( 心 下 ) で は 嚢 状 に 拡 張 し 胃 と 交 通 す る 。 そ こ で 過 剰 と な っ た 水 は 、 腠 理 ( 汗 腺 ) や 胃 ( 消 化 管 ) か ら 汗 や 小 便 ・ 大 便 と な っ て 排 除 さ れ る ( 安 全 弁 ) 。 

腎 機 能 が 低 下 ( 腎 虚 ) す れ ば 当 然 水 が 停 滞 し む く む が 、 日 常 的 に は 胃 ( 消 化 管 ) が 酷 使 さ れ 働 き が 低 下 し 、む く む 場 合 が 多 い 。

こ の 猛 暑 で 体 が む く ん で 重 だ る い 。 む く み は 熱 を 発 散 す る た め 皮 膚 の 血 管 が 拡 張 す る こ と に 加 え 、 冷 水 を 多 飲 す る た め 胃 が 疲 れ 安 全 弁 が 作 動 せ ず 、 三 焦 ( 水 道 ) の 流 通 が 鬱 滞 す る た め に 生 じ る 。 飲 水 過 剰 で 胃 に 負 担 が か か っ て い る 場 合 は 五 苓 散 が 著 効 す る 。 過 剰 の 水 を 腸 が 吸 収 で き な い 下 痢 に も 有 効 。 夏 場 の 常 備 薬 だ 。

『 傷 寒 論 』 に 「 霍 乱 、 頭 痛 、 発 熱 、 身 疼 痛 、 熱 多 欲 飲 水 者 、 五 苓 散 主 之 。 寒 多 不 用 水 者 、 理 中 丸 主 之 」 と い う 条 文 が あ る 。 霍 乱 と は 、下 痢 し た り 吐 い た り し て 、 発 熱 、 頭 痛 、 疼 痛 が み ら れ る 疾 患 を い う 。 そ の 場 合 、 熱 感 を お ぼ え 、水 を 飲 み た が る と き は 五 苓 散 、 悪 寒 し て 水 を 飲 み た が ら な い と き は 、 理 中 丸 ( 人 参 湯 ) を 与 え よ と い う 意 味 。 そ こ で 五 苓 散 は ノ ロ ウ イ ル ス に よ る 感 染 性 胃 腸 炎 に も 有 効 と な る 。 ま た 月 経 前 の 頭 痛 や む く み や 不 安 や イ ラ イ ラ に も 奏 功 す る 。

「 鬼 の 霍 乱 」 と い う 言 葉 が あ る 。 鬼 が 引 き 起 こ す 霍 乱 ( 病 ) で あ る 。 鬼 を 考 察 し て み る 。 鬼 と い う と 節 分 に お け る 「 鬼 は 外 、 福 は 内 」 が 思 い だ さ れ る 。  節 分 は 立 春 の 前 日 に 行 わ れ 、 冬 ( 陰 気 ) を 駆 逐 し 、春 ( 陽 気 ) を 招 来 す る た め の 呪 術 で あ る 。 鬼 と は 冬 す な わ ち 寒 の こ と で あ り 、 霍 乱 と は 寒 邪 が 侵 入 し て 生 じ た 急 性 胃 腸 障 害 と な る 。 巷 で 述 べ ら れ て い る 「 鬼 の 霍 乱 」 に 対 す る 解 釈 は 誤 り と い え る 。 



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード